詳細検索はこちら

栗原 亮介 クリハラ リョウスケ

所属
医学部
医学科
職名助教
Last Updated :2021/10/12

研究者基本情報

学歴

  • 2004年04月 - 2012年03月, 九州大学大学院, システム生命科学府
  • 2000年04月 - 2004年03月, 千葉大学, 工学部

学位

  • 博士(工学), 九州大学

所属学協会

  • 日本DDS学会
  • 日本化学会

経歴

  •   2018年12月,  - 現在, 香川大学 医学部 医学科 助教
  •   2015年09月,  - 2018年11月, 青山学院大学 理工学部 化学・生命科学科 助教
  •   2013年04月,  - 2015年08月, 京都大学大学院 医学研究科 特定研究員
  •   2012年05月,  - 2013年03月, 京都大学大学院 工学研究科 特定研究員

研究活動情報

研究分野

  • ナノテク・材料 / ナノ材料科学
  • ナノテク・材料 / 生体化学

研究キーワード

    医用化学, 生体材料

論文

  • Glutathione arrest in the pores of mesoporous silica nanoparticles bearing maleimide units to enhance the radiation effects, M. Ito, R. Kurihara, K. Tanabe, Photomed. Photobiol., in press,   2019年, [査読有り]
  • A novel interleukin-13 receptor alpha 2-targeted hybrid peptide for effective glioblastoma therapy, R. Kurihara, T. Horibe, E. Shimizu, A. Torisawa, A. Gaowa, M. Kohno, K. Kawakami, Chem. Biol. Drug. Des., in press,   2019年, [査読有り]
  • Enzymatic activation of indolequinone-substituted 5-fluorodeoxyuridine prodrugs in hypoxic cells, Y. Jiho, R. Kurihara, K. Kawai, H. Yamada, Y. Uto, K. Tanabe, Bioorg. Med. Chem. Lett., in press,   2019年, [査読有り]
  • Phosphorescent Ruthenium Complexes with Bromopyrene Unit that Enhance Oxygen Sensitivity, R. Kurihara, R. Ikegami, W. Asahi, K. Tanabe, Bioorg. Med. Chem., 26,,   2018年, [査読有り]
  • Release of small molecules from aggregates consisting of an amphiphilic oligonucleotide functionalized by a photochromic azobenzene unit, T. Itagaki, R. Kurihara, K. Tanabe, Tetrahedron Lett., 59,,   2018年, [査読有り]

書籍等出版物

  • <注目の論文>微小ナノ粒子の新たな可能性, その他, <注目の論文>, 月刊「化学」, 化学同人, 72, 63-64,   2017年
  • がん治療における標的超音波造影剤によるアポトーシスの誘導, 翻訳, 栗原亮介, 監修, 川上浩司, Pharm Tech Japan, 31, 105-113,   2015年
  • マクロファージに対する非凝縮DNA送達およびトランスフェクションシステムとしてのアルギン酸カルシウム微粒子, 翻訳, 栗原亮介, 監修, 川上浩司, Pharm Tech Japan, 30, 65-72,   2014年

講演・口頭発表等

  • 会合体形成特性を持つ両親媒性siRNAの機能評価, 栗原亮介, 朝日航, 田邉一仁, 日本化学会 第98春季年会,   2018年03月
  • 会合体形成特性を持つ疎水性蛍光色素を備えた両親媒性核酸の開発, 栗原亮介, 朝日航, 田邉一仁, 国際癌治療増感研究協会 第20回 菅原・大西記念癌増感シンポジウム,   2018年02月

特許

  • 特開2012-001461 : 金ナノロッドを含有するS/O製剤, 新留 琢郎, 新留 康郎, 神谷 典穂, 後藤 雅宏, 片山 佳樹, ダークロン・ピスワン, 野瀬 圭介, 栗原 亮介

競争的資金

  • 核酸会合体によるセラノスティクスへの応用, 日本学術振興会, 科研費補助金(若手研究),   2019年 - 2021年
  • ハイブリッドペプチドとデンドリマーを組合わせた難治性癌に対する新規抗癌剤の開発, 日本学術振興会, 科研費補助金(若手研究B),   2014年 - 2016年

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 細胞のなかを見てみよう, 講師, 相模原市 町田市,   2017年08月01日