詳細検索はこちら

村上 和司 ムラカミ カズシ

所属
医学部
医学科
職名講師
Last Updated :2020/09/17

研究者基本情報

学歴

  •  - 2001年, 香川医科大学大学院
  •  - 1997年, 香川大学, 医学部

学位

  • 博士(医学), 香川大学

所属学協会

  • 日本内科学会
  • 日本循環器学会
  • 日本心臓病学会
  • 日本超音波医学会
  • 日本心血管インターベンション治療学会

委員歴

  •   2018年05月 - 現在, 日本内科学会四国支部, 評議員
  •   2017年12月 - 現在, 日本循環器学会四国支部, 評議員

経歴

  •   2017年11月,  - 現在, 香川大学医学部附属病院, 医療安全管理部, 講師
  •   2016年11月,  - 2017年10月, 香川大学医学部附属病院, 循環器内科, 講師
  •   2010年04月,  - 2016年10月, 香川大学医学部循環器・腎臓。脳卒中内科, 循環器内科, 助教(学内講師)
  •   2010年01月,  - 2010年03月, - 香川大学医学部循環器・腎臓・脳卒中内科, 助教
  •   2004年,  - 2009年, 国立病院機構 高松医療センター循環器科
  •   2002年,  - 2003年, 香川医科大学付属病院第二内科, 医員
  •   2001年,  - 2002年, 大阪大学大学院医学系研究科加齢医学講座, 研究生
  •   2001年, 香川医科大学医学部付属病院第二内科, 医員

