Sonobe Yuko

Faculty
Faculty of Economics
Department of Economics
Graduate School of Science for Creative Emergence
Division of Science for Creative Emergence
PositionProfessor
Last Updated :2022/01/05

Researcher Profile and Settings

Education

  •   2002  - 2006 , Université Paris 7 Denis Diderot
  •  - 2004 03 , The University of Tokyo, The Department of Interdisciplinary Cultural Studies
  •   2001 10  - 2002 11 , Université Paris 7 UFR GHSS Migrations et relations interethniques
  •  - 1999 03 , The University of Tokyo, The Department of Interdisciplinary Cultural Studies
  • Tokyo University of Foreign Studies, Faculty of Foreign Studies

Degree

  • DEA, The University of Tokyo
  • Master, The University of Tokyo
  • 博士(学術), 東京大学
  • Diplôme approfondi de langue française (DALF)

Association Memberships

  • 日本社会学会
  • 日本アフリカ学会
  • 関東社会学会
  • 国際開発学会
  • 移民政策学会

Committee Memberships

  •   2021 07  - 現在, Société franco‐japonaise de Kagawa, Membre du Conseil d'administration

Academic & Professional Experience

  •   2015 06 ,  - 現在, Kagawa University, Professor
  •   2017 04 ,  - 2019 03 , Institute of Developing Economies-japan External Trade Organization IDE-JETRO, International Labor Migration of Women in Sub-Saharan Africa, Co-researcher
  •   2008 05 ,  - 2015 06 , Kagawa University, Faculty of Economics, Associate Professor
  •   2014 ,  - 2015 , Université Paris Denis Diderot Chercheur invité
  •   2007 ,  - 2008 , Kagawa University, Faculty of Economics, Lecturer
  •   2004 ,  - 2007 , Japan Society for the Promotion of Science, Post Doctoral Fellow
  • フランス政府給費留学生
  • Japan Society for the Promotion of Science, Doctoral Fellow

Research Activities

Research Areas

  • Humanities & social sciences / Sociology / International Migration
  • 人文・社会 / 社会学 / 民族・エスニシティ
  • Humanities & social sciences / Gender studies
  • Humanities & social sciences / Local studies / France and Francophone Africa

Research Interests

    Sociology, Migration Studies, Gender Studies, Migrant Women, Africain Immigrants, Migrants / Immigrants, Refugees, France, Africa, Francophone Africa, Mali

Published Papers

  • French “Professionalization” Policy of Care and Women Migrant Workers from Former African Colonies, SONOBE Yuko, The Journal of Ohara Institute for Social Research, (757) 46 - 62,   2021 11 , [Refereed]
  • FGMを理由とする難民認定と西アフリカ出身女性―2000年代以降の背景について―, 児玉由佳, 石井洋子, 園部裕子, 佐藤千鶴子, 網中昭世, アフリカにおける女性の国際労働移動-中間成果報告書,   2018 03
  • フランスの女性移住者による地位交渉のジェンダー化:難民認定基準におけるジェンダー主流化とFGM, 園部裕子, 香川大学経済論叢, 90, (1) 111 - 137,   2017 07
  • Shea Butter, Cooperative Work and Changes of Women's Status : Conditions and Issues of Malien Women's Cooperatives, 園部 裕子, 香川大学経済論叢, 88, (3) 291 - 315,   2015 12
  • French Politics Against Social Exclusion and Unemployment : From a Case of Partnership Between 'SIAE' and Immigrant Women's Association in Paris, 園部 裕子, The Kagawa University economic review, 85, (4) 489 - 516,   2013 03
  • 移住女性と在宅労働における「社会的上昇」の(不)可能性ーパリ市と郊外における「職業経験認定制度(VAE)」の申請支援を事例に, 園部裕子, 『仏独伊における移住家事・介護労働者ー就労実態、制度、地位をめぐる交渉』,   2012 03
  • アフリカ系女性移住者の「自立」と「連帯」——フランス・パリ市ZUS地区における社会・文化的仲介と市民団体活動——, 園部裕子, 博士論文,   2010 , [査読有り]
  • フランスの西アフリカ系移民一夫多妻婚世帯と女性の地位--パリ市における社会・文化的仲介団体の事例から, 園部 裕子, フランス文学, (27) 65 - 79,   2009 06 , [査読有り]
  • West African 'immigration candidates' encountering EU's common migration policy: a case study about border crossings at Ceuta, Melila and the Canary Islands, 園部 裕子, The Kagawa University economic review, 81, (4) 639 - 659,   2009 03
  • 「承認」を求める仲介と活動資本としての言語--フランスにおける西アフリカ出身女性仲介者の経歴分析から (特集 移民と言語(1)), 園部 裕子, ことばと社会, (11) 93 - 120,   2008 , [査読有り]
  • French Immigration Policies Changes Viewed in Immigrant "Mediatrice" Women's Life Stories(Dedicated to Professor Hideo Watanabe in Appreciation of His Many Years of Service), Sonobe Yuko, The Kagawa University economic review, 80, (2) 225 - 263,   2007 09
  • 「人を助ける」という生き方—西アフリカ系女性仲介者のライフストーリー, 園部裕子, レゾナンス,   2006 , [査読有り]
  • フランスにおける地域政策と移住者:「地域市民権」の問題を中心に, 園部裕子, EU地域政策の展開と地域の文化・言語問題の実態,   2003
  • A Study about Associative Activities by the African Women as Mediation between the Public and Private Spheres, SONOBE Yuko, The Annual Review of Sociology, 2003, (16) 65 - 77,   2003 , [Refereed]
  • Une etude sur l'etat actuel des recherches sur les femmes immigrees en France, 園部 裕子, The Komaba journal of area studies,the University of Tokyo, (5) 186 - 208,   2001 , [Refereed]

