詳細検索はこちら

小方 直幸 オガタ ナオユキ

所属
教育学部
学校教育教員養成課程
職名教授
Last Updated :2021/10/12

研究者基本情報

学歴

  •  - 1997年, 広島大学, 大学院社会科学研究科
  •  - 1997年, 広島大学
  •  - 1991年, 広島大学, 教育学部
  •  - 1991年, 広島大学

学位

  • 博士(学術), 広島大学

所属学協会

  • 日本教師教育学会
  • 日本教育社会学会
  • 日本高等教育学会

経歴

  •   2020年04月,  - 現在, 香川大学, 教育学部, 教授
  •   2019年10月,  - 2020年03月, 香川大学, 教育学部, 准教授
  •   2014年04月,  - 2019年09月, 東京大学大学院教育学研究科, 教授
  •   2010年10月,  - 2014年03月, 東京大学, 大学院教育学研究科, 准教授
  •   2009年10月,  - 2010年09月, 広島大学, 高等教育研究開発センター, 教授
  •   2008年04月,  - 2009年09月, 広島大学, 高等教育研究開発センター, 准教授
  •   2000年04月,  - 2008年03月, 広島大学, 高等教育研究開発センター, 助教授
  •   1999年06月,  - 2000年03月, 広島大学, 高等教育研究開発センター, 講師
  •   1996年01月,  - 1998年12月, 日本学術振興会特別研究員

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会 / 教育社会学 / 高等教育論

研究キーワード

    就職, 大学教育, 職業的レリバンス, 専門学校, 大卒者, 派遣, 專門学校, 卒業生, 大学教員, レリバンス, 卒業生の処遇とキャリア, 大学と職業, 新卒派遣, 雇用, 卒業生のキャリア, 職業キャリア, 高等教育, キャリア形成, 大学評価, 国際比較, 労働市場, カリキュラム, 教育政策, 高等境域の費用負担, 高等教育政策, コミュニティカレッジの教育方法, 大学教授法, 卒業生調査

Misc

  • 国立大学における組織再編と学士課程教育の再構築 : 専門分野・教員組織・教育課程の相互連関, 小方 直幸, 立石 慎治, 串本 剛, 大学論集, 52, (52), 21 - 34,   2019年
    The purpose of this article is to propose a new framework for analyzing undergraduate education in nontraditional faculties through consideration of the interrelationship between disciplines, faculty arrangement and curriculum. In contrast to traditional faculties, non-traditional faculties are grounded on competencies that they try to inculcate in their students, rather than introducing students to a single discipline. The emergence of these new non-traditional faculties demands a new perspective to understand the construction of undergraduate education.This article takes three non-traditional faculties of humanities and social sciences in three national universities as case studies. All of them were reorganized after 2014, and differ enough to warrant a comparative study. Case studies were conducted in two ways. First, the faculty arrangement and curriculum of each case were analyzed quantitatively based on their official application forms for reorganization. In terms of faculty attributes, their majors and former affiliations were identified. On curriculum, the number of courses offered, the ratio of courses taught by freshly hired faculty, the ratio of compulsory courses, and the categories of compulsory courses were considered. Second, field surveys of the case study faculties were implemented to interpret the interrelationship between the different factors revealed through the quantitative analysis. Each case faculty was visited twice, and the interviewees contributed to understanding the mechanisms by which undergraduate education was constructed in their institution.The two strands of analysis suggested that the curricula of non-traditional faculties were organized according to the interrelationship between disciplines, faculty arrangement and the curriculum itself. Although the idea of "degree programs" sometimes assumes that diploma policies one-sidedly determine curriculum, this study shows this is not necessarily the case even in non-traditional faculties.
  • 若手大学教員と日本の大学教授職 (若手からみた「大学改革」), 小方 直幸, IDE : 現代の高等教育, (603), 4 - 8,   2018年08月
  • 大学の教育組織が教員養成に及ぼす影響と課題 : 小学校教員の複数教科指導に着目して, 小方 直幸, 高旗 浩志, 小方 朋子, TAKAHATA Hiroshi, 小方 朋子, OGATA Tomoko, 名古屋高等教育研究, (18), 135 - 153,   2018年03月
    わが国の大学教育をめぐっては、3つのポリシーの整備や学位プログラム化の推進など、組織ベースから学修ベースへの制度転換が目指され、教員組織と学生の所属組織の関係についても、柔軟な形態の採用が指向されている。こうした改革をめぐる言説や動向を、実りある実践的なものとするには、個別の教育プログラムレベルにまで降りて、実証的な研究を行う必要がある。それぞれの教育プログラムがおかれた文脈が異なるからである。本稿はその一つの試みとして、教員養成に着目する。具体的には、複数教科指導という独自性を持つ小学校教員養成を取り上げ、現行の養成教育や教員研修システムが持つ「得意教科主義」を、高等教育論の視点から批判的に考察することを目的としている。教免法やカリキュラム構造が果たす顕在的養成機能よりも、大学の学科やコースという基本的な組織構造がもたらす潜在的養成機能に着目した分析から、教科のゼミに所属しその教科に関連した中高免許を取得するという現行の仕組みは、就業後の得意教科の発揮に貢献する一方で、複数教科に跨がる指導力や教科と教科を繋ぐ指導力の育成には寄与していないことを明らかにした。This study critically examined elementary schoolteachers' present training systems in college and after employment, oriented toward constructing "favorite subject of instruction," especially focusing on elementary schoolteachers' uniqueness in that they instruct plural subjects. The National Elementary Schoolteacher Survey, conducted to serve this object, sheds light on the present situation in which undergraduate students belong to a specific subject-related seminar and obtain a certificate for teaching secondary school in addition to that for elementary school. This contributes to demonstration of "favorite subject of instruction" after employment, but does not cultivate competence in course instruction straddling plural subjects or interrelating different subjects. Furthermore, post-employment training systems are not structured to build such competencies. Survey results offer a third method for training elementary schoolteachers in circumstances of a request to facilitate linkage between kindergarten and elementary school, elementary school and secondary school, or for competence in deep subject instruction.
  • 授業を通じた学生の成長 : 善意の促進と無意識の疎外 (学生の成長), 小方 直幸, IDE : 現代の高等教育, (598), 9 - 14,   2018年02月
  • 人文科学分野の入学および卒業後の動向に関する資料 : 学校基本調査に基づく長期的な趨勢, 岡本 茜, 小方 直幸, 大学経営政策研究, (9), 179 - 193,   2018年
  • 化学工業の展開と人材の高学歴化, 小方 直幸, 大学経営政策研究, (8), 3 - 18,   2017年
  • 大学生の退学と留年:その発生メカニズムと抑制可能性, 立石 慎治, 小方 直幸, 高等教育研究, 19, (0), 123 - 143,   2016年

    本稿の目的は,高等教育の大衆化がもたらす大学生の多様化のうち,特に退学と留年に着目し,その実態と発生のメカニズムを,学部を単位として実証的に検討し,抑制の可能性も視野に入れて考察することであり,その結果明らかになったのは以下の3点である.その結果,以下の3点を明らかにした.第1に,退学と留年を統合的に考察し,4類型に基づく学生の動態の規定要因を析出した.第2に,退学率と留年率の分岐点を探索し,学部がおかれた様々な文脈を考慮しつつ,退学と留年問題に取り組む必要性を,具体的に提示した.第3に,退学と留年に対する教育・学習支援の介入効果を分析する過程で,大学教育の効果研究に用いられる横断的調査の可能性と限界を批判的に検討した.

  • 高等教育における障害学生支援研究の論点整理 (丸山文裕教授退職記念), 小方 直幸, 小方 朋子, 大学論集, 49, 115 - 130,   2016年
    Enrollment of students with disabilities in higher education has increased significantly, and legislation for people with disabilities has also rapidly developed. The following study explores research issues of students with disabilities in higher education through the review of related literatures. Students with developmental disabilities such as Learning Disabilities (LD), Attention Deficit Hyperactivity Disorder (ADHD) and Autism Spectrum Disorder (ASD) in compulsory education have increased and various support systems for them have been implemented earlier than in higher education. It is indispensable for higher education researchers to deal with students with disabilities in each area of college access, student experience, and student outcomes referring to research findings in the field of compulsory education and collaborating with other area such as law, medicine, psychology, etc. On the other hand, we have to recognize the characteristics of higher education. For example, there are commonalities and differences between compulsory education and higher education concerning reasonable accommodation. Accommodations that mean the changing how a student learns material is necessary in higher education, but modifications that mean the changing what a student is taught or expected to learn is not required. Furthermore, teachers should be responsive to the needs of compulsory education students, but students are responsible for requesting needs in higher education. We also take into consideration the relationship or conflict between academic freedom and rights of students.
  • 教育社会学研究における能力の飼いならし (特集 グローバル化と知識・能力の再編), 小方 直幸, 教育社会学研究, 98, 91 - 109,   2016年
  • 大学生の退学と留年 : その発生メカニズムと抑制可能性, 立石 慎治, 小方 直幸, 高等教育研究, 19, 123 - 143,   2016年
  • 教育社会学研究における能力の飼いならし, 小方 直幸, 教育社会学研究, 98, (0), 91 - 109,   2016年

