詳細検索はこちら

藤本 憲市 フジモト ケンイチ

所属
創造工学部
創造工学科
情報メディアセンター
創発科学研究科
創発科学専攻
職名教授
Last Updated :2022/08/14

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:20300626
    ORCID ID:0000-0001-8633-5933

学歴

  • 1997年04月 - 2000年03月, 徳島大学, 工学研究科
  • 1995年04月 - 1997年03月, 東京工業大学, 情報理工学研究科
  • 1993年04月 - 1995年03月, 徳島大学, 工学部
  • 1988年04月 - 1993年03月, 阿南工業高等専門学校

学位

  • 博士(工学), 徳島大学
  • 修士(工学), 東京工業大学
  • Ph. D., The University of Tokushima
  • M. Eng., Tokyo Institute of Technology

所属学協会

  • 計測自動制御学会
  • システム制御情報学会
  • 電気学会
  • 電子情報通信学会
  • 米国電気電子学会

委員歴

  •   2021年05月 - 現在, 電気学会四国支部役員会, 協議員
  •   2019年04月 - 現在, 電子情報通信学会 四国支部, 学生会顧問
  •   2019年10月 - 2022年09月, 電気学会 非線形電子回路の高度設計技術調査専門委員会, 委員
  •   2020年04月 - 2022年03月, 電気学会, 令和2・3年度学会活動推進員〔四国支部〕
  •   2016年04月 - 2021年03月, 信号処理学会, 編集委員
  •   2020年02月 - 2020年12月, IEEE TALE, Local Organizing Committee
  •   2019年01月 - 2020年12月, IEEE Shikoku Section, Standing Committee Chair (Professional Activities)
  •   2018年12月 - 2019年03月, Technical Committee for 2019 9th International Conference on Biomedical Engineering and Technology (ICBET 2019)
  •   2016年09月 - 2017年09月, 電気学会, 平成29年電気学会電子・情報・システム部門大会実行委員会 委員
  •   2016年11月 - 2017年08月, 日本科学教育学会, 日本科学教育学会2017年度年会 実行委員
  •   2004年04月 - 2016年03月, 電気学会, 平成16-17年度学会活動推進員〔四国支部〕
  •   2015年04月 - 2015年06月, 16th IEEE/ACIS International Conference on Software Engineering, Artificial Intelligence, Networking and Parallel/Distributed Computing (SNPD 2015), Member of Local Arrangement Committee
  •   2014年 - 2015年03月, 計測自動制御学会, 四国支部顧問
  •   2014年 - 2015年03月, 2015 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing, Publication Chairs
  •   2008年09月 - 2009年09月, 電気学会, 平成21年電子・情報・システム部門大会開催地区実行委員会 委員
  •   2004年06月 - 2005年06月, 電気学会, 平成17年全国大会実行委員会 委員

経歴

  •   2022年04月,  - 現在, 香川大学, 創造工学部, 教授
  •   2020年04月,  - 現在, 東京都立大学, 客員准教授
  •   2018年04月,  - 2022年03月, 香川大学, 准教授
  •   2015年04月,  - 2018年03月, 香川大学, 助教
  •   2007年04月,  - 2015年03月, 徳島大学, 助教
  •   2014年03月,  - 2014年07月, エディンバラ大学, 客員研究員
  •   2005年08月,  - 2007年03月, 徳島大学, 助手
  •   2004年04月,  - 2005年07月, 阿南工業高等専門学校, 助教授
  •   2002年04月,  - 2004年03月, 阿南工業高等専門学校, 講師
  •   1997年04月,  - 2002年03月, 阿南工業高等専門学校, 助手

研究活動情報

研究分野

  • ものづくり技術(機械・電気電子・化学工学) / 制御、システム工学
  • 情報通信 / 感性情報学
  • 情報通信 / ソフトコンピューティング

研究キーワード

    光マニピュレータ, 非線形力学と制御, 医用工学, 医用画像処理, 数理モデル, Nonlinear dynamics and its application, Medical engineering, Medical image processing, Mathematical model

