詳細検索はこちら

筒井 邦彦 ツツイ クニヒコ

所属
医学部
看護学科
職名准教授
Last Updated :2020/09/28

研究者基本情報

学歴

  •  - 1996年, 香川医科大学, 医学研究科
  • 香川医科大学, 医学部

学位

  • 医学博士(香川医科大学 1996.3)

所属学協会

  • 日本消化器病学会
  • 日本内科学会
  • 日本消化器内視鏡学会
  • 日本肝臓学会
  • 日本胆道学会
  • 日本細菌学会
  • 日本臨床検査医学会
  • 日本膵臓学会
  • 日本感染症学会
  • 日本消化管学会

経歴

  •   2005年,  - 2006年, 香川大学医学部附属病院検査部, 学内講師(副部長)
  •   2006年, - 香川大学医学部看護学科, 准教授
  •   2003年,  - 2005年, 香川大学医学部附属病院検査部, 助手
  •   2001年,  - 2003年, 香川医科大学附属病院検査部, 助手
  •   2000年,  - 2001年, NTT西日本高松病院
  •   1997年,  - 2000年, 前田病院
  •   1995年,  - 1997年, 屋島総合病院
  •   1992年,  - 1996年, 香川医科大学医学科大学院
  •   1991年,  - 1992年, 石川病院
  •   1990年,  - 1991年, 国立善通寺病院
  •   1989年,  - 1990年, 香川医科大学附属病院