    教育社会学研究は現在,伝統的ならびに現代的という二重の意味で,能力の飼いならしという課題に直面している。本稿は,1961年から2006年まで4度にわたり刊行され,我が国でも翻訳されてきた教育社会学のリーディングズに依拠しながら,この問題を考察する。教育社会学は伝統的に,階層,教育,地位達成の関係を考察し,不平等の構造を明らかにしてきた。しかし,教育は個人の能力の代理指標に過ぎず,能力の事後解釈というくびきから逃れられない。それは教育社会学の限界でもあるが,能力観を問わず教育機能を検証し続けられるという点で,強みでもある。教育社会学は50年前に経済と出会い,上記の経済に伴う不平等を考察する分析モデルを手にしたが,経済発展とそれに伴う教育拡大は,不平等を解消することはなかった。近年では,経済のグローバル化に伴い,分解,測定,比較という能力の可視化が,政治の世界で展開し,政治家や国民に不平等の現実を提示するという意味で,政治算術は教育社会学にとってますます重要になっている。他方で,能力の実態論を基盤としてきた教育社会学は昨今,能力の規範論であるシティズンシップ教育を重視し始めている。ただ,それが伝統的な階層,教育,地位達成をめぐる教育社会学のアプローチに及ぼすインパクトは定かでない。以上を総括すると,教育社会学は現在もなお,研究上も実践上も能力を飼いならせているとはいえない。

  • はしがき (大学教育の組織的実践:小学校教員養成を事例に), 小方 直幸, RIHE, 129, i - ii,   2015年03月31日
  • 第1章 大学教育の組織的実践の視角と小学校教員養成という文脈 (大学教育の組織的実践:小学校教員養成を事例に), 小方 直幸, RIHE, 129, 1 - 17,   2015年03月31日
  • 結章 今後の小学校教員養成研究に向けて (大学教育の組織的実践:小学校教員養成を事例に), 小方 直幸, RIHE, 129, 93 - 97,   2015年03月31日
  • 政府と大学の自治:教員養成分野のミッションの再定義, 小方 直幸, 高等教育研究, 18, (0), 171 - 190,   2015年

    本稿は,2012年から2013年にかけ策定された,国立大学改革プランを取り上げ,教員養成分野のミッションの再定義に着目することで,現代における政府と大学の自治の関係を,以下の3つの視点から問い直すことを目的としている.第1は,文科省と政府との関係で,文科省が,なぜ教員養成分野の改革に本腰を入れる必要に迫られたか,まずは概観する.第2は,文科省と教員養成大学・学部との関係で,事例考察を通して,政府と大学の自治を考察する上で鍵となる,両者の具体的やり取りを明らかにする.第3は,高等教育局内部の関係で,所掌の異なるアクターの改革行動を析出し,それが実際の改革に及ぼす影響について考察する.

  • 政府と大学の自治 : 教員養成分野のミッションの再定義, 小方 直幸, 高等教育研究, 18, 171 - 190,   2015年
  • 日本型の職業実践的な教育に特化した枠組みを巡って, 小林 光俊, 大野 博之, 小方 直幸, 亀野 淳, 吉本 圭一, 平成25年度文部科学省委託事業 成長分野等における中核的専門人材養成の戦略的推進事業成果報告書vol.4 国際ワークショップ 第三段階教育における質保証と学位・資格枠組み -ガラパゴス化とグローバリゼーション-, 322 - 349,   2014年03月
  • 大学の授業の何が課題か:信念・態度・成果, 小方 直幸, 高等教育研究, 17, (0), 113 - 130,   2014年

    本稿の目的は,大学の授業の何が課題であるのか,大学教員の授業観,生活時間,授業評価,の3点に着目して考察することにある.組織的な大学教育の実践には,教育の射程や授業の調整という授業観を問う必要があり,これらは,インフォーマルな場面での教員・学生との交流の範囲や時間として顕在化する.授業の調整は,組織的な教育改革の方向性も左右するが,教育の価値観,時には研究観の調整も要求し,実現は容易でない.また,改革の意義を説得するには,成果に対する見通しを持つことも重要となるが,授業評価との関連性は複雑かつ不明瞭である.教育のマネジメントという領域は,課題認識や解決方略をめぐる議論が先行しているが、改革を左右する当事者たる大学教員の生態に関するエビデンスは,開発途上にある.

  • 大学の授業の何が課題か : 信念・態度・成果 (特集 大学教育のマネジメントと革新), 小方 直幸, 高等教育研究, 17, 113 - 130,   2014年
  • 輿論と政策形成 : パブリック・コメント制度に関する試論, 小方 直幸, 大学経営政策研究, (5), 35 - 47,   2014年
  • 専門知と政策形成 : 高等教育研究の反省的考察 (喜多村和之教授追悼特集), 小方 直幸, 大学論集, 47, 73 - 88,   2014年
    This article studies higher education research reflexively based on the analysis of a framework for viewing the relationship between expert knowledge and policy-making. The role of expert knowledge on policy-making becomes essential in the process of increasing initiative by politicians and evidence-based policy. However, expert knowledge is not fully utilized in policy reports. One of the reasons is that the characteristics of reports make establishing a casual relationship difficult. The other and main reason is the issue of two clear-cut communities or cultures between scientists and policy makers. An important approach is to seek the possible role of expert knowledge on the presumption of existence of these different communities or cultures, and we need to secure a given number of researchers who are well-versed in policy trend or mechanics of government in the research group. Furthermore, it is necessary to fully look at policymaking beyond the didactic interaction between researchers and policy makers that includes citizens or local-knowledge. Expert knowledge and policy-making is a fertile theme for persistent reflection and thinking about higher education research.
  • 第2章 大学教員と経営・管理業務 : 教職協働時代の大学経営人材養成方策に関する調査から (教職協働時代の大学経営人材養成方策に関する研究 第1部 我が国の大学経営人材の現状), 小方 直幸, RIHE, 123, 15 - 27,   2013年03月31日
  • 国立大学における教員養成改革, 小方 直幸, 高等教育研究, 16, (0), 221 - 242,   2013年

    本稿は,国立大学の教育系大学・学部に着目し,その中長期的な改革動向を,ケース・スタディを通して考察したものである.教員採用動向に着目して,教員養成改革の特異なケースを客観的に抽出した後,定量・定性的双方の手法を用いて,カリキュラムや教育実践という狭義の教育改革を越えて,入試や就職支援を包摂する広義の教育改革を対象に,教員採用向上をめぐる改革と成果の因果関係,並びに改革を可能にしたメカニズムの析出を行った.さらに,モノグラフから一般的な枠組の抽出を試み,他の教育系大学・学部の改革を検証する際にも援用が可能な分析枠組を仮説的に提示した.

