詳細検索はこちら

張 性洙 チョウ ソンス

所属
医学部
医学科
職名助教
Last Updated :2020/09/17

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:00419508

学歴

  • 2009年04月 - 2013年03月, 香川大学, 大学院
  • 1994年04月 - 2001年03月, 香川医科大学, 医学部

学位

  • 医学博士, 香川大学

所属学協会

  • 日本呼吸器学会
  • 日本肺癌学会
  • 日本内視鏡外科学会
  • 日本胸部外科学会
  • 日本外科学会
  • 日本呼吸器外科学会

経歴

  • 香川大学 医学部 附属病院, 助教

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス / 呼吸器外科学

研究キーワード

    気管, ナビゲーション, 区域切除, 再生, 肺癌

論文

  • Anomalous right upper lobe pulmonary veins draining posterior to the pulmonary artery., Otsuki Y, Go T, Chang SS, Matsuura N, Yokomise H, General thoracic and cardiovascular surgery, General thoracic and cardiovascular surgery, 67, (10) 901 - 903,   2019年10月, [査読有り]
  • Lymphatic invasion is a cause of local recurrence after wedge resection of primary lung cancer., Matsuura N, Go T, Fujiwara A, Nakano T, Nakashima N, Tarumi S, Chang SS, Yokomise H, General thoracic and cardiovascular surgery, General thoracic and cardiovascular surgery, 67, (10) 861 - 866,   2019年10月, [査読有り]
  • Intraoperative computed tomography after tumor marking with metal clips for non-palpable lung tumors., Tokunaga Y, Chang SS, Kita Y, Okamoto T, Journal of thoracic disease, Journal of thoracic disease, 10, (7) 4094 - 4100,   2018年07月, [査読有り]
  • Intraoperative Computed Tomography Navigation During Thoracoscopic Segmentectomy for Small-sized Lung Tumors, Sung Soo Chang, Taku Okamoto, Yoshimasa Tokunaga, Takayuki Nakano, Seminars in Thoracic and Cardiovascular Surgery, Seminars in Thoracic and Cardiovascular Surgery, 30, (1) 96 - 101,   2018年03月01日, [査読有り]
  • [Pulmonary Metastasis from a Phyllodes Tumor of the Breast Developing Sixteen Years after Initial Surgery]., Chang SS, Nakano T, Okamoto T, Takabatake D, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, 68, (12) 1000 - 1003,   2015年11月, [査読有り]
  • Role of surgery in multi-modality treatment for carcinomatous pleuritis in patients with non-small cell lung cancer, Tetsuhiko Go, Noriyuki Misaki, Natsumi Matsuura, Sung Soo Chang, Shintarou Tarumi, Hiroyasu Yokomise, SURGERY TODAY, SURGERY TODAY, 45, (2) 197 - 202,   2015年02月, [査読有り]
  • Three-dimensional computed tomography reveals anatomical variant of meandering pulmonary vein, Chihiro Yoshida, Yoshitaka Kasai, Sung Soo Chang, Hiroyasu Yokomise, EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY, EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY, 45, (4) 759 - 759,   2014年04月, [査読有り]
  • Clinical trial of new methods for identifying lung intersegmental borders using infrared thoracoscopy with indocyanine green: comparative analysis of 2-and 1-wavelength methods, Yoshitaka Kasai, Shintaro Tarumi, Sung Soo Chang, Noriyuki Misaki, Masashi Gotoh, Tetsuhiko Go, Hiroyasu Yokomise, EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY, EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY, 44, (6) 1103 - 1107,   2013年12月, [査読有り]
  • [Mucosa-associated lymphoid tissue (MALT) lymphoma of the lung treated by surgery and rituximab; report of a case]., Yoshida C, Tarumi S, Kato A, Nii K, Chang SS, Yokomise H, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, 66, (2) 169 - 172,   2013年02月, [査読有り]
  • Prognostic factors in patients after lobectomy for p-T1aN0M0 adenocarcinoma, Hitoshi Igai, Natsumi Matsuura, Shintaro Tarumi, Sung Soo Chang, Noriyuki Misaki, Shinya Ishikawa, Hiroyasu Yokomise, EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY, EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY, 41, (3) 603 - 606,   2012年03月, [査読有り]
  • [Predictor of intrathoracic lymph node metastasis in peripheral non-small cell lung cancers 20 mm or less in greatest dimension]., Hitoshi Igai, Shintaro Tarumi, Sung Soo Chang, Noriyuki Misaki, Tetsuhiko Go, Shinya Ishikawa, Hiroyasu Yokomise, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, 65, (3) 175 - 83,   2012年03月, [査読有り]