論文

  • Multiclass Dictionary-Based Statistical Iterative Reconstruction for Low-Dose CT, Hiryu Kamoshita, Daichi Kitahara, Ken’ichi Fujimoto, Laurent Condat, Akira Hirabayashi, IEICE TRANSACTIONS on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, E104-A, (4) 702 - 713,   2021年04月, [査読有り]
  • Pulsus alternans in a crustacean cardiac model, Hiroyuki Kitajima, Ken’ichi Fujimoto, Toru Yazawa, Physica D: Nonlinear Phenomena, 402,   2020年01月, [査読有り]
  • 多様な心的特性情報を利用する教育支援システムの開発, 林 敏浩, 八重樫 理人, 藤本 憲市, 後藤田 中, 裏 和宏, 米谷 雄介, 藤澤 修平, 日本科学教育学会年会論文集, 44, (0) 621 - 622,   2020年
  • 香川大学におけるセキュリティを意識した学内情報基盤の構築と学内情報基盤に基づく実践の取り組み (特集 総合力で造る情報基盤), 米谷 雄介, 後藤田 中, 八重樫 理人, 藤本 憲市, オペレーションズ・リサーチ = Communications of the Operations Research Society of Japan : 経営の科学, 64, (9) 534 - 540,   2019年09月, [査読有り], [招待有り]
  • Reconstruction of CT Images Using Iterative Least-Squares Methods with Nonnegative Constraint, Hiromasa Kohno, Yuichi Tanji, Ken’ichi Fujimoto, Hiroyuki Kitajima, Yo Horikawa, Norikazu Takahashi, Journal of Signal Processing, 23, (2) 41 - 48,   2019年03月, [査読有り]
  • パターン定義に要する対応期間に基づくセキュリティ製品の妥当性を点検するシステム, 米谷 雄介, 最所 圭三, 喜田 弘司, 後藤田 中, 北原 美里, 小野 滋己, 青木 有香, 八重樫 理人, 藤本 憲市, 林 敏浩, 今井 慈郎, 学術情報処理研究, 23, (1) 112 - 121,   2019年, [査読有り]
  • Hopf-Hopf Bifurcation and Chaos in A Ring Neural Oscillator due to A Single Shortcut, Yo HORIKAWA, Ken'ichi FUJIMOTO, Haruna MATSUSHITA, Proceedings of International Joint Conference on Neural Networks (IJCNN'18),   2018年06月, [査読有り]
  • 香川大学での標的型攻撃メール訓練の導入と改善点の検討, 米谷 雄介, 最所 圭三, 後藤田 中, 小野 滋己, 青木 有香, 宮﨑 凌大, 八重樫 理人, 藤本 憲市, 林 敏浩, 今井 慈郎, 学術情報処理研究, 22, (1) 54 - 63,   2018年, [査読有り]
  • Reconstruction of CT images by iterative least squares methods with nonnegative constraint, Hiromasa Kohno, Yuichi Tanji, Ken'ichi Fujimoto, Hiroyuki Kitajima, Yo Horikawa, Norikazu Takahashi, Proceedings of the 2018 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications,   2018年, [査読有り]
  • 講義コンテンツメタデータを用いた講義コンテンツ視聴システムの開発, 高田 良介, 後藤田 中, 藤本 憲市, 村井 礼, 林 敏浩, 上之薗 和宏, 三好 匠, 八重樫 理人, 教育メディア研究, 23, (2) 95 - 106,   2017年03月, [査読有り]
  • Methods to Measure the Achievement of Learning Using Lecture Contents, Ryosuke Takata, Naka Gotoda, Toshihiro Hayashi, Hiroshi Murai, Ken'ichi Fujimoto, Rihito Yaegashi, eLmL 2017 : The Ninth International Conference on Mobile, Hybrid, and On-line Learning,   2017年03月, [査読有り]
  • Intellectual-Property Learning System Supported by SOM Classifier, Hiroshi Murai, Ken'ichi Fujimoto, Toshihiro Hayashi, Naka Gotoda, Rihito Yaegashi, Proc. Int. Conf. on Artificial Intelligence Science and Technology,   2016年07月, [査読有り]
  • Parametric Control to Avoid Bifurcation Based on Maximum Local Lyapunov Exponent, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, Tetsushi Ueta, Kazuyuki Aihara, Analysis and Control of Complex Dynamical Systems,   2015年, [査読有り]
  • Bifurcation avoidance control of stable periodic points using the maximum local Lyapunov exponent, Ken'ichi Fujimoto, Kazuyuki Aihara, Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, 6, (1) 2 - 14,   2015年01月, [査読有り]
  • 拡張BVP発振器における微小周期外乱下でのMMOsの挙動, 伊藤薫, 清水邦康, 稲葉直彦, 藤本憲市, 吉永哲哉, 遠藤哲郎, 電子情報通信学会論文誌(A), J97-A, (1) 14 - 22,   2014年01月, [査読有り]
  • Extended Continuous-Time Image Reconstruction System for Binary and Continuous Tomography, Yusaku Yamaguchi, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, Journal of Signal Processing, 17, (4) 163 - 166,   2013年07月, [査読有り]
  • Identification of target image regions based on bifurcations of a fixed point in a discrete-time oscillator network, Ken'ichi Fujimoto, Mio Kobayashi, Tetsuya Yoshinaga, Kazuyuki Aihara, International Journal of Innovative Computing, Information and Control, 9, (1) 355 - 363,   2013年01月, [査読有り]
  • Convergence of Iterative Method as Discretization of Continuous-Time Image Reconstruction System for Computed Tomography, Kiyoko Tateishi, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, Journal of Signal Processing, 16, (6) 617 - 621,   2012年11月, [査読有り]
  • Bifurcations of Oscillatory Responses Observed in Discrete-Time Coupled Neuronal System for Dynamic Image Segmentation, Mio Kobayashi, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, Journal of Signal Processing, 15, (2) 145 - 153,   2011年03月, [査読有り]
  • Implementation of continuous-time image reconstruction system in analog electronic circuit, Ken'ichi Fujimoto, Omar M. Abou Al-Ola, Tetsuya Yoshinaga, Far East Journal of Electronics and Communications, 6, (1) 13 - 25,   2011年03月, [査読有り]
  • A Neural Oscillator Model for Tinnitus and Its Management by Sound Therapy, Hirofumi Nagashino, Ken’ichi Fujimoto, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh, Abhijit S. Pandya, International Journal of Modern Engineering, 11, (1) 58 - 66,   2010年12月, [査読有り]
  • Block continuous-time image reconstruction for computed tomography, Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, Far East Journal of Dynamical Systems, 14, (1) 51 - 70,   2010年09月, [査読有り]
  • Iterative Method Based on a Discretization of Continuous-Time Image Reconstruction for Computed Tomography, Chika Ueda, Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, Journal of Signal Processing, 14, (4) 293 - 296,   2010年03月, [査読有り]
  • Bifurcation Phenomena of Periodic Points With High Order of Period Observed in Discrete-Time Two-Coupled Chaotic Neurons, Mio Musashi, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, Journal of Signal Processing, 13, (4) 311 - 314,   2009年
  • Bifurcations observed in BVP oscillator with periodically switched RC circuit, Takuji Kousaka, Ken'ichi Fujimoto, YUE MA, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Dynamics of Continuous, Discrete and Impulsive Systems, Series A: Mathematical Analysis, 16, (6) 811 - 824,   2009年, [査読有り]
  • 画像領域分割の改良を目的としたシナプス結合振動子ネットワークに見られる分岐, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会論文誌(A), J90-A, (11) 817 - 825,   2007年11月, [査読有り]
  • 小型風車のWavelet変換による状態簡易診断法, 當宮 辰美, 田中 達治, 藤本 憲市, 福見 淳二, 原 貴子, 日本風力エネルギー協会誌, 29, (4) 112 - 115,   2005年12月, [査読有り]
  • 小型風車振動信号のWavelet変換による状態診断への試み, 當宮 辰美, 藤本 憲市, 福見 淳二, 原 貴子, 日本風力エネルギー協会誌, 29, (3) 85 - 89,   2005年09月, [査読有り]
  • 阿南高専電気電子工学科の卒業研究に対する課題, 當宮 辰美, 藤本 憲市, 論文集「高専教育」, (28) 327 - 332,   2005年03月, [査読有り]
  • 小型風車のWavelet変換による状態簡易診断法, 当宮 辰美, 藤本 憲市, 福見 淳二, 原 貴子, 風力エネルギー利用シンポジウム, 27,   2005年
  • Study for Algorithm of Speech/Music Discriminator, Haruna Matsushita, Ken'ichi Fujimoto, Tatsumi Toumiya, Proc. 2004 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing,   2004年03月, [査読有り]
  • 正午に1回の方位角切替による太陽光発電電力の増加, 田中 芳夫, 藤本 憲市, 太陽エネルギー, 29, (6) 63 - 67,   2003年11月, [査読有り]
  • 小型風車振動信号のWavelet変換による状態診断への試み, 当宮 辰美, 藤本 憲市, 福見 淳二, 原 貴子, 風力エネルギー利用シンポジウム, 25,   2003年
  • ウェーブレット変換を用いた風力発電機の状態推定システム, 福見 淳二, 當宮 辰美, 藤本 憲市, 鈴木 茂行, 日本風力エネルギー協会誌, 26, (4) 31 - 36,   2002年12月, [査読有り]
  • Wavelet変換を用いた小型風車の異常音解析, 福見 淳二, 當宮 辰美, 藤本 憲市, 鈴木 茂行, 風力エネルギー利用シンポジウム, 23,   2001年
  • 自由関節を有する平面マニピュレータにおける非線形現象, 藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博, システム制御情報学会論文誌, 13, (8) 369 - 376,   2000年08月, [査読有り]
  • 高周波電圧を用いたコロナ放電式オゾン生成システム, 藤本 憲市, 森川 鋭一, 藤本 賀誉, 八尾 祐吾, 坂田 親治, 電気学会論文誌A, 120-A, (4) 398 - 403,   2000年04月, [査読有り]
  • 繰返し運動による1自由関節を有する2リンク平面マニピュレータにおける強制振動現象, 藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博, システム制御情報学会論文誌, 12, (10) 596 - 603,   1999年10月, [査読有り]
  • カオスを利用した倒立振子の振り上げ制御, 田中芳夫, 川上 博, 藤本 憲市, 日本機械学会論文集(C編), 65, (634) 2338 - 2344,   1999年06月, [査読有り]
  • Nonlinear model order reduction of continuous-time image reconstruction systems, Yuichi Tanji, Ken'ichi Fujimoto, Nonlinear Theory and Its Applications, IEICE, 12, (3) 512 - 525,   2021年07 , [Refereed]
  • Feasibility study on the fusion of phits simulations and the dlnn algorithm for a new quantitative method of in-situ multiple-channel depth distribution spectrometry, M. Sakama, K. Fujimoto, K. Inoue, M. Fukushi, Y. Imajyo, T. Fukuhara, M. Matsuura, T. Yajima, M. Endo, M. Fujisawa, E. Matsumoto-Kawaguchi, Radiation Protection Dosimetry, 184, (3-4) 328 - 333,   2019年10 01 , [Refereed]
  • The development of the system which creates lecture contents by a combination of various units and learning content s, Tomoki Yabe, Teruhiko Unoki, Takayuki Kunieda, Yusuke Kometani, Naka Gotoda, Ken’ichi Fujimoto, Toshihiro Hayashi, Rihito Yaegashi, Smart Innovation, Systems and Technologies, 108,   2019年
  • A Support System for Viewing Lecture Contents Adapted Students Understanding - Study on Question Behavior to Grasp Learner’s Understanding Situation -, Tomoki Yabe, Teruhiko Unoki, Takayuki Kunieda, Yusuke Kometani, Naka Gotoda, Ken'ichi Fujimoto, Toshihiro Hayashi, Rihito Yaegashi, Lecture Notes in Computer Science (including subseries Lecture Notes in Artificial Intelligence and Lecture Notes in Bioinformatics), 11569 LNCS,   2019年
  • The Development of the System Which Creates Lecture Contents by a Combination of Various Units and Learning Contents, Tomoki Yabe, Teruhiko Unoki, Takayuki Kunieda, Yusuke Kometani, Naka Gotoda, Ken'ichi Fujimoto, Toshihiro Hayashi, Rihito Yaegashi, KNOWLEDGE-BASED SOFTWARE ENGINEERING: 2018, JCKBSE 2018, 108,   2019年
  • A Support System for Viewing Lecture Contents Adapted Students Understanding - Study on Question Behavior to Grasp Learner's Understanding Situation -., Tomoki Yabe, Teruhiko Unoki, Takayuki Kunieda, Yusuke Kometani, Naka Gotoda, Ken'ichi Fujimoto, Toshihiro Hayashi, Rihito Yaegashi, Human Interface and the Management of Information. Visual Information and Knowledge Management - Thematic Area,   2019年
  • Remarkable similarities of two pairs of stable and saddle canards in a van der Pol oscillator under extremely weak periodic perturbation, Yuta Nagata, Naohiko Inaba, Munehisa Sekikawa, Tetsuro Endo, Ken'Ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, Progress of Theoretical and Experimental Physics, 2018,   2018年01 01 , [Refereed]
  • The Development of the System Which Creates Lecture Contents by a Combination of Various Units and Learning Contents., Tomoki Yabe, Teruhiko Unoki, Takayuki Kunieda, Yusuke Kometani, Naka Gotoda, Ken'ichi Fujimoto, Toshihiro Hayashi, Rihito Yaegashi, Knowledge-Based Software Engineering: 2018(JCKBSE),   2018年
  • Proposal of Organizing Learning Material with Multiple Perceptions Depending on Preference of Physical Training, Takuya Ishioka, Naka Gotoda, Yuji Kobayashi, Kenji Matsuura, Karungaru Stephen, Rihito Yaegashi, Toshihiro Hayashi, Kenichi Fujimoto, Hiroshi Murai, SECOND INTERNATIONAL CONFERENCE ON ELECTRONICS AND SOFTWARE SCIENCE (ICESS2016),   2016年, [Refereed]
  • Dose-volume constrained optimization in intensity-modulated radiation therapy treatment planning, Yoshihiro Tanaka, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, JOURNAL OF INEQUALITIES AND APPLICATIONS, 2015, (122) 1 - 13,   2015年04 , [Refereed]
  • Mathematical modeling and image reconstruction in biomedical optical imaging, Eiji Okada, Shinpei Okawa, Yukari Tanikwa, Tetsuya Yoshinaga, Hiroyuki Fujii, Ken’ichi Fujimoto, Kou Hashimoto, Tadashi Iwase, Satoru Kohno, Yoko Hoshi, Transactions of Japanese Society for Medical and Biological Engineering, 52,   2014年08 17
  • Continuous-time method and its discretization to inverse problem of intensity-modulated radiation therapy treatment planning, Ken'ichi Fujimoto, Yoshihiro Tanaka, Omar M. Abou Al-Ola, Tetsuya Yoshinaga, COMMUNICATIONS IN NONLINEAR SCIENCE AND NUMERICAL SIMULATION, 19, (6) 1996 - 2004,   2014年06 , [Refereed]
  • Bifurcation scenarios for a 3D torus and torus-doubling, Naohikio Inaba, Munehisa Sekikawa, Yoshimasa Shinotsuka, Kyohei Kamiyama, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, Tetsuro Endo, PROGRESS OF THEORETICAL AND EXPERIMENTAL PHYSICS, 2014,   2014年02 , [Refereed]
  • Continuous-time image reconstruction for binary tomography, Yusaku Yamaguchi, Ken'ichi Fujimoto, Omar M. Abou Al-Ola, Tetsuya Yoshinaga, COMMUNICATIONS IN NONLINEAR SCIENCE AND NUMERICAL SIMULATION, 18, (8) 2081 - 2087,   2013年08 , [Refereed]
  • Continuous-time image reconstruction for computed tomography, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, Computed Tomography: New Research,   2013年03
  • Inhibition of oscillation in a neural oscillator model for sound therapy of tinnitus, Hirofumi Nagashino, Ken'ichi Fujimoto, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh, Abhijit S. Pandya, International Journal of Modelling and Simulation, 32, (4) 279 - 285,   2012年, [Refereed]
  • Coupled Neuronal System with Plastic Coupling for Dynamic Image Segmentation, K. Fujimoto, M. Kobayashi, T. Yoshinaga, 5TH EUROPEAN CONFERENCE OF THE INTERNATIONAL FEDERATION FOR MEDICAL AND BIOLOGICAL ENGINEERING, PTS 1 AND 2, 37,   2012年, [Refereed]
  • Sudden change from chaos to oscillation death in the Bonhoeffer-van der Pol oscillator under weak periodic perturbation, Munehisa Sekikawa, Kuniyasu Shimizu, Naohiko Inaba, Hiroki Kita, Tetsuro Endo, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, Kazuyuki Aihara, PHYSICAL REVIEW E, 84,   2011年11 , [Refereed]
  • Discrete-Time Dynamic Image Segmentation Based on Oscillations by Destabilizing a Fixed Point, Ken'ichi Fujimoto, Mio Kobayashi, Tetsuya Yoshinaga, IEEJ TRANSACTIONS ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC ENGINEERING, 6, (5) 468 - 473,   2011年09 , [Refereed]
  • FPGA implementation of discrete-time neuronal network for dynamic image segmentation, Ken'ichi Fujimoto, Mio Musashi, Tetsuya Yoshinaga, IEEJ Transactions on Electronics, Information and Systems, 131, (3) 604 - 605,   2011年, [Refereed]
  • Common Lyapunov Function Based on Kullback-Leibler Divergence for a Switched Nonlinear System, Omar M. Abou Al-Ola, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, MATHEMATICAL PROBLEMS IN ENGINEERING, 2011,   2011年, [Refereed]
  • Collapse of mixed-mode oscillations and chaos in the extended Bonhoeffer-van Der Pol oscillator under weak periodic perturbation, Naohiko Inaba, Tetsuro Endo, Tetsuya Yoshinaga, Ken'ichi Fujimoto, 2011 20th European Conference on Circuit Theory and Design, ECCTD 2011,   2011年, [Refereed]
  • Continuous-time image reconstruction using differential equations for computed tomography, Ken'ichi Fujimoto, Omar Abou Al-Ola, Tetsuya Yoshinaga, COMMUNICATIONS IN NONLINEAR SCIENCE AND NUMERICAL SIMULATION, 15, (6) 1648 - 1654,   2010年06
  • DYNAMIC IMAGE SEGMENTATION SYSTEM WITH MULTI-SCALING SYSTEM FOR GRAY SCALE IMAGE, Ken'ichi Fujimoto, Mio Musashi, Tetsuya Yoshinaga, BIOSIGNALS 2010: PROCEEDINGS OF THE THIRD INTERNATIONAL CONFERENCE ON BIO-INSPIRED SYSTEMS AND SIGNAL PROCESSING,   2010年, [Refereed]
  • BIFURCATIONS IN AN ITERATIVE OPTIMIZATION PROCESS FOR INTENSITY MODULATED RADIATION THERAPY, Ken'Ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, INTERNATIONAL JOURNAL OF BIFURCATION AND CHAOS, 19, (3) 1087 - 1095,   2009年03
  • Reduced Model of Discrete-Time Dynamic Image Segmentation System and Its Bifurcation Analysis, Ken'ichi Fujimoto, Mio Musashi, Tetsuya Yoshinaga, INTERNATIONAL JOURNAL OF IMAGING SYSTEMS AND TECHNOLOGY, 19, (4) 283 - 289,   2009年, [Refereed]
  • Discrete-time dynamic image segmentation system, K. Fujimoto, M. Musashi, T. Yoshinaga, ELECTRONICS LETTERS, 44, (12) 727 - 728,   2008年06 , [Refereed]
  • Bifurcation analysis of iterative image reconstruction method for computed tomography, Tetsuya Yoshinaga, Yoshihiro Imakura, Ken'ichi Fujimoto, Tetsushi Ueta, INTERNATIONAL JOURNAL OF BIFURCATION AND CHAOS, 18, (4) 1219 - 1225,   2008年04 , [Refereed]
  • Oscillation and its Inhibition in A Neuronal Network Model for Tinnitus Sound Therapy, Hirofumi Nagashino, Ken'ichi Fujimoto, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh, Abhijit S. Pandya, Jufang He, 2008 30TH ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY SOCIETY, VOLS 1-8,   2008年, [Refereed]
  • Bifurcations in a coupled system of chaotic neurons generating oscillatory responses, Mio Musashi, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, Kazuyuki Aihara, PROCEEDINGS OF IWSSIP 2008: 15TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON SYSTEMS, SIGNALS AND IMAGE PROCESSING,   2008年, [Refereed]
  • Dynamical property of periodic oscillations observed in a coupled neural Oscillator Network for image segmentation, Tetsuya Yoshinaga, Ken'ichi Fujimoto, BIOSIGNALS 2008: PROCEEDINGS OF THE FIRST INTERNATIONAL CONFERENCE ON BIO-INSPIRED SYSTEMS AND SIGNAL PROCESSING, VOL II,   2008年, [Refereed]
  • A plastic neural network model of sound therapy of tinnitus, Ken'ichi Fujimotoa, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh, Abhijit S. Pandya, IEEJ TRANSACTIONS ON ELECTRICAL AND ELECTRONIC ENGINEERING, 2, (4) 488 - 490,   2007年07 , [Refereed]
  • Dynamical properties of a plastic neural network model for tinnitus therapy and inhibition of oscillation using noise stimulus, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh, Abhijit S. Pandya, Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology - Proceedings,   2007年, [Refereed]
  • Dynamical properties of a plastic neural network model for tinnitus therapy and inhibition of oscillation using noise stimulus, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh, Abhijit S. Pandya, 2007 ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY SOCIETY, VOLS 1-16,   2007年, [Refereed]
  • Inhibition of oscillation in a plastic neural network model of tinnitus therapy using noise stimulus, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh, Abhijit S. Pandya, WMSCI 2007: 11TH WORLD MULTI-CONFERENCE ON SYSTEMICS, CYBERNETICS AND INFORMATICS, VOL IV, PROCEEDINGS,   2007年, [Refereed]
  • Oscillation and its inhibition in a neural oscillator model for tinnitus, Ken'ichi Fujimoto, Hirofumi Nagashino, Yohsuke Kinouchi, Ali A. Danesh, Abhijit S. Pandya, 2006 28TH ANNUAL INTERNATIONAL CONFERENCE OF THE IEEE ENGINEERING IN MEDICINE AND BIOLOGY SOCIETY, VOLS 1-15,   2006年, [Refereed]