  • 国立大学における教員養成改革, 小方 直幸, 高等教育研究, 16, 221 - 242,   2013年
  • 大学教員の授業への構え (主体的な学習), 小方 直幸, IDE : 現代の高等教育, (543), 64 - 70,   2012年08月
  • 学士課程教育の日米比較に関する覚書, 小方 直幸, 大学経営政策研究, (3), 141 - 152,   2012年
  • 職業教育における教育方法と教育スタッフについての比較考察, 小方 直幸, 稲永 由紀, 新谷 康浩, 杉本 和弘, ノ・キョンラン, 渡辺 達雄, 吉本 圭一, 九州大学「高等教育と学位・資格学会」ワーキングペーパーシリーズ No.1 非大学型高等教育と学位・資格制度―国際ワークショップ報告―, 123 - 165,   2011年12月
  • 1. 大学経営を担う人材に関する研究 : 役員・教員・職員の協働の観点から(III-2部会 【一般部会】大学の組織と運営,研究発表III,一般研究報告), 山本 眞一, 小方 直幸, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (63), 162 - 165,   2011年09月20日
  • 大学生の学力と仕事の遂行能力 (特集 仕事に「学力」は不要か?--学力研究の最前線), 小方 直幸, 日本労働研究雑誌, 53, (9), 28 - 38,   2011年09月
  • 企業からみた大学・大学院教育 (就職難打開への道), 小方 直幸, IDE, (531), 55 - 61,   2011年06月
  • 20章 国立大学が中等後教育段階のアーティキュレーションにおいて果たす役割, 立石慎治, 小方直幸, 国立大学の機能に関する実証的研究:地方国立大学に注目して, 209 - 220,   2011年03月
  • ゲイリー・レイサム著 金井壽宏監訳・依田卓巳訳『ワーク・モティベーション』, 小方 直幸, 大学論集, 42, 409 - 410,   2011年03月
  • 専門学校--職業・実践ベースの教育の実態 (特集 高等教育における職業教育と専門学校の役割), 小方 直幸, カレッジマネジメント, 29, (2), 5 - 13,   2011年03月
  • 大学の経営と事務組織 : ガバナンス,人事制度,組織風土の影響, 両角 亜希子, 小方 直幸, 東京大学大学院教育学研究科紀要, 51, (0), 159 - 174,   2011年
    Management of university becomes a critical issue because of competition for acquiring students due to the declining birthrate. However the research of this area have been mainly focused on the analysis of financial health based on the size or selectivity of universities and professionalization of staff or cooperation between staff and faculty and the approach from the organizational point of view remains unexplored field. This paper examines the university management and organization focusing on private universities. Three areas-governance, personnel system and organizational climate are focused on as the organizational characteristics and the relationship between university organization and adequacy of the student quotas of enrollment is examined. University governance such as strength of autonomy of faculty and president of board of trustees from a founding family or not and organizational climate such as sharing of goals have some important effect on the financial health of universities on the one hand, but personnel system has no clear influence while it improves work motivation of staff.
  • 大学教員の授業への構え : 「自営モデル」と「組織モデル」からの検証, 小方 直幸, 大学経営政策研究, 0, (2), 23 - 40,   2011年
  • 本田由紀[著], 「教育の職業的意義-若者,学校,社会をつなぐ-」, 新書判, 224頁, 本体740円, 筑摩書房, 2009年12月刊, 小方 直幸, 教育社会学研究, 87, 84 - 85,   2010年11月30日
  • 2. 大学教員の教育行動(IV-7部会 大学教員,研究発表IV,一般研究報告), 小方 直幸, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (62), 358 - 359,   2010年09月13日
  • 4. 変貌する大学教授職の国際比較(2) : 有識者調査の分析(IV-7部会 大学教員,研究発表IV,一般研究報告), 有本 章, 大膳 司, 葛城 浩一, 木本 尚美, 長谷川 祐介, 小方 直幸, 村澤 昌崇, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (62), 362 - 367,   2010年09月13日
  • 卒業生調査を用いた大学の教育成果の評価 (特集 認証評価の新段階), 小方 直幸, 大学評価研究, (9), 29 - 39,   2010年09月
  • 人事担当者の大学教育観 (大学とキャリア教育), 小方 直幸, IDE, (521), 50 - 55,   2010年06月
  • 大学教員の学生観の変容 (大学教員の現在), 小方 直幸, IDE, (519), 51 - 56,   2010年04月
  • 第4章 職場における大卒者の能力発揮 (柔軟性と専門性 : 大学の人材養成課題の日欧比較 : 第2部 卒業生のキャリア調査から見た日欧大学教育の諸課題), 小方 直幸, RIHE, 109,   2010年03月31日
  • はしがき (企業からみた専門学校教育), 小方 直幸, 関口 正雄, RIHE, 108,   2010年03月31日
  • 序章 企業調査の狙いと概要 (企業からみた専門学校教育 : 第1部 データ分析編), 小方 直幸, RIHE, 108, 1 - 11,   2010年03月31日
  • 第3章 専門学校教育に対する企業の評価 (企業からみた専門学校教育 : 第1部 データ分析編), 小方 直幸, RIHE, 108, 35 - 43,   2010年03月31日
  • 終章 結論と課題 (企業からみた専門学校教育 : 第1部 データ分析編), 小方 直幸, RIHE, 108, 57 - 60,   2010年03月31日
  • コンピテンス・アプローチ再考, 小方 直幸, 大学論集, 41, 43 - 57,   2010年03月
  • 青島矢一編『企業の錯誤/教育の迷走 : 人材育成の「失われた10年」』, 小方 直幸, 大学論集, 41, 473 - 474,   2010年03月
  • 教育における大学教員のコラボレーション : 「共同教育」の提唱, 小方 直幸, 大学経営政策研究, (1), 131 - 144,   2010年
  • 高等教育研究における大学生調査(III-3部会 大学教育の成果,研究発表III,一般研究報告), 小方 直幸, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (61), 211 - 212,   2009年09月10日
    本部会の目的は、「教育社会学研究における大学生調査の考察」にあるが、「高等教育研究における大学生調査」という視点で報告するスタイルを採用することで、教育社会学的な意義と課題を考える契機としたい。
  • The Changing Academic Profession in Japan (THE CHANGING ACADEMIC PROFESSION OVER 1992-2007 : INTERNATIONAL, COMPARATIVE, AND QUANTITATIVE PERSPECTIVES : Report of the International Conference on the Changing Academic Profession Project, 2009 : Country Rep, Hasegawa Yusuke, Ogata Naoyuki, Report of the Hiroshima International Seminar on Higher Education, 13, 271 - 287,   2009年09月
  • 終章 結論と課題 (専門学校教育と卒業生のキャリア : 第I部 : データ分析編), 小方 直幸, RIHE, 103, 59 - 62,   2009年03月31日
  • 第3章 専門学校教育に対する卒業生の評価 (専門学校教育と卒業生のキャリア : 第I部 : データ分析編), 小方 直幸, RIHE, 103, 49 - 58,   2009年03月31日
  • 序章 卒業生調査の狙いと概要 (専門学校教育と卒業生のキャリア : 第I部 : データ分析編), 小方 直幸, RIHE, 103, 1 - 12,   2009年03月31日
  • はしがき (専門学校教育と卒業生のキャリア), 小方 直幸, 関口 正雄, RIHE, 103,   2009年03月31日
  • 金子元久著『大学の教育力 : 何を教え,学ぶか(ちくま新書679)』, 小方 直幸, 大学論集, 40, 345 - 346,   2009年03月
  • アウトカムアセスメントの可能性(2)教育改善に繋がるアウトカム評価, 小方 直幸, IDE, (508), 64 - 68,   2009年02月
  • 編入学の選択構造に関する考察, 小方 直幸, 立石 慎治, オガタ ナオユキ, タテイシ シンジ, Ogata Naoyuki, Tateishi Shinji, 広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部 教育人間科学関連領域, (58), 293 - 300,   2009年
    The aim of this paper is to analyze the structure of decision-making of students for transfer in short-cycle higher education based on the "Survey on high school students' progression" conducted by Center for Research on University Management and Policy, Tokyo University. After the descriptive analysis, binominal logistic regression model was used for analyzing the structure of decision-making of students for transfer at both time of high school and colleges. The primary results include: 1) Parents' expectation regulates their children's choice. 2) Academic record in junior high school and learning behavior in college affect students' choice. Further analysis of actual result of transfer to university and development of framework of student survey that focuses on another type of minority students remain as future issues.
  • アウトカムアセスメントの可能性(1)学生調査からみたアウトカムの構造, 小方 直幸, IDE, (507), 64 - 68,   2009年01月
  • 総括討論を司会して (知識基盤社会における高等教育システムの新たな展開 : 第35回(2007年度)『研究員集会』の記録 : 討論), 小方 直幸, RIHE, 99, 97 - 99,   2008年07月31日
  • 書評 小杉礼子編『大学生の就職とキャリア--「普通」の就活・個別の支援』, 小方 直幸, 日本労働研究雑誌, 50, (5), 95 - 97,   2008年05月
  • A Review of Studies on Higher Education and the Labour Market in Japan, Ogata Naoyuki, Higher education research in Japan : a COE publication : English versions of articles originally published in Daigaku Ronshu, 5, 89 - 103,   2008年03月
  • 学生のエンゲージメントと大学教育のアウトカム (特集 大学生論), 小方 直幸, 高等教育研究, 11, 45 - 64,   2008年
  • 卒業生による大学教育の成果の点検・評価に関する日欧比較研究(II-7部会 大学評価,研究発表II,一般研究報告), 吉本 圭一, 小方 直幸, 稲永 由紀, 山田 裕司, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (59), 153 - 158,   2007年09月22日
  • 《図書紹介》山本眞一編『大学事務職員のための高等教育システム論 : より良い大学経営専門職となるために』 (山野井敦徳教授退職記念), 小方 直幸, 大学論集, 38, 400 - 401,   2007年03月
  • 第5章 若手研究者の育成 (21世紀型高等教育システム構築と質的保証 : FD・SD・教育班の報告 : 第3部 : 大学教育の到達目標(指標), 到達課程, 効果, 質的保証), 小方 直幸, 北垣 郁雄, COE研究シリーズ, 26, 179 - 189,   2007年02月16日
  • 第3章 大学での学びと卒業後の仕事 : 階層的大学システムの行方 (21世紀型高等教育システム構築と質的保証 : FD・SD・教育班の報告 : 第2部 : 高校・大学教育・社会の接続), 小方 直幸, COE研究シリーズ, 26, 131 - 144,   2007年02月16日
  • 日欧大卒者の大学経験と初期キャリア, 吉本 圭一, 小方 直幸, 稲永 由紀, 山田 裕司,   2007年