  • Usefulness of [(18)F]fluoro-2-deoxy-D-glucose positron emission tomography for predicting the World Health Organization malignancy grade of thymic epithelial tumors, Hitoshi Igai, Natsumi Matsuura, Shintaro Tarumi, Sung Soo Chang, Noriyuki Misaki, Tetsuhiko Go, Shinya Ishikawa, Hiroyasu Yokomise, EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY, EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY, 40, (1) 143 - 145,   2011年07月, [査読有り]
  • Clinicopathological study of p-T1aN0M0 non-small-cell lung cancer, as defined in the seventh edition of the TNM classification of malignant tumors, Hitoshi Igai, Natsumi Matsuura, Shintaro Tarumi, Sung Soo Chang, Noriyuki Misaki, Tetsuhiko Go, Shinya Ishikawa, Hiroyasu Yokomise, EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY, EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY, 39, (6) 963 - 967,   2011年06月, [査読有り]
  • [Prognosis of surgically treated large cell neuroendocrine carcinoma]., Natsumi Matsuura, Nariyasu Nakashima, Hitoshi Igai, Shintarou Tarumi, Sung-Soo Chang, Noriyuki Misaki, Dage Liu, Tetsuhiko Go, Shinya Ishikawa, Cheng-Long Huang, Hiroyasu Yokomise, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, Kyobu geka. The Japanese journal of thoracic surgery, 64, (3) 187 - 90,   2011年03月, [査読有り]
  • Progressive Growth of Primary Synovial Sarcoma of the Lung, Jun Nakano, Hiroyasu Yokomise, Cheng-long Huang, Noriyuki Misaki, Sung-soo Chang, Masaya Okuda, Yoshio Kushida, Reiji Haba, ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY, ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY, 16, (3) 194 - 197,   2010年06月, [査読有り]
  • Solitary Fibrous Tumor of the Pleura Presenting Dry Cough Induced by Postural Position, Masaya Okuda, Hiroyasu Yokomise, Sung-soo Chang, Jun Nakano, Noriyuki Misaki, ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY, ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY, 15, (6) 401 - 403,   2009年12月, [査読有り]
  • Widespread and Early Tracheal Cartilage Regeneration by Synchronous Slow Release of b-FGF and BMP-2, Hitoshi Igai, Sung Soo Chang, Masashi Gotoh, Yasumichi Yamamoto, Masaya Yamamoto, Yasuhiko Tabata, Hiroyasu Yokomise, ASAIO JOURNAL, ASAIO JOURNAL, 55, (3) 266 - 270,   2009年05月, [査読有り]
  • Reconstruction of Emphysematous Lung Tissue Using Slowly Released Basic Fibroblast Growth Factor From Gelatin Microspheres, Natsumi Mori, Masashi Gotoh, Sung Soo Chang, Hitoshi Igai, Noriyuki Misaki, Yasumichi Yamamoto, Yasuhiko Tabata, Hiroyasu Yokomise, ASAIO JOURNAL, ASAIO JOURNAL, 54, (6) 622 - 626,   2008年11月, [査読有り]
  • Mediastinal metastasis of the thyroid papillary carcinoma mimicking thymoma., Masaya Okuda, Hiroyasu Yokomise, Sung-soo Chang, Jun Nakano, Noriyuki Misaki, General thoracic and cardiovascular surgery, General thoracic and cardiovascular surgery, 56, (10) 518 - 20,   2008年10月, [査読有り]
  • Tracheal cartilage regeneration and new bone formation by slow release of bone morphogenetic protein (BMP)-2, Hitoshi Igai, Sung Soo Chang, Masashi Gotoh, Yasumichi Yamamoto, Masaya Yamamoto, Yasuhiko Tabata, Hiroyasu Yokomise, ASAIO JOURNAL, ASAIO JOURNAL, 54, (1) 104 - 108,   2008年01月, [査読有り]
  • Tracheal cartilage regeneration by slow release of basic fibroblast growth factor from a gelatin sponge, Hitoshi Igai, Yasumichi Yamamoto, Sung Soo Chang, Masaya Yamamoto, Yasuhiko Tabata, Hiroyasu Yokomise, JOURNAL OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY, JOURNAL OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY, 134, (1) 170 - 175,   2007年07月, [査読有り]
  • Regeneration of canine tracheal cartilage by slow release of basic fibroblast growth factor from gelatin sponge, H Igai, SS Chang, M Gotoh, Y Yamamoto, N Misaki, T Okamoto, M Yamamoto, Y Tabata, H Yokomise, ASAIO JOURNAL, ASAIO JOURNAL, 52, (1) 86 - 91,   2006年01月, [査読有り]