Misc

  • 放射能濃度深度分布推定のための深層学習データ生成法, 梅本拓登, 鈴木順也, 大林史乃, 藤本憲市, 阪間稔, 井上一雅, 福士政広, 今城裕介, 福原隆宏, 遠藤倫崇, 日本放射線安全管理学会学術大会講演予稿集, 19th,   2020年
  • セキュリティ製品の妥当性点検に向けたアンチウイルスソフト検知率評価システムの提案及びその有効性の検討, 北原美里, 米谷雄介, 後藤田中, 小野滋己, 青木有香, 八重樫理人, 藤本憲市, 林敏浩, 今井慈郎, 最所圭三, 喜田弘司, 大学ICT推進協議会2019年度年次大会論文集, 337 - 340,   2019年12月
  • アンチウイルスソフト検知率評価システムの提案:セキュリティ製品の妥当性点検の判断材料の自動生成, 北原美里, 米谷雄介, 後藤田中, 小野滋己, 青木有香, 八重樫理人, 藤本憲市, 林敏浩, 今井慈郎, 最所圭三, 喜田弘司, 第18回情報科学技術フォーラム講演論文集, 167 - 168,   2019年09月
  • CT画像の効率的再構成, 藤本 憲市, 調査月報, (388), 32 - 32,   2019年07月, [依頼有り]
  • リスクアセスメント情報を活用した判断基準共有のための模擬インシデント訓練システム (新技術と教育情報を活用した教育学習環境の設計/一般), 宮崎 凌大, 後藤田 中, 米谷 雄介, 小野 滋己, 青木 有香, 八重樫 理人, 藤本 憲市, 喜田 弘司, 林 敏浩, 今井 慈郎, 最所 圭三, JSiSE研究会研究報告, 33, (5), 67 - 74,   2019年01月
  • 振り返り強化のための模擬インシデント訓練によるリスクアセスメント情報共有システム, 宮﨑凌大, 後藤田中, 米谷雄介, 小野滋己, 青木有香, 八重樫理人, 藤本憲市, 林敏浩, 今井慈郎, 喜田弘司, 最所圭三, 大学ICT推進協議会2018年度年次大会論文集,   2018年11月
  • 双方向型学習を支援する講義コンテンツ視聴システムの開発-質問行動を促すチャットボット機能の提案-, 木ノ上稔, 矢部智暉, 卯木輝彦, 卯木輝彦, 國枝孝之, 米谷雄介, 後藤田中, 藤本憲市, 林敏浩, 八重樫理人, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2018,   2018年
  • 学習者の理解状況に応じた講義コンテンツ視聴システムの開発 -テスト誤答箇所の再視聴を促す誤答箇所視聴機能の提案-, 矢部智暉, 卯木輝彦, 國枝孝之, 米谷雄介, 後藤田中, 藤本憲市, 林敏浩, 八重樫理人, 電子情報通信学会技術研究報告, 118, (131(ET2018 19-27)(Web)),   2018年
  • 講義コンテンツを用いた学習における学習者視聴行動分析 -小テスト誤答場面における講義コンテンツ視聴行動調査-, 矢部智暉, 卯木輝彦, 國枝孝之, 米谷雄介, 後藤田中, 藤本憲市, 林敏浩, 八重樫理人, 教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM), 43rd,   2018年
  • 持続可能な大学CSIRTを目指した対応訓練システムの開発, 山崎勇二, 後藤田中, 小野滋己, 青木有香, 八重樫理人, 藤本憲市, 林敏浩, 今井慈郎, 最所圭三, 大学ICT推進協議会 2017年度年次大会論文集,   2017年12月
  • 香川大学での標的型攻撃メール訓練の実施と課題調査について, 小野滋己, 後藤田中, 青木有香, 八重樫理人, 藤本憲市, 林敏浩, 今井慈郎, 最所 圭三, 大学ICT推進協議会 2017年度年次大会論文集,   2017年12月
  • 非負値行列因子分解を用いたCT画像の再構成 (回路とシステム), 河野 紘正, 丹治 裕一, 藤本 憲市, 高橋 規一, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 117, (225), 55 - 58,   2017年10月05日
  • 学習到達度測定法の違いによる講義コンテンツ視聴傾向分析―実証実験の実施方法―, 矢部智暉, 岡田直也, 國枝孝之, 後藤田中, 裏和宏, 藤本憲市, 林敏浩, 八重樫理人, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2017, ROMBUNNO.17-14,   2017年09月
  • ウェアラブルデバイスを活用したスポーツオノマトペ学習支援環境, 石岡 匠也, 後藤田 中, 松浦 健二, カルンガル ステファン, 小林 雄志, 林 敏浩, 八重樫 理人, 藤本 憲市, 教育システム情報学会第42回全国大会,   2017年09月
  • PHITSとDLNNを組み合わせた新しい放射能強度決定の試み:In‐situ多チャンネル放射能濃度深度分布測定器の開発, 阪間稔, 藤本憲市, 井上一雅, 福士政広, 荒井萌子, 今城裕介, 福原隆宏, 松浦貢, 矢島辰雄, 松本(川口)絵里佳, 日本保健物理学会研究発表会講演要旨集, 50th, 162,   2017年06月
  • 大学連携eラーニングの共同実施におけるシステムトラブル対応について, 裏和宏, 藤本憲市, 後藤田中, 林敏浩, 教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM), 42nd, ROMBUNNO.F6‐4,   2017年
  • 大学連携eラーニングにおける認証連携方式の変更に伴う移行方法について, 後藤田中, 裏和宏, 藤本憲市, 林敏浩, 教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM), 42nd, ROMBUNNO.F6‐1,   2017年
  • PHITSとDLNNを組み合わせたIn‐situ多チャンネル放射能濃度深度分布測定器(Depth Distribution Spectrometer)の放射能濃度決定, 阪間稔, 藤本憲市, 松本(川口, 絵里佳, 井上一雅, 福士政広, 今城裕介, 福原隆宏, 松浦貢, 日本放射線安全管理学会学術大会講演予稿集, 15th, 75,   2016年11月30日
  • 運動感覚を記録する知覚フィードバック教材の開発 (教育工学), 石岡 匠也, 後藤田 中, 松浦 健二, ステファン カルンガル, 八重樫 理人, 林 敏浩, 藤本 憲市, 村井 礼, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 116, (314), 35 - 40,   2016年11月18日
  • 多視点動画教材の視聴視点切替え提案による技能研修支援システム, 山本 貴裕, 後藤田 中, 石岡 匠也, 國枝 貴之, 村田 淳, 神代 大輔, 小林 雄志, 設楽 佳世, 松浦 健二, 八重樫 理人, 林 敏浩, 藤本 憲市, 村井 礼, 教育システム情報学会 2016年度第3回研究会, 31, (3), 15 - 18,   2016年10月
  • テスト結果に基づき多視点映像再生の注目視点の切り替えを動的に構成するフレームワークの提案, 山本貴裕, 後藤田中, 石岡匠也, 國枝孝之, 村田淳, 神代大輔, 小林雄志, 設楽佳世, 松浦健二, 八重樫理人, 林敏浩, 藤本憲市, 村井 礼, 電気関係学会四国支部連合大会,   2016年09月
  • 大学連携e-Learningにおけるサーバおよびネットワーク負荷にかかる実践報告, 村井礼, 裏和宏, 末廣紀史, 山下俊昭, 藤本憲市, 後藤田中, 八重樫理人, 最所圭三, 今井慈郎, 林敏浩, 教育システム情報学会第41回全国大会論文集, 300 - 301,   2016年08月
  • 講義コンテンツを用いた学習における視聴履歴取得機能および学習分析機能の提案 (学校の教育力向上に資する実践研究/一般), 高田 良介, 後藤田 中, 藤本 憲市, 日本教育工学会研究報告集, 15, (5), 103 - 108,   2015年12月12日
  • 香川大学における大学連携用e‐Learning環境の負荷テスト調査, 村井礼, 藤本憲市, 裏和宏, 末廣紀史, 八重樫理人, 今井慈郎, 最所圭三, 林敏浩, 香川大学総合情報センター年報(CD-ROM), (11), 5 - 8,   2015年07月
  • 大学連携e‐Learningにおける履修者抽選システムの提案, 藤本憲市, 村井礼, 林敏浩, 裏和宏, 教育システム情報学会全国大会講演論文集(CD-ROM), 40th, ROMBUNNO.H3-4,   2015年
  • Duffing方程式における安定周期振動の分岐回避 (非線形問題), 大津 智弘, 藤本 憲市, 上田 哲史, 合原 一幸, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 114, (348), 69 - 74,   2014年12月03日
    著者らは,動的システムにみられる極限集合の位相的性質が解軌道のリアプノフ指数によって特徴付けられることに着目し,離散時間力学系における安定な固定点や周期点の分岐を回避するためのパラメータ制御法を提案している.この制御法は,最大局所リアプノフ指数に基づく評価関数の最適化問題と最急降下法から導出され,解の分岐集合を事前に解析することなく,システムパラメータの変化による分岐の発生を予測し回避できるという特長を有する.本報告では,離散時間力学系に対する分岐回避制御法のアイデアを基に,連続時間力学系における解軌道を離散化するためのストロボ写像を用いて,連続時間非自律系における安定周期解に対する分岐回避制御法を提案する.提案法の有効性を例証するため,Duffing方程式における安定周期振動の分岐回避実験結果についても報告する.
  • 線量体積制約の最適化に基づく連続時間強度変調放射線治療計画法 (MEとバイオサイバネティックス), 田中 義浩, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会技術研究報告 = IEICE technical report : 信学技報, 114, (258), 25 - 29,   2014年10月18日
  • 最大リアプノフ指数による安定固定点の分岐回避, 伊藤大輔, 大津智弘, 藤本憲市, 上田哲史, 合原一幸, 吉永哲哉, 計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム(CD-ROM), 1st, ROMBUNNO.6D2-1,   2014年03月04日
  • ロバスト分岐解析法によるカオスからの回避制御, 小林美緒, 藤本憲市, 吉永哲哉, 計測自動制御学会制御部門マルチシンポジウム(CD-ROM), 1st, ROMBUNNO.6D2-2,   2014年03月04日
  • AI-2-7 ロバスト分岐解析に基づくカオス状態の回避(AI-2.非線形力学系における超ロバスト制御の新展開,依頼シンポジウム,ソサイエティ企画), 小林 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2014, "SS - 61"-"SS-62",   2014年03月04日
  • AI-2-1 最大リアプノフ指数による安定固定点の分岐回避(AI-2.非線形力学系における超ロバスト制御の新展開,依頼シンポジウム,ソサイエティ企画), 大津 智弘, 藤本 憲市, 上田 哲史, 合原 一幸, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2014, "SS - 49"-"SS-50",   2014年03月04日
  • 連続時間法を用いたDual Energy CT画像再構成, 山口雄作, 藤本憲市, 吉永哲哉, 日本放射線技術学会総会学術大会予稿集, 70th, 165 - 166,   2014年
  • 連続時間法による強度変調放射線治療計画の最適化, 田中義浩, 藤本憲市, 吉永哲哉, 日本放射線技術学会総会学術大会予稿集, 70th, 182,   2014年
  • ヒト生体イメージングを目指した革新的バイオフォトニクス技術の構築, 岡田英史, 大川晋平, 谷川ゆかり, 吉永哲哉, 藤井宏之, 藤本憲市, 橋本康, 岩瀬正, 河野理, 星詳子, 日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM), 53rd, ROMBUNNO.SY3-02-2,   2014年
  • ブロック連続時間CT画像再構成回路の設計と実装, 藤本憲市, 赤石祥彰, 飯田仁, 吉永哲哉, 電気学会電子回路研究会資料, ECT-13, (110-113.115-125), 69 - 74,   2013年11月29日
  • 非線形力学系を用いた強度変調放射線治療計画法, 田中 義浩, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス, 113, (147), 47 - 52,   2013年07月12日
    強度変調放射線治療(IMRT)計画は,放射線ビーム係数に関する評価関数の最小化問題に帰着できる.筆者等の一部は,IMRT計画の逆問題を非線形微分方程式系にみられる解の初期値問題に帰着させ,ビームと線量に関する達成可能解を求める方法を提案している.本研究では,従来の系とは異なり,線量に基づく評価関数の単調減少を導く非線形力学系を提案する.まず,IMRT逆問題に解が存在する場合において,望ましい解に対応した平衡点の安定性を証明する.次に,臨床例による数値実験を通し,非適切な逆問題設定におけるIMRT計画の性能を評価する.
  • ある離散力学系に見られる不変トーラスとアーノルドタング, 関川 宗久, 藤原 澄人, 稲葉 直彦, 吉永 哲哉, 藤本 憲市, 遠藤 哲郎, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 113, (69), 39 - 42,   2013年05月20日
    本研究では,delayed logistic写像の結合系を解析し,不変閉曲線(ICC)と不変トーラス(IT)に関連する現象を数値実験によって調べた.リアプノフ解析により,ITの発生パラメータ領域を調べたところ,アーノルドタングがICC-アーノルドタングに分岐するという極めて興味深い現象を発見した.アーノルドタングとICC-アーノルドタングとの境界はネイマルク・サッカー分岐であり,また,ICC-アーノルドタングとITの発生領域との境界は準周期サドル・ノード分岐である.これらの分岐曲線は余次元2の分岐(TH分岐)によって接続されていることが明らかになった.この余次元2の分岐の構造により,ITの発生のメカニズムについて考察した.
  • 非線形スイッチトシステムを用いたバイナリトモグラフィ, 山口 雄作, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 113, (15), 13 - 18,   2013年04月18日
    著者等は,ある非線形スイッチトシステムにみられる平衡点の安定性が,Kullback-Leibler divergenceを二重に構成した共通リアプノフ関数を用いて証明できることを示している.システムの解はボックス部分状態空間の内部で閉じた軌道を振る舞い,リアプノフ関数はその定義域に対してうまく定義されている.システムの初期値問題をCT画像再構成におけるボックス制限付きの最適化解法に応用した.すなわち,再構成すべき画像の濃度値が2値であるバイナリトモグラフィ,さらに,最大濃度値が既知の連続トモグラフィを対象とし,従来法よりも品質の高い再構成画像が得られることを数値実験により例証している.
  • 2-トーラスと3-トーラスの境界について, 藤原 澄人, 稲葉 直彦, 関川 宗久, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 遠藤 哲郎, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 112, (487), 77 - 80,   2013年03月07日
    本研究では,delayed logistic写像の結合系を解析し,2-トーラスと3-トーラスの境界について調べた.2-トーラスと3-トーラスの境界については,リミットサイクルの2度のネイマルクサッカー分岐によって生じるという仮説があった.その仮説は多くの研究者を惑わせるシナリオであったに違いない.しかしながら,1世代前の計算機の計算機速度ではそのシナリオの可否を十分に検証することは難しかった.本研究では,3-トーラスを発生するdelayed logistic写像の結合系をリアプノフ解析することにより,その仮説が成り立たないことを明らかにする.
  • 最大リアプノフ指数に基づいた周期点の分岐回避制御, 藤本憲市, 吉永哲哉, 上田哲史, 北島博之, 合原一幸, 電子情報通信学会大会講演論文集, 2013, SS.50-SS.51,   2013年03月05日
  • AI-1-2 ロバスト分岐解析と計算手法(AI-1.非線形力学系における超ロバスト制御の展望,依頼シンポジウム,ソサイエティ企画), 北島 博之, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 合原 一幸, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2013, "SS - 46"-"SS-47",   2013年03月05日
  • AI-1-4 最大リアプノブ指数に基づいた周期点の分岐回避制御(AI-1.非線形力学系における超ロバスト制御の展望,依頼シンポジウム,ソサイエティ企画), 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 上田 哲史, 北島 博之, 合原 一幸, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 2013, "SS - 50"-"SS-51",   2013年03月05日
  • カオス制御における制御コストの評価と比較, 藤本 憲市, 大津 智弘, 伊藤 大輔, 上田 哲史, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 112, (301), 1 - 6,   2012年11月12日
    OGY法や遅延フィードバック法は,1990年代初めに提案された代表的なカオス制御法である.その後,著者の一人らも,ポアンカレ写像と線形制御理論に基づいたカオス制御法を提案している.極配置問題の観点からみれば,この制御法は,不安定な極のみを操作するOGY法を拡張したものになっている.いずれの手法もシステムパラメータの摂動により不安定周期解を安定化することができるが,著者らの知る限り安定化に要するパラメータ摂動量を制御エネルギとして評価した報告は見当たらない.本報告では,パラメータ摂動量を制御エネルギ(電力)に換算できる発振器回路を対象とし,状態変数,制御入力,電力それぞれに基づいた指標に基づいて,線形制御理論に基づくカオス制御法と遅延フィードバック法における制御コストを評価した.
  • 連続法の離散化反復法による強度変調放射線治療計画, 田中義浩, 橋戸宏輔, 藤本憲市, 吉永哲哉, 医学物理 Supplement, 32, (3), 200 - 201,   2012年09月13日
  • 連続CT画像再構成法の拡張によるバイナリ・トモグラフィ, 山口雄作, 藤本憲市, 吉永哲哉, 医学物理 Supplement, 32, (3), 137 - 138,   2012年09月13日
  • 画素の非負と単調収束性を保証する逐次CT画像再構成法, 立石貴代子, 藤本憲市, 吉永哲哉, 医学物理 Supplement, 32, (3), 269 - 270,   2012年09月13日
  • 拡張連続法を用いた強度変調放射線治療計画, 橋戸宏輔, 藤本憲市, 吉永哲哉, 医学物理 Supplement, 32, (3), 198 - 199,   2012年09月13日
  • 拡張連続法を用いた少数方向投影からのCT画像再構成, 山口雄作, 藤本憲市, 吉永哲哉, 生体医工学, 50, (4), 394,   2012年08月10日
  • 拡張連続法の離散化に基づくCT画像再構成, 立石貴代子, 藤本憲市, 吉永哲哉, 生体医工学, 50, (4), 394,   2012年08月10日
  • 連続法の離散化に基づく強度変調放射線治療計画法の収束性, 田中 義浩, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 回路とシステムワークショップ論文集 Workshop on Circuits and Systems, 25, 239 - 244,   2012年07月30日
  • 連続CT画像再構成法の拡張による効果, 山口雄作, 藤本憲市, 吉永哲哉, 中四国放射線医療技術(CD-ROM), (7), ROMBUNNO.14,   2012年02月
  • 高品質CT画像再構成を目的とした拡張連続法の収束性, 山口雄作, 藤本憲市, 吉永哲哉, 中四国放射線医療技術(CD-ROM), (8), ROMBUNNO.27-121,   2012年01月
  • 強度変調放射線治療計画のためのスイッチト連続法, 橋戸宏輔, 藤本憲市, 吉永哲哉, 中四国放射線医療技術(CD-ROM), (8), ROMBUNNO.31-134,   2012年01月
  • ブロック連続CT画像再構成システムの電子回路設計, 藤本 憲市, 山口 雄作, 吉永 哲哉, 電気学会研究会資料. ECT, 電子回路研究会, 2011, (91), 9 - 14,   2011年11月10日
  • 離散時間振動子の星型結合系にみられる分岐とカオス現象, 小林 美緒, 藤原 政良, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 合原 一幸, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 111, (276), 1 - 5,   2011年11月02日
    振動応答を発生する複数の離散時間振動子が1次元ダイナミクスを通して星型に結合した系を対象とする.4個の振動子が結合した系にみられる周期点の分岐現象を解析し,周期倍分岐の重複による余次元2の分岐が生じるパラメータ周辺での分岐構造とカオス的振動応答の発生機構を示す.多数個の振動子の結合系においても同様のカオス的振動現象がみられると予想され,振動応答の同期とカオス的振動応答の性質に基づき,濃淡画像から類似の濃度値を持つ画素領域を抽出する原理を提案する.
  • 連続法によるCT再構成画像の性質, 山口雄作, 藤本憲市, 吉永哲哉, 生体医工学, 49, (5), 765,   2011年10月10日
  • 動的画像領域分割のための可塑的結合を有する 離散時間ニューロン結合系 (結合力学系のダイナミクスと応用), 藤本 憲市, 小林 美緒, 吉永 哲哉, 回路とシステムワークショップ論文集 Workshop on Circuits and Systems, 24, (266), 274 - 278,   2011年08月01日
  • 離散時間ニューロン結合系にみられる同期現象の解析, 小林 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 111, (62), 79 - 84,   2011年05月19日
    離散時間結合系にみられる振動応答の同期現象を解析し,動的画像領域分割の設計に応用する研究を行っている.本報告では,連結領域内の画素値が異なる場合における部分同相同期現象の発生パラメータ領域を明らかにするため,n個のニューロン結合系にみられる周期点の分岐現象を解析した.具体的には,n個のうちn-1個のニューロンが興奮性で相互結合し,全体が抑制性で結合したモデルを対象とした.相互に結合しているニューロンへの直流入力値が一様でない場合にみられる振動応答の部分同相同期現象が発生するパラメータ領域が明らかになった.
  • 連続法を用いた強度変調放射線治療計画法, 橋戸 宏輔, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 111, (62), 105 - 110,   2011年05月19日