  • 本田由紀[著], 『若者と仕事-「学校経由の就職」を超えて-』, A5判, 224頁, 本体3,800円, 東京大学出版会, 2005年4月刊, 小方 直幸, 教育社会学研究, 78, 349 - 351,   2006年05月31日
  • 第1章 学生による教育の質評価の世界的動向 : 豪・英・米の事例 (学生からみた大学教育の質 : 授業評価からプログラム評価へ), 小方 直幸, 杉本 和弘, COE研究シリーズ, 18, 9 - 26,   2006年03月31日
  • 序章 研究の背景と目的 (学生からみた大学教育の質 : 授業評価からプログラム評価へ), 小方 直幸, COE研究シリーズ, 18, 1 - 7,   2006年03月31日
  • はじめに (学生からみた大学教育の質 : 授業評価からプログラム評価へ), 小方 直幸, COE研究シリーズ, 18,   2006年03月31日
  • 大学教育と労働市場の研究 : 回顧と展望, 小方 直幸, 大学論集, 36, 237 - 250,   2006年03月
  • 大学から職業への移行における新卒派遣のインパクト, 小方 直幸, 大学論集, 37, 61 - 77,   2006年03月
  • 大学から職業への移行 : 新卒派遣に着目して(資格と職業), 小方 直幸, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (57), 289 - 290,   2005年09月17日
  • 大学教育の質的保証に関する研究(3) : 教育目的からみた教育改善意識・活動の特徴(大学教育の評価と改善), 有本 章, 北垣 郁雄, 大膳 司, 黄 福涛, 小方 直幸, 大場 淳, 渡辺 達雄, 横山 恵子, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (57), 302 - 307,   2005年09月17日
  • 高等教育と人材育成の日英比較―企業インタビューから見る採用・育成と大学教育の関係―, 吉本圭一, 稲永由紀, 小方直幸, 坂野慎二, 山田裕司, 小杉礼子, 労働政策研究・研修機構労働政策研究報告書, (38), 162P,   2005年08月31日
  • 第3章 民間ビジネススクールの効果 : 社会人大学院との比較 (民間ビジネススクールに関する研究), 小方 直幸, RIHE, 82, 27 - 40,   2005年03月31日
  • 序章 研究の背景 (民間ビジネススクールに関する研究), 小方 直幸, RIHE, 82, 1 - 5,   2005年03月31日
  • はしがき (民間ビジネススクールに関する研究), 小方 直幸, RIHE, 82,   2005年03月31日
  • College to Work Transition in America, Ogata Naoyuki, Higher education research in Japan : a COE publication : English versions of articles originally published in Daigaku Ronshu, 2, 89 - 100,   2005年03月
  • 永野仁編著『大学生の就職と採用 : 学生1,143名, 企業658社, 若手社員211名, 244大学の実証分析』 (有本章教授退職記念), 小方 直幸, 大学論集, 35, 490 - 491,   2005年03月
  • 大学における教育活動の質的保証に関する研究(2) : 教育・授業の改善活動を中心として(大学教育の方法と評価), 有本 章, 北垣 郁雄, 大場 淳, 大膳 司, 黄 福涛, 渡辺 達雄, 小方 直幸, 福留 東土, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (56), 196 - 199,   2004年09月11日
  • 民間ビジネススクールの効果と終了者のキャリア(資格と人材育成), 小方 直幸, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (56), 220 - 221,   2004年09月11日
  • III 高等教育と労働・産業 (1) : 見直されるその関係, 加藤 毅, 畠中 祥, 吉本 圭一, 原山 優子, 塚原 修一, 稲永 由紀, 小方 直幸, 米澤 彰純, 教育社会学研究, 74, 378 - 380,   2004年05月20日
  • 第3章 授業の改善とFDの役割 (FDの制度化に関する研究(2) : 2003年大学教員調査報告), 小方 直幸, COE研究シリーズ, 10, 37 - 48,   2004年03月31日
  • 第10章 広島大学 (大綱化以降の学士課程カリキュラム改革 : 国立大学の事例報告), 串本 剛, 小方 直幸, RIHE, 78, 115 - 126,   2004年03月31日
  • 小池和男・猪木武徳編著『ホワイトカラーの人材形成 : 日米英独の比較』, 小方 直幸, 大学論集, 34, 246 - 247,   2004年03月
  • 「大学教育の職業的レリバンス研究におけるコンピテンシーのインパクト-採用場面に着目して-」『高等教育とコンピテンシー形成に関する日欧比較研究』, 文部省科学研究費補助金(基盤研究(B)(1))研究成果報告書, 71 - 80,   2004年
  • 「教育と就職」『日英大学のベンチマーキング-東大、オックスフォード大、シェフィールド大の詳細比較』, 大総センターものぐらふ、東京大学大学総合教育研究センター, No.3, 51 - 64,   2004年
  • 「授業の改善とFDの役割」『FDの制度化に関する研究(2)-2003年大学教員調査報告-』, COE研究シリーズ、広島大学高等教育研究開発センター, No.10, 37 - 48,   2004年
  • 大卒者の採用と大学教育の職業的レリバンス, 季刊中国総研, No.26, 29 - 33,   2004年
  • 大卒者の採用と大学教育の職業的レリバンス (特集 若者の雇用を考える), 小方 直幸, 季刊中国総研, 8, (1), 29 - 33,   2004年
  • Professional Education Reconsidered : Conflict between Academic Knowledge and Practical Knowledge, Ogata Naoyuki, Higher education research in Japan : a COE publication : English versions of articles originally published in Daigaku Ronshu, 1, 137 - 155,   2003年12月
  • 高等教育と職業に関する日蘭比較―高等教育卒業者調査の再分析―, 吉本圭一, 稲永由紀, ALLEN J, 小方直幸, MENG C, 山田裕司, 小杉礼子, FARAG S, BOONE C, 日本労働研究機構調査研究報告書, (162), 220P,   2003年09月30日
  • 大学における教育活動の質的保証に関する研究(1) : 教育・授業の改善活動を中心として(III-2 高等教育(1)), 有本 章, 北垣 郁雄, 大膳 司, 黄 福涛, 小方 直幸, 大場 淳, 渡辺 達雄, 葛城 浩一, 福留 東土, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (55), 164 - 169,   2003年09月20日
  • 職業的レリバンス研究における大学教育 質問紙調査の能力項目分析, 小方直幸, 広島大学大学院教育学研究科紀要第3部 教育人間科学関連領域, (51), 407 - 413,   2003年03月28日
  • 職業的レリバンス研究における大学教育 : 質問紙調査の能力項目分析, 小方 直幸, オガタ ナオユキ, Ogata Naoyuki, 広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部, 教育人間科学関連領域, 51, (51号), 407 - 413,   2003年03月28日
    Many questionnaire surveys on relevance of higher education to work have been conducted since 1990's in Japan and Western countries. Though in Japan the items of competency used in those surveys are various, the framework of analysis is almost the same in two points. Firstly they are based on academic knowledge and skill and the examination into occupational knowledge and skill is inadequate. Secondly the way of selecting items of competency is based on the standpoint that educational contents are useless to the world of work. This article inspects these methods of research critically from three points of view; an analysis of knowledge and skill selected in questionnaire surveys, a comparative study on the interpretation and an international comparison. As a result some suggestions for reconsidering research methods are presented.
  • 米国科学アカデミーほか編, 小川正賢訳『理工系学生のためのキャリアガイド』, 小方 直幸, 大学論集, 33, 194 - 195,   2003年03月
  • 「大学の包括リスト」『個別大学情報の内容・形態に関する国際比較』, 大総センターものぐらふ、東京大学大学総合教育研究センター, No.2, 5 - 18,   2003年
  • 新卒派遣-大学と職業をつなぐ新たな仕組み, BETWEEN、進研アド, No.199, 17 - 19,   2003年
  • 「大学教育と仕事をつなぐコンピテンシー」『高等教育と職業に関する日蘭比較-高等教育卒業者調査の再分析』, 調査研究報告書、日本労働研究機構, No.62, 33 - 54,   2003年
  • 「高等教育から職業への移行をめぐる1990年以降の政策動向」『高等教育と職業に関する日蘭比較-高等教育卒業者調査の再分析』, 調査研究報告書、日本労働研究機構, No.62, 12 - 32,   2003年
  • 「大学院教育に対する修了者の評価」『社会人大学院修了者の職業キャリアと大学院教育のレリバンス』, 東京大学社会科学研究所研究シリーズ, No.8, 87 - 103,   2003年
  • 京都大学高等教育教授システム開発センター編『大学授業のフィールドワーク : 京都大学公開実験授業』, 小方 直幸, 大学論集, 32, 225 - 226,   2002年03月
  • 大学におけるプロフェッショナル養成 : 大学の知と現場の知の相克, 小方 直幸, 大学論集, 32, 43 - 58,   2002年03月
  • 1990年以降の大卒就職問題 (今月のテーマ 大卒就職構造の変化), 小方 直幸, 現代の高等教育, (437), 11 - 15,   2002年03月
  • 就職研究の課題,大学研究の課題 経営情報学部を事例に, 小方直幸, 広島大学大学院教育学研究科紀要第3部 教育人間科学関連領域, (50), 491 - 499,   2002年02月28日
  • 就職研究の課題、大学研究の課題 : 経営情報学部を事例に, 小方 直幸, オガタ ナオユキ, Ogata Naoyuki, 広島大学大学院教育学研究科紀要. 第三部, 教育人間科学関連領域, 50, (50号), 491 - 499,   2002年02月28日
    ▲▲▲
  • 大学におけるプロフェッショナル養成, 大学論集、広島大学高等教育研究開発センター, 第32集, 43 - 58,   2002年
  • 1990年以降の大卒就職問題, IDE現代の高等教育、民主教育協会, No.437, 11 - 15,   2002年
  • Management of the University in the 21st Century : A Brief Report as the Case of National Universities (University Reforms and Academic Governance : Reports of the 2000 Three-Nation Workshop on Academic Governance), Ogata Naoyuki, R.I.H.E. international publication series, 7, 37 - 41,   2001年03月
  • 丸山文裕著『私立大学の財務と進学者』, 小方 直幸, 大学論集, 31, 246 - 247,   2001年03月
  • 「在学中の就業・学習経験と職場における大学教育の評価」日本労働研究機構『日欧の大学と職業-高等教育と職業に関する12カ国比較調査結果-』, 調査研究報告書、日本労働研究機構, No.143, 81 - 102,   2001年
  • "Management of the University in the 21st Century: A Brief Report as the Case of National Universities" in University Reforms and Academic Governance, International Pubilication Series,RIHE, No.7, 37 - 41,   2001年
  • "Appreciation of Higher Education and Experience During Study Time"『高等教育から職業への移行』, 国際労使関係協会(IIRA)第12回世界会議スペシャルセミナー、日本労働研究機構, 133 - 146,   2001年
  • コンピテンシーは大学教育を変えるか, 小方 直幸, 高等教育研究、玉川大学出版部, 第4集, (0), 71 - 91,   2001年