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス / 循環器内科学 / 冠動脈インターベンション

研究キーワード

    冠動脈インターベンション, coronary intervension

論文

  • Development of a Novel Algorithm to Detect Atrial Fibrillation Using an Automated Blood Pressure Monitor With an Irregular Heartbeat Detector., Makoto Ishizawa, Takahisa Noma, Takahiro Izumi, Ryosuke Tani, Tomoko Inoue, Eriko Nasu, Atsushi Tobiume, Yusuke Hasui, Shota Yokoyama, Hideyuki Hamaya, Shohei Ishikawa, Keiji Matsunaga, Ryo Kawakami, Kumi Konishi, Yuichi Miyake, Kaori Ishikawa, Teppei Tsuji, Kazushi Murakami, Naoki Nishimoto, Hiroyuki Kitajima, Tetsuo Minamino, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, Circulation journal : official journal of the Japanese Circulation Society, 83, (12) 2428 - 2433,   2019年11月25日, [査読有り]
  • 心房細動アブレーション時の心電図同期下心臓造影CTを用いた心アミロイドーシスのスクリーニング, 松永 圭司, 野間 貴久, 井上 朋子, 那須 栄里子, 石川 昇平, 河上 良, 三宅 祐一, 石澤 真, 石川 かおり, 村上 和司, 南野 哲男, 日本心臓病学会学術集会抄録, 日本心臓病学会学術集会抄録, 67回,   2019年09月, [査読有り]
  • 開心術後に冠攣縮増悪による薬物治療抵抗性の発作性房室ブロックが遷延し2度の心停止に至った関節リウマチの1症例, 井上 朋子, 野間 貴久, 那須 栄里子, 松永 圭司, 河上 良, 三宅 祐一, 石澤 真, 石川 かおり, 村上 和司, 南野 哲男, 日本心臓病学会学術集会抄録, 日本心臓病学会学術集会抄録, 67回,   2019年09月, [査読有り]
  • 家族性高コレステロール血症患者の早期診断における遺伝子検査の有用性について, 石川 昇平, 松永 圭司, 萬谷 薫, 三宅 祐一, 石澤 真, 石川 かおり, 辻 哲平, 村上 和司, 野間 貴久, 南野 哲男, 日本循環器病予防学会誌, 日本循環器病予防学会誌, 54, (2) 118 - 118,   2019年04月, [査読有り]
  • 周産期心筋症のスクリーニング方法に関する検討 肺野エコーによる早期発見の可能性, 外山 和季, 松永 圭司, 三宅 祐一, 石澤 真, 辻 哲平, 石川 かおり, 村上 和司, 野間 貴久, 南野 哲男, 超音波医学, 超音波医学, 46, (Suppl.) S698 - S698,   2019年04月, [査読有り]
  • 甲状腺中毒症合併の急性冠症候群患者に対してヨード造影剤を使用し甲状腺クリーゼなく治癒し得た一例, 綾井健太, 松永 圭司, 蓮井雄介, 石川昇平, 萬谷薫, 三宅祐一, 石澤真, 石川かおり, 辻哲平, 村上和司, 野間貴久, 南野哲男, 月間心臓, 月間心臓, 51,   2019年04月, [査読有り]
  • FDG-PET検査で評価した糖尿病を有するDCM患者における心筋glucose取り込み量の増加(Increase in Myocardial Glucose Uptake in the DCM Patients with Diabetes Mellitus Evaluated by FDG-PET Study), 飛梅 淳, 野間 貴久, 蓮井 雄介, 石川 昇平, 松永 圭司, 萬谷 薫, 三宅 祐一, 石澤 真, 石川 かおり, 辻 哲平, 村上 和司, 南野 哲男, 日本循環器学会学術集会抄録集, 日本循環器学会学術集会抄録集, 83回,   2019年03月, [査読有り]
  • 最適な状況下にあるオムロン血圧計は一般的な心臓患者における心房細動を高精度で検出できる(The Omron Blood Pressure Monitor under the Optimized Condition can Detect Atrial Fibrillation with High Accuracy in General Cardiac Patients), 石澤 真, 野間 貴久, 那須 栄里子, 飛梅 淳, 蓮井 雄介, 横山 聖太, 濱谷 英幸, 石川 昇平, 松永 圭司, 萬谷 薫, 三宅 祐一, 石川 かおり, 辻 哲平, 村上 和司, 南野 哲男, 日本循環器学会学術集会抄録集, 日本循環器学会学術集会抄録集, 83回,   2019年03月, [査読有り]
  • 右上傍気管リンパ節の18F-fluoro-2-deoxy-D-glucose PET取込みは心サルコイドーシスにおける完全房室ブロックを予測する(18F-fluoro-2-deoxy-D-glucose Positron Emission Tomography Uptake in the Right Superior Paratracheal Lymph Node Predicts a Complete Atrioventricular Block in Cardiac Sarcoidosis), 松永 圭司, 谷 良介, 那須 栄里子, 飛梅 淳, 蓮井 雄介, 濱谷 英幸, 萬谷 薫, 横山 聖太, 石川 昇平, 三宅 祐一, 石澤 真, 辻 哲平, 石川 かおり, 村上 和司, 野間 貴久, 南野 哲男, 日本循環器学会学術集会抄録集, 日本循環器学会学術集会抄録集, 83回,   2019年03月, [査読有り]
  • 心臓超音波検査で検出できなかった回旋枝の分枝閉塞が導出18誘導心電図で検出できた一例, 松永 圭司, 飛梅 淳, 濱谷 英幸, 石川 昇平, 三宅 祐一, 石澤 真, 辻 哲平, 村上 和司, 野間 貴久, 南野 哲男, 日本集中治療医学会雑誌, 日本集中治療医学会雑誌, 26, (Suppl.) [O34 - 4],   2019年02月, [査読有り]