Misc

  • (書評)牛久晴香『かごバッグの村——ガーナの地場産業と世界とのつながり』昭和堂、2020年、366ページ, 園部裕子, アフリカ研究, (99), 38 - 42,   2021 07 , [査読有り]
  • Les oubliés de la Saint-Valentin. Regards historiques sur les célibataires dans le monde contemporain, Romain Huret, (90), 103 - 116,   2021 03
  • マリの女性とシアの木ーシア・バター生産組合による生活改善と女性の地位向上ー」(3), 園部裕子, 在マリ日本国大使館ホームページ「マリ情報」(http://www.ml.emb-japan.go.jp/itpr_ja/mali_joho.html),   2016 06
  • マリの女性とシアの木ーシア・バター生産組合による生活改善と女性の地位向上ー」(2), 園部裕子, 在マリ日本国大使館ホームページ「マリ情報」(http://www.ml.emb-japan.go.jp/itpr_ja/mali_joho.html),   2016 02
  • マリの女性とシアの木ーシア・バター生産組合による生活改善と女性の地位向上ー」(1), 園部裕子, 在マリ日本国大使館ホームページ「マリ情報」(http://www.ml.emb-japan.go.jp/itpr_ja/mali_joho.html),   2015 11
  • フランスとマリをつなぐ女性のアソシエーション, 園部裕子, Mネット, (146), 22 - 23,   2012
  • Translation: Me, Khaled Kelkal: an alleged terrorist young immigrant's life story, Kelkal Khaled, ロホ ディェトマール, 園部 裕子, The Kagawa University economic review, 82, (1), 169 - 191,   2009 09
  • フランスの移民政策と移民女性の団体活動─「承認」をめぐる交渉と仲介, 園部裕子, Mネット, (2007年5月号), 10 - 11,   2007
  • 希望という名の勇気—センベーヌ・ウスマン『モーラーデ(庇護権)』によせて, 園部裕子, レゾナンス, (4), 34 - 35,   2006
  • 「語る」ことと社会参加—女性移住者の潜在能力と団体活動の機能についての試論, 園部裕子, レゾナンス, (2), 89 - 90,   2004
  • 国民国家、福祉国家の変容:アフリカ系女性移住者の連帯がもたらすもの, 園部裕子, レゾナンス, (1), 114 - 115,   2003
  • "L'espoir", source du "courage": Sembene Ousmane Moolaadé, 園部裕子, Résonances, (4), 34 - 35,   2006
  • Vivre pour aider les autres: des récits de vies des médiatrices d'origine africaine, SONOBE Yuko, Résonances, (4), 167-177, 229-231,   2006