    <p> During reforms in human resource management, the concept of competency was introduced into the world of work. The characteristics of competency are paying attention to the output or performance of workers and evaluating them according to a behavioral index. This paper examines the actual conditions of competency-based human resource development based on interviews with personnell managers. In these interviews, application of the concept of competency to employment and training is analyzed mainly with respect to its impact on higher education.</p><p> The concept of competency is still ambiguous, however it focuses on the application of knowledge. What competency suggests for higher education is that in addition to the knowledge and skills acquired as outputs of education, the application of knowledge and skills during the process of education is also important.</p><p> Competency is a mere tool in promoting good performance in the business world. However, in the university world, it may be possible that we consider knowledge and skills to be building blocks and to establish training for competency as our educational purpose. We should not be merely following the development of knowledge management in the business world, but maybe become aware of competency concepts and apply them to higher education as well.</p>
  • コンピテンシーと大学教育の可能性, 広島大学大学院教育学研究科紀要, 第3部, (49号), 433 - 440,   2001年
  • 日欧の大学と職業--高等教育と職業に関する12カ国比較調査結果, 吉本 圭一, 小杉 礼子, 小方 直幸, JIL調査研究報告書, (143), 1 - 368,   2001年
  • コンピテンシーは大学教育を変えるか (特集 大学・知識・市場), 小方 直幸, 高等教育研究, 4, 71 - 91,   2001年
  • 大綱化以後の学士課程カリキュラム改革の効果に関する研究(IV-7部会 高等教育(4)), 有本 章, 小方 直幸, 山野井 敦徳, 南部 広孝, 今井 重孝, 村澤 昌崇, 羽田 貴史, 冠野 文, 米澤 彰純, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (52), 292 - 297,   2000年09月15日
  • アメリカの大卒就職 (今月のテーマ 就職危機の時代), 小方 直幸, 現代の高等教育, (418), 59 - 64,   2000年05月
  • アメリカにおける大学から職業への移行, 小方 直幸, 大学論集, No.30, 183 - 196,   2000年03月
  • <センター刊行物紹介>岩内亮一, 苅谷剛彦, 平沢和司編『大学から職業へII : 就職協定廃止直後の大卒労働市場』(高等教育研究叢書52), 小方 直幸, 大学論集, 30,   2000年03月
  • 第10章 学部教育改革に対する教員の意識 (学部教育改革の展開 : 第3部 : 学部教育改革の評価 : 広島大学を事例に), 天野 智水, 小方 直幸, 南部 広孝, RIHE, 60, 153 - 162,   2000年01月10日
  • 第11章 協定廃止後の大学教育 : 学生の就職行動をてがかりに (学部教育改革の展開 : 第3部 : 学部教育改革の評価 : 広島大学を事例に), 小方 直幸, RIHE, 60, 163 - 172,   2000年01月10日
  • アメリカの大卒就職, IDE現代の高等教育、民主教育協会, No.418, 59 - 64,   2000年
  • 「協定廃止後の大学教育」『学部教育改革の展開』, 高等教育研究叢書、広島大学高等教育研究開発センター, 60号, 163 - 172,   2000年
  • 「学部教育改革に対する教員の意識」『学部教育改革の展開』, 高等教育研究叢書、広島大学高等教育研究開発センター, 60号, 153 - 162,   2000年
  • コンピテンシーと大学教育の可能性, 小方直幸, 広島大学教育学部紀要 第3部, (49), 433 - 440,   2000年
  • コンピテンシーと大学教育の可能性, 小方 直幸, 広島大学大学院教育学研究科紀要 第三部 教育人間科学関連領域, (49), 433 - 440,   2000年
  • <センター刊行物紹介>小方直幸著『大卒者の就職と初期キャリアに関する実証的研究 : 大学教育の職業的レリバレンス』(博士論文シリーズ No.1), 小方 直幸, 大学論集, 29,   1999年03月
  • アメリカにおける大学から職業への移行, Ogata Naoyuki, 広島大学大学教育研究センタ-大学論集, 30, 183 - 196,   1999年
  • 大学生の就職行動に関する一考察 : 国立H大学の事例, 小方 直幸, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (50), 81 - 82,   1998年10月30日
  • 大学組織改革の動向(2) : 全国調査を手掛かりにして, 有本 章, 山野井 敦徳, 村澤 昌崇, 小方 直幸, 天野 智水, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (50), 246 - 248,   1998年10月30日
  • I 大学知の再評価 : 高等教育の職業的有意性を中心に, 岩内 亮一, 小方 直幸, 本田 由紀, 小林 信一, 大江 淳良, 浦田 広朗, 教育社会学研究, 62, 116 - 117,   1998年05月10日
  • 大学組織改革の動向 : 全国調査を手掛かりにして, 有本 章, 山野井 敦徳, 村澤 昌崇, 小方 直幸, 天野 智水, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (49), 48 - 52,   1997年10月10日
  • 大学知の職業的連接 : 限界と可能性, 小方 直幸, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (49), 299 - 300,   1997年10月10日
  • 「女子事務職」の形成と融解 (<特集>変貌する女性事務職), 小方 直幸, 金子 元久, 日本労働研究雑誌, 39, (6), 2 - 12,69,   1997年06月
  • 卒業生からみた大学 (今月のテ-マ 学生からみた大学改革--最近の調査から), 小方 直幸, 現代の高等教育, (379), 30 - 35,   1996年08月
  • 大学教育と仕事 : 研究の動向と課題 (関正夫教授退官記念), 小方 直幸, 大学論集, 24, (24), 293 - 308,   1995年03月
  • 職業の知的構造と大学教育 : ブラック・ボックスの中へ(IV-1部会 大学教育後のキャリア), 金子 元久, 小方 直幸, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (46), 213 - 216,   1994年10月08日
  • 短大卒女子の職業キャリアと短大教育の選択, 小方 直幸, 教育社会学研究, 54, (0), 107 - 126,   1994年06月10日
    Junior college has played an important role in the progress of higher education for women in Japan, but its future is becoming uncertain. Due to the anticipated decrease in the population at college-going age, and also to the changes in work style and the attitude toward work among women, junior colleges may lose clients to four-year institutions. Whether it happens, or to what degree, depends on many factors. One of them is the degree to which junior colleges are succeeding in preparing students for jobs and how this will change in the future. From these perspectives, this paper analyses the vocational careers among female graduates from junior colleges and the way in which they chose their junior college based on a tracer survey conducted in 1991. In the first section, the macroscopic trends of employment among junior college graduates are briefly discussed. In the following section, the microscopic aspects of their career are analysed, focusing on the motives underlying job selection, the wages, other working conditions and career prospects, and relevance of what is taught in junior college to the knowledge or skills required in the work place. In the third section, the determining factor in the choice of junior college is discussed on the basis of the findings in the second section. In conclusion, it is argued that the present function of junior college in preparing students for jobs poses many problems regarding graduates' vocational career. However, its function is supported by two factors; on the one hand, the lack of interest among many young women in a life-long career, and on the other, the stable demand for clerical workers among employers. To the extent that these two factors remain intact, the role of junior college is assured.
  • 第3章 大学教育の経験とその評価 (卒業生からみた広島大学の教育 : 1993年卒業生調査から), 小方 直幸, RIHE, 27, 35 - 54,   1994年03月30日
  • 戦後大卒労働市場の構造変動, 小方 直幸, 大学論集, 23, (23), 329 - 344,   1994年03月
  • 大学教育と仕事--研究の動向と課題, 小方 直幸, 広島大学大学教育研究センタ-大学論集, p293 - 308,   1994年
  • 卒業生からみた大学教育 : 国立H大学の場合(I-4部会 大学と職業), 金子 元久, 山内 乾史, 小方 直幸, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (45), 44 - 49,   1993年10月09日
  • 大学教授職国際調査〔1992年〕の中間報告(III-5部会 高等教育(2)), 有本 章, 江原 武一, 山野井 敦徳, 相原 総一郎, 山内 乾史, 阿曽沼 明裕, 小方 直幸, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (45), 221 - 226,   1993年10月09日
  • VIII章 アカデミック・ライフの国際交流 (大学評価と大学教授職 : 大学教授職国際調査(1992年)の中間報告 : 第二部 大学教授職国際調査の報告 : 日本編), 小方 直幸, RIHE, 21, 72 - 78,   1993年03月30日
  • 戦後大卒労働市場の構造変動, 小方 直幸, 大学論集, p329 - 344,   1993年
  • 第1章 卒業生と就業構造 (短期大学教育と現代女性のキャリア : 卒業生追跡調査の結果から), 小方 直幸, RIHE, 18, 13 - 50,   1992年03月31日
  • 1 短期大学教育と現代女性のキャリア(I-6部会 女性の教育と職業), 亀田 温子, 金子 元久, 濱名 篤, 古川 敦, 小方 直幸, 日本教育社会学会大会発表要旨集録, (43), 55 - 60,   1991年10月19日
  • "Management of the University in the 21st Century: A Brief Report as the Case of National Universities" in University Reforms and Academic Governance, International Pubilication Series,RIHE, No.7, 37 - 41,   2001
  • "Appreciation of Higher Education and Experience During Study Time"『高等教育から職業への移行』, 133 - 146,   2001
  • Competency and Possibility of College Education, Bulletin of the Faculty of Education, Hiroshima University,   2001
  • College graduates employment in America, No.418, 59 - 64,   2000
  • College Education after abolition of "Shushoku Kyotei", Reviews in Higher Education,   2000
  • Reform of Undergraduate Education from the perspective of Faculty, Reviews In Higher Education,   2000