  • 地域ICTの利活用による多施設共同臨床試験の仕組みの構築, 野間 貴久, 松永 圭司, 石川 昇平, 三宅 祐一, 石澤 真, 石川 かおり, 辻 哲平, 村上 和司, 南野 哲男, 日本心臓病学会学術集会抄録, 日本心臓病学会学術集会抄録, 66回,   2018年09月, [査読有り]
  • Subclavian Fat Biopsy with the Pacemaker Implantation is Useful for the Diagnosis of Amyloidosis, Keiji Matsunaga, Yusuke Hasui, Kaori Ishikawa, Kazushi Murakami, Takahisa Noma, Tetsuo Minamino, Biomedical Journal of Scientific & Technical Research, Biomedical Journal of Scientific & Technical Research, 5, (4) 4662 - 4664,   2018年06月, [査読有り]
  • マウスではマクロファージ枯渇のアポトーシス阻害剤はアポトーシスを促すことでM1マクロファージを減少させ、心筋梗塞後心破裂を抑制した(Apoptosis Inhibitor of Macrophage Depletion Decreased M1 Macrophage by Promoting Apoptosis and Suppressed Cardiac Rupture after Myocardial Infarction in Mice), 石川 昇平, 野間 貴久, 和泉 高宏, 谷 良介, 飛梅 淳, 横山 聖太, 松永 圭司, 三宅 祐一, 石澤 真, 石川 かおり, 辻 哲平, 村上 和司, 南野 哲男, 日本循環器学会学術集会抄録集, 日本循環器学会学術集会抄録集, 82回,   2018年03月, [査読有り]
  • 導出18誘導心電図を用いた副伝導路の特定 2症例報告(Identification of the Accessory Pathways Using Synthesized 18 Lead Electrocardiography: A Report of Two Cases), 松永 圭司, 石澤 真, 和泉 高広, 谷 良介, 井上 朋子, 飛梅 淳, 蓮井 雄介, 横山 聖太, 石川 昇平, 萬谷 薫, 三宅 祐一, 石川 かおり, 辻 哲平, 村上 和司, 野間 貴久, 南野 哲男, 日本循環器学会学術集会抄録集, 日本循環器学会学術集会抄録集, 82回,   2018年03月, [査読有り]
  • Adult aortic coarctation presenting with refractory heart failure and pulsation below the bilateral clavicle, Tomoko Inoue, Keiji Matsunaga, Kaori Ishikawa, Kazushi Murakami, Takahisa Noma, Taiko Horii, Tetsuo Minamino, Journal of Cardiology Cases, Journal of Cardiology Cases, 18, (3) 85 - 87,   2018年, [査読有り]
  • Apoptosis inhibitor of macrophage depletion decreased M1 macrophage accumulation and the incidence of cardiac rupture after myocardial infarction in mice, Shohei Ishikawa, Takahisa Noma, Hai Ying Fu, Takashi Matsuzaki, Makoto Ishizawa, Kaori Ishikawa, Kazushi Murakami, Naoki Nishimoto, Akira Nishiyama, Tetsuo Minamino, PLOS ONE, PLOS ONE, 12,   2017年11月, [査読有り]
  • 慢性心不全患者の心臓交感神経系に対するARBの効果, 石川 昇平, 野間 貴久, 和泉 高広, 谷 良介, 井上 朋子, 飛梅 淳, 蓮井 雄介, 松永 圭司, 萬谷 薫, 三宅 祐一, 石澤 真, 石川 かおり, 辻 哲平, 村上 和司, 南野 哲男, 香川県医師会誌, 香川県医師会誌, 70, (特別) 46 - 46,   2017年10月, [査読有り]
  • 左鎖骨周囲に悪性リンパ腫を合併した不整脈源性右室心筋症に対してS-ICD植え込み術を施行した1例, 谷 良介, 松永 圭司, 和泉 高弘, 井上 朋子, 飛梅 淳, 横山 聖太, 蓮井 雄介, 萬谷 薫, 石川 昇平, 三宅 祐一, 石澤 真, 辻 哲平, 石川 かおり, 村上 和司, 野間 貴久, 南野 哲男, 香川県医師会誌, 香川県医師会誌, 70, (特別) 52 - 52,   2017年10月, [査読有り]
  • Role of the Low-Density Lipoprotein-Cholesterol/ High-Density Lipoprotein-Cholesterol Ratio in Predicting Serial Changes in the Lipid Component of Coronary Plaque, Ryo Kawakami, Ichiro Matsumoto, Motoi Shiomi, Mizuki Kurozumi, Yuichi Miyake, Makoto Ishizawa, Kaori Ishikawa, Kazushi Murakami, Takahisa Noma, Yuichiro Takagi, Naoki Nishimoto, Tetsuo Minamino, CIRCULATION JOURNAL, CIRCULATION JOURNAL, 81, (10) 1439 - +,   2017年10月, [査読有り]
  • 発作性心房細動患者において心房抗頻拍ペーシング治療が奏効する患者の臨床症状(Clinical Manifestations of the Responder to Atrial Anti-Tachycardia Pacing in the Patients with Paroxysmal Atrial Fibrillation), 野間 貴久, 石澤 真, 武内 将起, 井上 朋子, 松永 圭司, 三宅 祐一, 石川 かおり, 村上 和司, 南野 哲男, 日本循環器学会学術集会抄録集, 日本循環器学会学術集会抄録集, 81回,   2017年03月, [査読有り]