    強度変調放射線治療計画の問題は,放射線ビーム係数に関する目標関数の最小化問題に帰着される.最小化問題はニュートン法を用いて解くことができるが,その最適化過程において目標関数のヘッセ行列およびその逆行列を求める必要があり,その計算量は膨大となる.本論文では,線量分布に基づいた目標関数を構築し,目標関数のヘッセ行列およびその逆行列の計算を必要としない最適化法を提案した.提案法は常微分方程式で記述され,系の状態が連続時間軸上で変化することから,それを連続法とよぶ.連続法は,正の初期値に対して解が常に正の値を保持するという特徴を有する.強度放射線治療計画問題に対して連続法を適用し,解の正値性,極小解への収束性能,および得られた治療計画を検討した.その結果,解は正の値を保持したまま時間経過に従って極小解へ収束し,線量分布図と線量体積ヒストグラムから,その極小解は準最適な治療計画であることを確認した.
  • 連続時間CT画像再構成法の電子回路実装, 藤本憲市, 吉永哲哉, 生体・生理工学シンポジウム論文集, 25th, 277 - 280,   2010年09月23日
  • 連続CT画像再構成法の離散化に基づく反復法の性質(一般), 上田 知佳, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 110, (166), 5 - 9,   2010年07月26日
    高品質な医用CT画像の再構成を高速に演算する方法の開発を目的とし,連続法およびその離散化による反復法を提案している.本報告では,ブロック連続法から導いた離散化法の理論的検討を行い,反復解が非負を保ちながら,ブロック毎の目標関数が減少する性質を証明する.結果を基にした数値例を示す.
  • あるSlow-Fast回路にみられる混合モード振動の回路実験(一般), 稲葉 直彦, 関川 宗久, 吉永 哲哉, 藤本 憲市, 坪内 孝司, 遠藤 哲郎, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 110, (166), 35 - 38,   2010年07月26日
    本研究では,拡張BvP発振器に見られるMMOsの回路実験を行った.しかしながら,数値実験でMMOsが見られるパラメータの範囲内では実回路実験においてはカオスが見られた.本研究は,拡張BvP発振器のMMOsが実際のノイズの存在する実物理実験においてはカオスに埋もれて観察されることのない現象であることを主張している.拡張BvP方程式に超微小周期外乱を加えたモデルを提案し,このモデルにおいてMMOsが発生する領域においては周期倍分岐の連鎖によりカオスが発生することを明らかにした.
  • 離散時間ニューロンの3個結合系にみられる振動応答の分岐(ポスターセッション), 藤原 政良, 武藏 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 110, (166), 123 - 128,   2010年07月26日
    離散時間結合系にみられる振動応答の同期現象を解析し,動的画像領域分割の設計に応用する研究を行っている.本報告では,連結領域内の画素値が異なる場合における部分同相同期現象の発生パラメータ領域を明らかにするため,3個のカオス・ニューロン結合系にみられる周期点の分岐現象を解析している.具体的には,3個のうち2つのニューロンが興奮性で相互結合し,全体が抑制性で結合したモデルを対象とする.
  • 連続CT画像再構成法の離散化に基づく逐次法, 上田知佳, 藤本憲市, 吉永哲哉, 生体医工学, 48, (3), 335,   2010年06月10日
  • あるSlow-Fast系にみられる混合モード振動の崩壊, 稲葉 直彦, 吉永 哲哉, 藤本 憲市, 坪内 孝司, 遠藤 哲郎, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 109, (458), 43 - 46,   2010年03月02日
    本研究の目的は,現在大きな注目を集めている混合モード振動(mixed-mode oscillations 通称MMO)と呼ばれる非線形現象が,超微小な周期外乱の印加によってカオスへ転移することを明らかにすることである。本研究は,MMOが実際のノイズの存在する実物理実験においては観察されることのない現象であることを主張している。
  • 連続法を用いたCT画像再構成の特徴, 山口雄作, 藤本憲市, 吉永哲哉, 中四国放射線医療技術(CD-ROM), (6), ROMBUNNO.125,   2010年
  • 離散時間カオス・ニューロン結合系のダイナミクスを利用した動的画像領域分割システム, 藤本 憲市, 武藏 美緒, 吉永 哲哉, システム/制御/情報, 54, (1), 9 - 14,   2010年01月, [依頼有り]
  • カオス・ニューロン結合系のFPGA実装に関する試み, 藤本憲市, 武藏美緒, 吉永哲哉, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2009, ROMBUNNO.1-19,   2009年09月15日
  • 電子回路を用いた連続CT画像再構成, 藤本憲市, AL‐OLA OmarAbou, 吉永哲哉, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM), 2009, ROMBUNNO.TC4-1,   2009年09月03日
  • 離散時間カオス・ニューラルネットワークにみられる振動応答の引力圏, 武藏美緒, 藤本憲市, 吉永哲哉, 電気学会電子・情報・システム部門大会講演論文集(CD-ROM), 2009, ROMBUNNO.MC13-4,   2009年09月03日
  • 離散時間カオス・ニューラルネットワークにみられる振動応答の分岐と引力圏, 武藏 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 109, (167), 65 - 70,   2009年07月27日
    筆者らは,高次数周期の振動応答を発生させることのできる離散時間カオス・ニューロンと1個の大域的抑制性素子で構成されるカオス・ニューラルネットワークを提案している.各カオス・ニューロンは1個の直流入力項を持つが,これら直流入力が同じ値を持つカオス・ニューロン同士に限り対称性を持つ系となる.著者らは,対称な系,非対称な系それぞれにみられる周期点の分岐解析を通じて,高次数周期の振動応答の発生機構を詳細に調べた.本稿では,3個のカオス・ニューロンからなるカオス・ニューラルネットワークを対象とし,各カオス・ニューロンへの直流入力値と,定常状態において安定な振動応答が発生する初期値領域との関係を調査した.また,相互相関係数を用いて,本解析で必要となる複数の周期振動間の位相差を判定する方法を考案した.筆者らのカオス・ニューラルネットワークは動的画像領域分割システムに応用することができ,本稿で得られた解析結果は,動的画像領域分割にとって最適なパラメータを設計する際に有意義な情報となる.
  • 離散時間力学系を用いた白黒濃淡画像のマルチスケール化とその動的画像領域分割, 藤本 憲市, 武藏 美緒, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 109, (167), 49 - 52,   2009年07月27日
    著者らが提案している離散時間カオス・ニューロン結合系は,近傍カオス・ニューロン間の結合強度を適切に設定することで2値画像に対する動的画像領域分割システムとして機能する.本稿では,本動的画像領域分割システムの白黒濃淡画像への適用を検討する.白黒濃淡画像の領域分割においては,分割対象の画像領域(濃淡連結成分)を如何にして求めるかが問題となる.そしてそれは近傍カオス・ニューロン間の結合強度を決定する問題と等価になる.この問題に対し,離散時間ダイナミクスに基づいて濃度値を自律的に数個の値に集約する方法(マルチスケール化法)の適用を試みる.このシステムは,同時に,隣接画素間の連結関係も計算できる特徴を有する.また,マルチスケール化システムとカオス・ニューロン結合系の併用システムが,白黒濃淡画像に対してうまく機能することを示す.
  • Continuous-time dynamical system for reconstructing computed tomography image (非線形問題), Fujimoto Ken'ichi, Abou Al-Ola Omar M., Yoshinaga Tetsuya, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 108, (477), 41 - 46,   2009年03月03日
    Transform and iterative methods are used to reconstruct computed tomography (CT) images from a projection dataset. The filtered back-projection (FBP) procedure, which is a transform method, is widely used for CT image reconstruction because of its high reconstruction speed. However, the FBP method produces images with a lot of radial artifacts, which are well-known as metal artifact, for a defective projection dataset with lack of data. Although iterative methods using difference equations can produce better-quality images even for such defective projection dataset, their reconstruction speeds are slower than that of the FBP method. This report presents a new approach for reconstructing CT images. It consists of a continuous-time dynamical system described by differential equations. Using several examples we demonstrate that our system works well. Moreover, a block diagram of our system is drawn to indicate that our system can be created as an analog electronic circuit. An implementation in hardware can yield good-quality, high-speed image reconstruction.
  • 注目される計測技術の展望 領域分割とその時系列表示が可能な動的画像領域分割システム, 藤本憲市, 武藏美緒, 吉永哲哉, ケミカルエンジニヤリング, 54, (2), 117 - 123,   2009年02月01日
  • 領域分割とその時系列表示が可能な動的画像領域分割システム, 藤本 憲市, 武藏 美緒, 吉永 哲哉, ケミカルエンジニヤリング, 54, (2), 29 - 35,   2009年02月, [依頼有り]
  • 高次数周期の振動応答を発生する離散時間カオス・ニューロン結合系の分岐(II), 武藏 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 108, (174), 27 - 31,   2008年07月24日
    筆者等は以前に,振動的応答を発生させることのできる離散時間ニューロン結合系モデルを提案し,恒等なニューロン結合系にみられる周期点の分岐集合を求め振動応答の発生機構を検討した.本報告では,各ニューロンへの直流入力値が異なる非対称結合系を対象として分岐解析を行い,パラメータ変化により対称性を崩すことで,対称系には観察されなかった周期の次数の振動応答が発生することを示し,その発生機構を検討している.
  • EUDに基づくIMRT最適化勾配系の力学的性質 (第21回 回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集) -- (カオスと分岐), 福永 愛, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集, 21, 353 - 358,   2008年04月21日
  • 振動応答を発生するカオス・ニューロン結合系の提案と系にみられる分岐 (第21回 回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集) -- (カオスと分岐), 武藏 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 回路とシステム軽井沢ワークショップ論文集, 21, 363 - 368,   2008年04月21日
  • 高次数周期の振動応答を発生する離散時間カオス・ニューロン結合系の分岐, 武藏 美緒, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会技術研究報告. CAS, 回路とシステム, 107, (265), 1 - 6,   2007年10月12日
    離散時間ニューロン結合系において,周期の次数が高い周期点(または非周期点)による振動的な応答を発生できる力学系モデルを提案する.微分方程式系にみられる振動解と類似の波形を離散時間力学系で再現できることは,ニューロン・モデルの数値計算応用において,計算処理速度の高速化と現象の再現性向上の利点がある.本報告では,離散時間カオス・ニューロンを2個結合した系を対象として,適切なパラメータ設定の下に目的の振動応答がみられることを示し,周期点の分岐解析により,振動応答の発生機構や存在パラメータ範囲を明らかにする.
  • 高次数周期の振動応答を発生する離散時間カオス・ニューロン相互結合系, 武藏美緒, 藤本憲市, 吉永哲哉, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2007, ROMBUNNO.1-11,   2007年09月15日
  • IMRT計画の最適化過程に見られる分岐現象, 藤本憲市, 山田健二, 吉永哲哉, 電気関係学会四国支部連合大会講演論文集(CD-ROM), 2007, ROMBUNNO.1-12,   2007年09月15日
  • 等価均一線量に基づいた強度変調放射線治療計画の最適化のための対角ニュートン法に関する一考察, 藤本 憲市, 山田 健二, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会技術研究報告. MBE, MEとバイオサイバネティックス, 107, (154), 59 - 62,   2007年07月13日
    強度変調放射線治療(IMRT)の治療計画は放射線ビーム係数に関する非線形評価関数の最小化問題に帰着され,最適値の求解を期待する手段として反復法が有効であることが知られている.ただし,臨床で用いられる放射線ビーム数は膨大であるため,実用的な反復法として,ヘッセ行列を対角要素のみで近似する対角ニュートン法が提案されている.本報告では,ヘッセ行列の対角要素をコンピュータプログラムにより効率的に求めるための計算式を導出し,計算速度の観点からその効率性を検証する.さらに,その計算式を適用したIMRTシミュレータが,数千次元のIMRT治療計画問題に対しても実用的な計算速度を有していることを検証する.
  • 拡張PMARTを用いたエミッションCT画像再構成の高速化, 竹元省太, 藤本憲市, 吉永哲哉, 小野口昌久, 核医学技術, 27, (2), 147,   2007年06月10日
  • 高大接続eコンテンツ開発プロジェクト「eコンテンツによる初年次学生の学習支援」報告, 桑折 範彦, 斉藤 隆仁, 大橋 眞, 若泉 誠一, 後藤 寿夫, 吉永 哲哉, 藤本 憲市, 大学教育研究ジャーナル, 4, 48 - 54,   2007年03月
  • CTにおける測定誤差を考慮した拡張PMART画像再構成力学系の解析, 山田健二, 藤本憲市, 吉永哲哉, 日本放射線技術学会総会学術大会予稿集, 63rd, 150,   2007年02月20日
  • IMRT最適化アルゴリズムの非線形力学系としての性質, 関原和正, 山田健二, 藤本憲市, 吉永哲哉, 日本放射線技術学会総会学術大会予稿集, 63rd, 131,   2007年02月20日
  • 強度変調放射線治療のための最適化反復法の力学的性質, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 106, (452), 17 - 21,   2007年01月11日
    強度変調放射線治療(IMRT)による治療計画は放射線ビーム係数に関する目標関数の最小化問題に帰着される.等価均一線量に基づく目標関数を対角ニュートン法のアルゴリズムにより最適化する反復法を対象とし,最適化挙動の本質的なメカニズムの解明を目指す.IMRT勾配法を非線形力学系として定式化し,低次元系の力学的性質を検討する.
  • CT画像再構成における測定誤差を考慮した拡張PMART系の分岐現象, 山田 健二, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 106, (452), 73 - 78,   2007年01月11日
    CT (Computed Tomography)画像再構成において逐次近似法は画像の品質に関する優位性を持つ.著者等は以前に,逐次近似法の一つであるPMARTの収束速度を加速させるための拡張を行い,アルゴリズムに含まれるパラメータを動的に更新することで高速化を得る方法を提案した.低次元状態空間の拡張PMART系において投影データに誤差が存在する場合を考え,系にみられる固定点の分岐現象を解析し,安定固定点への収束速度を検討している.
  • 画像領域分割のためのシナプス結合を有するLEGION系に見られる周期振動, 藤本 憲市, 吉永 哲哉, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 106, (274), 7 - 11,   2006年09月27日
    画素数と同じ数の振動子と1個の大域的抑制性素子から構成されたLEGION (Locally Excitatory, Globally Inhibitory Oscillator Network)は,実用的な画像領域分割のための振動子ネットワークシステムとして知られている.LEGIONにおいて,その振動子間の興奮性結合係数と大域的抑制素子との抑制性結合係数の値を適切に設計することで画像の領域分割に対応した挙動を発生させることができるが,振動子に与える初期値によっては,画像領域分割にとって不適切な挙動,すなわち非連結領域が連結する現象が現れることがある.本稿では,そのような挙動の発生を回避する方法としてシナプス結合を有するLEGIONを提案し,その力学系に生じる周期解の分岐現象を解析することで提案したLEGIONの画像領域分割能力を検討した.
  • ウェーブレット変換を用いた小型風車の状態診断に関する研究, 當宮辰美, 藤本憲市, 福見淳二, 阿南高専研究紀要, 第42号, p.15 - 20,   2006年, [査読有り]
  • 画像領域分割のための結合振動子にみられる周期振動の力学的性質, 吉永 哲哉, 藤本 憲市, 電気学会研究会資料. ECT, 電子回路研究会, 2005, (71), 51 - 55,   2005年11月18日
  • 話の広場/会員活動 研究室紹介--阿南工業高等専門学校, 當宮 辰美, 藤本 憲市, 田中 達治, 風力エネルギー, 28, (3), 72 - 77,   2004年
  • LEGO MindStormsを用いたメカトロニクス体験実習の教育効果, 藤本 憲市, 當宮 辰美, 田中 達治, 阿南工業高等専門学校研究紀要, (38), 97 - 103,   2002年03月
  • Wavelet変換による装置故障診断システム開発の可能性試験, 當宮辰美, 藤本憲市, 福見淳二, 新技術説明会資料, 講演番号7,   2002年
  • ウェーブレット解析による回転機状態診断の試み, 當宮辰美, 藤本憲市, 福見淳二, 阿南高専研究紀要, 第38号, p.7 - 13,   2002年, [査読有り]
  • 3本並列型倒立振子の振り上げ制御, 工藤 宏昭, 藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 100, (469), 51 - 56,   2000年11月17日
    筆者らの一部は以前に, 倒立振子を制御対象として, 台車が周期運動を行なう場合の振り子に生じる非線形現象を分岐図などを用いて詳細に解析している[1]-[3].また系に本質的に内在する非線形ダイナミクスを積極的に利用して2本並列型倒立振子の振り上げ制御も行なっている[4]-[5].本報告の目的は振子を3本に拡張し, 振子の選択的振り上げ, また同時振り上げを行ない本手法の有効性を検証することにある.
  • 2P1-57-094 UAM における周期運動の制御, 藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博, ロボティクス・メカトロニクス講演会講演概要集, 2000, 88 - 88,   2000年
    自由関節を有する2リンク平面型UAMの一制御法として, 第1リンクを周期運動させる制御法が提案されている。著者らはこの制御が加えられた系において, 解(自由リンクの運動)に関する性質について解析を行ってきた。本稿では, この系のポアンカレ写像によって離散化した系に対して状態フィードバックによる制御器を構成し, 元の(連続)系に存在する不安定周期運動を安定化する手法について述べる。
  • 倒立振子における不安定周期振動の安定化, 工藤宏昭, 藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博, 2000年電子情報通信学会総合大会講演論文集, 57 - 57,   2000年
  • 平面マニピュレータの機構パラメータ同定に関する一考察, 藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 99, (134), 91 - 97,   1999年06月22日
    マニピュレー夕の非線形性を積極的に利用してマニピュレータを制御する場合,マニピュレータの運動方程式が正確に記述されている必要がある.しかしながら,マニピュレータの運動方程式には慣性項,摩擦項等を含んでおり,それらパラメータの同定値には必ず誤差が生じる.本稿では,平面マニピュレータの機構パラメータを同定するさいに生じる同定誤差が,マニピュレータにおける周期運動の分岐現象に与える影響を検討した.第2関節軸の粘性摩擦係数値に±50%,あるいは第2リンクの重心回りの慣性モーメント値に±5%の同定誤差が生じても,共振運動,非共振運動,回転運動などの,平面マニピュレータが本質的に有する非線形性に起因する周期運動は消失しないことを明らかにした.
  • A-2-22 2リンク平面マニピュレータにおける運動の力学的性質, 藤本 憲市, 田中 芳夫, 川上 博, 電子情報通信学会総合大会講演論文集, 1999, 86 - 86,   1999年03月08日
  • 断続RC回路を持つBVP発振器について, 高坂 拓司, 上田 哲史, 川上 博, 藤本 憲市, 林 保幸, 電子情報通信学会技術研究報告. NLP, 非線形問題, 97, (300), 93 - 100,   1997年10月06日
    本稿では, 断続RC回路を持つBVP発振器に生じる分岐現象の解析を行っている. 解析方法として用いた, 合成された Poincare写像についても紹介する. 分岐集合を数値計算で求めることにより, 系にみられる解の複雑な振る舞いについて解析を行い, 結果を示す.