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス / 消化器内科学

研究キーワード

    消化器内科学, gastroenterology

論文

  • Identification of Micro RNA Associated with the Elimination of Hepatitis C Virus Genotype 1b by Direct‐Acting Antivirals Therapies, Hirohito Yoneyama, Asahiro Morishita, Hisakazu Iwama, Koji Fujita, Takahiro Masaki, Joji Tani, Tomoko Tadokoro, Takako Nomura, Teppei Sakamoto, Kyoko Oura, Kei Takuma, Mai Nakahara, Shima Mimura, Akihiro Deguchi, Makoto Oryu, Kunihiko Tsutsui, Takashi Himoto, Kunitada Shimotohno, Takaji Wakita, Hideki Kobara, Tsutomu Masaki, Journal of Gastroenterology and Hepatology, Journal of Gastroenterology and Hepatology,   2020年08月24日, [査読有り]
  • Aspirin inhibits hepatocellular carcinoma cell proliferation in vitro and in vivo via inducing cell cycle arrest and apoptosis., Tingting Shi, Koji Fujita, Jian Gong, Mai Nakahara, Hisakazu Iwama, Shi Liu, Hirohito Yoneyama, Asahiro Morishita, Takako Nomura, Joji Tani, Kei Takuma, Tomoko Tadokoro, Takashi Himoto, Kyoko Oura, Kunihiko Tsutsui, Hideki Kobara, Tsutomu Masaki, Oncology reports, Oncology reports, 44, (2) 457 - 468,   2020年08月, [査読有り]
  • Anti-diabetic drug metformin inhibits cell proliferation and tumor growth in gallbladder cancer via G0/G1 cell cycle arrest., Takuma Yamashita, Kiyohito Kato, Shintaro Fujihara, Hisakazu Iwama, Asahiro Morishita, Hiroki Yamana, Kiyoyuki Kobayashi, Hideki Kamada, Taiga Chiyo, Hideki Kobara, Kunihiko Tsutsui, Keiichi Okano, Yasuyuki Suzuki, Tsutomu Masaki, Anti-cancer drugs, Anti-cancer drugs, 31, (3) 231 - 240,   2020年03月, [査読有り]
  • Efficacy of crystal violet for identifying the distal end in esophageal submucosal tunnel resection., Hideki Kobara, Noriko Nishiyama, Hirohito Mori, Shintaro Fujihara, Tingting Shi, Kazuhiro Kozuka, Taiga Chiyo, Nobuya Kobayashi, Koji Fujita, Joji Tani, Tatsuo Yachida, Kunihiko Tsutsui, Keiichi Okano, Yasuyuki Suzuki, Tsutomu Masaki, Minimally invasive therapy & allied technologies : MITAT : official journal of the Society for Minimally Invasive Therapy, Minimally invasive therapy & allied technologies : MITAT : official journal of the Society for Minimally Invasive Therapy,   2020年01月31日, [査読有り]
  • Metformin Inhibits Proliferation and Tumor Growth of QGP-1 Pancreatic Neuroendocrine Tumor Cells by Inducing Cell Cycle Arrest and Apoptosis., Hiroki Yamana, Kiyohito Kato, Hideki Kobara, Shintaro Fujihara, Koji Fujita, Daisuke Namima, Naoki Fujita, Kiyoyuki Kobayashi, Hideki Kamada, Asahiro Morishita, Kunihiko Tsutsui, Hisakazu Iwama, Tsutomu Masaki, Anticancer research, Anticancer research, 40, (1) 121 - 132,   2020年01月, [査読有り]
  • Efficacy of combined modality therapy with sorafenib following hepatic arterial injection chemotherapy and three-dimensional conformal radiotherapy for advanced hepatocellular carcinoma with major vascular invasion., Takako Nomura, Joji Tani, Akihiro Deguchi, Mai Nakahara, Kyoko Oura, Tomoko Tadokoro, Koji Fujita, Shima Mimura, Teppei Sakamoto, Asahiro Morishita, Hirohito Yoneyama, Hideki Kobara, Takayuki Sanomura, Yoshihiro Nishiyama, Keiichi Okano, Yasuyuki Suzuki, Shigeo Takahashi, Toru Shibata, Kunihiko Tsutsui, Takashi Himoto, Tsutomu Masaki, Molecular and clinical oncology, Molecular and clinical oncology, 11, (5) 447 - 454,   2019年11月, [査読有り]
  • 当院における胆道疾患に対する経口胆道鏡下洗浄胆汁細胞診の検討, 加藤 清仁, 鎌田 英紀, 河野 寿明, 波間 大輔, 藤田 直樹, 川名 浩喜, 小林 聖幸, 筒井 邦彦, 胆道, 胆道, 33, (3) 562 - 562,   2019年10月, [査読有り]
  • Prediction of Transplant-Free Survival through Albumin-Bilirubin Score in Primary Biliary Cholangitis., Koji Fujita, Takako Nomura, Asahiro Morishita, Tingting Shi, Kyoko Oura, Joji Tani, Hideki Kobara, Kunihiko Tsutsui, Takashi Himoto, Tsutomu Masaki, Journal of clinical medicine, Journal of clinical medicine, 8,   2019年08月19日, [査読有り]
  • 胃粘膜下腫瘍に対する粘膜下トンネル生検法の診断能, 小原 英幹, 西山 典子, 小林 伸也, 谷内田 達夫, 筒井 邦彦, 尾立 磨琴, 正木 勉, 香川県内科医会誌, 香川県内科医会誌, 55,   2019年08月, [査読有り]
  • Albumin-bilirubin score indicates liver fibrosis staging and prognosis in patients with chronic hepatitis C., Koji Fujita, Kyoko Oura, Hirohito Yoneyama, Tingting Shi, Kei Takuma, Mai Nakahara, Tomoko Tadokoro, Takako Nomura, Asahiro Morishita, Kunihiko Tsutsui, Takashi Himoto, Tsutomu Masaki, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, Hepatology research : the official journal of the Japan Society of Hepatology, 49, (7) 731 - 742,   2019年07月, [査読有り]
  • Albumin-Bilirubin Score Differentiates Liver Fibrosis Stage and Hepatocellular Carcinoma Incidence in Chronic Hepatitis B Virus Infection: A Retrospective Cohort Study., Koji Fujita, Takako Nomura, Asahiro Morishita, Kyoko Oura, Hirohito Yoneyama, Hideki Kobara, Kunihiko Tsutsui, Takashi Himoto, Tsutomu Masaki, The American journal of tropical medicine and hygiene, The American journal of tropical medicine and hygiene, 101, (1) 220 - 225,   2019年07月, [査読有り]
  • Bile as a complemenytary matrix for methamphetamine testing, an autopsy case of methamphetamine poisoning., Kinoshita H, Takakura A, Kumihashi M, Jamal M, Tsutsui K, Kimura S, Ameno K, Matsubara S, Tanaka N, Rom J Leg Med., Rom J Leg Med., 27, (4) 379 - 381,   2019年, [査読有り]
  • Detection of toluene, methanol and formic acid in the autopsy case of a solvent abuser., Hiroshi K, Naoko T, Ayaka T, Mitsuru K, Mostofa J, Asuka I, Kunihiko T, Shoji K, Shuji M, Kiyoshi A, Soudni lekarstvi, Soudni lekarstvi, 64, (2) 20 - 22,   2019年, [査読有り]
  • Medicolegal implication of an autopsy case of methidathion ingestion., Tanaka Naoko, Kinoshita Hiroshi, Kumihashi Mitsuru, Jamal Mostofa, Ito Asuka, Tsutsui Kunihiko, Kimura Shoji, Ameno Kiyoshi, Soudni lekarstvi, Soudni lekarstvi, 64, (4) 42 - 43,   2019年, [査読有り]
  • Medicolegal implications of an autopsy case of hypothermia under the influence of flunitrazepam and quetiapine, Hiroshi Kinoshita, Naoko Tanaka, Ayaka Takakura, Mitsuru Kumihashi, Mostofa Jamal, Asuka Ito, Kunihiko Tsutsui, Shoji Kimura, Kiyoshi Ameno, Romanian Journal of Legal Medicine, Romanian Journal of Legal Medicine, 26, (1) 67 - 69,   2018年03月01日, [査読有り]
  • Comparison of histological findings and the results of energy-dispersive X-ray spectrometry analysis in experimental electrical injury, Naoko Tanaka, Ayaka Takakura, Nobuyuki Miyatake, Mostofa Jamal, Asuka Ito, Mitsuru Kumihashi, Kunihiko Tsutsui, Kiyoshi Ameno, Hiroshi Kinoshita, Legal Medicine, Legal Medicine, 31,   2018年03月01日, [査読有り]
  • Long-Term Management of Recurrent Cholecystitis after Initial Conservative Treatment: Endoscopic Transpapillary Gallbladder Stenting., Hideki Kamada, Hideki Kobara, Naohito Uchida, Kiyohito Kato, Takayuki Fujimori, Kiyoyuki Kobayashi, Takuma Yamashita, Masahiro Ono, Yuichi Aritomo, Kunihiko Tsutsui, Keiichi Okano, Yasuyuki Suzuki, Tsutomu Masaki, Canadian journal of gastroenterology & hepatology, Canadian journal of gastroenterology & hepatology, 2018,   2018年, [査読有り]
  • Comparison of submucosal tunneling biopsy versus EUS-guided FNA for gastric subepithelial lesions: a prospective study with crossover design., Hideki Kobara, Hirohito Mori, Naoki Nishimoto, Shintaro Fujihara, Noriko Nishiyama, Maki Ayaki, Tatsuo Yachida, Tae Matsunaga, Taiga Chiyo, Nobuya Kobayashi, Koji Fujita, Kiyohito Kato, Hideki Kamada, Makoto Oryu, Kunihiko Tsutsui, Hisakazu Iwama, Reiji Haba, Tsutomu Masaki, Endoscopy international open, Endoscopy international open, 5, (8) E695-E705 - E705,   2017年08月, [査読有り]
  • Flunitrazepam in stomach contents may be a good indicator of its massive ingestion, Hiroshi Kinoshita, Naoko Tanaka, Ayaka Takakura, Mitsuru Kumihashi, Mostofa Jamal, Asuka Ito, Kunihiko Tsutsui, Shoji Kimura, Shuji Matsubara, Kiyoshi Ameno, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, 25, (2) 193 - 195,   2017年06月, [査読有り]
  • Application of energy-dispersive X-ray fluorescence spectrometry (EDX) in forensics - titanium, silicon and magnesium in the stomach contents as good indicators for ingestion of pharmaceutical tablets, Naoko Tanaka, Ayaka Takakura, Mitsuru Kumihashi, Mostofa Jamal, Asuka Ito, Shoji Kimura, Kunihiko Tsutsui, Kiyoshi Ameno, Hiroshi Kinoshita, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, 25, (1) 89 - 91,   2017年04月, [査読有り]
  • Detection of butane metabolites as an indicator of butane abuse, Hiroshi Kinoshita, Naoko Tanaka, Ayaka Takakura, Mitsuru Kumihashi, Mostofa Jamal, Asuka Ito, Shoji Kimura, Kunihiko Tsutsui, Yasushi Nagasaki, Shuji Matsubara, Kiyoshi Ameno, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, 24, (3) 216 - 218,   2016年09月, [査読有り]
  • Distinction between entrance and exit wounds by energy dispersive X-ray fluorescence spectrometry, Naoko Tanaka, Hiroshi Kinoshita, Ayaka Takakura, Mostofa Jamal, Asuka Ito, Mitsuru Kumihashi, Kunihiko Tsutsui, Shoji Kimura, Kiyoshi Ameno, LEGAL MEDICINE, LEGAL MEDICINE, 22,   2016年09月, [査読有り]
  • Detection of kerosene in stomach contents - useful indicator of vital reaction, Naoko Tanaka, Ayaka Takakura, Mostofa Jamal, Mitsuru Kumihashi, Asuka Ito, Kunihiko Tsutsui, Shoji Kimura, Kiyoshi Ameno, Hiroshi Kinoshita, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, 24, (2) 128 - 130,   2016年06月, [査読有り]
  • Stomach gas as a useful matrix for detecting ante-mortem gas exposure. A case of asphyxia by helium inhalation, Naoko Tanaka, Ayaka Takakura, Mostofa Jamal, Mitsuru Kumihashi, Asuka Ito, Saki Ishimoto, Kunihiko Tsutsui, Syoji Kimura, Kiyoshi Ameno, Hiroshi Kinoshita, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, 24, (1) 21 - 22,   2016年03月, [査読有り]
  • Multiple drug poisoning case caused by a pharmacokinetic interaction involving paroxetine, Hiroshi Kinoshita, Naoko Tanaka, Ayaka Takakura, Mitsuru Kumihashi, Mostofa Jamal, Asuka Ito, Kunihiko Tsutsui, Shoji Kimura, Shuji Matsubara, Kiyoshi Ameno, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, 23, (3) 208 - 210,   2015年09月, [査読有り]
  • Combination of energy-dispersive X-ray fluorescence spectrometry (EDX) and head-space gas chromatography mass spectrometry (HS-GC/MS) is a useful screening tool for stomach contents, Naoko Tanaka, Hiroshi Kinoshita, Ayaka Takakura, Mostofa Jamal, Mitsuru Kumihashi, Yu Uchiyama, Kunihiko Tsutsui, Kiyoshi Ameno, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, 23, (1) 43 - 44,   2015年03月, [査読有り]
  • A fatal case of poisoning with ethanol and psychotropic drugs with putrefactive changes., Kinoshita H, Tanaka N, Jamal M, Kumihashi M, Takakura A, Tobiume T, Tsutsui K, Ameno K, Soudni lekarstvi, Soudni lekarstvi, 60, (2) 25 - 27,   2015年, [査読有り]
  • Analysis of the amount of tissue sample necessary for mitotic count and Ki-67 index in gastrointestinal stromal tumor sampling, Hideki Kobara, Hirohito Mori, Kazi Rafiq, Shintaro Fujihara, Noriko Nishiyama, Taiga Chiyo, Tae Matsunaga, Maki Ayaki, Tatsuo Yachida, Kiyohito Kato, Hideki Kamada, Koji Fujita, Asahiro Morishita, Makoto Oryu, Kunihiko Tsutsui, Hisakazu Iwama, Yoshio Kushida, Reiji Haba, Tsutomu Masaki, ONCOLOGY REPORTS, ONCOLOGY REPORTS, 33, (1) 215 - 222,   2015年01月, [査読有り]
  • A color test for the convenient identification of an ingested surface activating agent., Kinoshita H, Tanaka N, Jamal M, Takakura A, Kumihashi M, Tobiume T, Tsutsui K, Ameno K, Soudni lekarstvi, Soudni lekarstvi, 60, (3) 40 - 42,   2015年, [査読有り]
  • Evaluation of gastric submucosal tumors using endoscopically visualized features with submucosal endoscopy, Hideki Kobara, Hirohito Mori, Kazi Rafiq, Tae Matsunaga, Shintaro Fujihara, Noriko Nishiyama, Maki Ayaki, Tatsuo Yachida, Johji Tani, Hisaaki Miyoshi, Kiyohito Kato, Hideki Kamada, Hirohito Yoneyama, Asahiro Morishita, Kunihiko Tsutsui, Hisakazu Iwama, Reiji Haba, Tsutomu Masaki, ONCOLOGY LETTERS, ONCOLOGY LETTERS, 8, (1) 161 - 168,   2014年07月, [査読有り]
  • Endoscopically visualized features of gastric submucosal tumors on submucosal endoscopy, Hideki Kobara, Hirohito Mori, Shintaro Fujihara, Noriko Nishiyama, Johji Tani, Asahiro Morishita, Makoto Oryu, Kunihiko Tsutsui, Tsutomu Masaki, ENDOSCOPY, ENDOSCOPY, 46,   2014年, [査読有り]
  • Xylene; a useful marker for agricultural products ingestion., Kinoshita H, Tanaka N, Jamal M, Kumihashi M, Tsutsui K, Ameno K, Soudni lekarstvi, Soudni lekarstvi, 58, (4) 59 - 60,   2013年10月, [査読有り]
  • Usefulness of intratracheal gas analysis in an autopsy case of helium inhalation, Naoko Tanaka, Hiroshi Kinoshita, Mostofa Jamal, Mitsuru Kumihashi, Tadashi Tobiume, Kunihiko Tsutsui, Kiyoshi Ameno, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, 21, (3) 237 - 238,   2013年09月, [査読有り]
  • Findings for current marks: Histopathological examination and energy-dispersive X-ray spectroscopy of three cases, Naoko Tanaka, Hiroshi Kinoshita, Mostofa Jamal, Mitsuru Kumihashi, Kunihiko Tsutsui, Kiyoshi Ameno, LEGAL MEDICINE, LEGAL MEDICINE, 15, (5) 283 - 287,   2013年09月, [査読有り]
  • Application of energy dispersive X-ray fluorescence spectrometry (EDX) in a case of methomyl ingestion, Hiroshi Kinoshita, Naoko Tanaka, Mostofa Jamal, Mitsuru Kumihashi, Ryota Okuzono, Kunihiko Tsutsui, Kiyoshi Ameno, FORENSIC SCIENCE INTERNATIONAL, FORENSIC SCIENCE INTERNATIONAL, 227, (1-3) 103 - 105,   2013年04月, [査読有り]
  • A forensic case of sacralization of the sixth lumbar vertebra in skeletal remains, Naoko Tanaka, Hiroshi Kinoshita, Mostofa Jamal, Kunihiko Tsutsui, Hiroyuki Motomura, Kiyoshi Ameno, Bangladesh Journal of Medical Science, Bangladesh Journal of Medical Science, 12, (2) 224 - 226,   2013年, [査読有り]
  • An autopsy case of triazolam overdose, Hiroshi Kinoshita, Naoko Tanaka, Azumi Kuse, Akina Ohtsuki, Yasushi Nagasaki, Yasuhiro Ueno, Mostofa Jamal, Kunihiko Tsutsui, Mitsuru Kumihashi, Kiyoshi Ameno, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, 20, (4) 297 - 298,   2012年12月, [査読有り]
  • CA19-9高値と肝実質浸潤所見、およびFDG-PET異常集積を伴い、胆嚢癌との鑑別が困難であった黄色肉芽腫性胆嚢炎の1例, 筒井邦彦, 鎌田英紀, 小野昌弘, 有友雄一, 藤森崇行, 内田尚仁, 正木勉, 香川県内科医会誌, 香川県内科医会誌, 46,   2010年06月, [査読有り]
  • Minute Gallbladder Carcinoma Associated With an Anastomotic Cholecystoduodenal Fistula, Shinichi Yachida, Kunihiko Tsutsui, Yasuyuki Suzuki, Clinical Gastroenterology and Hepatology, Clinical Gastroenterology and Hepatology, 7, (2) e6 - e7,   2009年02月, [査読有り]
  • 内視鏡的胆管ステント留置術のみで経過観察した総胆管結石症例15例の検討, 杵川文彦, 小林三善, 室田將之, 井上秀幸, 加藤清仁, 有友雄一, 小野昌弘, 鎌田英紀, 筒井邦彦, 内田尚仁, 正木勉, 古田康夫, 久保文芳, 香川県内科医会誌, 香川県内科医会誌, 44,   2008年06月, [査読有り]
  • 重症急性膵炎を合併したcholedochoceleの1例, 筒井邦彦, 内田尚仁, 有友雄一, 小野昌弘, 鎌田英紀, 胆道, 胆道, 21, (5) 665-9 - 669,   2007年12月31日, [査読有り]
  • Utility of pancreatic duct brushing for diagnosis of pancreatic carcinoma, Naohito Uchida, Hideki Kamada, Kunihiko Tsutsui, Masahiro Ono, Yuichi Aritomo, Tsutomu Masaki, Yoshio Kushida, Reiji Haba, Toshiaki Nakatsu, Shigeki Kuriyama, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 42, (8) 657 - 662,   2007年08月, [査読有り]
  • Usefulness of single and repetitive percutaneous transhepatic gallbladder aspiration for the treatment of acute cholecystitis, Kunihiko Tsutsui, Naohito Uchida, Shuko Hirabayashi, Hideki Kamada, Masahiro Ono, Mutsumi Ogawa, Toru Ezaki, Hiroki Fukuma, Hideki Kobara, Yuichi Aritomo, Tsutomu Masaki, Toshiaki Nakatsu, Shigeki Kuriyama, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 42, (7) 583 - 588,   2007年07月, [査読有り]
  • Evaluation of delayed additional FDG PET imaging in patients with pancreatic tumour, Yoshihiro Nishiyama, Yuka Yamamotoa, Toshihide Monden, Yasuhiro Sasakawa, Kunihiko Tsutsui, Hisao Wakabayashi, Motoomi Ohkawa, NUCLEAR MEDICINE COMMUNICATIONS, NUCLEAR MEDICINE COMMUNICATIONS, 26, (10) 893 - 899,   2005年10月, [査読有り]
  • Contribution of whole body FDG-PET to the detection of distant metastasis in pancreatic cancer, Y Nishiyama, Y Yamamoto, K Yokoe, T Monden, Y Sasakawa, K Tsutsui, K Satoh, M Ohkawa, ANNALS OF NUCLEAR MEDICINE, ANNALS OF NUCLEAR MEDICINE, 19, (6) 491 - 497,   2005年09月, [査読有り]
  • Pre-cutting using a noseless papillotome with independent lumens for contrast material and guidewire, N Uchida, K Tsutsui, H Kamada, M Ogawa, H Fukuma, T Ezaki, Y Aritomo, H Kobara, M Ono, A Morishita, T Masaki, S Watanabe, T Nakatsu, S Kuriyama, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 20, (6) 947 - 950,   2005年06月, [査読有り]
  • 当院におけるESWLによる膵石症治療の有用性, 筒井 邦彦, 内田 尚仁, 小川 睦美, 鎌田 英紀, 栗山 茂樹, 日本消化器病学会雑誌, 日本消化器病学会雑誌, 102, (臨増総会) A213 - A213,   2005年03月, [査読有り]
  • Estimation of the stent placement above the intact sphincter of Oddi against malignant bile duct obstruction, N Uchida, K Tsutsui, T Ezaki, H Fukuma, H Kamata, H Kobara, H Matsuoka, F Kinekawa, Y Aritomo, F Yokoyama, Y Kita, T Masaki, M Ogawa, T Nakatsu, S Watanabe, S Kuriyama, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 40, (3) 291 - 296,   2005年03月, [査読有り]
  • Conversion from external nasobiliary drainage to internal drainage using endoscopically available scissor forceps, N Uchida, H Tsutsui, T Ezaki, H Fukuma, T Masaki, H Kobara, S Watanabe, S Kuriyama, HEPATO-GASTROENTEROLOGY, HEPATO-GASTROENTEROLOGY, 50, (54) 1891 - 1893,   2003年11月, [査読有り]
  • Combination of assay of human telomerase reverse transcriptase mRNA and cytology using bile obtained by endoscopic transpapillary catheterization into the gallbladder for diagnosis of gallbladder carcinoma, N Uchida, K Tsutsui, T Ezaki, H Fukuma, H Kobara, H Kamata, Y Aritomo, T Masaki, S Watanabe, S Kobayashi, T Nakatsu, H Nakano, S Kuriyama, AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, AMERICAN JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 98, (11) 2415 - 2419,   2003年11月, [査読有り]
  • Concomitant colitis associated with primary sclerosing cholangitis, N Uchida, T Ezaki, H Fukuma, K Tsutsui, H Kobara, M Matsuoka, T Masaki, S Watanabe, M Yoshida, T Maeta, F Koi, T Nakatsu, S Kuriyama, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 38, (5) 482 - 487,   2003年05月, [査読有り]
  • Abnormal bile flow in patients with achalasia, H Kobara, N Uchida, K Tsutsui, K Kurokohchi, H Fukuma, T Ezaki, S Kuriyama, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY, 38, (4) 327 - 331,   2003年04月, [査読有り]
  • PHYLOGENETIC ANALYSIS OF PHOSPHOLIPASE-C GENES FROM CLOSTRIDIUM-PERFRINGENS TYPE-A TO TYPE-E AND CLOSTRIDIUM-NOVYI, K TSUTSUI, J MINAMI, O MATSUSHITA, S KATAYAMA, Y TANIGUCHI, S NAKAMURA, M NISHIOKA, A OKABE, JOURNAL OF BACTERIOLOGY, JOURNAL OF BACTERIOLOGY, 177, (24) 7164 - 7170,   1995年12月, [査読有り]