Misc

  • 完全鏡視下肺切除における傍心膜脂肪織での気管支断端被覆の有用性の検討, 大月 康弘, 呉 哲彦, 池田 敏裕, 横田 直哉, 加藤 歩, 吉田 千尋, 新居 和人, 中島 成泰, 中野 貴之, 張 性洙, 横見瀬 裕保, 肺癌, 59, (5), 504 - 504,   2019年10月
  • 【肺区域・亜区域・複雑区域切除の工夫と実際】ICG法(経静脈と経気管支) 胸腔鏡下肺区域切除術における術中ナビゲーション 外光胸腔鏡(IRT) インドシアニングリーン(ICG)法および術中CT支援法, 張 性洙, 呉 哲彦, 松浦 奈都美, 中野 貴之, 中島 成泰, 垂水 晋太郎, 横見瀬 裕保, 胸部外科, 72, (7), 488 - 493,   2019年07月
    赤外光胸腔鏡とインドシアニングリーン静脈内投与を併用したIRT-ICG法と、術中CT支援法を併用して胸腔鏡下肺区域切除術を行った触知不能肺病変12例のアウトカムを評価した。対象は男性7例、女性5例、平均年齢73.7±8.9歳で、切除対象疾患は肺腺癌11例、転移性肺腫瘍1例であり、腫瘍径は13.2±6.7mmであった。12例中10例(83.3%)は臓側胸膜上における区域間線の同定が明瞭で、術中CTと術前シミュレーション画像との一致率は91.7%であり、切除マージン不十分の判断で切除ラインの修正を要した4例も術中CT支援法により適切な切除マージンを確保できた。全例胸腔鏡下に完全切除が可能であり、周術期合併症・死亡率は0%で、過切除例もなかった。切除不能肺病変に対する肺区域切除においては画像支援を併用することでより根治的かつ適切な切除が可能であった。
  • 最適な低侵襲肺癌手術をめざして 肺癌に対する低侵襲手術としての完全VATSの評価(Evaluation of complete VATS as minimal invasive surgery for lung cancer), 呉 哲彦, 横田 直哉, 中野 貴之, 加藤 歩, 垂水 晋太郎, 中島 成泰, 松浦 奈都美, 張 性洙, 横見瀬 裕保, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 119回, SY - 3,   2019年04月
  • 肺癌に対する肺動脈・気管支形成 気管支形成術における気管支吻合法に関する検討, 張 性洙, 新居 和人, 松浦 奈都美, 中島 成泰, 垂水 晋太郎, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 119回, PD - 14,   2019年04月
  • ICGエアロゾルを用いた新たな肺瘻部位同定法, 横田 直哉, 大月 康弘, 松浦 奈都美, 張 性洙, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 119回, SF - 081,   2019年04月
  • 肺腺癌における病理学的脈管侵襲はstagingに影響を与えるのか?, 中島 成泰, 横見瀬 裕保, 藤本 周祐, 大月 康弘, 横田 直哉, 加藤 歩, 新居 和人, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 中野 貴之, 張 性洙, 劉 大革, 呉 哲彦, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 119回, PS - 045,   2019年04月
  • LCNECにおける治療方針の再検討, 加藤 歩, 垂水 晋太郎, 藤本 周祐, 大月 康弘, 横田 直哉, 松浦 奈都美, 中島 成泰, 中野 貴之, 張 性洙, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 119回, PS - 045,   2019年04月
  • pN2非小細胞肺癌完全切除症例の治療成績, 松浦 奈都美, 藤本 周佑, 大月 康弘, 横田 直哉, 加藤 歩, 新居 和人, 中野 貴之, 中島 成泰, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 119回, PS - 115,   2019年04月
  • 術中ナビゲーションと画像支援 胸腔鏡下肺区域切除術における術中ナビゲーション IRVATSおよび術中CT併用法について, 張 性洙, 新居 和人, 松浦 奈都美, 中野 貴之, 中島 成泰, 垂水 晋太郎, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 33, (3), WS2 - 4,   2019年04月
  • 当院における胸腺癌手術症例11例の臨床的検討, 大月 康弘, 藤本 周祐, 横田 直哉, 加藤 歩, 新居 和人, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 中野 貴之, 張 性洙, 劉 大革, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 33, (3), O20 - 2,   2019年04月
  • 当科における胸壁浸潤肺癌の治療成績, 呉 哲彦, 横田 直哉, 新居 和人, 中野 貴之, 加藤 歩, 大月 康弘, 垂水 晋太郎, 中島 成泰, 張 性洙, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 33, (3), P1 - 2,   2019年04月