  • Apotosis inhibitor of macrophage(AIM)の枯渇により心筋梗塞後のM1型マクロファージ集積および心破裂が軽減される(Depletion of Apoptosis Inhibitor of Macrophage(AIM) Alleviates M1 Macrophage Recruitment and Cardiac Rupture after Myocardial Infarction), 石川 昇平, 野間 貴久, 井上 朋子, 林 夕起子, 宮井 翔平, 横山 聖太, 松永 圭司, 小西 久美, 高畠 渉, 萬谷 薫, 三宅 祐一, 石澤 真, 石川 かおり, 村上 和司, 南野 哲男, 日本循環器学会学術集会抄録集, 日本循環器学会学術集会抄録集, 81回,   2017年03月, [査読有り]
  • Intracoronary administration of nicorandil during primary percutaneous coronary intervention: Impact on restoration of regional myocardial perfusion in reperfused myocardium during the subacute phase of myocardial infarction, Wataru Takabatake, Takahisa Noma, Yasuyoshi Iwado, Shohei Ishikawa, Atsushi Tobiume, Yusuke Hasui, Keiji Matsunaga, Kaoru Mantani, Kumi Konishi, Ryo Kawakami, Naoko Ishihara, Yasuhiro Ishihara, Makoto Ishizawa, Kaori Ishikawa, Kazushi Murakami, Koji Ohmori, Yoshihiro Nishiyama, Masakazu Kohno, IJC Heart and Vasculature, IJC Heart and Vasculature, 8,   2015年09月01日, [査読有り]
  • Prognostic Value of Circulating Regulatory T Cells for Worsening Heart Failure in Heart Failure Patients With Reduced Ejection Fraction, Naoko Okamoto, Takahisa Noma, Yasuhiro Ishihara, Yuka Miyauchi, Wataru Takabatake, Souichi Oomizu, Genji Yamaoka, Makoto Ishizawa, Tsunetatsu Namba, Kazushi Murakami, Yasuyoshi Iwado, Koji Ohmori, Masakazu Kohno, INTERNATIONAL HEART JOURNAL, INTERNATIONAL HEART JOURNAL, 55, (3) 271 - 277,   2014年05月, [査読有り]
  • Association between arterial stiffness and pulmonary function in hypertensive patients, Hisashi Masugata, Shoichi Senda, Hiroki Okada, Koji Murao, Michio Inukai, Takashi Himoto, Naohisa Hosomi, Kazushi Murakami, Takahisa Noma, Masakazu Kohno, Fuminori Goda, HYPERTENSION RESEARCH, HYPERTENSION RESEARCH, 35, (4) 388 - 392,   2012年04月, [査読有り]
  • Association of Cardio-Ankle Vascular Index with Brain Natriuretic Peptide Levels in Hypertension, Hisashi Masugata, Shoichi Senda, Michio Inukai, Koji Murao, Takashi Himoto, Naohisa Hosomi, Kazushi Murakami, Takahisa Noma, Masakazu Kohno, Hiroki Okada, Fuminori Goda, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, JOURNAL OF ATHEROSCLEROSIS AND THROMBOSIS, 19, (3) 255 - 262,   2012年, [査読有り]
  • Correlation of Arterial Stiffness to Left Ventricular Function in Patients with Reduced Ejection Fraction, Sanae Noguchi, Hisashi Masugata, Shoichi Senda, Kaori Ishikawa, Hiromi Nakaishi, Ayu Tada, Toshihiro Inage, Tatsushi Kajikawa, Michio Inukai, Takashi Himoto, Naohisa Hosomi, Kazushi Murakami, Takahisa Noma, Masakazu Kohno, Hiroki Okada, Fuminori Goda, Koji Murao, TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, TOHOKU JOURNAL OF EXPERIMENTAL MEDICINE, 225, (3) 145 - 151,   2011年11月, [査読有り]
  • Percutaneous transluminal septal myocardial ablation for hypertrophic obstructive cardiomyopathy, Katsufumi Mizushige, Kazushi Murakami, Teppei Tsuji, Isao Kondo, Xie Lu, Atsufumi Tomohiro, JOURNAL OF MEDICAL ULTRASONICS, JOURNAL OF MEDICAL ULTRASONICS, 35, (4) 211 - 213,   2008年12月, [査読有り]