Misc

  • 胃粘膜下腫瘍に対する粘膜下トンネル生検法の診断能, 小原 英幹, 西山 典子, 小林 伸也, 谷内田 達夫, 筒井 邦彦, 尾立 磨琴, 正木 勉, 香川県内科医会誌, 55, 17 - 25,   2019年08月
    【背景・目的】近年、消化管粘膜下腫瘍に対する治療手技が発展する一方、術前診断が不十分で平滑筋腫や異所性膵等の良性腫瘍に対する不必要な切除例が少なからず含まれ、術前診断の重要性が改めて指摘される。本研究の目的は、我々が考案した管腔内主体の粘膜下腫瘍に対し視認下に組織採取する粘膜下トンネル生検法の診断能を検証することである。【方法】粘膜下トンネル生検法の組織診断率、手技時間、偶発症率を検討した。【結果】胃粘膜下腫瘍30例における組織診断率は100%、平均手技時間38.9分、偶発症0%であった。本法は、高い診断能を示した。本法で得られる色調、性状等の腫瘍表面像の直視下胃粘膜下腫瘍分類は、腫瘍自体の確実な組織採取の一助となりうる。【結論】不必要な侵襲的治療を回避するためにも、標準的生検法に加えて新たな組織採取法を導入し、術前組織診断の向上に取り組む必要があると思われる。(著者抄録)
  • 胆管細胞癌におけるガレクチン-9による増殖抑制効果の検討, 小林 聖幸, 藤田 浩二, 田所 智子, 森下 朝洋, 藤原 新太郎, 河野 寿明, 藤田 直樹, 波間 大輔, 山名 浩喜, 辻 真一郎, 加藤 清仁, 鎌田 英紀, 小原 英幹, 筒井 邦彦, 正木 勉, The Liver Cancer Journal, 10, (Suppl.2), 68 - 69,   2018年12月
  • 各種芳香刺激が記憶と安静時脳波に及ぼす影響について, 峠 哲男, 筒井 邦彦, 山本 麻里奈, 清水 裕子, 臨床神経生理学, 46, (5), 447 - 447,   2018年10月
  • 単発刺激と二連発刺激による最大筋収縮時磁気刺激(TMS with MVC)が手指筋の運動誘発電位(MEP)と摘み筋力に及ぼす影響, 菅原 健太郎, 土居 智和, 青江 真吾, 高田 忠幸, 出口 一志, 國土 曜平, 鎌田 正紀, 筒井 邦彦, 峠 哲男, 臨床神経生理学, 46, (5), 456 - 456,   2018年10月
  • アルコール性ケトアシドーシスの1例, 木下 博之, 田中 直子, 高倉 彩華, 組橋 充, モストファ・ジャーマル, 伊藤 明日香, 木村 正司, 加茂 和博, 筒井 邦彦, 飴野 清, 法医病理, 24, (1), 53 - 55,   2018年06月
    40代女。自宅で死亡しているのを発見され、死因不明で解剖となった。なお、事例は普段からよく酒を飲み、アルコール性肝障害での通院歴があり、発見3日前には体調不良にて嘔吐していたとのことであった。剖検では肝臓に著明な脂肪化を認めたが、それ以外の異常所見は認めなかった。血液からエタノールは検出されず、アセトン濃度の著明な高値、更に3-ヒドロキシ酪酸の著明な上昇を認めた。以上の所見より、本事例はアルコール性ケトアシドーシスが死因であると考えられた。
  • バリウム遺残の2例, 田中 直子, 安賀 文俊, 高倉 彩華, モストファ・ジャーマル, 筒井 邦彦, 加茂 和博, 組橋 充, 飴野 清, 木下 博之, 法医病理, 24, (1), 57 - 60,   2018年06月
    バリウム遺残の2例について報告した。事例1(50代男)は川に浮いているのを、事例2(70代男)は用水路で死亡しているのを発見され、いずれも頭部に損傷があり司法解剖となった。剖検や各検査所見から、事例1は溺死、事例2は後頭部打撲による頭蓋内損傷が死因であると考えられた。2事例はいずれも司法解剖前に行った死後CT検査で結腸内に径1.5-2cmの高吸収を認め、剖検では結腸内から褐色の糞石や白色結石を回収した。蛍光X線分析による元素分析の結果、主成分はバリウムであることが判明した。2事例とも消化管造影検査の受診歴は不明であった。
  • 剖検における胃内容のpH値, 加茂 和博, 田中 直子, 高倉 彩華, モストファ・ジャーマル, 組橋 充, 宮武 伸行, 筒井 邦彦, 木村 正司, 飴野 清, 木下 博之, 法医病理, 24, (1), 61 - 63,   2018年06月
    法医解剖例186例(男112例、女74例)を対象に、胃内容のpH値について検討した。その結果、胃内容量は平均160.9±173.0mLで、胃内容のpH値は平均5.4±0.9であった。pH値と胃内容量との間には有意な相関を認め、胃内容量が多いほどpH値が低下する傾向であった。
  • 蛍光X線分析による胃内容測定の有用性-薬物摂取の指標として, 田中 直子, 高倉 彩華, モストファ・ジャーマル, 伊藤 明日香, 組橋 充, 筒井 邦彦, 木村 正司, 飴野 清, 木下 博之, 中毒研究, 31, (1), 82 - 82,   2018年03月
  • 法医病理アトラス ワイドラー徴候, 木下 博之, 田中 直子, 高倉 彩華, モストファ・ジャーマル, 伊藤 明日香, 木村 正司, 筒井 邦彦, 松原 修司, 三浦 雅布, 宮石 智, 法医病理, 23, (2), 93 - 93,   2017年12月
  • 剖検での消化管内容検査において便潜血検査キットは有用か?, 田中 直子, 高倉 彩華, モストファ・ジャーマル, 伊藤 明日香, 組橋 充, 宮武 伸行, 筒井 邦彦, 木村 正司, 飴野 清, 木下 博之, 法医病理, 23, (1), 33 - 35,   2017年07月
    剖検での消化管内容の検査における便潜血検査キットの有用性を検討した。剖検例では通常の便潜血検査に比べ陽性となる頻度が高く、その結果の解釈には注意を要する。(著者抄録)
  • ヘリウムガス吸引による窒息の1剖検例, 田中 直子, 木下 博之, 高倉 彩華, モストファ・ジャーマル, 伊藤 明日香, 組橋 充, 筒井 邦彦, 飴野 清, 中毒研究, 30, (1), 73 - 74,   2017年03月
  • ダブルバルーン内視鏡(DBE)下胆道処置不成功例に対する超音波内視鏡(EUS)ガイド下胆道治療の有用性, 小林 聖幸, 鎌田 英紀, 山下 拓磨, 藤森 崇行, 加藤 清仁, 筒井 邦彦, 胆道, 30, (5), 883 - 888,   2016年12月
    バルーン内視鏡の登場により、術後再建腸管症例に対する内視鏡的胆道治療は比較的容易になってきたが、処置困難例も存在する。一方、ERCP不成功例の代替治療として、超音波内視鏡(EUS)ガイド下胆道治療が報告され、術後再建腸管症例に対する有用性も報告されている。当院のダブルバルーン内視鏡(DBE)による胆道内視鏡治療不成功例に対するEUSガイド下胆道治療の有用性を検討した。EUSガイド下胆道治療を行った13例を対象とし、患者背景、手技成功率、平均手技時間、偶発症について検討した。手技成功率は100%(13/13例)、偶発症は7.7%(1/13例)に認め、プラスチックステント逸脱を1例に認めた他には、腹腔内気腫、胆汁性腹膜炎や出血などはみられなかった。DBE施行不成功例に対してEUSガイド下胆道治療は有用と思われた。しかし、EUSガイド下胆道治療が標準化されるにはまだ課題が多く、今後多施設での前向きな検討や専用デバイスの開発も待たれる。(著者抄録)
  • センサガスクロマトグラフを用いた青酸の測定, 田中 直子, 花田 真理子, 平野 成則, 高倉 彩華, モストファ・ジャーマル, 伊藤 明日香, 組橋 充, 筒井 邦彦, 木村 正司, 飴野 清, 石丸 伊知郎, 木下 博之, 法医病理, 22, (2), 79 - 82,   2016年12月
    検出器に半導体ガスセンサを利用したセンサガスクロマトグラフ(SGC)を用いて水溶液中の青酸を測定した。青酸水溶液0.05-20μg/mlの範囲で検量線を作成し、再現性も十分であった。SGCはキャリアガスのボンベや配管が不要な小型のガスクロマトグラフであり、操作が簡便で比較的短時間で結果を得られるため、法医実務への応用が可能であると考える。(著者抄録)
  • Analysis of the amount of tissue sample necessary for mitotic count and Ki-67 index in gastrointestinal stromal tumor sampling, Hideki Kobara, Hirohito Mori, Shintaro Fujihara, Noriko Nishiyama, Hideki Kamada, Kunihiko Tsutsui, Yoshio Kushida, Reiji Haba, Tsutomu Masaki, JOURNAL OF GASTROENTEROLOGY AND HEPATOLOGY, 31, 88 - 88,   2016年11月
  • 寒冷による死亡では剖検時尿貯留量が他の死因に比べ有意に多い, 石本 沙樹, 田中 直子, 内山 勇, 高倉 彩華, モストファ・ジャーマル, 伊藤 明日香, 組橋 充, 宮武 伸行, 筒井 邦彦, 木村 正司, 飴野 清, 木下 博之, 法医病理, 22, (1), 21 - 24,   2016年07月
    法医剖検例を対象に、死因と尿量との関連について検討した。凍死または低体温が死因と判断した剖検例では、薬物中毒死以外の他の死因に比べて尿量が有意に多かった。膀胱内の尿貯留については、凍死の剖検例の補助的所見のひとつとなり得る。(著者抄録)
  • 保育中死亡例への死亡診断書の書き方, 飛梅 董, 田中 直子, ジャーマル・モストフア, 飴野 清, 木村 正司, 木下 博之, 筒井 邦彦, 日本小児科学会雑誌, 119, (12), 1783 - 1783,   2015年12月
  • 界面活性剤定性試験における吸光度の変化, 内山 勇, 田中 直子, 北中 真里奈, 谷本 友希奈, 高倉 彩華, モストファ・ジャーマル, 筒井 邦彦, 長野 朝美, 飴野 清, 木下 博之, 日本医学写真学会雑誌, 53, (2), 1 - 4,   2015年11月
    界面活性剤(トイレ洗剤、食器洗剤、手洗い洗剤)の定性試験として、呈色試験(ブロムフェノールブルー(BPB)試験、メチレンブルー・クロロホルム(MC)試験、コバルトチオシアネートアンモニウム(CTA)試験)及び吸光度測定を行った。トイレ洗剤は50、100倍希釈でBPB試験にて青色に呈色し、吸光度は10〜100倍希釈で604nm付近に極大吸収を認めた。食器洗剤は25〜1000倍希釈でMC試験にて青色を呈色し、吸光度は25〜1000倍希釈で645nm付近に極大吸収を認めたが、10〜100倍希釈では乳化して吸光度は測定不能であった。手洗い洗剤は10〜100倍希釈でCTA試験にて青色に呈色し、吸光度は10〜250倍希釈で625nm付近に極大吸収を認めた。今回の定性試験は試料量が多いものであったが、臨床においては胃内容や薬物混入が疑われる飲料物を試料とする場合が多いと思われ、検査試料に含まれる夾雑物の影響等についても検討することが必要と考えられた。
  • マッピング手法を用いた看護情報システムのマスタの分析, 長井 美和, 横井 英人, 筒井 邦彦, 峠 哲男, 医療情報学連合大会論文集, 35回, 1162 - 1165,   2015年11月
  • 3Dプリンターの法医実務への応用, 田中 直子, 四宮 あや, 高倉 彩華, モストファ・ジャーマル, 内山 勇, 飴野 清, 組橋 充, 木村 正司, 筒井 邦彦, 松原 修司, 木下 博之, 法医病理, 21, (1), 21 - 23,   2015年04月
    剖検例のCTデータから、3Dプリンターを用いて損傷部分の立体造形モデルを作成した。3Dプリンターで出力した造形モデルは、損傷部位を忠実に再現でき、司法関係者への説明にも有用であり、今後は裁判員制度などでの活用も期待される。(著者抄録)
  • 有機リン系農薬の摂取が確認できた1剖検例, 田中 直子, 木下 博之, 高倉 彩華, モストファ・ジャーマル, 組橋 充, 内山 勇, 筒井 邦彦, 飴野 清, 中毒研究, 28, (1), 69 - 69,   2015年03月
  • 種々の清拭が、安静時脳波と主観的心理テストに与える影響について パワースペクトラム解析による評価, 峠 哲男, 筒井 邦彦, 榊原 智子, 清水 裕子, 堀田 明登, 臨床神経生理学, 42, (5), 353 - 353,   2014年10月
  • 悪性胃十二指腸狭窄に対するメタリックステント留置術にて偶発症を来たした2症例, 小林 聖幸, 鎌田 英紀, 山下 拓磨, 大倉 亮一, 藤森 崇行, 加藤 清仁, 筒井 邦彦, 正木 勉, Gastroenterological Endoscopy, 56, (Suppl.2), 3118 - 3118,   2014年09月
  • 乳幼児の死後CT検査(PMCT) 香川大学法医学教室での実施, 飛梅 董, 田中 直子, モストファ・ジャーマル, 飴野 清, 高倉 彩華, 梅本 剛司, 筒井 邦彦, 木下 博之, 日本小児科学会雑誌, 118, (7), 1134 - 1134,   2014年07月
  • Titanium in stomach contents - does it provide useful information for forensic diagnosis?, Hiroshi Kinoshita, Naoko Tanaka, Mitsuru Kumihashi, Mostofa Jamal, Ayaka Takakura, Tsuyoshi Umemoto, Kunihiko Tsutsui, Kiyoshi Ameno, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, 22, (2), 117 - 118,   2014年06月, [査読有り]
    We applied energy-dispersive X-ray fluorescence spectrometry (EDX) in a case of drug overdose. Gas chromatography-mass spectrometry and headspace gas chromatography analysis showed that concentrations of levomepromazine, promethazine, and ethanol in femoral blood were 3.74 mu g/ml, 8.24 mu g/ml, and 1.18 mg/ml, respectively. We concluded that the cause of death was central nervous system depression resulting from the combined effects of levomepromazine, promethazine, and ethanol. Elemental analysis by EDX identified a high peak for titanium in the stomach contents. This titanium seems to be derived from pharmaceutical additives in the ingested tablets. Our results indicate that screening of stomach contents by EDX provides useful information for forensic diagnosis.
