詳細検索はこちら

今大路 治之 イマオオジ ハルユキ

所属
医学部
医学科
職名講師
Last Updated :2019/04/12

研究者基本情報

学歴

  • 1995年04月 - 1997年03月, 徳島大学, 大学院, 工学研究科

学位

  • 医学, 徳島大学

所属学協会

  • 日本細菌学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本感染症学会
  • 米国微生物学会

経歴

  •   2017年04月,  - 現在, 香川大学, 医学部, 講師
  •   2012年04月,  - 2017年03月, 香川大学, 医学部, 助教
  •   2007年04月,  - 2012年03月, 徳島大学, 大学院ヘルスバイオサイエンス研究部, 助教
  •   1997年06月,  - 2007年03月, 徳島大学, 医学部, 助手

研究活動情報

研究分野

  • 基礎医学 / 細菌学(含真菌学)

研究キーワード

    腸内菌叢, バクテロイデス, 莢膜, メタゲノム

Misc

  • The lifestyle of the segmented filamentous bacterium: a nonculturable gut-associated immunostimulating microbe inferred by whole-genome sequencing., Kuwahara T, Ogura Y, Oshima K, Kurokawa K, Ooka T, Hirakawa H, Itoh T, Nakayama-Imaohji H, Ichimura M, Itoh K, Ishifune C, Maekawa Y, Yasutomo K, Hattori M, Hayashi T, DNA Res., 18, 291-303,   2011年08月, [査読有り]
  • Characterization of a gene cluster for sialoglycoconjugate utilization in Bacteroides fragilis., NAKAYAMA-IMAOHJI, H, ICHIMURA, M, IWASA, T, OKADA, N, OHNISHI, Y, KUWAHARA, T, 59, (1-2), 79-94,   2012年02月, [査読有り]
  • Efficient electrotransformation of Bacteroides fragilis., ICHIMURA, M, NAKAYAMA-IMAOHJI, H, WAKIMOTO, S, MORITA, H, HAYASHI, T, KUWAHARA, T, Appl Environ Microbiol., 76, (10), 3325-3332,   2010年, [査読有り]
  • Identification of the site-specific DNA invertase responsible for the phase variation of SusC/SusD family outer membrane proteins in Bacteroides fragilis., NAKAYAMA-IMAOHJI, H, HIRAKAWA, H, ICHIMURA, M, WAKIMOTO, S, KUHARA, S, HAYASHI, T, KUWAHARA, T, J Bacteriol., 191, (19), 6003-6011,   2009年, [査読有り]
  • Effect of indole-3-carbinol and phenethyl isothiocyanate on bile and pancreatic juice excretion in rats., Ishibashi H, KUWAHARA Tomomi, IMAOHJI Haruyuki, Ohnishi Y, Mori H, Shimada M, J. Med. Invest., 59, (3,4), 246-252,   2012年05月, [査読有り]
  • PhoB regulates the survival of Bacteroides fragilis in peritoneal abscesses., Wakimoto S, IMAOHJI Haruyuki, Ichimura M, Mirota H, Hirakawa H, Hayashi T, Yasutomo K, KUWAHARA Tomomi, PLoS One, 8, e53829,   2013年01月, [査読有り]
  • "Dai-kenchu-to" on microbiome in the intestine of the rats with fast stress., Kozo Yoshikawa, Mitsuo Shimada, Tomomi Kuwahara, Hideki Hirakawa, Nobuhiro Kurita, Hirohiko Sato, Tohru Utsunomiya, Takashi Iwata, Tomohiko Miyatani, Jun Higashijima, Hideya Kashihara, Chie Takasu, Noriko Matsumoto, Haruyuki Nakayama-Imaohji, 60, (3-4), 221-227,   2013年04月, [査読有り]
  • Mariner-based transposon mutagenesis for Bacteroides species., Ichimura M, Uchida K, Nakayama-Imaohji H, Hirakawa H, Tada T, Morita H, Yasutomo K, Okazaki K, Kuwahara T, J. Basic Microbiol., 54, (6), 558-567,   2014年06月, [査読有り]

講演・口頭発表等

  • Raoultella ornithinolyticaにおけるhistamine産生は酸素ストレス耐性に関与する, 第87回日本細菌学会総会,   2014年
  • 腸管内常在菌がClostridium difficileの病原性に与える影響, 第83回日本感染症学会西日本地方会学術集会,   2013年
  • Raoultella ornithinolyticaにおけるhistamine産生と酸素ストレス耐性, 第66回日本細菌学会中国・四国支部総会,   2013年
  • Bacteroides fragilisの外膜空胞形成は膜ストレスに応答したDNA逆位によって制御される, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年
  • 腸管内常在菌によるClostridium difficileの病原性抑制機構, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年
  • Bacteroides thetaiotaomicronにおけるマリナートランスポゾン挿入変異ライブラリーの開発, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年
  • ウェルシュ菌のエタノールアミン利用能と病原性, 第65回 日本細菌学会 中国・四国支部総会,   2012年

競争的資金

  • 腸内菌叢の変化と腸疾患発症との関係に関する研究