  • Contribution of reactive oxygen species to the pathogenesis of left ventricular failure in Dahl salt-sensitive hypertensive rats: effects of angiotensin II blockade, P Guo, A Nishiyama, M Rahman, Y Nagai, T Noma, T Namba, M Ishizawa, K Murakami, A Miyatake, S Kimura, K Mizushige, Y Abe, K Ohmori, M Kohno, JOURNAL OF HYPERTENSION, JOURNAL OF HYPERTENSION, 24, (6) 1097 - 1104,   2006年06月, [査読有り]
  • An antioxidant treatment potentially protects myocardial energy metabolism by regulating uncoupling protein 2 expression in a chronic beta-adrenergic stimulation rat model, M Ishizawa, K Mizushige, T Noma, T Namba, P Guo, K Murakami, T Tsuji, A Miyatake, K Ohmori, M Kohno, LIFE SCIENCES, LIFE SCIENCES, 78, (25) 2974 - 2982,   2006年05月, [査読有り]
  • Association of uncoupling protein-2 expression with increased reactive oxygen species in residual myocardium of the enlarged left ventricle after myocardial infarction, P Guo, K Mizushige, T Noma, K Murakami, T Namba, M Ishizawa, T Tsuji, S Kimura, M Kohno, HEART AND VESSELS, HEART AND VESSELS, 20, (2) 61 - 65,   2005年03月, [査読有り]
  • Angiogenesis induced by endothelial nitric oxide synthase gene through vascular endothelial growth factor expression in a rat hindlimb ischemia model, T Namba, H Koike, K Murakami, M Aoki, H Makino, N Hashiya, T Ogihara, Y Kaneda, M Kohno, R Morishita, CIRCULATION, CIRCULATION, 108, (18) 2250 - 2257,   2003年11月, [査読有り]
  • Perindopril effect on uncoupling protein and energy metabolism in failing rat hearts, K Murakami, K Mizushige, T Noma, T Tsuji, S Kimura, M Kohno, HYPERTENSION, HYPERTENSION, 40, (3) 251 - 255,   2002年09月, [査読有り]
  • Improvement of aortic wall distensibility and reduction of oxidative stress by pioglitazone in pre-diabetic stage of Otsuka long-Evans Tokushima fatty rats, T Tsuji, K Mizushige, T Noma, K Murakami, A Miyatake, M Kohno, CARDIOVASCULAR DRUGS AND THERAPY, CARDIOVASCULAR DRUGS AND THERAPY, 16, (5) 429 - 434,   2002年09月, [査読有り]
  • Improvement of left ventricular diastolic dynamics in prediabetic stage of a type II diabetic rat model after troglitazone treatment, L Yao, K Mizushige, T Noma, K Murakami, K Ohmori, H Matsuo, ANGIOLOGY, ANGIOLOGY, 52, (1) 53 - 57,   2001年01月, [査読有り]
  • Possible role of uncoupling protein in regulation of myocardial energy metabolism in aortic regurgitation model rats.(jointly worked), NOMA Takahisa, NISHIYAMA Akira, MIZUSHIGE K, MURAKAMI K, TSUJI T, KOHNO Masakazu, RAHMAN MD. Matlubur, FUKUI T, ABE Youichi, KIMURA Shoji, FASEB J., FASEB J., 15/,1206-1208,   2001年
  • Prevention of doxorubicin (Adriamycin)-induced cardiomyopathy by simultaneous administration of angiotensin-converting enzyme inhibitor assessed by acoustic densitometry, Takeshi Tokudome, Katsufumi Mizushige, Takahisa Noma, Kimiteru Manabe, Kazushi Murakami, Teppei Tsuji, Shiro Nozaki, Atsufumi Tomohiro, Hirohide Matsuo, Journal of Cardiovascular Pharmacology, Journal of Cardiovascular Pharmacology, 36, (3) 361 - 368,   2000年, [査読有り]