  • アルコールとフルニトラゼパム併用の1剖検例, 田中 直子, 木下 博之, モストファ・ジャマール, 組橋 充, 高倉 彩華, 梅本 剛司, 飛梅 董, 筒井 邦彦, 飴野 清, 中毒研究, 27, (1), 71 - 71,   2014年03月
  • 当院におけるInterventional EUSの現状と検討, 藤森 崇行, 鎌田 英紀, 小林 聖幸, 大倉 亮一, 加藤 清仁, 有友 雄一, 小野 昌弘, 筒井 邦彦, 正木 勉, 日本消化器病学会雑誌, 111, (臨増総会), A374 - A374,   2014年03月
  • 看護支援システムのマスタ運用に関わる看護情報担当看護師の現状調査, 長井 美和, 上村 幸司, 横井 英人, 筒井 邦彦, 峠 哲男, 医療情報学連合大会論文集, 33回, 1166 - 1169,   2013年11月
  • 歯牙X線所見からの年齢推定, 田中 直子, 木下 博之, 小川 尊明, 大林 由美子, Jamal Mostofa, 組橋 充, 飛梅 董, 松井 義郎, 筒井 邦彦, 飴野 清, 法医病理, 19, (2), 88 - 89,   2013年10月
    歯牙X線所見からの年齢推定について検討した。海上を漂流する男性の遺体が発見された。身元を特定するものはなく、司法解剖となった。皮膚には暗緑色の変色や腐敗網がみられ、死斑は不明であった。結膜は赤褐色に変色し、溢血点は不明であった。頭蓋冠内板、外板とも縫合の癒合はなく、脊椎椎体の骨棘形成はない。歯牙に治療の痕跡はなく、咬耗はみられなかった。尿の薬物スクリーニング検査は陰性であった。歯牙のX線検査を行ったところ、左右下顎の第3大臼歯はいずれも歯根が完全には石灰化しておらず、Mincerの分類でStage Eの所見を得た。剖検所見およびこれら検査結果をふまえ、死因は溺死、年齢は15〜25歳位と判断した。歯牙のX線検査結果を基に死者の年齢を絞り込んで捜査を行った結果、早期に身元が判明し、15歳であることが明らかになった。
  • Simonの出血, 木下 博之, 田中 直子, モストファ・ジャーマル, 組橋 充, 筒井 邦彦, 飛梅 董, 飴野 清, 法医病理, 19, (2), 90 - 91,   2013年10月
    20歳代男。ロープで首をつって死亡しているのを発見された。死斑は下肢と前腕に出現し、結膜は充盈し、溢血点はみられなかった。頸部には、前頸部から左省側頸部をほぼ対称に後上方に向かい、後頭部で消失する索溝がみられ、水疱を伴った。頸部皮下では、索溝に一致した筋肉の圧迫痕がみられるのみであった。下部胸椎から腰椎にかけての椎間板前面には、暗紫色の出血がみられた。肺は気腫状でうっ血、諸臓器はうっ血状を呈した。頸部の索溝の所見、発見時の状態、捜査の結果等をふまえ縊死と判断した。Simonの出血は、縊頸に特異的な所見ではないものの、生活反応として有用な所見のひとつである。
  • 粘膜下トンネルbloc生検法で得られた消化管粘膜下腫瘍の直視下内視鏡像の検討, 小原 英幹, 森 宏仁, 藤原 新太郎, 西山 典子, 綾木 麻紀, 谷内田 達夫, 尾立 磨琴, 筒井 邦彦, 正木 勉, 羽場 礼次, Gastroenterological Endoscopy, 55, (Suppl.2), 2783 - 2783,   2013年09月
  • 当院における術後腸管に対するダブルバルーン内視鏡(DBE)を用いたERCP関連手技の検討, 小林 聖幸, 有友 雄一, 藤森 崇行, 野村 圭, 加藤 清仁, 小野 昌弘, 鎌田 英紀, 筒井 邦彦, 内田 尚仁, 正木 勉, Gastroenterological Endoscopy, 55, (Suppl.2), 2914 - 2914,   2013年09月
  • 高齢者の再発性胆嚢炎に対する内視鏡的経乳頭的胆嚢内ステント留置術の有用性, 鎌田 英紀, 内田 尚仁, 正木 勉, 小野 昌弘, 有友 雄一, 加藤 清仁, 藤森 崇行, 野村 圭, 筒井 邦彦, 日本消化器病学会雑誌, 110, (臨増総会), A295 - A295,   2013年02月
  • 大腿骨骨折を生じ凍死に至った1例, 田中 直子, 木下 博之, Jamal Mostofa, 組橋 充, 筒井 邦彦, 飴野 清, 法医病理, 18, (2), 135 - 139,   2012年10月
    80歳代の独居女性が冬期、自宅の庭で仰向けの状態で死亡しているのを発見された。周囲には物干竿などが散在していたという。解剖前に施行したCT検査にて、左大腿骨近位部の骨折がみられた。解剖では大腿骨の骨折が確認され、左右心臓血の色調差および酸素飽和度の差、鮮紅色調の肺、胃粘膜の多発出血斑などの所見が得られた。剖検所見、発見時の状況などから死因は凍死と判断した。左大腿骨の所見から、転倒により骨折し、寒冷環境からの逃避が困難となり、さらに独居であったため連絡や救助を求めることができなかったものと推測された。独居高齢者の増加とともに孤立死(孤独死)の問題がクローズアップされているが、その解決の一歩として法医学サイドからのアプローチも重要であると考える。(著者抄録)
  • An autopsy case of fuel gas abuse, Naoko Tanaka, Hiroshi Kinoshita, Mostofa Jamal, Mitsuru Kumihashi, Kunihiko Tsutsui, Kiyoshi Ameno, ROMANIAN JOURNAL OF LEGAL MEDICINE, 20, (3), 195 - 196,   2012年09月, [査読有り]
    A case of fatal fuel gas poisoning in a teenager is presented. Quantitative toxicological analysis showed that the concentration of n-butane, isobutane and propane in the femoral blood were 1.22 mu l/ml, 0.20 mu l/ml and 1.16 mu g/ml, respectively. Severe congestion of the lungs was also observed. We concluded that the cause of death of the victim was due to cardiac arrhythmia induced by the abuse of the fuel gas containing butane.
  • 術後腸管に対するダブルバルーン内視鏡(DBE)を用いたERCP関連手技の検討, 有友 雄一, 小野 昌弘, 鎌田 英紀, 藤森 崇行, 加藤 清仁, 筒井 邦彦, 正木 勉, Gastroenterological Endoscopy, 54, (Suppl.2), 2797 - 2797,   2012年09月
  • 胆石性膵炎における緊急ERCPの適応, 小野 昌弘, 加藤 清仁, 有友 雄一, 鎌田 英紀, 筒井 邦彦, 藤森 崇行, 正木 勉, Gastroenterological Endoscopy, 54, (Suppl.2), 2817 - 2817,   2012年09月
  • 当科における内視鏡的経乳頭的胆嚢内挿管の成績, 加藤 清仁, 鎌田 英紀, 有友 雄一, 小野 昌弘, 筒井 邦彦, 内田 尚仁, 胆道, 26, (3), 416 - 416,   2012年08月
  • マジックミラーを用いた面接室個室化による模擬患者(SP)の医療面接ストレスの変化, 舛形 尚, 清水 裕子, 岡田 宏基, 筒井 邦彦, 余島 侑子, 犬飼 道雄, 樋本 尚志, 合田 文則, 千田 彰一, 医学教育, 43, (Suppl.), 70 - 70,   2012年07月
  • 術後腸管に対するダブルバルーン内視鏡(DBE)を用いたERCP関連手技の検討, 有友 雄一, 小野 昌弘, 鎌田 英紀, 藤森 崇行, 加藤 清仁, 筒井 邦彦, 内田 尚仁, 正木 勉, Gastroenterological Endoscopy, 53, (Suppl.2), 2761 - 2761,   2011年09月
  • Measuring the maximum pinching force is a good procedure to evaluate bradykinesia in patients with Parkinson's disease, Tetsuo Touge, Kunihiko Tsutsui, Koudai Kume, Kazuyo Ikeda, Kazushi Deguchi, Yusaku Nakamura, 2011 IEEE/ICME International Conference on Complex Medical Engineering, CME 2011, 192 - 194,   2011年07月11日
    We assessed motor disability and disease severity by measuring the maximum pinching force for 1 minute in patients with Parkinson's disease (n=36) and age-matched normal controls (n=38). Decrement of muscle force during 1 minute did significantly differ between two groups. The incline of force/time curve at the onset of movement significantly correlated with motor scores related to bradykinesia in UPDRS-motor and disease severity in male PD patients, while female PD patients showed that pinching muscle forces at the middle or end point significantly correlated with disease severity and scores related to motor disability. We propose that measuring the maximum pinching force is a good procedure to evaluate motor disability, especially bradykinesia, in PD patients. © 2011 IEEE.
  • SP活動の参加動機に関する検討, 筒井 邦彦, 清水 裕子, 岡田 宏基, 舛形 尚, 余島 侑子, 千田 彰一, 医学教育, 42, (Suppl.), 102 - 102,   2011年07月
  • 模擬患者(SP)による医療面接ストレスの検討, 舛形 尚, 清水 裕子, 岡田 宏基, 筒井 邦彦, 余島 侑子, 犬飼 道雄, 樋本 尚志, 合田 文則, 千田 彰一, 医学教育, 42, (Suppl.), 102 - 102,   2011年07月
  • 模擬患者(SP)の演技ストレスに影響する要因, 清水 裕子, 岡田 宏基, 舛形 尚, 筒井 邦彦, 余島 侑子, 千田 彰一, 医学教育, 42, (Suppl.), 141 - 141,   2011年07月
  • ERCP後膵炎の予防対策としての試作papillotomeを用いたprecutの検討, 有友 雄一, 内田 尚仁, 藤森 崇行, 加藤 清仁, 小野 昌弘, 鎌田 英紀, 筒井 邦彦, 正木 勉, Gastroenterological Endoscopy, 52, (Suppl.2), 2546 - 2546,   2010年09月
  • 家族性褐色細胞腫の一例, 藤原 真子, 井町 仁美, 村尾 孝児, 田岡 利宜也, 杉元 幹史, 竹林 隆介, 出石 邦彦, 筒井 邦彦, 坂東 健次, 羽場 礼次, 村岡 都美江, 菊池 史, 筧 善行, 鈴木 康之, 石田 俊彦, 日本内分泌学会雑誌, 84, (1), 250 - 250,   2008年04月
  • ERCP後膵炎の予防対策としてのプレカットの有用性についての検討, 有友 雄一, 内田 尚仁, 小野 昌弘, 鎌田 英紀, 筒井 邦彦, Gastroenterological Endoscopy, 50, (Suppl.1), 819 - 819,   2008年04月
  • 問診票を用いたGERDの診断 QUESTとGSRSの比較検討, 杵川 文彦, 野村 貴子, 小林 三善, 森下 朝洋, 井上 秀幸, 高野 実子, 小川 睦美, 小野 昌弘, 鎌田 英紀, 出口 章広, 米山 弘人, 樋本 尚志, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, 消化管の臨床, 13, 73 - 77,   2008年03月
    GERDの診断におけるQUESTとGSRSの有用性について比較検討した。解析対象351例を内視鏡所見に基づいて分類し、QUESTおよびGSRSの逆流性食道炎に対する感受性、特異性、一致率を算出した。QUESTの逆流性食道炎に対する感受性はカットオフ値4点では57.1%、6点では42.9%、特異性はそれぞれ65.8%,80.7%、一致率はそれぞれ65.0%,76.9%であった。GSRSの下位尺度である酸逆流スコアのカットオフ値を3点にした場合、GSRSの逆流性食道炎に対する感受性は60.0%、特異性は82.3%、一致率は80.1%であった。GSRSの下位尺度である酸逆流はQUESTに劣らない有用性があり、QUESTよりも簡略で、臨床の現場におけるGERDの診断ツールとして、使用しやすいものと考えられた。(著者抄録)
  • ダブルバルーン内視鏡を用いて電気水圧衝撃波結石破砕術で治療し得た胆石イレウスの一例, 鎌田英紀, 内田尚仁, 小野昌弘, 有友雄一, 筒井邦彦, 日本胆道学会雑誌, 21, (21), 647-651 - 651,   2007年12月31日, [査読有り]