Books etc

  • Afurika Jyosei no Kokusai Idou (International Migration of African Women), Joint author, Rethinking Female Migration from Sub-Saharan Africa to France in Terms of Status: Family Reunification, Irregular Migration and Asylum on Ground of FGM,   2020 03 , ISBN:9784258046416
  • Pratiques quotidiennes des femmes d'Afrique de l'Ouest en France : l'autonomie et la solidarité par la médiation socio-culturelle, Sole author,   2014 02 , ISBN:9784750339528

Conference Activities & Talks

  • マリの女性によるシアバター生産組合, 園部裕子, 日本アフリカ学会第58回学術大会、広島市立大学(オンライン開催),   2021 05 23
  • Working Conditions and Qualification Improvement For Migrant Domestic Workers A Case of Women Workers from Post-Colonial Africa in France, SONOBE Yuko, The 93rd Annual Meeting of the Japan Sociological Society,   2020 10 31
  • Multicultural society in France : from the case of Immigrants population from West Africa, orld Lecture Series-Knowing the "now" of the earth and thinking about our future-,   2020 10 30 , 招待有り
  • フランスの西アフリカ出身女性の日常とその課題, 園部裕子, 香川県国際交流協会主催「シニアのためのアイパル国際カレッジ」第5回,   2018 10 05 , 招待有り
  • フランスにおけるアフリカ出身女性の日常とその課題, 園部裕子, 香川県国際交流協会主催「シニアのためのアイパル国際カレッジ」第5回,   2017 09 29 , 招待有り
  • フランスにおける「アフリカ系移民女性」について, 園部裕子, 香川県国際交流協会主催「シニアのためのアイパル国際カレッジ」第5回,   2016 09 30 , 招待有り
  • アフリカの人々と私たち——シア・バターにみる「グローバル化」と「ローカル」な視点, 香川大学アドバンスト・セミナー,   2015
  • Les aides à domicile d'origines étrangères en France : des travailleuses hors normes, SONOBE Yuko, Journées d’études : Le travail hors normes,   2014 11 07
  • 歴史的関係性に根ざした相互理解と都市へのインパクト, 香川大学EU情報センター開設30周年記念公開シンポジウム『「欧州文化首都」にみる地域の魅力発信とは,   2013 11 06
  • EU加盟国における介護・家事労働市場と移住女性:フランスの事例から, 園部裕子, 神戸大学主管EUIJ関西主催「2013年夏合宿」講演,   2013 , 招待有り
  • Engengering negociations by Immigrants Women from West Africa : a Case of Asylum Claims on grounds of Female Genital Mutilation/Cuttings (FGM/C) in France, The 85rd Annual Meeting of the Japan Sociological Society,   2012 11 03
  • 雇用による社会編入と西アフリカ出身女性 ——パリ市における女性移住者団体と編入支援市民団体の連携を中心に——, 第6回国際社会学研究会,   2011 12 10 , 招待有り
  • 移民女性の就労実態と語学・職業訓練——パリ市と郊外における職業経験認定制度(VAE)の受験支援を事例に, 仏独伊における移住家事・介護労働者——就労実態、制度、地位をめぐる交渉,   2011
  • EUの移民政策と途上国からの移民—フランスの事例から, 第31回EUiセミナー,   2010 06 25 , 招待有り
  • フランスにおける介護・家事労働と移民女性の職業訓練—パリ市内・社会編入支援団体の事例から, 香川大学国際研究支援センター研究会シリーズ 第1回 「ケアの現場における国際協働に向けて:移民介護労働の日仏比較」,   2010
  • フランスにおける「対人サービス(SAP)」と移民女性(4)——「在宅介護員」の職業訓練とアフリカ系女性の就労実態, 第83回日本社会学会大会,   2010
  • パリのアフリカ人女性, 香川日仏協会文化セミナー,   2009 10 24 , 招待有り
  • フランスの西アフリカ系女性移住者:仲介者と団体利用者の地位と権利, 第一回国際移動とジェンダー研究会,   2009
  • 自発的活動から国家の「承認」を求めて——フランスにおける西アフリカ出身女性仲介者の活動経歴にみる移民の「参加」, 第80回日本社会学会大会,   2007
  • 西アフリカ系女性移住者の地位と社会的権利—一夫多妻婚世帯への支援活動を事例に—, フランス語フランス文学会中国・四国支部2007年大会,   2007
  • フランスにおけるマイノリティの社会的権利—移民女性結社の事例から, 第73回日本社会学会大会,   2000