Misc

  • 【生理検査における医療安全】患者誤認を防ぐ, 村上 和司, 臨床検査, 63, (6), 694 - 698,   2019年06月
    <文献概要>Point ●患者本人の確認は,患者自身にフルネームを名乗ってもらうことが基本となるが,生年月日や患者識別番号などの情報を併用することで,患者の確認はより確実となる.●生理検査を実施する場面では,患者本人の確認と,検査を実施する患者の情報と検査機器に登録された患者の情報が同一であるかどうかの確認が必要である.●外来受付票やリストバンドのバーコードを読み取ることによる患者情報の照合により,確認作業を簡略化することができる.●検査受付から実施,報告までの過程で誤認防止のルールを順守し,誤認を早期に発見することで,最終的に重大な事象が発生しないようにすることが重要である.
  • 【血栓・塞栓症-診断・治療・予防の最新動向-】臨床研究の進歩 心疾患 冠動脈疾患における抗血栓療法, 村上 和司, 南野 哲男, 日本臨床, 76, (9), 1604 - 1609,   2018年09月
  • Effect of Angiotensin II Receptor Blocker on Cardiac Autonomic Activity in Patients with Chronic Heart Failure, Shohei Ishikawa, Takahisa Noma, Keiji Matsunaga, Kaoru Mantani, Wataru Takabatake, Makoto Ishizawa, Kaori Ishikawa, Kazushi Murakami, Koji Ohmori, Masakazu Kohno, JOURNAL OF CARDIAC FAILURE, 21, (10), S172 - S172,   2015年10月
  • エコーが診断に有用であった門脈肺高血圧症の1例, 飛梅 淳, 河上 良, 石川 かおり, 石原 尚子, 村上 和司, 野間 貴久, 大森 浩二, 河野 雅和, 谷 丈二, 正木 勉, 超音波医学, 42, (1), 102 - 103,   2015年01月
  • Intracoronary Administration of Nicorandil During Direct Coronary Stenting Complements Restoration of Regional Perfusion at Subacute Phase of Myocardial Infarction: A Demonstration With O-15 Water Pet, Wataru Takabatake, Yasuyoshi Iwado, Kaori Ishikawa, Yuka Miyauchi, Kumi Tada, Kazushi Murakami, Takahisa Noma, Koji Ohmori, Yosihiro Nisiyama, Masakazu Kohno, CIRCULATION, 126, (21),   2012年11月
  • Association between Cardiac Function and Pulmonary Function in Hypertensive Patients, MASUGATA Hisashi, SENDA Shoichi, OKADA Hiroki, MURAO Koji, INUKAI Michio, HIMOTO Takashi, HOSOMI Naohisa, MURAKAMI Kazushi, NOMA Takahisa, KOHNO Masakazu, GODA Fuminori, J Int Med Res., 40, (1), 105 - 114,   2012年
  • 【心臓弁膜症 知っておきたい最善の診断と治療】病態生理・診断・治療・予後 僧帽弁閉鎖不全症 病態生理と臨床所見,自然歴,内科的管理と外科治療のタイミング, 水重 克文, 村上 和司, 内科, 97, (3), 454 - 459,   2006年03月
    僧帽弁複合体のいずれかに,リウマチ性,動脈硬化性,および粘液様変性などの器質的あるいは機能的異常をきたして僧帽弁逆流を生じる.虚血性心疾患や拡張型心筋症に伴う僧帽弁逆流は,左室の拡大や壁運動異常によって弁下組織に弁尖が牽引されて,弁尖の接合が障害されている.心エコー法によれば,僧帽弁逆流の成因の診断,重症度の評価および治療方針の決定にいたる幅広い評価が可能である.左室機能不全の評価項目として,左室駆出率,左室収縮末期径があげられており,これらの所見が術後の予後予測因子となる.急性発症の場合,重症僧帽弁逆流では比較的急速に左心不全症状を呈して,緊急あるいは準緊急手術となる例が多い(著者抄録)
  • Effects of AT1 receptor blockade on oxidative stress and uncoupling protein-2 expression in rat hypertensive heart failure, P Guo, A Nishiyama, M Rahman, M Ishizawa, K Murakami, A Miyatake, K Ohmori, K Mizushige, Y Abe, T Noma, M Kohno, JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY, 45, (3), 165A - 166A,   2005年02月
  • Angiogenesis induced by human hepatocyte growth factor gene without nitric oxide synthesis in a rat ischemic Hindlimb model, M Ishizawa, K Ohmori, T Noma, T Tsuji, K Murakami, T Namba, K Mizushige, R Morishita, Y Kaneda, M Kohno, JOURNAL OF THE AMERICAN COLLEGE OF CARDIOLOGY, 41, (6), 297A - 298A,   2003年03月
  • Regulation of cardiac mitochondrial energy metabolism through uncoupling protein-2 in chronic beta-adrenergic stimulation, T Noma, S Kimura, K Mizushige, K Murakami, T Tsuji, M Kohno, Y Abe, JOURNAL OF HYPERTENSION, 20, S305 - S305,   2002年06月
  • Hepatocyte Growth FactorならびにBasic Fibroblast Growth Factorのエンドセリン産生に及ぼす効果 培養ラット平滑筋細胞での検討, 河野 雅和, 大森 浩二, 四宮 かおり, 福井 敏樹, 安倍 里美, 野間 貴久, 近藤 功, 大下 哲, 村上 和司, 難波 経立, 青山 徹, 清元 秀泰, 雪入 一志, 高木 雄一郎, 藤田 憲弘, 舛形 尚, 辻 哲平, 和田 佳宏, 水重 克文, Progress in Medicine, 21, (9), 2249 - 2252,   2001年
  • ACE inhibition improves left ventricular function and energy metabolism in rat AR model of cardiac hypertrophy, S Kimura, T Noma, K Murakami, M Rahman, R Tian, T Fukui, Y Abe, JOURNAL OF HYPERTENSION, 18, S107 - S107,   2000年