    70歳女性。患者は嘔気および嘔吐を主訴に近医を受診、上部消化管内視鏡検査にて胆石イレウスを指摘され、著者らの施設へ紹介入院となった。腹部CTでは十二指腸水平脚に径4cmの胆石が確認され、ダブルバルーン内視鏡を用いた電気水圧衝撃波結石破砕術を施行した結果、3回の治療で砕石に成功した。尚、砕石1週間後の腹部CTでは胆石の残存はみられず、経過は良好であった。
  • 画像を診る-鑑別診断のポイント 十二指腸瘤(Choledochocele), 内田 尚仁, 鎌田 英紀, 有友 雄一, 小野 昌弘, 筒井 邦彦, 消化器の臨床, 10, (5), 534 - 537,   2007年10月
  • 両側副腎褐色細胞腫を認めたvon Hippel-Lindau病の1症例, 井町 仁美, 村尾 孝児, 藤原 真子, 村岡 都美江, 田岡 利宜也, 杉元 幹史, 竹林 隆介, 出石 邦彦, 坂東 健次, 筒井 邦彦, 羽場 礼次, 鈴木 康之, 筧 善行, 石田 俊彦, 香川県医師会誌, 60, (特別), 81 - 81,   2007年10月
  • 上部消化器症状と器質的疾患の内視鏡診断に関連性はあるのか GSRSによる検討, 井上 秀幸, 杵川 文彦, 筒井 邦彦, 樋本 尚志, 木村 泰彦, 出口 章弘, 鎌田 英紀, 小林 三善, 小川 睦美, 小野 昌弘, 野々村 貴子, 栗山 茂樹, Gastroenterological Endoscopy, 49, (Suppl.1), 893 - 893,   2007年04月
  • DICを伴った肝膿瘍に抗生剤動注療法が奏功した2例, 鎌田 英紀, 内田 尚仁, 小野 昌弘, 小川 睦美, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, 日本消化器病学会雑誌, 104, (臨増総会), A225 - A225,   2007年03月
  • 問診票を用いたGERDの診断-QUESTとGSRSの比較検討-, 杵川文彦, 野村貴子, 小林三善, 森下朝洋, 井上秀幸, 高野実子, 小川睦美, 小野昌弘, 鎌田英紀, 出口章広, 米山弘人, 樋本尚志, 筒井邦彦, 栗山茂樹, 消化管の臨床, (13), 73-77,   2007年, [査読有り]
  • 画像を診る(53)-鑑別診断のポイント, 内田尚仁, 鎌田英紀, 有友雄一, 小野昌弘, 筒井邦彦, 消化器の臨床, (10), 534-537,   2007年, [査読有り]
  • 難治性自己免疫性肝疾患の病態と新しい治療 原発性硬化性胆管炎(PSC)の病態と治療法, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, 日本消化器病学会雑誌, 103, (臨増大会), A588 - A588,   2006年09月
  • 内視鏡的経鼻胆道ドレナージ(ENBD)による胆汁細胞診の有用性 施行回数の観点から, 鎌田 英紀, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 小野 昌弘, 栗山 茂樹, 日本消化器病学会雑誌, 103, (臨増大会), A911 - A911,   2006年09月
  • Pre-cuttingの安全性と有用性, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 鎌田 英紀, 栗山 茂樹, Gastroenterological Endoscopy, 48, (Suppl.2), 2209 - 2209,   2006年09月
  • 食道アカラシア症例における胆汁排泄異常の検討, 鎌田 英紀, 内田 尚仁, 小野 昌弘, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, 胆道, 20, (3), 410 - 410,   2006年08月
  • Endoscopic transpapillary catheterization into the gallbladder for diagnosis of gallbladder carcinoma, Naohito Uchida, Kunihiko Tsutsui, Khideki Kamada, Mutsumi Ogawa, Shuko Hirabayashi, Toshiaki Nakatsu, Shigeki Kuriyama, Digestive Endoscopy, 18, (2), 84 - 87,   2006年04月
    It is often difficult to determine the precise nature of lesions in the gallbladder by radiographic, endoscopic and ultrasonographic methods. The approach to the gallbladder by a percutaneous transhepatic route has been reported. However, there is a possibility of seeding tumor cells into the peritoneal cavity and liver in a percutaneous procedure. On the contrary, transpapillary route can be performed without a possibility of seeding. The double-contrast cholecystography, intragallbladder sonography, direct biopsy of gallbladder lesions and cytology using gallbladder bile have been performed by the procedure of the transpapillary catheterization into the gallbladder. Confirming malignancy by histopathological diagnosis is desirous for determining therapeutic strategy in gallbladder carcinoma. Gathering gallbladder bile is comparatively easier than biopsy of the lesion using the transpapillary catheterization into the gallbladder. Examination of telomerase-related molecules is useful for diagnosis of pancreatic carcinoma. Usefulness of combination assay of human telomerase reverse transcriptase mRNA (hTERT mRNA) and cytology using gallbladder bile obtained by transpapillary catheterization is reported here. However, it would appear that hTERT mRNA is less important in the diagnosis of gallbladder carcinoma than in that of pancreatic carcinoma. When the molecular biological substances with higher sensitivity are found, the reliance of the combination assay of the molecular biological substances and cytology will be established. © 2006 Japan Gastroenterological Endoscopy Society.
  • 当院における急性胆嚢炎の治療アルゴリズム, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, Gastroenterological Endoscopy, 48, (Suppl.1), 797 - 797,   2006年04月
  • 総胆管下部病変に対する細径超音波プローベの十二指腸管腔よりのアプローチ, 鎌田 英紀, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 小川 睦美, 栗山 茂樹, Gastroenterological Endoscopy, 48, (Suppl.1), 827 - 827,   2006年04月
  • 胃内に穿破した脾動脈瘤の1例, 野々村 貴子, 杵川 文彦, 井上 秀幸, 小川 睦美, 中井 誠二, 出口 章広, 木村 泰彦, 樋本 尚志, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, 外山 芳弘, 消化管の臨床, 11, 63 - 68,   2006年03月
    69歳男性.患者は吐血を主訴に,入院となった.上腹部消化管内視鏡では胃内に鮮紅色の血液が充満し,観察は極めて不良であったため,内視鏡的には止血できず,NBCAを用いた経カテーテル動脈塞栓術を施行した.その結果,良好な止血が得られ,更にこの術後5日目の上部消化管内視鏡により脾動脈瘤が胃内に穿破したものと診断された.術後,発熱と腹痛が出現し,腹部CTにて部分的な脾梗塞を認めたが,保存的治療で症状および脾梗塞巣は消失した
  • はさみ鉗子による内視鏡的経鼻胆道ドレナージチューブの内瘻化法, 鎌田 英紀, 内田 尚仁, 栗山 茂樹, 筒井 邦彦, 小川 睦美, 日本消化器病学会雑誌, 103, (臨増総会), A198 - A198,   2006年03月
  • 急性胆嚢炎におけるドレナージ法の選択, 筒井 邦彦, 内田 尚仁, 栗山 茂樹, 鎌田 英紀, 小川 睦美, 日本消化器病学会雑誌, 103, (臨増総会), A309 - A309,   2006年03月
  • 神経変性疾患に対する経頭蓋磁気刺激療法前後における胃運動機能の変化 胃電図による検討, 杵川 文彦, 松田 和也, 井上 秀幸, 野々村 貴子, 小川 睦美, 小林 三善, 鎌田 英紀, 中井 誠二, 出口 章広, 木村 泰彦, 樋本 尚志, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, 日本消化器病学会雑誌, 103, (臨増総会), A319 - A319,   2006年03月
  • 重症急性膵炎における腹腔洗浄療法, 黒田 泰弘, 阿部 祐子, 山下 進, 中村 丈洋, 河北 賢哉, 鎌田 英紀, 筒井 邦彦, 前川 信博, 日本集中治療医学会雑誌, 13, (Suppl.), 169 - 169,   2006年01月
  • 【胆嚢癌の早期診断の現況と新たな展開】内視鏡的経鼻胆嚢ドレナージによる胆汁中テロメラーゼ関連物質測定の意義, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 鎌田 英紀, 小川 睦美, 中津 敏明, 栗山 茂樹, 胆と膵, 26, (10), 855 - 860,   2005年10月
    近年,種々の悪性疾患に対して分子生物学的な診断アプローチが積極的に行われているが,胆嚢癌に関する報告は少ない.内視鏡的経乳頭的胆嚢内挿管(endoscopic transpapillary catheterization into the gallbladder:ETCG)によって得られた胆嚢胆汁を用いて,胆汁細胞診とテロメラーゼ活性およびその触媒サブユニットであるhuman telomerase reverse transcriptaseのmRNA(hTERT mRNA)を測定し,有用性を検討した.細胞診とhTERT mRNAの単独での感度は,それぞれ71.4%および30.8%であった.両者を併用した場合の感度は91.7%に向上した.一方,胆嚢胆汁中にテロメラーゼ活性が検出された症例は認められなかった.今後,より感度の高い分子生物学的マーカーが開発されれば,胆汁細胞診との併用により,胆嚢癌の確定診断においてETCGはさらに有用な検査法になるものと考えられる(著者抄録)
  • 内視鏡下クリッピングが有効であった食道癌術後の食道胃管吻合部難治性瘻孔の1例, 赤本 伸太郎, 臼杵 尚志, 藤田 博崇, 岡野 圭一, 出石 邦彦, 野々村 貴子, 中井 誠二, 出口 章広, 井上 秀幸, 筒井 邦彦, 杵川 文彦, Gastroenterological Endoscopy, 47, (Suppl.2), 1951 - 1951,   2005年09月
  • 肝外門脈閉塞に伴う十二指腸,空腸静脈瘤破裂の1例, 藤田 博崇, 臼杵 尚志, 赤本 伸太郎, 岡野 圭一, 出石 邦彦, 野々村 貴子, 中井 誠二, 出口 章広, 井上 秀幸, 筒井 邦彦, 杵川 文彦, Gastroenterological Endoscopy, 47, (Suppl.2), 2015 - 2015,   2005年09月
  • 膵管ブラッシング細胞診の有用性に関する検討 擦過回数を増やすと感度は向上するか, 鎌田 英紀, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 小川 睦美, 栗山 茂樹, Gastroenterological Endoscopy, 47, (Suppl.2), 2069 - 2069,   2005年09月
  • 神経疾患に対する免疫グロブリン大量静注療法前後における胃運動機能の変化 胃電図による検討, 杵川 文彦, 松田 和也, 井上 秀幸, 野々村 貴子, 小川 睦美, 鎌田 英紀, 小林 三善, 中井 誠二, 出口 章広, 樋本 尚志, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, 日本消化器病学会雑誌, 102, (臨増大会), A720 - A720,   2005年09月
  • わが国のPSC診療を見直す 自己免疫性膵炎(AIP)との異同 原発性硬化性胆管炎(PSC)の臨床像と血液所見, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 鎌田 英紀, 小川 睦美, 栗山 茂樹, 胆道, 19, (3), 259 - 259,   2005年08月
  • 胃内に穿破した脾動脈瘤の1例, 野々村 貴子, 杵川 文彦, 井上 秀幸, 小川 睦美, 中井 誠二, 出口 章広, 木村 泰彦, 樋本 尚志, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, 外山 芳弘, 消化管の臨床 CLINICS IN DIGESTIVE TRACT, 11, (臨増総会), 63-68 - A322,   2005年03月, [査読有り]