  • 肺動脈遮断により鋭的肺動脈剥離が可能となった、導入化学放射線療法後の左上葉肺癌の一切除例, 垂水 晋太郎, 藤本 周祐, 大月 康弘, 横田 直哉, 加藤 歩, 新居 和人, 松浦 奈都美, 中島 成泰, 中野 貴之, 張 性洙, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 33, (3), P1 - 4,   2019年04月
  • 非小細胞肺癌における抗腫瘍剤関連バイオマーカーに基づいた導入療法施行例の検討, 中野 貴之, 藤本 周祐, 大月 康弘, 横田 直哉, 加藤 歩, 新居 和人, 松浦 奈都美, 中島 成泰, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 劉 大革, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 33, (3), P6 - 3,   2019年04月
  • 病理病期Ia期の肺腺癌術後再発の検討, 新居 和人, 中野 貴之, 藤本 周祐, 大月 康弘, 横田 直哉, 加藤 歩, 松浦 奈都美, 中島 成泰, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 33, (3), P66 - 7,   2019年04月
  • 局所進行非小細胞肺癌における集学的治療後の再発因子についての検討, 中島 成泰, 劉 大革, 藤本 周祐, 大月 康弘, 横田 直哉, 加藤 歩, 新居 和人, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 中野 貴之, 張 性洙, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 33, (3), P69 - 1,   2019年04月
  • 鈍的外力により気管支吻合部断裂を来した1例, 加藤 歩, 中島 成泰, 藤本 周祐, 大月 康弘, 横田 直哉, 新居 和人, 松浦 奈都美, 中野 貴之, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 33, (3), P93 - 5,   2019年04月
  • ICG併用蛍光胸腔鏡下肺区域切除術の周術期成績と長期成績, 張 性洙, 日本内視鏡外科学会雑誌, 23, (7), OS75 - 1,   2018年12月
  • 左下葉支入口部発生の定型カルチノイドに対し2連銃型気管支形成を用いた左下葉スリーブ切除術を行った1症例, 藤原 敦史, 松浦 奈都美, 藤本 周祐, 大月 康弘, 横田 直哉, 加藤 歩, 垂水 晋太郎, 中島 成泰, 中野 貴之, 張 性洙, 劉 大革, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 肺癌, 58, (6), 496 - 496,   2018年10月
  • 胸腔鏡下左肺S3区域切除の工夫 IRによる区域間同定とS3舌区間切離による腫瘍マージンの確保, 呉 哲彦, 松浦 奈都美, 横田 直哉, 中野 貴之, 加藤 歩, 垂水 晋太郎, 中島 成泰, 大月 康弘, 張 性洙, 横見瀬 裕保, 肺癌, 58, (6), 503 - 503,   2018年10月
  • 胸腔鏡下肺区域切除における画像支援 ICG蛍光胸腔鏡とHybrid手術室での術中CT, 大月 康弘, 張 性洙, 藤本 周祐, 横田 直哉, 加藤 歩, 松浦 奈都美, 中野 貴之, 中島 成泰, 垂水 晋太郎, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 香川県医師会誌, 71, (特別), 44 - 44,   2018年09月
  • 上大静脈に内シャントを用いて切除した浸潤型縦隔Seminomaの1例, 坂口 泰人, 千葉 直久, 齊藤 正男, 張 性洙, 石川 真也, 中川 達雄, 日本呼吸器外科学会雑誌, 32, (4), 533 - 539,   2018年05月
    上大静脈に浸潤する縦隔腫瘍を手術する場合、人工血管置換などの血行再建を必要とすることがある。今回、上大静脈に浸潤する縦隔腫瘍に対して一過性内シャントをおくことで切除し得た症例を経験したので報告する。症例は46歳の男性。胸部造影CTにて左腕頭静脈の上大静脈流入部に浸潤する縦隔腫瘍を認め当院に紹介となる。経皮的生検を行うも診断に至らず手術を施行した。胸骨正中アプローチ下、右心耳から側孔をあけた24Fr静脈脱血用カニューレを挿入し、先端が浸潤部を超えるように内シャントを設置し上大静脈の血流を確保した。上大静脈への浸潤部とともに縦隔腫瘍を一塊として切除し、心膜パッチによって欠損部を閉鎖した。最終病理診断はSeminomaであった。本術式に対して考察を加える。(著者抄録)
  • 画像支援技術の縮小手術への応用 胸腔鏡下肺区域切除における画像支援 術前シミュレーションと術中ナビゲーション, 張 性洙, 藤原 敦史, 松浦 奈都美, 中島 成泰, 垂水 晋太郎, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 三崎 伯幸, 岡本 卓, 日本呼吸器外科学会雑誌, 32, (3), S2 - 6,   2018年04月
  • 頸胸部境界領域発生の交感神経幹由来神経鞘腫に対し胸腔鏡下腫瘍核出術を施行し神経温存が可能であった1例, 藤本 周祐, 張 性洙, 芳賀 ななせ, 横田 直哉, 加藤 歩, 藤原 敦史, 松浦 奈都美, 中島 成泰, 垂水 晋太郎, 中野 貴之, 劉 大革, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 32, (3), V10 - 4,   2018年04月