講演・口頭発表等

  • PCIライブデモンストレーションオペレーター, 村上 和司, 第15回四国血管内イメージング研究会PCIライブデモンストレーション,   2017年10月
  • 薬剤溶出ステント留置時のオーバーラップの必要性, 村上 和司, 第109回 日本循環器学会四国地方会,   2016年12月03日
  • デバイスデリバリーに難渋した高度屈曲・石灰化病変に対してGuideLinerが有用であった一例, 河上良, 村上和司, 宮井翔平, 林夕起子, 井上朋子, 石川昇平, 松永圭司, 小西久美, 萬谷薫, 高畠渉, 石原尚子, 石原靖大, 石澤真, 石川かおり, 野間貴久, 大森浩二, 河野雅和, 日本循環器学会四国地方会(Web),   2015年
  • 分岐部冠動脈瘤症例においてSTENT留置によるsealing effectが冠動脈瘤縮小効果に有用であった一例, 河上良, 飛梅淳, 蓮井雄介, 石川昇平, 松永圭司, 小西久美, 萬谷薫, 高畠渉, 石原尚子, 石原靖大, 石澤真, 石川かおり, 村上和司, 野間貴久, 大森浩二, 河野雅和, 日本循環器学会中国地方会(Web),   2015年
  • PCIライブデモンストレーションオペレーター, 村上 和司, 第12回四国血管内イメージング研究会,   2014年10月
  • エベロリムス溶出ステント留置から1年8ケ月後にステント血栓症を発症した一例, 村上和司, 野間貴久, 飛梅淳, 蓮井雄介, 石川昇平, 松永圭司, 河上良, 小西久美, 高畠渉, 萬谷薫, 石原尚子, 石原靖大, 石澤真, 石川かおり, 大森浩二, 河野雅和, 日本循環器学会四国地方会(Web),   2014年
  • 冠動脈拡張症を合併した慢性炎症性脱髄性多発神経炎の1例, 石原 尚子, 大森 浩二, 石原 靖大, 難波 経立, 村上 和司, 野間 貴久, 河野 雅和, 日本心臓病学会誌,   2013年09月
  • 長期留置用カテーテルを留置するために上大静脈の完全閉塞に対し血管形成術をおこなった肺高血圧症の一例, 村上和司, 野間貴久, 宮内友香, 四宮かおり, 石原優, 松永圭司, 本条崇行, 石川昇平, 岡本尚子, 石原靖大, 北泉顕二, 石澤真, 難波経立, 岩藤泰慶, 大森浩二, 河野雅和, 日本循環器学会中国地方会(Web),   2011年
  • 両方向性アプローチにて下肢動脈形成術を行った浅大腿動脈完全閉塞の2症例, 辻 哲平, 陸 新, 村上 和司, 近藤 功, 友廣 敦文, 和田 佳宏, 水重 克文, Circulation Journal,   2009年04月
  • 総腸骨動脈分岐部病変に対して行った下肢動脈形成術の2症例, 辻 哲平, 陸 新, 村上 和司, 近藤 功, 友廣 敦文, 和田 佳宏, 水重 克文, Circulation Journal,   2009年04月
  • ALS患者に発症したたこつぼ心筋症と考えられた一例, 難波 静子, 近藤 功, 陸 新, 辻 哲平, 村上 和司, 友廣 敦文, 和田 佳宏, 多田 麗子, 水重 克文, 超音波医学,   2009年01月
  • 老年期まで生存しえたGrowing-up Congenital Heart Diseaseの修正大血管転位症の一例, 陸 新, 近藤 功, 辻 哲平, 村上 和司, 友廣 敦文, 和田 佳宏, 水重 克文, 超音波医学,   2009年01月
  • 逆行性アプローチにより再開通に成功した右冠動脈慢性完全閉塞の1例, 第100回日本内科学会四国地方会,   2009年
  • メカニカルサポート下のPCIで救命した左冠動脈主幹部急性冠症候群の1例, 村上 和司, 第93回 日本循環器学会四国地方会,   2008年12月06日
  • BLSにおいて伝わりにくく、忘れやすい項目は?, 辻 哲平, 陸 新, 村上 和司, 近藤 功, 友廣 敦文, 水重 克文, Circulation Journal,   2008年10月
  • 筋萎縮性側索硬化症の経過中、たこつぼ心筋障害を合併した8症例についての検討, 辻 哲平, 村上 和司, 近藤 功, 陸 新, 友廣 敦文, 市原 典子, 藤井 正吾, 水重 克文, 日本救急医学会雑誌,   2008年08月
  • 冠動脈形成術後仮性動脈瘤に対するエコーガイド下トロンビン注入療法の有用性, 陸 新, 近藤 功, 辻 哲平, 村上 和司, 友廣 敦文, 水重 克文, 西野 雅巳, Circulation Journal,   2008年04月
  • 非心臓手術前の心機能評価 循環器科コンサルトされて, 友廣 敦文, 辻 哲平, 村上 和司, 水重 克文, 香川県内科医会誌,   2006年06月
  • 閉塞性肥大型心筋症に対するPTSMA(経皮的中隔心筋焼灼術)の効果, 村上 和司, 友廣 敦文, 辻 哲平, 水重 克文, 香川県内科医会誌,   2006年06月
  • FBIを用いた鎖骨下動脈狭窄の一例, 難波 静子, 友廣 敦文, 近藤 功, 村上 和司, 辻 哲平, 陸 新, 水重 克文, Circulation Journal,   2006年04月
  • 当院の心肺蘇生講習(一次救命処置), 辻 哲平, 友廣 敦文, 近藤 功, 村上 和司, 陸 新, 水重 克文, 新地 緑, 矢野 いづみ, 松賀 晴美, 南原 由理子, Circulation Journal,   2006年04月
