詳細検索はこちら

野中 康宏 ノナカ ヤスヒロ

所属
医学部
医学科
職名助教
Last Updated :2019/04/12

研究者基本情報

学歴

  •  - 2009年, 北海道大学, 理学院, 生命理学専攻
  •  - 2006年, 北海道大学, 理学研究科, 生物科学専攻
  •  - 2004年, 北海道大学, 理学部, 生物科学科

学位

  • 博士(理学), 北海道大学

所属学協会

  • 日本生化学会
  • 日本蛋白質科学会

経歴

  •   2009年,  国立大学法人北海道大学大学院理学研究院, 博士研究員

研究活動情報

研究分野

  • 生物科学 / 構造生物化学
  • 生物科学 / 生物物理学

研究キーワード

    蛋白質科学, 構造生物学, レクチン

Misc

  • Spontaneous Asparaginyl Deamidation of Canine Milk Lysozyme under Mild Conditions, Yasuhiro Nonaka, Tomoyasu Aizawa, Daisuke Akieda, Masanori Yasui, Masahiro Watanabe, Nobuhisa Watanabe, Isao Tanaka, Masakatsu Kamiya, Mineyuki Mizuguchi, Makoto Demura, Keiichi Kawano, Proteins: Structure, Function, and Bioinformatics, 72, (1), 313,   2008年07月, [査読有り]
  • X-ray crystallography and structural stability of digestive lysozyme from cow stomach, Yasuhiro Nonaka, Daisuke Akieda, Tomoyasu Aizawa, Nobuhisa Watanabe, Masakatsu Kamiya, Yasuhiro Kumaki, Mineyuki Mizuguchi, Takashi Kikukawa, Makoto Demura, Keiichi Kawano, FEBS Journal, 276, (8), 2192,   2009年04月, [査読有り]
  • STPR, a 23-Amino Acid Tandem Repeat Domain, Found in the Human Function-Unknown Protein ZNF821, Yasuhiro Nonaka, Hideki Muto, Tomoyasu Aizawa, Etsuro Okabe, Shohei Myoba, Takuya Yokoyama, Shin Saito, Fumie Tatami, Yasuhiro Kumaki, Masakatsu Kamiya, Takashi Kikukawa, Mineyuki Mizuguchi, Shigeharu Takiya, Masataka Kinjo, Makoto Demura, Keiichi Kawano, Biochemistry, 49, (38), 8367-8375,   2010年09月, [査読有り]
  • Optimization of the inter-domain structure of galectin-9 for recombinant production, Aiko Itoh, Youko Fukata, Hiroshi Miyanaka, Yasuhiro Nonaka, Takashi Ogawa, Takanori Nakamura, Nozomu Nishi, (23), 920-925,   2013年08月, [査読有り]
  • Self-association of the galectin-9 C-terminal domain via the opposite surface of the sugar-binding site., Yasuhiro Nonaka, Takashi Ogawa, Souichi Oomizu, Shin-ichi Nakakita, Nozomu Nishi, Shigehiro Kamitori, Mitsuomi Hirashima, Takanori Nakamura, 153, (5), 463-471,   2013年02月, [査読有り]
  • Crystal structure of a Xenopus laevis skin proto-type galectin, close to but distinct from galectin-1., Yasuhiro Nonaka, Takashi Ogawa, Hiromi Yoshida, Hiroki Shoji, Nozomu Nishi, Shigehiro Kamitori, Takanori Nakamura, Glycobiology, 25, (7), 792-803,   2015年07月, [査読有り]

講演・口頭発表等

  • ガレクチン-1の糖鎖特異性および多量体構造とアポトーシス誘導活性の相関について, 2017年度生命科学系学会合同年次大会,   2017年
  • ヒトガレクチン-1とツメガエルガレクチン-Vaの比較による、ガレクチンの構造と機能についての解析, 第89回日本生化学会大会,   2016年
  • ヒトガレクチン-1とツメガエルガレクチン-Vaの糖鎖選択性を決める構造的要因について, 第16回日本蛋白質科学会年会,   2016年
  • ツメガエル皮膚ガレクチンの立体構造とアロステリックな挙動についての解析, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会(合同大会),   2015年
  • ツメガエル消化管およびヒト大腸がん細胞におけるガレクチン-4の発現及び機能解析, 第38回日本分子生物学会年会、第88回日本生化学会大会 合同大会,   2015年
  • ツメガエル由来の二種のプロト型ガレクチンついてのX線結晶構造解析, 第14回四国免疫フォーラム,   2015年
  • ツメガエル皮膚ガレクチンの構造・機能解析とgalectin-1との比較, 第15回日本蛋白質科学会年会,   2015年
  • アフリカツメガエル皮膚由来ガレクチンの立体構造と機能の解析, 第87回日本生化学会大会,   2014年
  • アフリカツメガエルの皮膚および遍在型ガレクチンの立体構造解析, 第14回日本蛋白質科学会年会,   2014年
  • ガレクチン-9のN、C末端ドメインの構造およびリガンド相互作用についての解析, 第86回日本生化学会大会,   2013年
  • タンデムリピート型ガレクチン-9のNおよびC末ドメインの水溶液中での挙動の解析, 第13回日本蛋白質科学会年会,   2013年
  • タンデムリピート型ガレクチン-9の二つの糖結合ドメインについてのNMRを用いた解析, 第85回日本生化学会大会,   2012年
  • 免疫調節蛋白質ガレクチン‐9のNMRを用いた解析, 第11回四国免疫フォーラム,   2012年
  • タンデムリピート型ガレクチン-9のC末側糖認識ドメインの役割について, 第84回日本生化学会大会,   2011年
  • アフリカツメガエル消化管におけるガレクチンファミリーの発現解析, 国立京都国際会議場,   2011年

競争的資金

  • ガレクチン-糖鎖相互作用についての構造生物学的解析,   2010年