  • Hybrid手術室での術中画像支援下の胸腔鏡下肺切除術 術中CTマーキング・ナビゲーションの有用性と実際, 岡本 卓, 徳永 義昌, 喜田 裕介, 張 性洙, 日本呼吸器外科学会雑誌, 32, (3), O2 - 4,   2018年04月
  • 原発性肺癌における導入療法後の病理組織学的治療効果Ef.3は予測できるのか?, 中島 成泰, 横見瀬 裕保, 藤本 周祐, 芳賀 ななせ, 横田 直哉, 加藤 歩, 藤原 敦史, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 中野 貴之, 張 性洙, 劉 大革, 呉 哲彦, 日本呼吸器外科学会雑誌, 32, (3), O4 - 7,   2018年04月
  • 膠原病合併非小細胞肺癌手術症例の検討, 松浦 奈都美, 芳賀 ななせ, 藤本 周祐, 横田 直哉, 加藤 歩, 藤原 敦史, 中野 貴之, 中島 成泰, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 32, (3), O10 - 7,   2018年04月
  • 当科における非小細胞肺癌IV期手術例の検討, 呉 哲彦, 松浦 奈都美, 中野 貴之, 垂水 晋太郎, 中島 成泰, 張 性洙, 藤原 敦史, 横田 直哉, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 32, (3), O20 - 4,   2018年04月
  • 多血性の縦隔悪性腫瘍と鑑別を要した高齢者硝子血管型縦隔原発Castleman病の1切除例, 藤原 敦史, 松浦 奈都美, 芳賀 ななせ, 藤本 周祐, 横田 直哉, 加藤 歩, 垂水 晋太郎, 中島 成泰, 中野 貴之, 張 性洙, 劉 大革, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 32, (3), P12 - 1,   2018年04月
  • 非小細胞肺癌におけるMCL-1発現の臨床的意義, 中野 貴之, 芳賀 ななせ, 藤本 周祐, 横田 直哉, 加藤 歩, 藤原 敦史, 松浦 奈都美, 中島 成泰, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 劉 大革, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 32, (3), P34 - 3,   2018年04月
  • 非小細胞肺癌におけるオートファジーの臨床的意義, 劉 大革, 中島 成泰, 中野 貴之, 芳賀 ななせ, 加藤 歩, 横田 直哉, 藤原 敦史, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 32, (3), P34 - 4,   2018年04月
  • 肺門部発生の肺過誤腫に対して、胸腔鏡下核出術を行うことで肺葉切除を回避し得た3症例, 芳賀 ななせ, 藤原 敦史, 呉 哲彦, 藤本 周祐, 横田 直哉, 加藤 歩, 松浦 奈都美, 中島 成泰, 中野 貴之, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 劉 大革, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 32, (3), P35 - 2,   2018年04月
  • 消極的縮小切除における正確な区域間同定は再発の減少に寄与するか? 赤外光胸腔鏡を用いた試み, 垂水 晋太郎, 芳賀 ななせ, 藤本 周祐, 横田 直哉, 加藤 歩, 藤原 敦史, 松浦 奈都美, 中島 成泰, 中野 貴之, 張 性洙, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 32, (3), P75 - 7,   2018年04月
  • 呼吸器外科手術における画像Navigation ハイブリッド手術室での術中金属クリップマーキングによるCTナビゲーション併用下胸腔鏡下肺切除術, 岡本 卓, 徳永 義昌, 喜田 裕介, 張 性洙, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回, 566 - 566,   2018年04月
  • 完全胸腔鏡下肺切除(c-VATS major lung resection:CVMLR)の教育 理論に基づく術式と術野展開の定型化の徹底, 呉 哲彦, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 中島 成泰, 中野 貴之, 藤原 敦史, 加藤 歩, 横田 直哉, 横見瀬 裕保, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回, 2508 - 2508,   2018年04月
  • 18FDG-PET SUVmaxは原発性肺癌における病理学的脈管侵襲を術前に予測する強力なバイオマーカーである, 中島 成泰, 横見瀬 裕保, 藤本 周祐, 芳賀 ななせ, 横田 直哉, 加藤 歩, 藤原 敦史, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 中野 貴之, 張 性洙, 劉 大革, 呉 哲彦, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回, 2523 - 2523,   2018年04月