  • 自己免疫性消化器疾患の病態と診断と治療の新しい展開 原発性硬化性胆管炎(PSC)の予後と治療法の評価, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, 日本消化器病学会雑誌, 102, (臨増総会), A132 - A132,   2005年03月
  • 脳出血前後で胃電図を記録した1例, 杵川 文彦, 松田 和也, 井上 秀幸, 野々村 貴子, 小川 睦美, 中井 誠二, 出口 章広, 木村 泰彦, 樋本 尚志, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, 日本消化器病学会雑誌, 102, (臨増総会), A321 - A321,   2005年03月
  • 【胆石症診療の新展開 時代とともに変わってきた治療法】胆石症の診断 胆石症診断のポイント, 内田 尚仁, 鎌田 英紀, 小川 睦美, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, 内科, 95, (2), 227 - 230,   2005年02月
    胆嚢結石と総胆管結石は合併しやすい(10〜20%).圧痛が軽度か不明瞭な際にはMurphy徴候が有用である.総ビリルビン値3.5mg/dl以下の軽度の黄疸は胆嚢結石(急性胆嚢炎)でも出現するが,それ以上の黄疸は総胆管結石の合併やMirizzi症候群などを疑う.胆嚢結石(急性胆嚢炎)症例で,トランスアミナーゼやALPが正常上限値の2倍以上に上昇している例では,総胆管結石を合併していることが多い.急性胆嚢炎症例において,短時間に急激な総ビリルビン値の上昇をきたした場合には胆嚢穿孔を疑う.超音波検査での胆嚢結石の可動性の証明には,腹臥位(四つん這い)での検査が有用である.問診,理学的所見,血液所見,腹部超音波検査によって,胆石症例の9割以上が診断可能である(著者抄録)
  • 内視鏡的経鼻胆嚢ドレナージによる胆汁中テロメラーゼ関連物質測定の意義, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 鎌田 英紀, 小川 睦美, 中津 敏明, 栗山 茂樹, 胆と膵, 26, 855-860,   2005年, [査読有り]
  • 胆嚢癌診断における胆嚢胆汁の細胞診とhTERT mRNA測定, 筒井 邦彦, 内田 尚仁, 小川 睦美, 栗山 茂樹, 消化器科, 39, 440-444,   2005年, [査読有り]
  • 【胆道疾患の診断と治療の進歩】胆嚢癌診断における胆嚢胆汁の細胞診とhTERT mRNA測定, 筒井 邦彦, 内田 尚仁, 小川 睦美, 栗山 茂樹, 消化器科, 39, (4), 440 - 444,   2004年10月
    胆管癌の疑いで内視鏡的経乳頭的胆嚢内挿管(ETCG)を施行した21例(男11例・女10例,43〜83歳)を対象に臨床での有用性について検討した.手術により12例が胆嚢癌,4例は黄色肉芽腫性胆嚢炎1例を含む慢性胆嚢炎,2例がコレステロールポリープであった.残りは炎症性ポリープ,過形成ポリープ,胆嚢腺筋症各1例であった.胆嚢癌診断において細胞診単独はhTERTmRNA単独より高感度であったが,hTERTmRNA併用により感度を向上させることが示された.ETCGによる従来の細胞診に,hTERTmRNA測定を併用することで胆嚢癌の診断能を向上することが期待された
  • 鋏鉗子による内視鏡的経鼻膵管ドレナージチューブ(ENPD)の内瘻化法, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 小川 睦美, 栗山 茂樹, Gastroenterological Endoscopy, 46, (Suppl.2), 2012 - 2012,   2004年09月
  • 原発性硬化性胆管炎(PSC)の予後 Mayo natural hisotry modelを用いた検討, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 小川 睦美, 栗山 茂樹, 日本消化器病学会雑誌, 101, (臨増大会), A805 - A805,   2004年09月
  • 胆道癌診療の現状と今後の展望 内視鏡的経鼻胆道ドレナージチューブによる胆汁細胞診の膵胆道癌診断における有用性 細胞診は何回おこなえばよいのか?, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, 胆道, 18, (3), 381 - 381,   2004年08月
  • 総胆管結石治療の標準化に向けて 選択的胆管挿管困難例に対するpre-cuttingの有用性, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, 胆道, 18, (3), 390 - 390,   2004年08月
  • 【臨床検査値 読み方・考え方のポイント】腫瘍マーカー 消化器系 シアリルSSEA-1(SLX,シアリルLex-I抗原), 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, Modern Physician, 24, (5), 968 - 969,   2004年05月
  • 【臨床検査値 読み方・考え方のポイント】腫瘍マーカー 消化器系 NCC-ST-439, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, Modern Physician, 24, (5), 970 - 971,   2004年05月
  • 【臨床検査値 読み方・考え方のポイント】腫瘍マーカー 消化器系 DU-PAN-2, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, Modern Physician, 24, (5), 972 - 973,   2004年05月
  • 【臨床検査値 読み方・考え方のポイント】腫瘍マーカー 消化器系 PIVKA-II, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, Modern Physician, 24, (5), 974 - 975,   2004年05月
  • 内視鏡的胆管ステント留置術のみで経過観察した総胆管結石症15例の検討, 杵川 文彦, 小林 三善, 古田 康夫, 井上 秀幸, 倉田 博英, 筒井 邦彦, 内田 尚仁, 栗山 茂樹, Gastroenterological Endoscopy, 46, (Suppl.1), 652 - 652,   2004年04月
  • 糖尿病および血液透析患者における赤血球変形能に影響する因子の検討, 藤田 準, 立石 謹也, 梶川 達志, 筒井 邦彦, 北中 明, 田港 朝彦, 糖尿病, 47, (4), 321 - 321,   2004年04月
  • 検査データ読み方・考え方のポイント7.腫瘍マーカー-消化器系 シアリルSSEA-1 NCC-ST-439 DU-PAN-2 PIVKA-II, 筒井邦彦, 栗山茂樹, モダンフィジシャン, (24), 968-975,   2004年
  • はさみかん子による内視鏡的経鼻すい胆道ドレナージチューブの内ろう化法, 内田 尚仁, 杵川 文彦, 小川 睦美, 中津 敏明, 栗山 茂樹, 筒井 邦彦, 小原 英幹, 正木 勉, 鎌田 英紀, 有友 雄一, 江崎 徹, 福間 博基, 井上 秀幸, 日本消化器内視鏡学会雑誌, 46, (5), 1082 - 1087,   2004年
    内視鏡的BH.道ドレナージ(endoscopic nasobiliary drainage; ENBD)は,有用な外瘻法であるが,1咽頭部不快感やチューブの圧迫による潰瘍などを生じさせることもあり,このような場合には早期の内瘻化が望まれる.そこで,内視鏡鉗子孔から挿人できる鋏鉗子を用い,ENBDチューブを切断し簡単に内瘻化する方法を開発した.8例においてはENBDチューブの内瘻化を目的に,1例においては膵管ステント留胃時に十二指腸管腔側に長く出過ぎたステント長の調節を目的に,鋏鉗子を用いた切断を行い,9例全例において内瘻化と切断に成功した.ステントの閉塞が2例に,迷人が1例に認められたが,穿孔などの合併症はなく,切断端の変形もみられなかった.今後多数例での検討が必要であるが,鋏鉗子を用いた内視鏡チューブ切断法は,簡便なENBDの内瘻化として,有用な方法になりえると考えられる.
  • 生体部分肝移植後に合併腸病変が消失した原発性硬化性胆管炎の1症例, 内田 尚仁, 小原 英幹, 福間 博基, 江崎 徹, 筒井 邦彦, 鎌田 英紀, 中津 敏明, 栗山 茂樹, 胆道, 17, (4〜5), 413 - 417,   2003年12月27日
    21歳男.全身倦怠感を契機に肝機能異常を認め,入院による精査の結果,原発性硬化性胆管炎と診断し,内視鏡にて回腸末端のびらん,上行結腸のびらん及びハウストラの不明瞭化を認めた.10年間の経過観察では,これらの病変に変化は認められなかった.その後,肝不全が進行し生体部分肝移植を施行した.移植後の経過は順調で肝機能は正常化し,移植から14ヵ月後に大腸内視鏡検査を施行した際には大腸の病変は完全に消失していた
  • 胆嚢・十二指腸瘻後に発生した早期胆嚢癌の1例, 谷内田 真一, 岡田 節雄, 筒井 邦彦, 中野 貴之, 萩池 昌信, 出石 邦彦, 合田 文則, 臼杵 尚志, 前田 肇, 香川県医師会誌, 56, (特別), 68 - 68,   2003年11月
  • 血液型不適合部分生体肝移植を施行した原発性硬化性胆管炎(PSC)の1例, 船越 文美, 小原 英幹, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 舟木 利治, 宮内 嘉明, 黒河内 和貴, 正木 勉, 渡邊 精四郎, 栗山 茂樹, 上本 伸二, 田中 鉱一, 臨牀と研究, 80, (11), 2084 - 2085,   2003年11月
  • 胆嚢癌診断における胆汁細胞診と胆嚢胆汁中hTERT mRNA測定の有用性について, 筒井 邦彦, 内田 尚仁, 栗山 茂樹, Gastroenterological Endoscopy, 45, (Suppl.2), 1661 - 1661,   2003年09月
  • 胆道疾患の集学的診断と内視鏡治療法の進歩 その臨床的有用性の評価 胆嚢癌診断における胆汁細胞診と胆嚢胆汁中hTERT mRNA測定の有用性について, 筒井 邦彦, 内田 尚仁, 栗山 茂樹, 日本消化器病学会雑誌, 100, (臨増大会), A567 - A567,   2003年09月
  • 胆道と内視鏡-胆道疾患に対する内視鏡的診断と治療の有用性 胆嚢癌症例における経乳頭的アプローチによる胆嚢胆汁の細胞診及びhTERT mRNAの有用性に関する検討, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, 胆道, 17, (3), 225 - 225,   2003年08月
  • 胆嚢結石症治療のガイドライン作成に向けて 急性胆嚢炎における経皮経肝胆嚢穿刺吸引法の有用性, 筒井 邦彦, 内田 尚仁, 栗山 茂樹, 小原 英幹, 久保 智美, 小川 睦美, 村松 明美, 胆道, 17, (3), 239 - 239,   2003年08月
  • 【膵胆道の生検診断 方法,適応,成績と診断能】経乳頭的胆嚢組織生検・細胞診, 内田 尚仁, 小原 英幹, 筒井 邦彦, 鎌田 英紀, 中津 敏明, 栗山 茂樹, 胆と膵, 24, (6), 417 - 421,   2003年06月
    経乳頭的アプローチにより採取した検体を用いた胆嚢疾患の診断法について著者等の成績を中心に文献的考察を加えて報告した.胆嚢癌の疑いのある20症例に対して,術前に経乳頭的に胆嚢胆汁を採取し,胆汁細胞診を施行した.全ての症例に胆摘術が施行され,病理組織学診断が行われた.その結果,胆汁細胞診とhTERT mRNAを組み合わせることにより,経乳頭的胆嚢生検に勝るとも劣らぬ診断が可能であった.胆嚢疾患に関する術前の病理組織学的診断に関しては,有用性が期待されるものの,それを実証する報告は少ない.更に,報告例においても十分な症例数が検討されているとは言い難く,今後多数例での検討がなされることが望まれる
  • 【自己免疫性肝疾患 EBMに基づく診断と治療】自己免疫性肝疾患 EBMに基づく診断と治療/専門医はこう診断し,治療する 原発性硬化性胆管炎の治療, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 小原 英幹, 栗山 茂樹, Modern Physician, 23, (4), 525 - 528,   2003年04月
  • ERCP後膵炎の予防に関する臨床的検討, 筒井 邦彦, 小原 英幹, 内田 尚仁, 栗山 茂樹, Gastroenterological Endoscopy, 45, (Suppl.1), 733 - 733,   2003年04月
  • 改良型ガイドワイヤールーメン付プレカット用パピロトームの使用経験, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 小原 英幹, 正木 勉, 鎌田 英紀, 有友 雄一, 松岡 裕士, 江崎 徹, 福間 博基, 栗山 茂樹, Gastroenterological Endoscopy, 45, (2), 172 - 176,   2003年02月20日
    胆管への選択的挿管率を高める目的で,若干の改良を加えたプレカット用パピロトームを試作し,使用経験を報告した.選択的胆管挿入が必要であった総胆管結石5例と膵頭部癌1例に対して行った.5症例に傍乳頭憩室が存在し,初回のプレカット操作で挿入が得られた.前回試作したパピロトームと成功率に優意差は認められなかった
  • Efficacy of modified-typed pre-cutting papillotome with independent lumens for guide wires, Naohito Uchida, Kunihiko Tsutsui, Hideki Kobara, Tsutomu Masaki, Hidenori Kamata, Yuichi Aritomo, Hiroshi Matsuoka, Toru Ezaki, Hiroki Fukuma, Shigeki Kuriyama, Gastroenterological Endoscopy, 45, 172 - 176,   2003年02月01日