書籍等出版物

  • 大学マネジメント論, 小方, 直幸, 放送大学教育振興会,   2020年03月, ISBN:9784595322075
  • 大学経営・政策入門, 東京大学大学院教育学研究科大学経営・政策コース, 東信堂,   2018年08月, ISBN:9784798915074
  • 大学教育の組織的実践 : 小学校教員養成を事例に, 広島大学高等教育研究開発センター, 小方, 直幸, 村澤, 昌崇, 高旗, 浩志, 渡邊, 隆信, 広島大学高等教育研究開発センター,   2015年03月, ISBN:9784902808902
  • 教育する大学 : 何が求められているのか, 廣田, 照幸, 田中, 毎実, 小方, 直幸, 吉田, 文, 後藤, 昭, 木村, 定雄, 亀山, 俊朗, 吉見, 俊哉, 岩波書店,   2013年11月, ISBN:9784000286152
  • 『新しい時代の教育社会学』, 加野芳正, 越智康詞編著, 分担執筆, 「学歴と職業」,   2012年
  • 大学から社会へ : 人材育成と知の還元, 小方, 直幸, 玉川大学出版部,   2011年02月, ISBN:9784472404139
  • 『教育・学習過程の検証と大学教育改革』高等教育ライブラリ1, 東北大学高等教育開発推進センター編, 分担執筆, 「学生調査を用いた教育改善に向けた理論的フレームワークの構築」, 東北大学出版会,   2011年
  • 『変貌する世界の日本の大学教授職』, 有本章編著, 分担執筆, 「アカデミック・キャリア」, 玉川大学出版部,   2011年
  • 『大学から社会へ』リーディングス日本の高等教育4巻, 小方直幸編, 玉川大学出版部,   2011年
  • 企業からみた専門学校教育, 小方, 直幸, 広島大学高等教育研究開発センター, 広島大学高等教育研究開発センター,   2010年03月, ISBN:9784902808551
  • 若者の働きかた, 小杉, 礼子, 筒井, 美紀, 本田, 由紀, 坂野, 慎二, 上西, 充子, 小方, 直幸, 岩間, 夏樹, 堀, 有喜衣, 久木元, 真吾, ミネルヴァ書房,   2009年08月, ISBN:9784623052691
  • 専門学校教育と卒業生のキャリア, 小方, 直幸, 関口, 正雄, 立石, 慎治, 李, 敏, 久保谷, 富美男, 高村, 雅行, 伊藤, 忠雄(専門学校教員), 広島大学高等教育研究開発センター,   2009年03月, ISBN:9784902808490
  • 『若者の働き方』, 小杉礼子編著, 分担執筆, 「若者のキャリアと大学」, ミネルヴァ書房,   2009年
  • 『大学と社会』, 安原義人, 大塚豊, 羽田貴史編, 分担執筆, 「多様化する学生」, 放送大学出版会,   2008年
  • 『教育から職業へのトランジション』, 山内乾史編著, 分担執筆, 「大学から職業への移行をめぐる日本的文脈」, 東信堂,   2008年
  • 『変貌する日本の大学教授職』, 有本章編, 分担執筆, 「学生観-大衆化への対応」,   2008年
  • 多様化する学生, 小方, 直幸, 放送大学学園, 放送大学教育振興会,丸善株式会社出版事業部映像メディアグループ (発売),   2008年
  • 民間ビジネススクールに関する研究, 小方, 直幸, 福留, 東土, 串本, 剛, 広島大学高等教育研究開発センター,   2005年03月, ISBN:4902808021
  • 『教育社会学』, ハルゼー・ローダーブラウン・ウェルズ(住田, 秋永, 吉本編訳, 単訳, 「教育・技能形成・経済発展-シンガポールの取り組み-」, 九州大学出版会,   2005年
  • 『高等教育と人材育成の日英比較』, 労働政策研究研修機構, 分担執筆, 「大卒採用の仕組みと大学教育の職業的レリバンス」,   2005年
  • 学士課程教育の改革, 絹川, 正吉, 舘, 昭, 池田, 輝政, 小笠原, 正明, 岩見, 和彦, 井門, 富二夫, 小方, 直幸, 坂柳, 恒夫, 山田, 礼子, 清水, 一彦, 吉田, 文, 安岡, 高志, 於保, 幸正, 分担執筆, 「21世紀の大卒労働市場」, 東信堂,   2004年01月, ISBN:488713536X
  • 『高等教育と職業に関する日蘭比較-高等教育卒業者調査の再分析』, 日本労働研究機構, 共著, 「高等教育から職業への移行をめぐる1990年以降の政策動向」「大学教育と仕事をつなぐコンピテンシー」,   2003年
  • 『社会人大学院修了者の職業キャリアと大学院教育のレリバンス』, 東京大学社会科学研究所, 分担執筆, 「大学院教育に対する修了者の評価」,   2003年
  • 『大学のカリキュラム改革』, 有本章編, 分担執筆, 「学力形成とその測り方」, 玉川大学出版部,   2003年
  • 『大学院教育の国際比較』, クラーク(有本章, 単訳, 「アメリカ」「探求の場」, 玉川大学出版部,   2002年
  • 『日欧の大学と職業-高等教育と職業に関する12ケ国比較調査結果-』, 日本労働研究機構, 分担執筆, 「在学中の就業・学習経験と職場における大学教育の評価」,   2001年
  • 大卒者の就職と初期キャリアに関する実証的研究-大学教育の職業的レリバンス-, 小方直幸, 広島大学大学教育研究センター,   1998年
  • 『大学教授職の使命-スカラーシップ再考-』, ボイヤー(有, 単訳, 「学識とコミュニティ」, 玉川大学出版部,   1996年
  • 『大学教授職の国際比較』, 有本章, 江原武一編, 分担執筆, 「仕事に伴う緊張とその背景」, 玉川大学出版部,   1996年
  • 『大卒者の初期キャリア形成ー「大卒就職研究会」報告-」』, 日本労働研究機構, 分担執筆, 「大学教育の経験とその評価」,   1995年
  • 卒業生からみた広島大学の教育 : 1993年卒業生調査から, 金子, 元久, 山内, 乾史, 小方, 直幸, 広島大学大学教育研究センター, 広島大学大学教育研究センター,   1994年03月, ISBN:4938664275
  • The Changing Academic Profession in International and quantitative Perspectives: A Focus on Teaching and Research Activities, Research Institute for Higher Education, Joint author, "Convergence and Divergence of Teaching and Research Activities in the Japanese Academic Profession",   2010
  • The Changing Academic Profession over 1992-2007: International, Comparative, and Quantitative Perspectives, Research Institute for Higher Education, Joint author, "The Changing Academic Profession in Japan",   2009
  • Competencies, Higher Education and Career in Japan and the Netherlands, Allen, Inenaga, Velden, Yoshimoto, Contributor, "Competency Acquired in the University and Required at the Workplace""Policies on the Transition from Higher Education to Employment since the 1990s", KLUWER Academic Publishers,   2007