  • 抗腫瘍剤関連バイオマーカーの評価は肺癌術後の予後改善に寄与するか, 中野 貴之, 横見瀬 裕保, 呉 哲彦, 劉 大革, 張 性洙, 垂水 晋太郎, 中島 成泰, 松浦 奈都美, 新居 和人, 藤原 敦史, 加藤 歩, 横田 直哉, 芳賀 ななせ, 藤本 周祐, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 118回, 2525 - 2525,   2018年04月
  • 術中位置確認が困難な小型肺病変に対する術中CTナビゲーションを利用した胸腔鏡下手術, 岡本 卓, 張 性洙, 徳永 義昌, 日本臨床外科学会雑誌, 78, (11), 2589 - 2589,   2017年11月
  • 肺内発生良性脊索細胞腫の1切除例, 徳永 義昌, 岡本 卓, 張 性洙, 松本 学, 岩田 純, 肺癌, 57, (5), 502 - 502,   2017年09月
  • 転移性肺腫瘍に対する外科療法の現状と成績, 張 性洙, 岡本 卓, 徳永 義昌, 志摩 泰生, 西岡 豊, 日本臨床外科学会雑誌, 78, (7), 1679 - 1679,   2017年07月
  • 当院で経験した肺MALTリンパ腫の4症例, 尾崎 領彦, 寺澤 優代, 中島 猛, 浦田 知之, 徳永 義昌, 張 性洙, 岡本 卓, 岩田 純, 松本 学, 気管支学, 39, (Suppl.), S263 - S263,   2017年05月
  • 呼吸器感染症に対する感染制御を目的とした区域切除以上の肺切除術についての検討, 張 性洙, 岡本 卓, 徳永 義昌, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 117回, SF - 82,   2017年04月
  • ハイブリッド手術室での術中CTナビゲーション併用胸腔鏡下肺区域切除術, 張 性洙, 岡本 卓, 徳永 義昌, 日本呼吸器外科学会雑誌, 31, (3), RO12 - 5,   2017年04月
  • 病理病期1B期非小細胞肺癌の予後因子に関する検討, 徳永 義昌, 岡本 卓, 張 性洙, 日本呼吸器外科学会雑誌, 31, (3), P22 - 1,   2017年04月
  • 当院における大腸癌肺転移手術例の現況と成績 複数回切除や長期経過を含めた検討と考察, 岡本 卓, 張 性洙, 徳永 義昌, 日本呼吸器外科学会雑誌, 31, (3), P30 - 3,   2017年04月
  • 肺内発生孤立性線維性腫瘍の1例, 徳永 義昌, 岡本 卓, 張 性洙, 胸部外科, 70, (3), 235 - 238,   2017年03月
    39歳女。胸部異常陰影を主訴とした。健診精査にて紹介受診し、胸部CT所見で右肺下葉S8に辺縁整、境界明瞭な結節影(長径12mm大)を認めた。腫瘍マーカーはいずれも陰性であり、良性腫瘍の疑いで右肺下葉S8の部分切除を行い、迅速病理検査で孤立性線維性腫瘍(SFT)と診断された。病理組織学的所見では膠原線維を背景として、紡錘形細胞が不明瞭な束状構造を呈して増殖しており、免疫組織学的染色ではCD34、CD99、BCL2が陽性、αSMA、デスミン、S-100蛋白、CK、AE1/AE3が陰性を示し、核異型性は乏しく核分裂像は認めなかった。また、胸膜との連続性はなく、肺内発生の良性SFTと診断した。術後7年経過現在、再発は認めていない。
  • 呼吸器診療における画像支援システムの発展について, 岡本 卓, 張 性洙, 徳永 義昌, 尾崎 領彦, 中島 猛, 寺澤 優代, 浦田 知之, 北村 和之, 高知県医師会医学雑誌, 22, (1), 134 - 143,   2017年03月
    呼吸器疾患の診療における画像技術は、胸部単純レントゲン写真からCT、気管支鏡、胸腔鏡と目覚ましい発展を遂げてきた。また近年のデジタル技術の発展や情報共有化、医用画像の扱いの変化、胸腔鏡下手術の普及など、従来の医師、看護師を中心とした運営・管理では対応しきれない面も出てきているようである。使用される用語も、日本語、英語、略号など多岐にわたる。当院での呼吸器診療における画像支援システムの現況を中心に、歴史的な面も踏まえて解説する。診療部門と医療情報部門とのさらなる連携を期待していきたい。(著者抄録)
  • 当院での気道ステント治療の臨床的検討と実際, 岡本 卓, 張 性洙, 徳永 義昌, 尾崎 領彦, 中島 猛, 寺澤 優代, 浦田 知之, 気管支学, 39, (2), 187 - 188,   2017年03月
  • 内部の空洞が消失する画像経過を示した肺アスペルギルス症合併肺癌の1例, 徳永 義昌, 岡本 卓, 張 性洙, 胸部外科, 70, (2), 151 - 154,   2017年02月
    49歳男性。発熱・胸痛・血痰を主訴に近医を受診、胸部CTで空洞性病変を指摘され、気管支鏡下に細菌培養と細胞診が行われたが、確定診断には至らなかった。1ヵ月後、空洞は縮小したが、空洞壁は肥厚しており、精査加療目的で紹介となった。胸部CTでは右肺上葉S1に長径27mm大、中心部は低吸収で空洞は消失、辺縁は造影効果のある結節影が認められた。肺癌あるいは肺アスペルギルス症を疑い、診断・治療目的で手術が施行された。病理組織学的所見では、腫瘍は長径20mmの腺房型腺癌の診断で、病巣の一部には壊死を伴う肉芽腫を認め、壊死部分にはアスペルギルスの菌体が検出された。以上より、本症例は右上葉癌(pT3N0M0、病理病期IIB期)および肺アスペルギルス症と診断された。術後1年4ヵ月経過現在、再発は認められていない。
  • 肺アスペルギルス症、アスペルギルス膿胸に対する外科療法の現状と成績, 岡本 卓, 張 性洙, 徳永 義昌, 尾崎 領彦, 中島 猛, 寺澤 優代, 浦田 知之, 日本臨床外科学会雑誌, 77, (12), 3048 - 3048,   2016年12月