    Pre-cutting improves the success rate of cannulation into the common bile duct. However, this technique is not prevalent in Japan because of the postoperative complications such as bleeding, perforation and acute pancreatitis. We have reported the efficacy of the new typed pre-cutting papillotome which was equipped not only with a lumen for contrast materials but also with an independent lumen for guide wires. This papillotome has an advantage that the operation of the guide wire and the injection of contrast materials can be carried out simultaneously. We made a few modifications to the previously reported pre-cutting papillotome. In the present study we estimated the modified pre-cutting papillotome that has a 20mm knife in length (half of the proximal side being Clever cut coating) and does not have a leading tip. We applied the papillotome in 5 patients with common bile duct stones and a patient with pancreatic head cancer in whom selective bile duct cannulation had failed. Selective cannulations into the bile ducts were succeeded in 5 of 6 patients on the initial attempt of pre-cutting (success rate: 83.3%) without any complications. There was no significant difference in success rate of pre -cutting between two types of the papillotomes. However, the modified papillotome made not only pre-cutting procedure easier but also EST following pre-cutting easier. Although further studies with a large number of patients are needed to evaluate the efficacy of the papillotome, this papillotome may help to increase the safety and the success rate of pre-cutting.
  • A case of gallbladder carcinoma diagnosed preoperatively by the detection of human telomerase reverse transcriptase mRNA in endoscopically obtained gallbladder bile, N. Uchida, K. Tsutsui, H. Kobara, T. Ezaki, H. Fukuma, M. Yachida, T. Masaki, S. Watanabe, T. Nakatsu, H. Nakano, S. Kuriyama, Endoscopy, 35, (2), 185 - 188,   2003年02月01日
    It is difficult to accurately diagnose the nature of polypoid lesions in the gallbladder. To increase diagnostic accuracy, we have developed an endoscopic technique for obtaining gallbladder bile, termed endoscopic transpapillary catheterization into the gallbladder (ETCG). We describe here a case of gallbladder carcinoma diagnosed preoperatively by the detection of human telomerase reverse transcriptase (hTERT) mRNA, a catalytic subunit of telomerase, in gallbladder bile obtained using the ETCG technique. A patient with a polypoid lesion 15 mm in diameter in the gallbladder was admitted to our hospital for further examinations. Gallbladder bile collected by the ETCG technique was evaluated cytologically and also analyzed for telomerase activity and hTERT mRNA. Although the results for cytology and telomerase activity were negative, that for hTERT mRNA was positive. Open surgery was carried out and it was confirmed that the lesion was an adenocarcinoma invading the subserosa. The molecular biological analysis of gallbladder bile collected using the ETCG technique was shown to be effective for diagnosing the nature of the polypoid lesion in the gallbladder.
  • 生体部分肝移植後に合併腸病変が消失した原発性硬化性胆管炎の1症例, 内田 尚仁, 小原 英幹, 福間 博基, 江崎 徹, 筒井 邦彦, 鎌田 英紀, 中津 敏明, 栗山 茂樹, 胆道, 17, (4), 413 - 417,   2003年
    欧米においては,PSCの約80%に炎症性腸疾患が合併すると報告されているが,本邦における合併率は低いとされていた.しかし,PSCの病態に対する理解の深まりとともに,本邦における腸管病変の合併率も増加しつつある.さらに,本邦における合併腸疾患には,欧米のものと比べていくつかの相違点があることも報告されている.今回我々は,PSCに合併した右側結腸優位の分類不能型腸炎が,生体部分肝移植後に消失した症例を経験したので報告する.症例は21歳時(平成3年)にPSCと診断され,大腸内視鏡検査にて回腸末端のびらん,上行結腸のびらんおよびハウストラの不明瞭化を認めた.10年の経過観察の間に,3回の大腸内視鏡検査を行なったが,腸管病変に変化はみられなかった,また,経過中に腸炎症状を訴えることもなかった.その後,平成13年に肝不全のために生体部分肝移植を施行した.移植後の経過は順調であり,肝機能も正常化した.さらに,移植後14カ月目に大腸内視鏡検査を施行したところ,腸管病変は完全に消失していた.生体部分肝移植後の合併腸疾患の経過に関する報告は少なく,貴重な症例と考え報告する.
  • チューブステント胆管内埋込み法に関する臨床的検討, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, 胆道, 16, (3), 283 - 283,   2002年08月
  • 【膵・胆道の緊急内視鏡】急性胆嚢炎に対する経皮的胆嚢ドレナージと経乳頭的胆嚢ドレナージ(対比), 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 小原 英幹, 平林 修子, 中津 敏明, 栗山 茂樹, 消化器内視鏡, 14, (7), 1055 - 1063,   2002年07月
    著者等は,第一選択として,ドレナージチューブを留置せずに21G穿刺針で胆嚢を超音波ガイド下に穿刺し,感染胆汁をできる限り吸引後,抗生剤の注入のみを行う経皮経肝胆嚢穿刺吸引法(PTGBA)を施行している.本法は安全な手技であるのみならずベッドサイドで施行可能であり,患者への負担が軽く,通常1回の吸引で十分な効果が得られる.しかし,出血傾向や腹水を有する症例に対しては経皮的ドレナージは禁忌と考えられており,このような症例には内視鏡的乳頭括約筋切開術(EST)を併用しない内視鏡的経乳頭的胆嚢ドレナージ(ETGBD)を施行している.本法の利点として,胆管疾患の合併がある際には診断と治療を同時に行えることがあげられる
  • 【食道・胃接合部の機能異常】食道アカラシアと胆汁排泄異常, 小原 英幹, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, 消化器科, 34, (6), 502 - 508,   2002年06月
    非観血的手法かつ低侵襲の胆道シンチグラフィーを用いて,食道アカラシア(アカラシア)とOdd括約筋機能の関連性を検討した.肝臓から胆道への胆汁排泄は正常であるにも拘わらず,十二指腸への胆汁排泄遅延を8例中5例と高率に認め,アカラシアとOddi括約筋機能異常の関連性が示唆された.更に,アカラシアにおける食道以外の消化器機能異常の存在より,アカラシアの成因は単に食道壁内のアウエルバッハ神経叢局所の障害ではなく,各消化器臓器を支配する延髄中枢神経の障害であることが示唆された
  • 【胆嚢癌の発生と早期診断】胆嚢癌早期診断への分子生物学的アプローチ, 内田 尚仁, 筒井 邦彦, 小原 英幹, 栗山 茂樹, 胆と膵, 23, (4), 317 - 322,   2002年04月
    K-ras,p53及びテロメラーゼ関連分子を用いた胆嚢癌に対する分子生物学的診断アプローチを中心に解説した.又,分子生物学的診断アプローチのためには,検体の採取が不可欠であり,比較的容易な胆嚢胆汁の採取法についても解説した.胆嚢癌においては,K-ras及びp53共に,膵胆管合流異常に合併した胆嚢癌とde novo癌における癌化には関与しているが,腺腫由来癌には関与しないと考えられている.胆嚢癌における胆汁中のK-rasとp53の変異率は,各々57.1%,42.9%と報告されている.又,テロメラーゼ活性は胆嚢癌組織中では60〜70%の陽性率であるが,胆汁中では25%と報告されている.一方,in situ hybridization法等によりさらなる感度の向上が期待される
  • Conversion of endoscopic nasobiliary drainage to internal drainage by means of endoscopic scissor forceps, N Uchida, T Ezaki, H Fukuma, K Tsutsui, H Kobara, MH Bang, M Ogawa, K Watanabe, M Ono, A Morishita, T Ogi, H Kamata, T Masaki, S Watanabe, S Kuriyama, ENDOSCOPY, 34, (2), 180 - 180,   2002年02月
  • 早期大腸内視鏡検査の臨床的検討, 佐々原 勝幸, 鎌野 周平, 筒井 邦彦, 栗山 茂樹, 内田 善仁, 日本大腸肛門病学会雑誌, 54, (9), 790 - 790,   2001年09月
  • 胆道疾患と分子生物学 胆嚢癌診断における胆汁細胞診と胆嚢胆汁中hTERTmRNA測定の有用性について, 筒井 邦彦, 内田 尚仁, 栗山 茂樹, 胆道, 15, (3), 211 - 211,   2001年09月
  • 非B非C型慢性肝炎の臨床的検討, 舟木 利治, 森田 翼, 伊藤 哲史, 有地 建実, 樋本 尚志, 木村 泰彦, 折敷 満, 正木 勉, 岡田 浩, 筒井 邦彦, 小川 宣直, 河野 一実, 松岡 裕士, 宮内 嘉明, 泉 憲治, 安藤 岳彦, 有馬 啓治, 白井 睦訓, 渡辺 精四郎, 西岡 幹夫, 岡山醫學會雜誌, 108, (3), 187 - 188,   1996年06月30日
  • Clostridium perfringens(A-E型)のα-toxin(phospholipase C)geneの比較, 筒井 邦彦, 日本細菌学雑誌, 49, (2), 418 - 418,   1994年03月
  • 回盲部病変を伴ったYersinia pseudotuberculosis感染症の1例, 筒井 邦彦, 内田 善仁, 有馬 啓治, 香川県内科医会誌, 29, 107 - 110,   1993年06月
  • 肝細胞癌におけるEGFレセプターとアネキシンの組織内局在について, 渡辺 精四郎, 正木 勉, 筒井 邦彦, 医学と薬学, 29, (3), 641 - 642,   1993年03月
  • 回肓部病変を伴ったYersinia pseudotuberculosis感染症の1例, 筒井邦彦, 内田善仁, 有馬啓治, 西岡幹夫, 根ケ山 清, 村主節雄, 林 英生, 岡部昭延(TSUTSUI, Kunihiko, UCHIDA, Yoshihito, ARIMA, Keiji, NISHIOKA, Mikio, NEGAYAMA, Kiyoshi, SUGURI, Setsuo, HAYASHI, Hideo, OKABE, A, 香川県内科医会誌, 29/1,107-110,   1992年, [査読有り]
  • リンパ管炎,回盲部病変を伴ったYersinia pseudotuberculosis感染症の1症例, 筒井 邦彦, 日本消化器病学会雑誌, 88, (臨増), 902 - 902,   1991年03月
  • 同性愛者にみられたアメーバ性肝膿瘍の2例, 筒井 邦彦, 日本消化器病学会雑誌, 87, (9), 1935 - 1935,   1990年09月