Works

  • EU統合下の移住女性とケア労働——仏独伊の事例を手がかりに

Research Grants & Projects

  • 結婚の歴史再考――フランスの事例から見る(ポスト)結婚、生殖、親子、家族, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B),   2020 04 01  - 2024 03 31
  • 移民受入れ国-送出し国の政策相互連関――国際社会学からの比較研究, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A),   2019 04 01  - 2022 03 31
  • 西アフリカの女性による創発的組織活動:マリのシアバター生産共同組合による地位変容, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C),   2016 04  - 2020 03 , 現地マリの政情が悪化しつつあり、南部地域についても外務省による渡航中止勧告が発令されているため、現地調査を実施できなかった。そのため昨年度までに収集した、連帯経済と西アフリカの女性の組織化、女性の地位の変容についての文献から基礎的知識の整理および、現地情勢について情報収集を行った。 マリ南部のバンバラ人村落を対象とする事例報告から、1970年代以降に首都人口の増加と食料などの新たな需要の増加にともない、近郊農村でも首都向けの菜園生産の開始や薪の需要増など、経済活動の変化がみられたことが分かった。これらの地域は、シアバター生産者の居住地域とも重なっているため、都市人口の増加にともなう社会的・経済的変化がシアバターの生産と需要にどう影響したのかを知る手がかりになると考えられる。 また、2018年にシアバター生産者への開発支援プロジェクトが開始され、支援元は複数化、多国籍化していることが分かった。 なおマリ南部では、北部紛争後の武器等の流入拡大および、過激派組織のリクルート活動がさかんになり、付随して住民や民族間での対立が見られるようになっている。2018年から2019年には激しい衝突も起きており、南部地域の政情が住民生活や経済活動にどのような影響を及ぼすのかも含めて、引き続き検討する必要がある。
  • Migrant Women and the Politics of Care in the European Union: Perspectives from France, Germany and Italy, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (A),   2012 04 01  - 2015 03 31 , In all three countries studied, a great majority of migrant domestic workers are women and they often find themselves in irregularity, both in terms of labor and immigration laws. In France, domestic work has long provided an initial step for migrant women to be integrated in the labor market. More recently, the Personal Services Policy have had some effects in formalizing migrant domestic work. However the nature of employment persists to be precarious and fragmented. Both Germany and Italy are affected by the enlargement of EU toward Eastern Europe and the subsequent bipolarization of mobility, leading to an increase of informal employment and internal segmentation among migrant domestic workers. On the European level, there is an attempt to industrialize Personal Home-care Services, but its effects remain still unclear.
  • Ethnicization of French Society and migrant womens' social integration, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (B),   2012 04 01  - 2015 03 31 , This research examines status of migrant women from former French colonial Sub-Saharan African countries in receiving country, France. Recently migrant women's status has changed because of three main reasons. Difference of recognition as "black" by themselves and as "African" by the receiving society; The French government now treats them as workers but not a member of family as it was in the former period; Changing framework of integration. Since 1980s, French social policy, which promotes proximate service (les services de proximitE), seeks to integrate unemployment persons by employment formations and social accompaniments. Migrant women's associations collaborate with organizations such as SIAE. In the public space, the society see them as "African" but women see themselves as "black," which has some connotations like discriminated, exploited or marginalized. This self-identification as "black" is particularly apparent in face-to-face interactions with "white" French people.
  • 「フランスの西アフリカ出身移住女性の日常的実践」, 日本学術振興会, 科学研究費補助金(研究成果公開促進費・学術図書刊行用),   2013 04  - 2014 03
  • Migrant Domestic/Care Workers in France, Italy and Germany : Labor Conditions, Institutional Framework and Status Claims, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (A),   2009  - 2011 , This study aimed to collect basic data on the labor conditions of migrant domestic/care workers in France, Italy and Germany. It discusses the institutional framework of their labor as well as the conditions under which negotiations take place to improve their status. A special attention was paid on the French "home care service" policy implemented in the mid-2000's and its impacts on the migrant workers' status in terms of labor law and immigration law.
  • Migrants women from former French colonial Subsaharan Africa and their social inclusion in France : women' s truggles for citizen ship rights, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (B),   2009  - 2011 , This research examines living conditions of migrant women from former French colonial Subsaharan African countries who are confronting with difficulties in two dimension : in one side, they have been suffered from" traditional" rituals of sending countries such as female genital mutilation(FGM) which endanger young girls' health and women' s quality of life ; in the other side, newcomer women are encountering with more and more repressive French immigration policies restricting entering conditions to family reunification. To face these problems, migrant women organize social networks between sending and receiving countries to help each other. By these networks, they try to provide human aids and supports to those in Africa. During this research, in 2007-2008, informant' s association has also participated massive demands of refugee status on behalf of newly arrived irregular women. Since French refugee politics become gradually restrictive to accord full refugee status," subsidiary protection" is now the only but very vulnerable status they can achieve. Being between two states, women' s statuses vary and fragile but they try to obtain a minimum protection and possibilities to live in receiving country.