書籍等出版物

  • 新・医用放射線技術実験―基礎編― 第4版, 安部, 真治, 小田, 敍弘, 小倉, 泉, 小山, 修司, 分担執筆, 第4.3.1, 4.3.2, 4.3.4, 4.4.2, 4.4.3, 4.4.4, 4.4.6節, 共立出版,   2020年12月, ISBN:9784320061958
  • Human Interface and the Management of Information. Visual Information and Knowledge Management, Tomoki Yabe, Teruhiko Unoki, Takayuki Kunieda, Yusuke Kometani, Naka Gotoda, Ken’ichi Fujimoto, Toshihiro Hayashi, Rihito Yaegashi, 分担執筆, A Support System for Viewing Lecture Contents Adapted Students Understanding - Study on Question Behavior to Grasp Learner’s Understanding Situation -, pp.392–401, Springer International Publishing,   2019年06月, ISBN:9783030226602
  • Knowledge-Based Software Engineering: 2018, Tomoki Yabe, Teruhiko Unoki, Takayuki Kunieda, Yusuke Kometani, Naka Gotoda, Ken'ichi Fujimoto, Toshihiro Hayashi, Rihito Yaegashi, 分担執筆, Chapter 22, pp.214–220, Springer International Publishing,   2018年08月, ISBN:9783319976792
  • Artificial Intelligence Science and Technology, Hiroshi Murai, Ken'ichi Fujimoto, Toshihiro Hayashi, Naka Gotoda, Rihito Yaegashi, 分担執筆, pp.113–118, World Scientific,   2017年08月, ISBN:9789813206830
  • 新・医用放射線技術実験―基礎編― 第3版, 田中, 仁, 山田, 勝彦, 安部, 真治, 小田, 敍弘, 分担執筆, 第4.3.1, 4.3.2, 4.3.4, 4.4.2, 4.4.3, 4.4.4, 4.4.6節, 共立出版,   2016年02月, ISBN:9784320061811
  • Analysis and Control of Complex Dynamical Systems, Ken'ichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, Tetsushi Ueta, Kazuyuki Aihara, 分担執筆, Chapter 5, pp.49–55, Springer Japan,   2015年01月, ISBN:9784431550136
  • Computed Tomography: New Research, Kenichi Fujimoto, Tetsuya Yoshinaga, 分担執筆, Chapter 1, pp.1–30, Nova Science Publishers,   2013年03月, ISBN:9781624171536
  • IFMBE Proceedings vol.37, Ken'ichi Fujimoto, Mio Kobayashi, Tetsuya Yoshinaga, 分担執筆, 643-646頁, Springer Berlin Heidelberg,   2012年, ISBN:9783642235085
  • Discrete Time Systems, Ken'ichi Fujimoto, Mio Kobayashi, Tetsuya Yoshinaga, 分担執筆, Chapter 23, pp.405–424, InTech,   2011年04月, ISBN:9789533072005