  • 縦隔腫瘍に対する胸腔鏡下手術 前縦隔腫瘍に対する右側アプローチによる炭酸ガス送気併用VATS Thymectomyの妥当性, 張 性洙, 岡本 卓, 徳永 善昌, 日本内視鏡外科学会雑誌, 21, (7), WS21 - 2,   2016年12月
  • 内部の空洞が消失する画像経過を示した肺アスペルギルス症合併肺癌の1切除例, 徳永 義昌, 岡本 卓, 張 性洙, 尾崎 領彦, 中島 猛, 寺澤 優代, 肺癌, 56, (7), 1080 - 1081,   2016年12月
  • 外科的切除例から見たNeuroendocrine tumor(小細胞肺癌、LCNEC)に対する臨床的検討・課題, 岡本 卓, 張 性洙, 徳永 義昌, 尾崎 領彦, 中島 猛, 寺澤 優代, 浦田 知之, 岩田 純, 肺癌, 56, (6), 590 - 590,   2016年11月
  • 肺内発生孤立性線維性腫瘍の1切除例, 徳永 義昌, 岡本 卓, 張 性洙, 尾崎 領彦, 中島 猛, 寺澤 優代, 浦田 知之, 岩田 純, 肺癌, 56, (6), 840 - 840,   2016年11月
  • ハイブリッド手術室での術中CTナビゲーションを利用した認識・触知困難病変に対する胸腔鏡下手術戦略, 張 性洙, 岡本 卓, 徳永 義昌, 日本臨床外科学会雑誌, 77, (増刊), 499 - 499,   2016年10月
  • 自治体病院・基幹病院の大学病院・医師会との関わり 呼吸器外科の立場から, 岡本 卓, 張 性洙, 中野 貴之, 日本臨床外科学会雑誌, 77, (9), 2358 - 2358,   2016年09月
  • 呼吸器外科手術後合併症軽減をめざした肺癌術後ドレーン管理の現状と成績, 岡本 卓, 張 性洙, 中野 貴之, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 116回, PS - 232,   2016年04月
  • 術中CT併用胸腔鏡下肺区域切除術, 張 性洙, 中野 貴之, 岡本 卓, 日本呼吸器外科学会雑誌, 30, (3), O13 - 7,   2016年04月
  • 虚血性心疾患や弁膜症を有する肺癌手術例の検討, 岡本 卓, 張 性洙, 中野 貴之, 三宅 陽一郎, 岡部 学, 尾原 義和, 山本 克人, 日本臨床外科学会雑誌, 77, (3), 731 - 731,   2016年03月
  • 肺癌手術療法の短期成績(周術期)と長期成績(腫瘍学的成績) 当院での現況, 岡本 卓, 張 性洙, 中野 貴之, 尾崎 領彦, 中島 猛, 寺澤 優代, 浦田 知之, 高知県医師会医学雑誌, 21, (1), 108 - 114,   2016年03月
    肺癌手術の集計に短期成績(手術死亡や在院死亡)と長期成績(腫瘍学的成績)がある。当院での肺癌手術療法の短期・長期成績を分析し、全国平均と比較検討した。原発性肺癌手術553例(2005年3月〜2014年4月)を対象に検討を行った。肺葉切除430例、区域切除43例、肺全摘5例、部分切除75例で、手術死亡および在院死亡をそれぞれ1例(0.2%)に認めた。概ね全国平均並みであった。胸腔鏡下手術(VATS)が全体の52.6%で施行され、最近の2年間では70-80%がVATSで施行された。5年生存率(全国集計)もIA期86.1(86.8)%、IB期78.5(73.9)%、IIA期66.4(61.6)%、IIB期49.0(49.8)%、IIIA期40.2(40.9)%、IIIB期14.3(27.8)%、IV期35.7(27.9)%で、IIIB期を除き概ね平均並みであった。引き続き肺癌手術成績をモニタリングして、質の管理を行っていく必要がある。(著者抄録)
  • Mycobacterium szulgaiによる縦隔リンパ節炎の1例, 浦田 知之, 米田 浩人, 中島 猛, 寺澤 優代, 岡本 卓, 張 性洙, 中野 貴之, 今井 利, 岩田 純, 結核, 91, (2), 103 - 103,   2016年02月
  • Usefulness of Intraoperative Computer Tomography-Assisted Thoracoscopic Segmentectomy for Small-Sized Lung Cancer, Sung Soo Chang, Takayuki Nakano, Taku Okamoto, ANNALS OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY, 22, (4), 261 - 263,   2016年, [査読有り]
    We report the case of a patient who had synchronous primary lung cancers in the left upper lobe (S(1+2)a, S(1+2)c), and underwent S1+2 segmentectomy. The lesion in S(1+2)c was non-palpable, and the location was confirmed using intraoperative computed tomography (CT) scan. After A(1+2) and B1+2 had been cut, the intersegmental border was marked with clips and intraoperative CT was performed. After confirming the correct anatomical intersegmental border and the resection margin was sufficient, we cut the intersegmental border. The two lesions were both adenocarcinomas. Intraoperative CT was useful for confirming the locations of non-palpable lesions and anatomical intersegmental borders.