競争的資金

  • 制度創設期専門職大学・短大の教育・学習に関する基盤的研究, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B),   2020年04月01日 - 2025年03月31日
  • 高等教育のユニバーサル・アクセス時代における短期大学の総合的研究, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B),   2020年04月01日 - 2024年03月31日
  • 第三段階教育における往還的コンピテンシー形成と学位・資格枠組みの研究, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A),   2019年04月01日 - 2022年03月31日
  • 複合的なデータ・統計手法の利用に基づく高等教育の経済・社会的効果の計測と検討, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B),   2018年04月01日 - 2022年03月31日, 本研究では、大学・大学院教育の経済・社会的効果の計測に関して、異なる3種類のデータに異なる3種類の統計手法を対応させ、3つの課題に取り組むことを述べている、課題Ⅰとしては、PIAAC(国際成人力調査)データを用いて共分散構造分析を実施する予定であるが、その前段階の分析としてパス解析を実施して大学・大学院教育の経済・社会的効果についての分析を進めた。この結果、社会的効果の一つとして考えられる「信頼」に関して教育が統計的に有意な効果を持っており、さらにこうした「信頼」が経済的効果として考えられる賃金に影響を与えていることが確認された。この他に以上の補完的分析として、大学教育の経済的効果に関して、内部収益率法を用いた分析を行った。中でも女子に関する大学教育の効果については、そのキャリアパターン別に分析を行い、女子にとっての大学教育が様々なキャリアにおいても総じて経済的効果を有することを明らかにした。 課題Ⅱでは、本科研で実施する社会人調査(WEB調査会社による3000~5000人規模の社会人調査)において、生得的能力や家庭背景などに影響を受けない純粋な「教育」変数の生成を可能とする変数(操作変数例:18時点での居住地から一定の通学時間で通うことが出来る大学があったか否か、また大学数などから教育年数を推計)を用いて、操作変数法による分析を行うための先行研究の収集・整理や統計的手法そのものについての検討を進めた。最後に課題Ⅲとして、こちらも本科研で実施する一卵性双生児データ(WEB調査会社(一卵性双生児調査の実績あり)による500~1000人規模による一卵性双生児調査)を用いて、固定効果分析による分析を行うための、調査の実施方法についての検討や統計的手法についての検討を同じく進めた。
  • 大学教育改革の動態とその規定要因, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A),   2018年04月01日 - 2021年03月31日, 研究第1年目の今年度においては以下の作業を行った。 1)研究の目的である、大学生の学修行動の調査について、その理論的な基盤を検討した。そのため、アメリカにおける学生調査および大学教育の基本文献をサーベイするとともに、我が国で行われてきた各種調査についてサーベイを行った。それに基づいて、我々の行った第一回全国学生調査(2008年)に基づいて、その後の学生の学修行動の変化を調査する、という研究計画を確認た。 2)上の結果に基づいて、学生調査の質問票の作成、調査対象の選択、および調査計画を策定した。これに基づいて、我々がおこなった第一回全国学生調査(2008年)に回答していただいた127大学、288学部に調査票を送付した。その結果、2018年末までに154学部、32,900人の在学生から回答を得ることができた。前回調査の後に、独自あるいは調査会社による学生調査を行うようになっており、我々の調査と重複するために、協力が得られなかった学部が多かったことも分かった。 3)ここから得られたサンプルについて、分析作業を進めつつある。まだ簡単な分析の段階であるが、とくに学修時間については、前回調査から大きく増大したように見えないことが明らかになった。ただし、質問票のワ―ディングを少し変えており、その影響もある程度あるかもしれない。 いずれにしても、10年を経ても学生の学修時間に目立った変化がないことが確認され、これと大学の機関特性および教員の意識とに、どのような関係があるかを分析することが第2年度めの課題である。
  • 大学の上級管理職養成のための基礎的研究とアクションリサーチ, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B),   2017年04月01日 - 2021年03月31日, 本科研では大学の上級管理職の育成に関する基礎的な研究とアクションリサーチを行うことを目的としている。2018年度は主に以下の5つの作業を行った。 第一は、昨年度に実施してきた学長・学長経験者に対するインタビュー調査の追加実施と、それらの分析である。学長自身が考える学長のリーダーシップ像、学長たちがどにょうに育ってきたのか、どのような能力養成を望ましいと考えているかについて、複数回の口頭発表をするとともに、「名古屋高等教育研究」に論文を投稿し掲載された。第二は、学長研修の試行、アクションリサーチの実施である。2018年12月末に各種大学団体の後援を得て、私立大学の初任者学長セミナーを実施した。当初20名の定員で募集をしたが、非常に反響が大きく、就任1年未満の初任者学長・学長就任予定者30名が参加した。班別討議等を通じて、初任者学長の研修ニーズを具体的に把握するとともに、ネットワーク構築をサポートする礎を構築できた。このセミナー実施の概要を新聞記事に寄稿し、大きな反響を得ている。第三は、海外の大学上級管理職研修の大学院で行われているケースメソッド教授法について学び、日本での研修等におけるその適応可能性を探ると同時に、ケースディスカッションとケースライティングについて学んだ。第四は、大学の財務担当理事に対するアンケート調査を実施した。2019年2月に実施し、42%の財務担当理事から回収できた。このアンケートで、大学の財務運営の課題、財務分析の実態、財務担当理事の仕事についての基礎的な事実を把握し、次年度の財務担当理事研修にむけた準備をしている。第五は、次年度に実施予定の教学担当理事に対するアンケートの実施に向けた準備を行った。
  • 国立大学改革と人文社会系学問の役割・課題, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B),   2016年04月01日 - 2020年03月31日, 本研究は、世界的に大学を取り巻く環境が変化し、かつ重要性が高まっているにもかかわらず、研究上も実践上も確立途上にある、大学の組織的改編を取り上げ、政治・社会的文脈の影響下にある学問のあり様を捉える研究枠組を、人文・社会系学問を対象に構築することを目的としている。中でも、国立大学の人文社会系学部の改組を中心に取り上げ、改革の背景、力学、そして過程を明らかにすることで、人文社会系の教育並びに学問のあり方を考察することに主眼をおいている。 一年目に実施したマクロ統計に基づく人社系の日本的特性の分析や改組の全体状況を踏まえ、本年度はまず、昨年実施できなかった海外における人文社会系教育の動向について訪問調査を実施した。訪問先は台湾、中国、そして英国の3ヶ国で、何れの国においても、エンプロイアビリティに対する要求を受けて、複数の学問分野(例えば語学と経営)を学ぶ人社横断的プログラムや、企業と連携したプログラムの構築を試みている実態を明らかにした。またその取り組みは、学士課程の教育組織の構造とも関連していることがわかった。 他方で、我が国における国立大学において新たに設置ないし改組が行われた人文社会系の学部に対する訪問調査を実施し、人事やカリキュラムの作成に関して、文科省や学内とのやり取りについてインタビュー調査を実施し、また学部等設置認可申請書類や学内研究者要覧等を用いて、組織、専門分野をめぐる人の異動状況やカリキュラムの構造に関する客観的な分析を併せて行った。当該大学の持つ資源の状況に依存しつつ、学部名称からは判断できない各大学の文脈・戦略に基づく特徴のある取り組みを行っていることが明らかとなった。
  • 「国立大学改革と人文社会系学問の役割・課題」, 科学研究費補助金基盤研究(B),   2016年04月 - 2020年03月
  • 大学組織の構造・機能とその変容可能性, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A),   2015年04月01日 - 2018年03月31日, この研究は、①日本の大学の組織形態には国際的にみればどのような特徴があり、それがどのような内的構造によって支えられているのか、②それがどのように、社会経済的な要因の中で規定されているのか、そして③組織構造を変革するにはどのような可能性があり、また条件が必要であるのか、をA.国際調査・比較、B.日本における事例調査分析、C.大学・学部データの作成とその分析、の三領域での実証分析を基礎として明らかにした。
  • 現代日本の教育政策分析のためのアーカイブズ学の創築, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究,   2015年04月01日 - 2018年03月31日, 本研究は、現代日本の教育政策を分析するための新たなフレームワークを構築することを目指したものである。1年目は、3学会を対象に教育政策資料の意向調査を行い、本取組に対する研究界の需要が少なくないことを明らかにした。2年目は、初等中等教育政策のうち、道徳教育の教科化を取り上げ、政策関連の公開資料を収集すると同時に、公務員以外の各部会委員等への訪問調査を実施した。最終年度は、政策情報を得る上で課題となる公務員の守秘義務を検討し、記録保存と公務員の守秘義務の関係についての覚書を作成し、公務員に対する訪問調査の実施に着手した。本研究は資料公開を目的としておらず、収集した情報は厳重に保存することとした。