講演・口頭発表等

  • 3D光ピンセットによるマイクロ容器への微粒子の挿入, 田中 芳夫, 藤本 憲市, 令和3年度電気・電子・情報関係学会四国支部連合大会,   2021年09月25日
  • 条件付き敵対的生成ネットワークによる放射線スペクトルデータの生成, 梅本 拓登, 藤本 憲市, 阪間 稔, 井上 一雅, 福士 政広, 今城 裕介, 福原 隆宏, 遠藤 倫崇, 令和3年度電気・電子・情報関係学会四国支部連合大会,   2021年09月25日
  • CT画像再構成におけるML-EM法のベクトル演算化, 越智 剛, 藤本 憲市, 丹治 裕一, 令和3年度電気・電子・情報関係学会四国支部連合大会,   2021年09月25日
  • 非線形動力学システムによるCT画像再構成におけるマルチGPUを用いた高速化, 植村 大地, 丹治 裕一, 藤本 憲市, 北島 博之, 堀川 洋, 電子情報通信学会 非線形問題研究会,   2020年05月15日, 電子情報通信学会
  • CT画像再構成における射影勾配法と境界拘束共役勾配法の性能比較, 松岡 和憲, 丹治 裕一, 藤本 憲市, 北島 博之, 堀川 洋, 電子情報通信学会 非線形問題研究会,   2020年01月24日, 電子情報通信学会
  • セキュリティ製品の妥当性点検に向けたアンチウイルスソフト検知率評価システムの提案及びその有効性の検討, 北原 美里, 米谷 雄介, 後藤田 中, 小野 滋己, 青木 有香, 八重樫 理人, 藤本 憲市, 林 敏浩, 今井 慈郎, 最所 圭三, 喜田 弘司, 大学ICT推進協議会(AXIES 2019),   2019年12月14日, 大学ICT推進協議会
  • マイクロ作業時の接触力検出が可能な双腕光ピンセット, 田中 芳夫, 藤本 憲市, 第36回センサ・マイクロマシンと応用システムシンポジウム,   2019年11月20日, 電気学会 センサ・マイクロマシン部門
  • Low-Dose CT Reconstruction with Multiclass Orthogonal Dictionaries, Hiryu Kamoshita, Taisuke Shibata, Daichi Kitahara, 藤本 憲市, Akira Hirabayashi, 2019 IEEE International Conference on Image Processing (ICIP),   2019年09月24日, IEEE
  • 共役勾配法を用いたCT画像再構成のGPU上への実装, 松岡 和憲, 丹治 裕一, 藤本 憲市, 北島 博之, 堀川 洋, 電子情報通信学会 非線形問題研究会,   2019年09月23日, 電子情報通信学会
  • 2台のFalconによる双腕光ピンセットの制御, 田中 芳夫, 藤本 憲市, 電気関係学会四国支部連合大会,   2019年09月21日
  • アンチウイルスソフト検知率評価システムの提案: セキュリティ製品の妥当性点検の判断材料の自動生成, 北原 美里, 米谷 雄介, 後藤田 中, 小野 滋己, 青木 有香, 八重樫 理人, 藤本 憲市, 林 敏浩, 今井 慈郎, 最所 圭三, 喜田 弘司, 第18回情報科学技術フォーラム,   2019年09月03日, 情報処理学会
  • 触力覚インタフェースを用いた双腕光ピンセットの制御, 田中 芳夫, 藤本 憲市, 第24回知能メカトロニクスワークショップ,   2019年08月31日, 電気学会知覚情報技術委員会
  • Fast Computation of Dynamical System for Emission Computed Tomography, Ken’ichi Fujimoto, Yuichi Tanji, Hiroyuki Kitajima, Yo Horikawa, The 2nd International Conference on Numerical Modelling in Engineering (NME 2019),   2019年08月20日
  • A Support System for Viewing Lecture Contents Adapted Students Understanding - Study on Question Behavior to Grasp Learner's Understanding Situation, Tomoki Yabe, Teruhiko Unoki, Takayuki Kunieda, Yusuke Kometani, Naka Gotoda, Ken'ichi Fujimoto, Toshihiro Hayashi, Rihito Yaegashi, 21st International Conference on Human-Computer Interaction,   2019年07月26日
  • Heteroclinic Orbits and Chaos in A Ring of Three Unidirectionally Coupled Nonmonotonic Neurons, Horikawa Yo, Fujimoto Ken'ichi, The 2019 International Joint Conference on Neural Networks (IJCNN2019),   2019年07月14日
  • 放射型CTにおけるML-EMアルゴリズムの高速化, 藤本 憲市, 丹治 裕一, 北島 博之, 堀川 洋, 2019年 電子情報通信学会 NOLTAソサイエティ大会,   2019年06月08日, 電子情報通信学会
  • Application of CGNR and CGNE for CT Image Reconstruction, 松岡 和憲, 丹治 裕一, 藤本 憲市, 北島 博之, 堀川 洋, 2019年 電子情報通信学会 NOLTAソサイエティ大会,   2019年06月08日, 電子情報通信学会
  • Identification of EEG-based Music Emotion Using Hybrid COA features and t-SNE, Hong He, Wenxiu Zhao, Ken'ichi Fujimoto, 2019 9th International Conference on Biomedical Engineering and Technology (ICBET 2019),   2019年03月28日, CBEES
  • リスクアセスメント情報を活用した判断基準共有のための模擬インシデント訓練システム, 宮崎 凌大, 後藤田 中, 米谷 雄介, 小野 滋己, 青木 有香, 八重樫 理人, 藤本 憲市, 喜田 弘司, 林 敏浩, 今井 慈郎, 最所 圭三, 教育システム情報学会2018年度第5回研究会,   2019年01月12日
  • Nonnegative Constrained CGNR and CGNE Methods for CT Image Reconstruction, Kazunori Matsuoka, Yuichi Tanji, Ken'ichi Fujimoto, Hiroyuki Kitajima, Yo Horikawa, IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks,   2018年12月07日, IEEE Circuits and Systems Society, Shikoku Chapter
  • 深層ニューラルネットワークの応用事例 〜CT画像再構成ほか〜, 藤本 憲市, 医療放射線技術研究会「機械学習・AI・ディープラーニング研究の多様性と医用への応用」,   2018年11月23日, 招待有り, 応用物理学会放射線分科会医療放射線技術研究会
  • 振り返り強化のための模擬インシデント訓練によるリスクアセスメント情報共有システム, 宮崎 凌大, 後藤田 中, 米谷 雄介, 小野 滋己, 青木 有香, 八重樫 理人, 藤本 憲市, 林 敏浩, 今井 慈郎, 喜田 弘司, 最所 圭三, 大学ICT推進協議会2018年度年次大会,   2018年11月20日, 大学ICT推進協議会
  • 学習者の理解度に応じた講義コンテンツ視聴システム -学習者の理解度に応じた講義コンテンツ推薦機能の提案-, 矢部 智暉, 卯木 輝彦, 國枝 孝之, 米谷 雄介, 後藤田 中, 藤本 憲市, 林 敏浩, 八重樫 理人, 学習分析学会(JASLA)2018年度 第2回研究会,   2018年11月17日, 学習分析学会
  • A Method to Control Stability Index of Quasi-Periodic Behavior in Discrete-Time Dynamical Systems, Ken'ichi Fujimoto, The 8th International Conference on Electronics, Communications and Networks (CECNet2018),   2018年11月16日
  • Comparison of CGNE and CGNR for CT Image Reconstruction, Kazunori Matsuoka, Hiromasa Kohno, Yuichi Tanji, Ken’ichi Fujimoto, Hiroyuki Kitajima, Yo Horikawa, IEEE CASS Shanghai and Shikoku Chapters Joint Workshop on Circuits and Systems (SSJW'18),   2018年11月05日, IEEE CASS, Shikoku Chapter
  • Performance Comparison of CT Image Reconstructions Using Nonnegative Matrix Factorizations, Hiromasa Kohno, Yuichi Tanji, Ken’ichi Fujimoto, Hiroyuki Kitajima, Yo Horikawa, Norikazu Takahashi, IEEE CASS Shanghai and Shikoku Chapters Joint Workshop on Circuits and Systems (SSJW'18),   2018年11月05日, IEEE CASS, Shikoku Chapter
  • Development of In-situ Multiple-Channel Depth Distribution Spectrometer to Determine Specific Radioactivities of Each Targeted Underground Soil Layer by Phits Newly Incorporated Into DLNN Algorithm, Minoru Sakama, Ken'ichi Fujimoto, Kazumasa Inoue, Masahiro Fukushi, Yusuke Imajyo, Takahiro Fukuhara, Mitsugu Matsuura, Tatsuo Yajima, Michitaka Endo, Makoto Fujisawa, Erika Matsumoto-Kawaguchi, 9th International Conference on High Level Environmental Radiation Areas - For Understanding Chronic Low-Dose-Rate Radiation Exposure Health Effects and Social Impacts (ICHLERA 2018),   2018年09月24日, Japan Health Physics Society, The Japanese Radiation Research Society
  • 双方向型学習を支援する講義コンテンツ視聴システムの開発 ―質問行動を促すチャットボット機能の提案―, 木ノ上 稔, 矢部 智暉, 卯木 輝彦, 國枝 孝之, 米谷 雄介, 後藤田 中, 藤本 憲市, 林 敏浩, 八重樫 理人, 平成30年度電気関係学会四国支部連合大会,   2018年09月22日
  • 講義コンテンツを用いた学習における学習者視聴行動分析 -小テスト誤答場面における講義コンテンツ視聴行動調査-, 矢部 智暉, 卯木 輝彦, 國枝 孝之, 米谷 雄介, 後藤田 中, 藤本 憲市, 林 敏浩, 八重樫 理人, 第43回教育システム情報学会全国大会,   2018年09月04日, 教育システム情報学会
  • Reconstruction of CT Images by Iterative Least Squares Methods with Nonnegative Constraint, Hiromasa Kohno, Yuichi Tanji, Ken’ichi Fujimoto, Hiroyuki Kitajima, Yo Horikawa, Norikazu Takahashi, Proc. 2018 International Symposium on Nonlinear Theory and Its Applications (NOLTA2018),   2018年09月02日, NOLTA, IEICE
  • The Development of the System which Creates Lecture Contents by a Combination of Various Units and Learning Contents, Tomoki Yabe, Teruhiko Unoki, Takayuki Kunieda, Yusuke Kometani, Naka Gotoda, Ken'ichi Fujimoto, Toshihiro Hayashi, Rihito Yaegashi, The 12th Joint Conference on Knowledge-based Software Engineering (JCKBSE 2018),   2018年08月27日
  • PHITSと深層学習 (DLNN) を組み合わせた多チャンネル放射線検出器の新しい放射線強度弁別処理技術の試み, 阪間 稔, 藤本 憲市, 井上 一雅, 福士 政広, 荒井 萌子, 今城 裕介, 福原 隆宏, 遠藤 倫崇, 松浦 貢, 矢島 辰雄, 松本(川口, 絵里佳, 井原 智也, 井本 尚吾, 佐藤 隆文, 第14回PHITS研究会/講習会,   2018年08月22日, 日本原子力研究開発機構
  • ARを用いた交通安全教育のための仮想道路環境の構築 〜安定した仮想道路表示のためのシステム設計〜, 奥田 浩斗, 後藤田 中, 藤本 憲市, 八重樫 理人, 村井 礼, 林 敏浩, 日本科学教育学会第42回年会,   2018年08月17日, 日本科学教育学会
  • 非負値拘束を有する反復最小2乗法によるCT画像の再構成, 河野 紘正, 丹治 裕一, 藤本 憲市, 北島 博之, 堀川 洋, 高橋 規一, 非線形問題研究会(NLP),   2018年08月08日, 電子情報通信学会
  • 動的CT画像再構成システムの初期値生成のための深層ニューラルネットワークの構築, 藤本 憲市, 丹治 裕一, 北島 博之, 堀川 洋, 非線形問題研究会(NLP),   2018年08月08日, 電子情報通信学会
  • 学習者の理解状況に応じた講義コンテンツ視聴システムの開発 ~ テスト誤答箇所の再視聴を促す誤答箇所視聴機能の提案 ~, 矢部 智暉, 卯木 輝彦, 國枝 孝之, 米谷 雄介, 後藤田 中, 藤本 憲市, 林 敏浩, 八重樫 理人, 電子情報通信学会教育工学研究会,   2018年07月14日, 電子情報通信学会教育工学研究会
  • Hopf-Hopf Bifurcation and Chaos in A Ring Neural Oscillator, Yo Horikawa, Ken'ichi Fujimoto, Haruna Matsushita, 2018 IEEE World Congress on Computational Intelligence (WCCI2018),   2018年07月08日
  • Discrete-time image-reconstruction system with total variation regularization for computed tomography, Ken'ichi Fujimoto, 2018 World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering,   2018年06月03日, IUPESM, IFMBE and IOMP
  • Improvement of High-Accuracy CT Image Reconstruction Using Nonlinear Dynamics, Hiromasa Kohno, Yuichi Tanji, Ken'ichi Fujimoto, Proc. 2017 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications,   2017年12月04日, NOLTA, IEICE
  • 非同期型e-Learning授業の著作権処理に対する組織的な取り組み, 吉田 明恵, 根本 淳子, 田中 寿郎, 藤本 憲市, 林 敏浩, 村井 礼, 日本知財学会第15回年次学術研究発表会,   2017年12月
  • 香川大学での標的型攻撃メール訓練の実施と課題調査について, 小野 滋己, 後藤田 中, 青木 有香, 八重樫 理人, 藤本 憲市, 林 敏浩, 今井 慈郎, 最所 圭三, 大学ICT推進協議会2017年度年次大会,   2017年12月
  • 非負値行列因子分解を用いたCT画像の再構成, 河野 紘正, 丹治 裕一, 藤本 憲市, 高橋 規一, 非線形問題研究会(NLP),   2017年10月
  • Controller to Avoid Bifurcations of Stable Fixed Point Using Spectral Radius Optimization, Ken'ichi Fujimoto, Proc. 6th International Conference on Advances in Engineering and Technology (RTET-2017),   2017年08月08日
  • PHITSとDLNNを組み合わせた新しい放射能強度決定の試み: In-situ多チャンネル放射能濃度分布測定器の開発, 阪間 稔, 藤本 憲市, 井上 一雅, 福士 政広, 荒井 萌子, 今城 裕介, 福原 隆宏, 松浦 貢, 矢島 辰雄, 松本(川口) 絵里佳, 日本保健物理学会第50回研究発表会日本放射線安全管理学会第16回学術大会合同大会,   2017年06月29日, 日本保健物理学会,日本放射線安全管理学会
  • 非線形ダイナミクスを用いた高精度CT画像の再生法の改良, 河野 紘正, 丹治 裕一, 藤本 憲市, 非線形問題研究会(NLP),   2017年05月11日, 電子情報通信学会
  • 大学連携e-Learningにおける著作権処理の体系化に向けた事例ベースの構築, 吉田 明恵, 根本 淳子, 田中 寿郎, 藤本 憲市, 村井 礼, 林 敏浩, 第21回教育学習支援システム研究会,   2017年03月21日, 情報処理学会
  • Methods to Measure the Achievement of Learning Using Lecture Contents, Ryosuke Takata, Naka Gotoda, Toshihiro Hayashi, Hiroshi Murai, Ken'ichi Fujimoto, Rihito Yaegashi, eLmL 2017 : The Ninth International Conference on Mobile, Hybrid, and On-line Learning,   2017年03月
  • ADI法を用いた高精度CT画像の再生, 2017年 電子情報通信学会 NOLTAソサイエティ大会,   2017年
  • ウェアラブルデバイスを活用したスポーツオノマトペ学習支援環境, 第42回教育システム情報学会全国大会,   2017年
  • 大学連携eラーニングにおける認証連携方式の変更に伴う移行方法について, 第42回教育システム情報学会全国大会,   2017年
  • 大学連携eラーニングの共同実施におけるシステムトラブル対応について, 第42回教育システム情報学会全国大会,   2017年
  • Image Reconstruction for Computed Tomography by Nonnegative Matrix Factorization, 2017 Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems,   2017年
  • Absorbed Dose Evaluation for the Normal Neighboring Organs against Thyroid Gland of Hyperthyroidism for Iodine-131 Radionuclide Therapy Using the Monte-Carlo Based PHITS Code Combined with Voxel Phantom Data, The 6th Asia-Pacific Symposium on Radiochemistry (APSORC17),   2017年
  • スペクトル半径最適化法を用いた安定固定点の分岐回避制御系, 平成29年電気学会 電子・情報・システム部門大会,   2017年
  • 持続可能な大学CSIRTを目指した対応訓練システムの開発, 大学ICT推進協議会2017年度年次大会,   2017年
  • e-Learningにおける学習到達度測定法の違いによる講義コンテンツ視聴傾向調査, 大学ICT推進協議会2017年度年次大会,   2017年
  • PHITSとDLNNを組み合わせたIn‐situ多チャンネル放射能濃度深度分布測定器(Depth Distribution Spectrometer)の放射能濃度決定, 阪間 稔, 藤本 憲市, 松本(川口, 絵里佳, 井上 一雅, 福士 政広, 今城 裕介, 福原 隆宏, 松浦 貢, 日本放射線安全管理学会第15回学術大会,   2016年11月30日
  • Proposal of Organizing Learning Material with Multiple Perceptions Depending on Preference of Physical Training, Takuya Ishioka, Naka Gotoda, Yuji Kobayashi, Kenji Matsuura, Karungaru Stephen, Rihito Yaegashi, Toshihiro Hayashi, Ken'ichi Fujimoto, Hiroshi Murai, Proceedings of The Second International Conference on Electronics and Software Science (ICESS2016),   2016年11月
  • Bifurcation Avoidance of Stable Periodic Motion in Non-Autonomous Dynamical System, Ken'ichi Fujimoto, International Congress on Recent Development in Engineering and Technology (RDET-16),   2016年08月
  • Estimation of optimal cluster number for fuzzy clustering with combined fuzzy entropy index, Hong He, Yonghong Tan, Ken'ichi Fujimoto, Proc. IEEE World Congress on Computational Intelligence,   2016年07月
  • Intellectual-Property Learning System Supported by SOM Classifier, Hiroshi Murai, Ken'ichi Fujimoto, Toshihiro Hayashi, Naka Gotoda, Rihito Yaegashi, International Conference on Artificial Intelligence Science and Technology,   2016年07月
  • 知財教育におけるクイズ問題の類型化と理解度の自動判別への応用, ゲーム学会第14回全国大会,   2016年
  • 大学連携e-Learningにおけるサーバおよびネットワーク負荷にかかる実践報告, 教育システム情報学会第41回全国大会,   2016年
  • 大学連携e-Learning科目のための履修者決定支援システムの提案, 教育システム情報学会第41回全国大会,   2016年
  • ADI Method for Reconstructing Computed Tomography Image, 2016 IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Netwroks,   2016年
  • Bifurcations in a system of inhibitory coupled neurons, Kaiji Kato, Ken'ichi Fujimoto, Hiroyuki Kitajima, 2015 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications (NOLTA2015),   2015年12月
  • Iterative method as discretization of continuous-time method based on dose-volume constrained optimization for intensity-modulated radiation therapy treatment planning, European Congress of Radiology 2015,   2015年
  • 大学連携e-Learningにおける履修者抽選システムの提案, 教育システム情報学会第 40 回全国大会,   2015年
  • 知財の導入教育におけるクイズの活用と理解度判断のための問題の類型化, ゲーム学会第13回合同研究会,   2015年
  • ヨウ素シード品質管理測定システムにおける実測プロファイルの数値的検討, PHITS (Particle and Heavy Ion Transport code System) 研究会,   2015年