書籍等出版物

  • Endoscopic transpapillary catheterization into the gallbladder for diagnosis of gallbladder carcinoma., Blackwell Publishing,   2006年
  • New Perspectives in Cancer Research and Therapy・Advancements in diagnosis of gallbladder cancer., Research Signpost,   2005年
  • 消化器病学の進歩2005-モノグラフ-消化器病学のニューフロンティア編・原発性硬化性胆管炎(PSC)の予後と治療法の評価, 財団法人 日本消化器病学会,   2005年
  • 胆石症診療の新展開時代とともに変わってきた治療法, 南江堂,   2005年
  • Development of diagnosis and tretment of cholelithiasis, 南江堂,   2005年
  • 胆道・膵疾患のインターベンション治療, メジカルビュー社,   2004年

講演・口頭発表等

  • 消化器内科領域における超音波検査と治療, 筒井 邦彦, 日本医学写真学会雑誌,   2015年05月
  • Free Paper Session: Endoscopic techniques which will change our tomorrow's practice. Comparison of bloc biopsy using submucosal endoscopy with mucosal flap method versus EUS-FNA for gastrointestinal subepithelial tumor tissue sampling: A prospective s・・・, UEG Week - United European Gastroenterology Week 欧州消化器病学会賞,   2013年, Free Paper Session: Endoscopic techniques which will change our tomorrow's practice. Comparison of bloc biopsy using submucosal endoscopy with mucosal flap method versus EUS-FNA for gastrointestinal subepithelial tumor tissue sampling: A prospective study with crossover design.
  • Effects of Transcranial Magnetic Stimulation with Maximum Voluntary Muscle Contraction for Serial 4 Days on Motor Function in Elder Persons, International Conference Interprofessional Partnership: Global Health Outcomes,   2012年
  • SP活動の参加動機に関する検討, 筒井 邦彦, 清水 裕子, 岡田 宏基, 舛形 尚, 余島 侑子, 千田 彰一, 第43回日本医学教育学会,   2011年07月
  • PSE後に発症したClostridium subterminaleに起因すると思われる脾臓限局性ガス壊疽の1例, 筒井 邦彦, 大西 宏明, 根ヶ山 清, 感染症学雑誌,   2011年05月
  • 模擬患者(SP)による医療面接ストレスの検討, 第43回日本医学教育学会大会,   2011年
  • SPの演技ストレスに関する要因, 第43回日本医学教育学会,   2011年
  • 合同シンポジウム1(第104回日本消化器内視鏡学会四国地方会合同)肝胆膵の腫瘍性病変に対する診断と治療の進歩, 第93回日本消化器病学会四国支部例会,   2010年
  • ERCP後膵炎の予防対策としての試作papillotomeを用いたprecutの検討, 第80回日本消化器内視鏡学会総会,   2010年
  • PSE後に発症したClostridium subterminaleに起因すると思われる脾臓限局性ガス壊疽の1例, 第80回日本感染症学会西日本地方会,   2010年
  • 肝胆膵領域における診断と治療の進歩, 第103回日本消化器内視鏡学会四国地方会,   2009年
  • 十二指腸乳頭部癌に対し内視鏡的乳頭切除術を施行した1例, 第101回日本内科学会四国地方会,   2009年
  • 術後腸管に対するダブルバルーン内視鏡(DBE)を用いたERCP関連手技の検討, 第101回日本内科学会四国地方会,   2009年
  • 十二指腸乳頭部癌に対し内視鏡的乳頭切除術を施行した1例, 第101回日本内科学会四国地方会,   2009年
  • ICを伴った肝膿瘍に抗生剤動注療法が奏効した2例, 第93回日本消化器病学会総会,   2007年
  • 上部消化器症状と器質的疾患の内視鏡診断に関連性はあるのか-GSRSによる検討-, 第74回日本消化器内視鏡学会総会,   2007年
  • 術後腸管に対するダブルバルーン内視鏡<DBE>を用いたERCPの検討, 第98回日本消化器内視鏡学会四国地方会,   2007年
  • ダブルバルーン内視鏡を用いてEHLで砕石しえた胆石イレウスの一例, 第98回日本消化器内視鏡学会四国地方会,   2007年
  • 露出血管との鑑別が困難であった胃噴門部静脈瘤出血の1例, 第98回日本消化器内視鏡学会四国地方会,   2007年
  • ERCPにおける胆管挿入困難例に対するプレカットの有用性についての検討, 第99回日本消化器内視鏡学会四国地方会,   2007年
  • 急性胆嚢炎におけるドレナージ法の選択, 第92回日本消化器病学会,   2006年
  • はさみ鉗子による内視鏡的経鼻胆道ドレナージチューブの内瘻化法, 第92回日本消化器病学会,   2006年
  • 神経変性疾患に対する経頭蓋磁気刺激療法前後における胃運動機能の変化―胃電図による検討―, 第92回日本消化器病学会,   2006年
  • 当院における急性胆嚢炎の治療アルゴリズム, 第71回 日本消化器内視鏡学会総会,   2006年
  • 総胆管下部病変に対する細径超音波プローべの十二指腸管腔よりのアプローチ, 第71回 日本消化器内視鏡学会総会,   2006年
  • 問診票を用いたGERDの診断―QUESTとGSRSの比較検討―, 第94回内科学会四国地方会,   2006年
  • 内視鏡所見と酸逆流症状との関連-日本語版QUESTとGSRSによる検討-, 第85回日本消化器病学会四国支部例会,   2006年
  • 食道アカラシア症例における胆汁排泄異常の検討, 第42回日本胆道学会学術集会,   2006年
  • 原発性硬化性胆肝炎(PSC)の病態と治療法, 第10回日本肝臓学会大会,   2006年
  • 原発性硬化性胆肝炎(PSC)の病態と治療法, 第48回日本消化器病学会総会,   2006年
  • Pre-cuttingの安全性と有用性, 第72回日本消化器内視鏡学会総会,   2006年
  • 内視鏡的経鼻胆道ドレナージ(ENBD)による胆汁細胞診の有用性-施行回数の観点から-, 第48回日本消化器病学会大会,   2006年
  • 食道静脈瘤は症状から診断できるか?, 第97回日本消化器内視鏡学会四国地方会,   2006年
  • 内視鏡的治療後に見られる血中唾液腺アミラーゼの上昇, 第97回日本消化器内視鏡学会四国地方会,   2006年
  • 当院におけるESWLによる膵石症治療の有用性, 筒井 邦彦, 内田 尚仁, 小川 睦美, 鎌田 英紀, 栗山 茂樹, 第91回日本消化器病学会総会,   2005年03月
  • 胃内に穿破した脾動脈瘤の1例, 第91回日本消化器病学会総会,   2005年
  • 脳出血前後で胃電図を記録した1例, 第91回日本消化器病学会総会,   2005年
  • Usefulness of early and delayed FDG-PET for assessment of recurrent pancreatic cancer, 52th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine,   2005年
  • DICを伴った肝膿瘍に対して抗生剤動注療法が著効した2例, 第83回日本消化器病学会四国支部例会,   2005年
  • 在宅死を選択した患者・妻への援助 -短期間で在宅に移行できた事例-, 第10回日本緩和医療学会総会,   2005年
  • Pre-cutting using a noseless papillotome with independent lumens for contrast material and guide wire., 13th United European Gastroenterology Week,   2005年
  • 神経疾患に対する免疫グロブリン大量静注療法前後における胃運動機能の変化-胃電図による検討-, 第47回日本消化器病学会大会,   2005年
  • 膵管ブラッシング細胞診の有用性に関する検討-擦過回数を増やすと感度は向上するか-, 第70回日本消化器内視鏡学会総会,   2005年
  • 内視鏡的胃瘻造設術前後で胃電図を記録し得た4例の検討, 第95回日本消化器内視鏡学会四国地方会,   2005年
  • FDG-PETが診断に有用であった自己免疫性膵炎の一例, 第84回日本消化器病学会四国支部例会,   2005年
  • 内視鏡的胆管ステント留置術のみで経過観察した総胆管結石症15例の検討, 第67回日本消化器内視鏡学会総会,   2004年
  • Contribution of whole body FDG-PET to the detection of distant metastasis from pancreas cancer, 51th Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine,   2004年
  • 繰り返す下血に対しアルゴンプラズマ凝固法が有効であった放射線腸炎の1例, 第90回日本内科学会四国地方会,   2004年
  • Evaluation of delayed additional FDG-PET Imaging in patients with pancreas cancer, 90th Scientific Assembly and Annual Meeting Radiological Society of North America,   2004年
  • 内視鏡的胆管ステント留置術のみで経過観察した総胆管結石症15例の検討, 第67回日本消化器内視鏡学会総会,   2004年
  • Endoscopic stenting for long-term treatment of bile duct stones, 第67回日本消化器内視鏡学会総会,   2004年

作品

  • ピーガード錠特定使用成績調査(長期使用),   2005年  - 2009年
  • レミケード使用成績調査クローン病(全例調査),   2005年  - 2006年
  • リーバクト顆粒特別調査,   2004年  - 2006年

競争的資金

  • 胃瘻患者の誤嚥性肺炎予防のための超音波下胃蠕動運動計測手段の確立,   2013年
  • Establishment of ultrasonic measurement method for the gastric peristaltic movement for the prevention of aspiration pneumonia in patients with gastrostomy,   2013年