  • French immigration policy change and social rights : immigrant women's mediation with a view to recognition, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Young Scientists (Start-up),   2007  - 2008
  • フランスにおける国民国家・福祉国家と社会的権利の変容過程:女性移住者の連帯を例に, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費,   2004  - 2006 , 前年度に引き続き、社会的権利と行為論、連帯行動に関する社会学文献および資料の収集を行った。また、フランスにおける福祉国家制度と社会的権利付与の原則が、移住者による団体活動や異議申し立ての影響を受けて変容を迫られている実態についての具体的事例を把握するため、フランス・パリ第7大学において平成18年5-8月および10-11月の間、計4ヶ月程度にわたる現地調査を行った。 具体的には、パリ市の都市政策地区で活動する西アフリカ系女性移住者団体について、運営者の同意をえて行ってきた参与観察を継続した。その結果1.2001年以降、外国人の入国と滞在を規定する法律が強化され、移民や外国人が住宅や社会保障にアクセスする条件も厳しくなったことから、安定した生活を確立する上で困難が生じていること、2.帰属を考慮しないフランスの普遍主義の原則にもとづく「差別」対策は、出身や肌の色による差別に対する実質的な対策を行わず、その結果、移民に対する差別を助長してきたという社会学的な議論が定着しつつあり、差別対策のための専門機関が設置されたこと、(3)仲介者は、移民住民の社会編入を日常生活において支援する役割を担っていることが明らかになった。2005年11月の若者による都市暴動は、こうした認識を緊急の政策課題として提起し、都市・統合政策の根本的な見直しを迫った。政府は団体の役割の重要性を認め、補助金の復活と仲介者の人員増を発表した。その結果、調査先団体は、自発的活動から、仲介者契約と補助金を獲得し、当該地域の移民住民の社会編入を担う行為者として、制度上も行政と連携していくことになった。団体運営の通時的な変容過程について具体例を把握したことは、本研究の成果である。そこで調査の結果をまとめ、女性移住者団体の機能の通時的変容を分析する論文を準備するとともに、移民政策の変遷と団体活動の役割についてまとめる小論を投稿した。
  • Regional Politics of EU and Cultural and Linguistic Problems of European Regions, Japan Society for the Promotion of Science, Grants-in-Aid for Scientific Research Grant-in-Aid for Scientific Research (B),   2001  - 2002 , In our studies on EU and its regional politics, we confirmed, first of all, the autonomization of regions in EU member states and explained how this tendency relates to the regional politics of EU. And we investigated how these autonomized regions advanced their politics of development, and how, as conditions of regional development, the culture and the identity of people cooperated with it. The fields of our research were following 8 regions : England, Wales, Wallony, (Belgium), Britany(France), Alsace(France), Corsica(France), Catalunya(Spain), South Tyrol(Italy). In addition to these, we took into consideration an urbanized region, IIe de France, where the new cultural activities are observed. As results of our research, we can point out the following facts and tendencies. 1) Owing to the EU's politics favorable to the regional development, the political and administrative decentralization was advanced in recent years in EU member states : typical case is the UK. EU's politics for the promotion of minority cultures encouraged much 2) In certain regions where the territorial and linguistic conflicts had been fierce(e.g. South Tyrol), pacific coexistence of peoples was secured by the construction of "Euro-region" and by other politics of EU. 3) The EU s politics favorable to the minority culture encourages much the expression of proper identity and the use of proper languages in certain regions. It is especially in Wales and Brittany that their proper languages are activated in education, mass media and even in economic activities 4) In certain big urban areas in Europe where is concentrated the immigrants' and other minorities' population, developed new multicultural artistic activities beared by youth. This would also mark the birth of another regional culture in Europe.
  • フランス福祉国家の変容とマイノリティの社会的権利:移民女性結社の機能変容を中心に, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費,   2001  - 2002 , フランスにおける、西アフリカ出身移民女性による結社活動をつうじた社会的権利行使の実態について、現地調査にもとづく考察を行ってきた。昨年度の参与観察を継続するとともに、現代フランスにおける移住者による団体活動の社会的位相を把握するための文献調査を蓄積した。本年はとくに、大統領選および総選挙における極右政党の台頭、欧州統合の深化、安全保障政策をめぐる議論の高まりなど、移住者の生活とも密接なかかわりをもつ政治・経済・社会各方面における顕著な変動がみうけられた。そのため、社会変動についての議論を収集・検討しつつ、公共性概念をふくめて構造論的に再考するという理論的かつマクロな観点を、参与観察による行為者像の検討というミクロな視点にもとづく考察と統合するという、本研究が一貫して採用してきた方法の実効性があらためて実証された。 その結果、まず、エスニシティ横断的性格、利用者との社会的・物理的緊密さという結社活動の特性が明らかになった。また、行政と地域住民との仲介の現場での参与観察から、妊娠、出産・家庭環境や住居など、女性の「身体」や生活にかかわる問題系を把握できた。これら従来の政治経済的枠組みでは「私的空間」に帰されてきた問題を、母子センターや自治体という公共の場において議論することで、団体活動は、福祉国家制度のもとでの公的・私的空間の境界線を再考に付している。いわゆる社会運動とは異なる日常性にねざす活動の意義がここにある。さらに、複合的な職務形態、利用者とスタッフ間の相互性といった性格は、公的社会サービスの補完的役割を果たし、社会関係の亀裂を修復するという、連帯による身近な社会サービスのモデルとなる可能性をもっている。以上の成果を論文「公的/私的空間の媒介としてのアフリカ系女性移住者による団体活動:パリ郊外A団体の事例から」として投稿するとともに、その梗概を発表(予定)することができた。