  • PHITSを用いた可搬型In-situ放射能深度分布スペクトロメータの放射能濃度値決定に挑む, 原発事故被災地域における放射線量マッピングシステムの技術開発・運用とデータ解析に関する研究会,   2015年
  • 知財の導入教育におけるクイズ問題の類型化, 「ゲームと教育」研究部会第9回研究会,   2015年
  • Magnetic resonance image reconstruction using nonlinear continuous-time dynamical system, Proc. of 2014 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing,   2014年02月
  • Successive Algorithm Using Discrete-Time Oscillator Network for Three-Dimensional Image Segmentation, IIE Int'l Conference Proceedings of International Conference on Innovations in Engineering and Technology,   2013年12月
  • Controlling Method to Avoid Bifurcations of Periodic Points Using Maximum Lyapunov Exponent, Proc. of 2013 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications,   2013年09月
  • Electronic Circuit Design of a Block Continuous-Time Image Reconstruction System, Proc. of 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing,   2013年03月
  • Extended Continuous-Time Image Reconstruction System for Binary and Continuous Tomography, Proc. of 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing,   2013年03月
  • Evaluation and Comparison of Controlling Energy, Proc. of 2013 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing,   2013年03月
  • Evaluation and Comparison of Controlling Energy, Proceedings of The 2012 IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Networks,   2012年12月
  • Theoretical and Experimental Study of Continuous-Time Image Reconstruction System for Computed Tomography, Proc. of 2012 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing,   2012年03月
  • Identification of Number of Target Image Regions Based on Bifurcation of Fixed Point in Discrete-Time Coupled Neuronal System, Proc. of 2011 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications,   2011年09月
  • Coupled Neuronal System with Plastic Coupling for Dynamic Image Segmentation, Proc. of 5th European Conference of the International Federation for Medical and Biological Engineering,   2011年09月
  • Collapse of Mixed-Mode Oscillations and Chaos in the Extended Bonhoeffer-van Der Pol Oscillator Under Weak Periodic Perturbation, Proc. of the 20th European Conference on Circuit Theory and Design,   2011年07月
  • Amplitude Death and Chaos from the BVP Oscillator Under Weak Periodic Perturbation, Proc. of the 26th International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2011年06月
  • Extraction of image regions using oscillatory responses in chaotic neuronal network, Proc. of 2010 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications,   2010年09月
  • Stability of a Switched System for Continuous-time Tomographic Image Reconstruction, Proc. of 2010 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications,   2010年09月
  • Analysis of four-phase oscillatory periodic points for discrete-time dynamic image segmentation, Proc. of the 2010 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing,   2010年03月
  • Properties of a switched system for continuous-time tomographic image reconstruction, Proc. of the 2010 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits, Communications and Signal Processing,   2010年03月
  • Dynamic image segmentation system with multi-scaling system for gray scale image, Proc. of the Third International Conference on Bio-inspired Systems and Signal Processing,   2010年01月
  • Dynamic Image Segmentation System for Ultrasonic B-Mode Image Based on its Multi-Scaled Feature Maps, Proc. of 2009 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications,   2009年10月
  • Dynamics of Continuous-Time Image Reconstruction System for Computed Tomography, Proc. of 2009 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications,   2009年10月
  • A Design of Destabilizer for Stable Fixed Point Observed in Chaotic Neural Network Generating Oscillations for Dynamic Image Segmentation, Proc. of the 2009 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing,   2009年03月
  • Bifurcation Phenomena Observed in Discrete-Time Coupled Chaotic Neurons Generating Oscillatory Responses with High Order of Period, Proc. of the 2009 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing,   2009年03月
  • Oscillation and its inhibition in a neuronal network model for tinnitus sound therapy, Proceedings of the 30th Annual International Conference of the IEEE EMBS,   2008年08月
  • Bifurcations in a coupled system of chaotic neurons generating oscillatory responses, Proc. of International Conference on Systems, Signals and Image Processing 2008,   2008年06月
  • Discrete-time Chaotic Neural Network Generating Oscillations for Dynamic Image Segmentation, Proc. of 2008 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing,   2008年03月
  • Dynamical Property of Periodic Oscillations Observed in a Coupled Neural Oscillator Network for Image Segmentation, Proc. of International Conference on Bio-inspired Systems and Signal Processing,   2008年01月
  • Dynamical Properties of a Plastic Neural Network Model for Tinnitus Therapy and Inhibition of Oscillation Using Noise Stimulus, Proceedings of the 29th Annual International Conference of the IEEE EMBS,   2007年08月
  • Bifurcation Phenomena in an Iterative Optimization Process for Intensity Modulated Radiation Therapy, Proc. of The 15th IEEE International Workshop on Nonlinear Dynamics of Electronic Systems,   2007年07月
  • Inhibition of Oscillation in a Plastic Neural Network Model Using Noise Stimulus, Proceedings of The 11th World Multi-Conference on systemics, Cybernetics and Informatics,   2007年07月
  • Oscillation and Its Inhibition in a Neural Oscillator Model for Tinnitus, Proceedings of the 28th IEEE-EMBS Annual International Conference,   2006年08月
  • Analysis of a Neural Oscillator Model With Plasticity for Treatment of Tinnitus, Proceedings of World Congress on Medical Physics and Biomedical Engineering,   2006年08月
  • Design of Controllers Based on Symmetry of Inverted Pendulum, Proc. of 2006 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing,   2006年03月
  • A Feature Extraction for Summary Condition Diagnosis of Windmill, Takako Hara, Ken'ichi Fujimoto, Tatsumi Toumiya, Junji Fukumi, Proc. 2005 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing,   2005年03月
  • Stabilization of Unstable Periodic Motion Existed in an Inverted Pendulum using Discrete Controllers, Ken'ichi Fujimoto, Yoshio Tanaka, Hiroshi Kawakami, Proc. 2005 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing,   2005年03月
  • A Study of Condition Diagnosis based on Wavelet Transform for a Windmill, Takako Hara, Ken'ichi Fujimoto, Tatsumi Toumiya, Proc. 2004 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing,   2004年03月
  • Condition Diagnosis based on Wavelet Transform for Rotative Machinery, Yoshiyuki Kageyama, Ken'ichi Fujimoto, Tatsumi Toumiya, Proc. 2004 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing,   2004年03月
  • Study for Algorithm of Speech/Music Discriminator, Haruna Matsushita, Ken'ichi Fujimoto, Tatsumi Toumiya, Proc. 2004 RISP International Workshop on Nonlinear Circuits and Signal Processing,   2004年03月
  • Condition Diagnosis by Wavelet Transform and Neural Network for Rotational Machinery, Ken'ichi Fujimoto, Yoshiyuki Kageyama, Tatsumi Toumiya, Proc. 2002 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications,   2002年10月
  • Stabilization of Unstable Periodic Motions in Parallel-Type Double Inverted Pendulum, Ken'ichi Fujimoto, Yoshio Tanaka, Hiroshi Kawakami, Proc. the 4th Asian Control Conference,   2002年09月
  • Study of Wavelet Transform for Condition Diagnosis of Rotational Machines, Ken'ichi Fujimoto, Tatsumi Tomiya, Junji Fukumi, Takao Kume, Saori Kashiwada, Masafumi Morimoto, Tsuyoshi Yoneda, Proc. the International Technical Conference on Circuits/Systems, Computers and Communications,   2001年07月
  • Control of Unstable Periodic Motion on a Two-link Planer UAM, Ken'ichi Fujimoto, Yoshio Tanaka, Hiroshi Kawakami, Proc. 2000 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications,   2000年09月
  • Stabilizing methods of an unstable periodic oscillation in an inverted pendulum, Hiroyuki Kudo, Ken'ichi Fujimoto, Yoshio Tanaka, Hiroshi Kawakami, Proc. 2000 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications,   2000年09月
  • Utilizing chaos for selective swing-up of a parallel-type double inverted pendulum, Yoshio Tanaka, Hiroshi Kawakami, Ken'ichi Fujimoto, Proc. 2000 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications,   2000年09月
  • Observed Behavior on a Two-link Planer Manipulator with a Free joint, Ken'ichi Fujimoto, Yoshio Tanaka, Hiroshi Kawakami, Proc. 1999 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications,   1999年11月
  • Forced Oscillatory Phenomena of a Two-link Planer Manipulator With a Free Joint, Ken'ichi Fujimoto, Yoshio Tanaka, Hiroshi Kawakami, Proc. 1998 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications,   1998年09月
  • Control of Periodic States in a Manipulator with a Free-Joint, Yoshio Tanaka, Hiroshi Kawakami, Ken'ichi Fujimoto, Proc. 1998 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications,   1998年09月
  • BVP oscillator with periodically switched RC circuit, Ken'ichi Fujimoto, Takuji Kousaka, Hiroyuki Kitajima, Tetsushi Ueta, Hiroshi Kawakami, Proc. 1997 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications,   1997年11月
  • Nonlinear Phenomena Observed in a Manipulator with a Passive Joint, Yoshio Tanaka, Hiroshi Kawakami, Ken'ichi Fujimoto, Proc. 1997 International Symposium on Nonlinear Theory and its Applications,   1997年11月
  • Construction of Basic Cases to Systematize Copyright-Processing for e-Learning, 第21回教育学習支援システム研究会,   2017
  • High-Accuracy CT Image Reconstruction Method Using ADI Method, 2017年 電子情報通信学会 NOLTAソサイエティ大会,   2017
  • ウェアラブルデバイスを活用したスポーツオノマトペ学習支援環境, 第42回教育システム情報学会全国大会,   2017
  • Migration Procedure due to Replacement of Authentic-Federation Method on Inter-University e-Learning System, 第42回教育システム情報学会全国大会,   2017
  • Handling Troubles on Inter-University e-Learning System, 第42回教育システム情報学会全国大会,   2017
  • Image Reconstruction for Computed Tomography by Nonnegative Matrix Factorization, 2017 Taiwan and Japan Conference on Circuits and Systems,   2017
  • Absorbed Dose Evaluation for the Normal Neighboring Organs against Thyroid Gland of Hyperthyroidism for Iodine-131 Radionuclide Therapy Using the Monte-Carlo Based PHITS Code Combined with Voxel Phantom Data, The 6th Asia-Pacific Symposium on Radiochemistry (APSORC17),   2017
  • Bifurcation-Avoidance Controller for Stable Fixed Point Using Spectral Radius Optimization, 平成29年電気学会 電子・情報・システム部門大会,   2017
  • Classification of Quizzes for Intellectual-Property Education and Its Application to Automatic Estimation of Learner's Understanding, ゲーム学会第14回全国大会,   2016
  • An Empirical Study of Load on University Cooperative e-Learning, 教育システム情報学会第41回全国大会,   2016
  • Proposal of Determination Support System of Student Registered for Inter-University e-Learning Course, 教育システム情報学会第41回全国大会,   2016
  • ADI Method for Reconstructing Computed Tomography Image, 2016 IEEE Workshop on Nonlinear Circuit Netwroks,   2016
  • Iterative method as discretization of continuous-time method based on dose-volume constrained optimization for intensity-modulated radiation therapy treatment planning, European Congress of Radiology 2015,   2015
  • Proposal of Drawing System for Course with Limited Number of Registration in University Cooperative e-Learning, 教育システム情報学会第 40 回全国大会,   2015
  • Classification of Quizzes to Estimate Students' Understanding and Its Application to Introductory Education on Intellectual Property, ゲーム学会第13回合同研究会,   2015
  • ヨウ素シード品質管理測定システムにおける実測プロファイルの数値的検討, PHITS (Particle and Heavy Ion Transport code System) 研究会,   2015
  • PHITSを用いた可搬型In-situ放射能深度分布スペクトロメータの放射能濃度値決定に挑む, 原発事故被災地域における放射線量マッピングシステムの技術開発・運用とデータ解析に関する研究会,   2015
  • Classification of Quizzes for Introductory Education on Intellectual Property, 「ゲームと教育」研究部会第9回研究会,   2015