  • 鼻マスク式持続陽圧呼吸療法にて改善した慢性心不全の一例, 辻 哲平, 友廣 敦文, 村上 和司, 陸 新, 水重 克文, Circulation Journal,   2006年04月
  • 人工骨頭術後に肺塞栓症を生じ救命し得た1例, 山口 郁子, 濱崎 寛, 友廣 敦文, 村上 和司, 辻 哲平, 水重 克文, 中国・四国整形外科学会雑誌,   2006年04月
  • 末梢性血管疾患に対する遺伝子治療臨床研究, 村上 和司, 森下 竜一, 青木 元邦, 山崎 慶太, 橋弥 尚孝, 牧野 寛史, 東 純哉, 若山 幸示, 荻原 俊男, 動脈硬化,   2002年06月
  • 高齢者閉塞性動脈硬化症に対するHGF遺伝子プラスミドを用いた血管新生療法の検討, 若山 幸示, 森下 竜一, 青木 元邦, 山崎 慶太, 牧野 寛史, 橋弥 尚孝, 東 純哉, 村上 和司, 金田 安史, 荻原 俊男, 日本老年医学会雑誌,   2002年05月
  • 高齢者ビュルガー病に対するHGF遺伝子プラスミドを用いた血管新生療法の検討, 東 純哉, 森下 竜一, 青木 元邦, 山崎 慶太, 牧野 寛史, 橋弥 尚孝, 若山 幸示, 村上 和司, 金田 安史, 荻原 俊男, 日本老年医学会雑誌,   2002年05月
  • アドリアマイシン(ADM)心筋障害ラットでのTemocapril(TP)の心筋保護効果に関する検討, 徳留 健, 野間 貴久, 真鍋 后輝, 村上 和司, 辻 哲平, 水重 克文, 松尾 裕英, 超音波医学,   2000年10月
  • 糖尿病自然発症ラットの初期心筋内細動脈の組織学的変化とトログリタゾンの効果, 辻 哲平, 水重 克文, 野間 貴久, 村上 和司, 藤田 憲弘, 姚 利, 河野 雅和, Journal of Cardiology,   2000年08月
  • 心不全モデルラットにおける脱共役蛋白(UCP)の発現に対するアンジオテンシン変換酵素阻害薬の影響, 村上 和司, 水重 克文, 野間 貴久, 辻 哲平, 藤田 憲弘, 姚 利, 木村 正司, 河野 雅和, Journal of Cardiology,   2000年08月
  • アドリアマイシン心筋障害ラットにおけるtemocaprilの心筋保護効果に関する検討 心エコー図法を用いた心機能・心筋組織性状診断, 徳留 健, 水重 克文, 野間 貴久, 真鍋 后輝, 村上 和司, 辻 哲平, 野崎 士郎, 松尾 裕英, Japanese Circulation Journal,   2000年03月
  • 不全心における脱共役蛋白(UCP)の発現, 野間 貴久, 水重 克文, 村上 和司, 辻 哲平, 藤田 憲弘, 松尾 裕英, 木村 正司, 安部 陽一, Japanese Circulation Journal,   2000年03月
  • 高インスリン血症での心筋組織変化の機序 糖尿病発症(OLETF)ラットでの検討, 姚 利, 水重 克文, 野間 貴久, 村上 和司, 于 洋, 野崎 士郎, 大森 浩二, 近藤 功, 松尾 裕英, Japanese Circulation Journal,   2000年03月
  • 大動脈弁閉鎖不全モデルラットでの左室リモデリングのアンジオテンシン変換酵素阻害薬による抑制過程, 村上 和司, 水重 克文, 野間 貴久, 藤田 憲弘, 友廣 敦文, 辻 哲平, 姚 利, 松尾 裕英, 木村 正司, 安部 陽一, Japanese Circulation Journal,   2000年03月
  • 大動脈弁閉鎖不全による心不全モデルラットにおけるアンジオテンシン変換酵素阻害薬の効果に関する検討, 村上 和司, 野間 貴久, 水重 克文, 大森 浩二, 姚 利, 大下 哲, 四宮 かおり, 松尾 裕英, Japanese Circulation Journal,   1999年10月
  • 糖尿病発症ラット(OLETF rats)の左室拡張障害に対するトログリタゾンの影響, 姚 利, 水重 克文, 野間 貴久, 村上 和司, 友廣 敦文, 大下 哲, 松尾 裕英, Journal of Cardiology,   1999年08月
  • 糖尿病発症ラット(OLETF rats)の初期動脈硬化病変に対するトログリタゾンの効果, 野間 貴久, 水重 克文, 村上 和司, 姚 利, 大森 浩二, 四宮 かおり, 松尾 裕英, Journal of Cardiology,   1999年08月
  • 心筋炎後の慢性心不全に妊娠を合併した1症例, 村上 和司, 高木 雄一郎, 阪本 整司, 鷹野 譲, 木下 晶, 水重 克文, 松尾 裕英, Japanese Circulation Journal,   1999年08月
  • 人工弁置換術後患者の左室内microbubbleのsecond harmonic imageによる観察, 村上 和司, 水重 克文, 徳留 健, 野崎 士郎, 大森 浩二, 渡辺 一史, 古本 渉, 松尾 裕英, Japanese Circulation Journal,   1999年08月

競争的資金

  • 冠動脈インターベンション
  • coronary intervension