Social Contribution Activities Information

Social Contribution

  • 香大発・多文化共生プロジェクト, 助言・指導,   2021 06  - 現在
  • やさしい日本語講習会, 司会, 香川大学経済学部「香大発・多文化共生プロジェクト」,   2021 08 04  - 2021 08 04
  • シニアのためのアイパル国際カレッジ講師, 公益財団法人香川県国際交流協会(アイパル香川),   2017 09 , シニア向け講座の講師
  • シニアのためのアイパル国際カレッジ講師, 公益財団法人香川県国際交流協会(アイパル香川),   2016 09 , シニア向け講座の講師
  • 香川大学アドバンスト・セミナー, 香川大学,   2015 10 , 講師
  • (特)海外研修フランス引率, 全学共通科目フランス語受講学生のうち、参加希望者,   2013 10  - 2014 03 , 引率
  • EU情報センター30周年記念シンポジウム, パネリスト, 香川大学図書館,   2013 11 , シンポジウム実施委員会のディスカサッサント
  • 海外研修(フランス)引率, 全学共通科目フランス語受講学生のうち、参加希望者,   2012 09  - 2013 03 , 海外研修(フランス)の準備、引率, 海外研修(フランス)の実施のため、研修機関との打ち合わせを行い、事前準備、引率を行った。
  • 駐日欧州連合代表部による第31回EUiセミナー講演, 駐日欧州連合代表部,   2010 06 , 駐日欧州連合代表部による全国図書館EUiセンター職員のための年次総会における講演


Copyright (c) MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.