特許

  • 特許6889476 : 放射線測定装置, 井上 一雅, 福士 政広, 阪間 稔, 藤本 憲市
  • 特許第5493072号 : CT装置、CT装置における画像再構成方法、及び電子回路部品, 吉永 哲哉, 藤本 憲市
  • 特開2014-023741 : 強度変調放射線治療計画装置、強度変調放射線照射装置の放射線ビーム係数演算方法、強度変調放射線治療計画プログラム及びコンピュータで読み取り可能な記録媒体並びに記録した機器, 吉永 哲哉, 藤本 憲市
  • 特開2009-211439 : 動的画像領域分割方法、動的画像領域分割装置、およびプログラム, 吉永 哲哉, 藤本 憲市, 武藏 美緒
  • 特許第3208425号 : マニピュレータの動的制御方法, 田中 芳夫, 川上 博, 藤本 憲市

受賞

  •   2021年10月, 電気学会, 上級会員
  •   2018年03月, 大学ICT推進協議会, 最優秀ポスター賞
  •   2016年01月, International Association of Engineering and Technology Researchers, Session Best Paper (2016 Bangkok International Conference on "Innovative Research in Engineering and Technology")
  •   2012年11月, 徳島大学, 若手研究者学長賞
  •   2012年09月, 日本医学物理学会, 第104回日本医学物理学会優秀研究賞
  •   2011年01月, 財団法人 三木康楽会, 康楽賞
  •   2010年09月, 電気学会, 平成21年電子・情報・システム部門大会 企画賞
  •   2001年03月, 電気学会, 電気学会論文発表賞
  •   1995年01月, 財団法人 三木康楽会, 康楽賞

競争的資金

  • メンタルケアにおけるキーワードに基づいた相談内容のタイプ分類および個別相談の支援, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C),   2021年04月 - 2024年03月
  • 多指ハンド双腕光マニピュレータを用いた3次元マイクロ操作と計測, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C),   2019年04月 - 2022年03月, 本研究では,1台の光源からのレーザ光を2本の偏光ビームに分割し,この2本の腕に対応する各々のビームに対し,マイクロ操作時のエンドエフェクタとなるレーザ光焦点位置や高輝度光パターンを精密に実時間制御できる多点光ピンセット光学系を構成することで,双腕多指ハンドとして機能する光マニピュレータを開発する。この制御観測系に,光学顕微鏡下の観測画像の実時間画像処理と画像再構成技術を統合することで,微小物の視覚認識に基づいた能動的な捕捉・把持と双腕系の協調動作を用いた非接触3次元マイクロ操作と計測技術の高度化・自動化について検討する。これにより,光ピンセットマイクロ操作技術の学術的確立と共に,3次元細胞生物学や顕微熟練作業の自動化に貢献できる基盤技術を開発することを目的とする。本年度に得られた主な成果は以下のとおりである。 1. 多指ハンド双腕光マニピュレータの試作:時分割走査法を用いることで多指ハンドとして機能する2種類の多点光トラップパターン(エンドエフェクタ)を,電気的焦点可変レンズとマイクロレンズアレイを取り替えるだけで分割した2本のビームのいずれの側にも発生できる光学系を設計し,双腕3次元光ピンセットシステムとして試作した。この光学系は,市販の倒立型顕微鏡に改造を行うことなく組み込め,研究者が必要とする多様な用途のための安価な双腕3次元光ピンセット構築に貢献できるものである。 2. 双腕操作用ユーザインタフェースの検討:マニュアル操作時のユーザインタフェースとして,市販の3次元触覚デバイスFalconを2台利用する制御系について検討した。左右の光トラップ点の3次元位置を同時に制御でき,また,手を離すことなくシャッターの開閉制御なども行えるので,事前の作業計画が困難である複雑な3次元操作や接触を伴う実空間での双腕操作には,極めて有効なデバイスの1つであることが確認できた。
  • 高品質CT画像の効率的な再構成, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B),   2017年04月 - 2020年03月, 平成30年度計画では,(1)Krylov部分空間による再構成アルゴリズムの検討と評価,(2)画像処理手法との連携による再構成,(3)FPGAを用いたダイナミクスの計算方法の検討,を行うことになっていた.(1)については,CG法,GMRES法,Lanczos法を適用し,その性能を評価した.まず,再構成の基になる線型方程式y=Axを正規方程式に変換し,これに各種方法の適用を行った.次に,演算効率の改善のため,前処理行列の導入を行った.そして,さらなる演算効率の改善のため反復の再始動を導入し,その際に解の非負値拘束を与える方法の適用を行った.その結果,連続法と比較して再構成画像の品質を損なうことなく,1000倍程度の高速化が可能になった.さらに,ノイズへの耐性も連続法と同等であることが分かった.さらに,解析アルゴリズムのGPU上への実装も行った.一方,(2)の画像処理との連携による再構成については,検討を予定していたマルチグリッド法の概念によっては,効率の良い再構成は行えなかった.また,(3)については,疎行列演算をFPGA上に実装することが難しく,代わりにダイナミクスをGPUで計算する方法ついて検討を行った. 平成29年度に深層学習を用いた連続法の初期値の推定について検討を行ったが,良好な結果は得られていなかった.そこで,平成30年度に再検討を行った.自己符号化と前進ニューラルネットワークを用い,連続法の適切な初期値を探索するシステムを構築した.実際のCT画像サイズよりも小さな画像を用いた試行実験結果から,本システムは連続法による画像再構成時間の短縮に有効であるが,実用化に向けた検討が必要であることが分かった.
  • AR型仮想道路環境を用いた自転車安全運転指導システムの開発, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C),   2017年04月 - 2020年03月, 本研究において、これまでに開発してきた自転車安全運転指導システム「PocketPolice:ポケットポリス」は自転車運転における不適切運転をリアルタイムに運転者に警告音などの単純なメッセージで伝達する自転車に装着可能なスマートフォンを端末とした学習支援システムである。平成29年度に自転車安全運転指導システム「ポケットポリス」の拡張機能として自転車運転のリアルタイム学習における道路環境(これまでの先行研究では、教員などの安全指導責任者が事前に人手で構築していた仮想の道路環境)を、AR(Augmented Reality)技術を用いて仮想的に実現することを目指した。平成29年度の成果として、自転車安全運転指導システム「ポケットポリス」と仮想道路環境をシームレスに接続するためのシステム開発ライブラリとしてAR(Augmented Reality)ライブラリを開発しており、特に平成30年度はマーカーベース型ARとマーカレス型ARの2種類のARについて検討を深め、マーカーベース型ARとして仮想道路環境を実現した。これにより自転車運転する学習者ARグラス越しに安全運転のための道路環境を仮想的にみることができるようになった。さらに試作システムを用いて自転車安全運転指導システムにおける要求精度なども検討した。これら得られた研究成果は教育システム情報学会と日本科学教育学会で報告した。また、これら成果は香川大学工学研究科修士論文としてもまとめられた。
  • 複雑系のレジリエンス性向上のためのパラメータ制御法の開発, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C),   2016年04月 - 2020年03月, 平成30年度は,昨年度に考案した制御系が連続時間動的システムにおける安定周期解に対して巧く機能するかどうかを検討するとともに,離散時間動的システムにおける安定な非周期的状態から安定な周期的状態へ遷移させるための方法論の開発を研究目的とした。 まず,昨年度に考案した制御方法を連続時間動的システムにおける安定周期解へ適用するために詳細な検討を行ったところ,考案法が巧く機能しないことが判明した。そこで,その原因を精査した上で,解の第2リアプノフ指数に着目するという別のアプローチを検討した。 問題を簡単化するため,2次元離散時間動的システムにおける安定準周期点(非周期的状態)を制御の対象とした。これは,連続時間動的システムにおける安定周期解と同様に,安定準周期点の第2リアプノフ指数がシステムパラメータ値によって変動し,かつ,解の安定性に大きく関わっていることによる。2次元離散時間動的システムにおける解の第2リアプノフ指数は,リアプノフ指数の総和から最大リアプノフ指数を差し引くことで計算できる。そこで,これまでの研究過程において得られた知見に基づいて,第2リアプノフ指数のシステムパラメータに関する勾配情報を利用した制御系を新たに考案し,その考案制御系の有効性を数値実験により検証した。また,その研究成果を国際学会で発表した。なお,離散時間動的システムにおける安定な非周期的状態から安定な周期的状態へ遷移させるための方法論については継続して検討しているところである。
  • 画像診断支援システムのための離散時間振動子ネットワーク系の機能的設計に関する研究, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C),   2013年04月 - 2016年03月, 画像診断支援システムに適用可能な動的画像領域分割システムの基盤技術を開発することを目的として,離散時間振動子ネットワーク系の設計について研究した。カオス応答が複数の領域分割候補(フラグメント集合)を出力することから,カオス応答が発生しうるシステムパラメータ値を解析により見いだした。更に,最大局所リアプノフ指数の最適化問題から,カオス応答が発生するパラメータ値を自動探索する手法も提案した。カオス応答が発生しうるパラメータ値の下で提案システムが医用画像のフラグメントを生成できることを例証するとともに,離散時間振動子単体構造の簡略化やグラフィック専用装置実装による高速化も行った。
  • 複雑系数理モデル学の基礎理論構築とその分野横断的科学技術応用, 内閣府, 最先端研究開発支援プログラム,   2009年 - 2014年03月
  • 被曝低減を目的とした超高速CT画像再構成システムの開発, 科学技術振興機構, 研究成果最適展開支援プログラム,   2012年11月 - 2013年10月
  • 可塑的カオス・ニューロン結合系を用いたポスタリゼーション機能を持つ画像領域分割, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B),   2010年04月 - 2013年03月, 高階調濃淡画像にも適用可能な動的画像領域分割システムの基盤技術を開発することを目的として,可塑的結合を有する離散時間カオス・ニューロン結合系について研究した。非線形力学系理論を用いて提案システムのダイナミクスを解析し,その結果に基づいて提案システムのパラメータをチューニングした。医用画像を用いた数値実験を通して動的画像領域分割システムとしての有効性を例証したとともに,提案システムをグラフィック専用装置へ実装することで処理時間を大幅に短縮できることも示した
  • 高品質CT画像のための連続動的再構成法の開発, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C),   2009年04月 - 2012年03月, 医用CT装置の画像再構成法として連続動的再構成法を考案し,理論解析,数値解析,アナログ電子回路の試作,および診断用X線CT装置を用いた数値実験を行った.提案法を従来法(フィルタ補正逆投影法,期待値最大化法などの逐次法)と比較した結果,提案法はアーチファクトや雑音による再構成画像への影響が逆投影法と比較して軽減され,品質が高いことが検証された.さらに,少数方向の投影に対しても有効性が確認され,被曝線量の劇的な低減が可能であることを示しており,提案法の実機CT装置への実用化が期待される.
  • 離散時間カオスニューラルネットワークの非線形特性を有効利用した高速画像領域分割法, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B),   2008年04月 - 2010年03月, 画像領域分割は,医用画像診断システムなどの根幹を成す画像処理手法の一つである。研究代表者らは,離散時間カオスニューラルネットワークとよばれるシステムを提案しており,そのシステムの非線形特性を有効利用した高速画像領域分割システムについて研究した。まず,システムの特性を解析し,画像領域分割にとって適切なシステムパラメータ値を詳細に研究した。次に,カオスニューラルネットワークが画像領域分割システムとして正常に動作することを例証した。更に,提案システムを汎用ディジタルLSIへ実装した。
  • 耳鳴りモニタリングシステムの開発に関する研究, 御器谷科学技術財団, 平成18年度研究開発助成,   2006年 - 2007年03月
  • 非線形動特性を利用したマニピュレータの耐故障性向上に関する研究, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 若手研究(B),   2004年 - 2006年03月, 多関節マニピュレータにおいて一部のアクチュエータが故障したとしても,その故障マニピュレータに簡易な作業を続行させることができればマニピュレータの耐故障性が向上することと同じ効果が得られる。この観点から,本研究の目的は,劣駆動マニピュレータの非線形動特性を有効利用してアームの軌道制御法を構築することにある。 そこで,劣駆動マニピュレータの一例として倒立振子を採用し,以下の項目について研究した。 (1)制御器設計における計算量削減の検討 振子の軌道は,振子の力学系に内在する無限個の不安定周期運動を利用して設計できる。ある不安定周期運動を1個の離散制御器で安定化する制御系を前年度に提案したが,その制御器の有効範囲(不安定周期運動の安定化可能領域)は非常に狭いことを示した。次いで,この問題を解決するためにn個の離散制御器を1/n周期ごとに切り替える合成制御系を提案し,安定化可能領域が拡大することを示した。しかしn個の離散制御器を全て設計するには多大な計算量が必要となり,この制御系をそのまま実機に実装することは実用的ではない。そこで本年度は,倒立振子の力学系に内在する対称性を離散制御器設計に有効利用することで,制御器設計にかかる計算量削減を図った。その結果,制御対象の不安定周期運動がある対称性を有し,かつ,制御器の数(n)が偶数の場合のみに限り,制御器設計にかかる計算量が半減できることを理論的に示した。 (2)合成制御系における可制御性の検討 上述の合成制御系において,制御対象の不安定周期運動が常に可制御となるかどうかについて検討した。この合成制御系は周期係数線形離散時関系となり,たとえn個の区分制御系が全て安定となるように個々の離散制御器が設計されたとしても,全体としての合成制御系が常に安定になるとは限らないことを示した。

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 放送大学面接授業, 講師,   2017年05月 - 現在


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.