  • キャリア・職業教育による高等教育の機能的分化と質保証枠組みに関する研究, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A),   2013年04月01日 - 2018年03月31日, 本研究は、ユニバーサル化した第三段階教育システムを対象とし、大学型・非大学型の教育プログラム単位での機能的分化と質保証のあり方を探究した。 教育の目的・方法・統制の観点で、学術型とキャリア・職業型の教育を実証的に把握した。(1)共同IR型卒業生調査から学修成果の修得と活用、コンピテンシーの必要と修得という2つのベクトルがみられた。(2)非大学型教員調査の結果から機関の職業・地域志向性と個人の研究志向性との葛藤がみられた。(3)WILなどカリキュラム調査から教育高度化と内外ステークホルダー関与の方向性について、分野別の特徴を把握した。(4)国家学位資格枠組(NQF)から日本への示唆が得られた。
  • 「現代日本の教育政策分析のためのアーカイブズ学の創築」, 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究,   2015年 - 2017年
  • 大学教育の組織的実践に関する基礎的研究, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B),   2013年04月01日 - 2016年03月31日, 大学教育の組織的実践を事例的に考察するため、小学校教員養成を取り上げ、機関の小学校教員への参入というマクロ的動向や、特定機関の小学校教員養成の取組という事例的考察を踏まえ、小学校教員養成のプログラム調査並びに、小学校教員に対する実践調査を実施した。小学校教員養成に特化した大学や学部が少ないという文脈下で、小学校教員養成の独自性や専門性を構築した教育プログラムは十分展開していないこと、教員採用後、特定の教科には自信をもって教育実践できているものの、教科の指導力を複数の教科にまで拡げることができている教員は少なく、またそうした研修の機会も十分に保障されていないことが明らかとなった。
  • 大学における学術管理職と経営管理職の相互作用システムに関する国際比較研究, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A),   2012年10月31日 - 2016年03月31日, 大学が自立した学術経営体として環境変化に迅速かつ柔軟に変化に対応するためには、大学のガバナンスとマネジメントの改革が喫緊の課題となっている。本研究は、マネジメントの側面に注目し、国際比較を行い、主として学術面のマネジメントに従事する「学術管理職」と財務や総務といった間接部門のマネジメントに従事する「経営管理職」の相互作用の分析を行った。その結果、 日本の大学に比して、海外大学では二つの経営層の一層の職位分化と専門職化が進行していること。にもかかわらず、二つの経営層が機能し、影響力を及ぼしているドメインには共通性が見られること。しかし、職能形成には大きな相違が見られることが明らかになった。
  • 大学政策に対する世論の構造と形成, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 挑戦的萌芽研究,   2013年04月01日 - 2015年03月31日, 本研究は、高等教育政策の世論の構造と形成機能を萌芽的に解明することにあり、全省庁の政策案件のパブリック・コメントデータベースをe-GOVを基に作成した上で、文科省に考察対象を絞り、局別のパブリック・コメントの構造を明らかにした。局により案件数や公募タイプ別の案件分布が異なり、意見数についても公募タイプの相違を超えて、局別の特性の存在が析出された。他方で、意見の反映状況は、行政手続法に基づく案件に限定されてしまい、意見のまとめ方も定型的なフォーマットが存在しておらず、マクロの量的な分析から得られる知見に一定の意義はあるものの、意見反映までを見据えた考察には限界があることも、改めて明らかとなった。
  • 大学の環境適応:組織構造・規模の成立と変容に関する分析と適正性の推定, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C),   2012年04月01日 - 2015年03月31日, ・大学の環境適応の例として、近年増大する大学教員の管理運営時間を最小化可能な研究室の人員規模と範囲(構成)を計量・数理により分析し、専門分野に応じた人員規模・構成の最適解が見いだされた。さらに、環境適応策として、管理職が選択する大学機能の方向性と要因の分析を行い、「世界的研究大学」の選択が学生・予算規模に応じ、経年(2005~2012)で格差が拡大し、且つ予算の規定力が経年で低下していることが発見された。 ・アメリカへの訪問調査では、学科・職階の撤廃、教員学生間の文化の共有、学外の企業・団体との連携、学際的組織学習、新設校、小規模校等が重要な条件だと認識していることが明らかになった。
  • 国際的な環境変化に伴う我が国の高等教育システムの機能別分化と規模適正化, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B),   2011年04月01日 - 2015年03月31日, 本研究の目的は、我が国の学士課程教育において機関レベルで分化が進行する学習の実態と政府が進めようとする研究の規模に応じた機能別分化との間の整合性を確認することにある。 全国調査を用いた量的研究では、我が国の国立大学工学部に10.1%の主体的学習者が存在し、主体的学習者の機関間分布と大学院の規模との間に関連性がないことが明らかになった。 また、日米の先進的教育に関する質的研究では、大学関係者が、小規模、学科のない柔軟な構造、平等な人間関係、メンバーの文化的統合、企業との協力関係といった組織の特性を重視していることがわかった。その特性が主体的に行動するエンジニアの育成を可能にしている。
  • 「大学教育の組織的実践に関する基礎的研究」, 科学研究費補助金基盤研究(B),   2013年 - 2015年
  • 21世紀型アカデミック・プロフェッション展開の国際比較研究, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A),   2010年04月01日 - 2014年03月31日, 研究の全体構想に基づいて,大学教授職(アカデミック・プロフェッション, AP)の全体像を国際比較研究によって体系的に究明した。 具体的には、世界最初の大規模なAP国際調査であるカーネギー調査(1992)を踏襲した世界の19カ国を対象としたCAP調査(2007)やアジアの6カ国を対象としたAPA調査(2012)から得たデータを用いて各国の大学教授職のモデルを徹底分析した。
  • 「大学政策に対する世論の構造と形成」, 科学研究費補助金挑戦的萌芽研究,   2013年 - 2014年
  • 大学教育のガバナンス, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B),   2010年 - 2012年, 大学教育の組織的実践に不可欠な教員のコラボレーションについて考察し、先行研究のレビューを行い、その困難性を解明する一方、既存の大学教員調査の再分析と新たに実施した大学教員の行動分析から、教育時間の構造分析や研究室・ゼミベースの教育を重視している実態を明らかにし、さらに、教育学部の教育改革を取り上げたケース・スタディを実施し、授業改革にとどまらない、入試や就職支援も含めた長期にわたる組織的な教育改革のメカニズムを析出した。
  • 「大学教育のガバナンス」, 科学研究費補助金基盤研究(B),   2010年 - 2012年
  • 非大学型高等教育と学位・資格制度に関する研究, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(A),   2009年 - 2012年, 本研究は、「非大学型高等教育」としての短期大学・専門学校などに焦点をあて、これらの機関における教育プログラムの特質を「統制と調整の主体」、「教育の目的・目標」、「教育の方法」の3つの観点から検討し、大学の学術型アプローチと対比しながら職業教育型アプローチの固有性を実証的に解明しようとした。また、政策科学的研究として、非大学型制度の社会的認知と質保証に係る国家的学位・資格枠組みの可能性を探究した。
  • 教職協働時代の大学経営人材養成方策に関する研究, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(B),   2009年 - 2011年, 知識基盤社会化、18歳人口の長期減少など大きく変貌する環境に対応して、これにふさわしい大学経営人材とは何かということを問題意識に、教職協働の中でその経営人材を養成するかの方策を見出すことがこの研究の目的である。従来この分野の研究は事務職員の在り方に偏る傾向があったため、本研究では職員に加えて、役員や教員にも対象を広げ、アンケート調査の分析等を通じて、これからの大学の経営人材として何が必要か、そして養成のためにはどのような方策が有効かについて明らかにした。
  • 専門学校の教育と卒業生のキャリア, 日本学術振興会, 科学研究費助成事業 基盤研究(C),   2007年 - 2009年, 専門学校教育の機能を卒業生調査、企業調査を通じて検証した。専門学校教育は、進学時に十分でなかった職場で継続して学ぶ力を身につけさせている一方で、職業教育としてどの水準まで担保できているかは必ずしも明確でなく、将来的な課題として残されていること、卒業生のコアな就職先である中小企業における初期キャリアが、専門学校での学習を活かし処遇も考慮しているものとそうでないものとに二極化しており、専門学校教育の評価を左右するという意味でも、専門学校の教育だけでなく、卒業生を活用するキャリアを用意できているかという就職先の質も課題であることを明らかにした。
  • 「専門学校卒業生のキャリアと専門学校教育」, 科学研究費補助金基盤研究(C),   2007年 - 2009年
  • 「新規大卒者の職業への移行形態に関する研究」, 科学研究費補助金若手研究(B),   2004年 - 2006年
  • 「大学教育の職業的レリバンスを測定する能力指標の開発に関する基礎的研究」, 科学研究費補助金若手研究(B),   2002年 - 2003年
  • 「大卒者の就業構造と初期キャリアに関する実証的研究」, 特別研究員奨励費,   1998年 - 1998年
  • Study on the employment of collge graduates