  • 臨床経験 初回手術後16年目に肺転移を認めた乳腺葉状腫瘍, 張 性洙, 中野 貴之, 岡本 卓, 高畠 大典, 胸部外科, 68, (12), 1000 - 1003,   2015年11月
    56歳女。16年前に左乳腺腫瘍(15.5cm大)に対して乳腺切除術を施行され、乳腺葉状腫瘍(境界悪性腫瘍)と診断された。今回、検診で胸部異常影を指摘され、当院に紹介された。胸部X線で左中肺野に長径1.5cmの境界明瞭な結節影を認めた。胸部CTで左肺上葉S3に1.6×1.3cmの境界明瞭かつ内部構造均一な結節影を認めた。臨床経過と画像所見から原発性肺癌を疑って手術を行い、切除標本の病理組織所見と、16年前に切除された腫瘍の病理組織所見から乳腺葉状腫瘍の肺転移と診断した。肺病変の組織像は中心部に硝子線維化が存在していることから、非常に緩徐に増大していたことが示唆された。
  • 合併症を有する原発性肺癌手術における臨床的検討 心血管系疾患および透析例の検討, 岡本 卓, 張 性洙, 中野 貴之, 三宅 陽一郎, 岡部 学, 肺癌, 55, (5), 425 - 425,   2015年10月
  • 大動脈ステントグラフト内挿術後の肺癌手術の経験, 中野 貴之, 張 性洙, 岡本 卓, 尾崎 領彦, 中島 猛, 寺澤 優代, 浦田 知之, 大上 賢祐, 三宅 陽一郎, 岡部 学, 肺癌, 55, (5), 643 - 643,   2015年10月
  • 広範な壊死により嚢胞性陰影を呈した胸腺腫の1例, 張 性洙, 中野 貴之, 岡本 卓, 岩田 純, 日本胸部臨床, 74, (7), 805 - 809,   2015年07月
    症例は70歳、女性。前胸部痛を主訴に受診した際の胸部X線写真で左第2弓の突出を認めた。胸部CTでは前縦隔に直径40mmの壁の厚い嚢胞性病変を認めた。胸骨正中切開で胸腺とともに腫瘍摘出術を施行した。内部には黒色の壊死組織を認めた。病理診断では嚢胞性胸腺腫、WHO分類B1型胸腺腫であった。広範な壊死は虚血などの2次性変化によるものと考えられた。縦隔嚢胞性病変の鑑別に嚢胞性胸腺腫も念頭におく必要があると考えられた。(著者抄録)
  • 月経随伴性気胸に対する胸腔鏡下肺部分切除と横隔膜部分切除, 岡本 卓, 張 性洙, 中野 貴之, 日本臨床外科学会雑誌, 76, (7), 1813 - 1813,   2015年07月
  • 気管膜様部に発生した粘液貯留嚢胞の1切除例, 中野 貴之, 張 性洙, 岡本 卓, 気管支学, 37, (4), 419 - 422,   2015年07月
    背景. 気管嚢胞の報告はほとんどない。今回、気管膜様部に発生した気管嚢胞の1切除例を経験した。症例. 57歳女性。右背部痛を主訴に撮影した胸部CTで気管壁に8×10mm大の腫瘍性病変を指摘された。気管支鏡検査では、気管膜様部に直径1cm程度の表面平滑な弾性硬の腫瘍性病変を認めた。生検鉗子が滑るため気管支鏡下生検は施行できず、悪性腫瘍も否定できないため外科切除を施行した。約1cmの腫瘍が気管膜様部に存在し、術野挿管も併用しつつ腫瘍を含めて3気管軟骨輪の長さで気管管状切除を施行した。吻合は吸収性モノフィラメント糸で施行し、有茎性心膜脂肪織で被覆した。病理所見では気管腺の導管が拡張して生じた粘液貯留嚢胞(mucinous retention cyst)と考えられた。結語. 気管嚢胞は稀であり報告した。気管腫瘍の鑑別診断には粘液貯留嚢胞も考慮すべきである。(著者抄録)
  • 気管支動脈塞栓歴のある患者に対する肺葉切除後に気管支虚血による気管支胸膜瘻を来した1例, 張 性洙, 中野 貴之, 岡本 卓, 日本呼吸器外科学会雑誌, 29, (4), 512 - 516,   2015年05月
    症例は59歳男性。6年前に肺線維症に伴う喀血に対する気管支動脈塞栓術(BAE)施行歴あり。今回、右肺下葉肺癌に対して胸腔鏡下右肺下葉切除術とリンパ節郭清を施行した。術後20日目に気管支虚血による気管支胸膜瘻を合併した。有茎性大網充填術を施行するも瘻孔閉鎖に至らないまま間質性肺炎急性増悪により永眠された。BAE既往のある患者に対するリンパ節郭清を伴う肺葉切除術は気管支虚血のリスクが高くなることが示唆された。(著者抄録)
  • 気管膜様部に発生した粘液貯留嚢胞の1切除例, 張 性洙, 中野 貴之, 岡本 卓, 米田 浩人, 中島 猛, 寺澤 優代, 浦田 知之, 岩田 純, 岡林 孝弘, 気管支学, 37, (3), 343 - 343,   2015年05月
  • EBUSにより診断された甲状腺癌縦隔リンパ節転移の1例, 西原 桜子, 中島 猛, 浦田 知之, 米田 浩人, 岡本 卓, 張 性洙, 中野 貴之, 長沼 誠二, 岩田 純, 気管支学, 37, (3), 345 - 345,   2015年05月
  • 転移性肺腫瘍の再発に対し完全鏡視下左S4、S9+10区域切除を施行した1例 区域間トンネリングによる区域間作成, 張 性洙, 中野 貴之, 岡本 卓, 日本呼吸器外科学会雑誌, 29, (3), RV1 - 7,   2015年04月
  • 外傷性頸部気管断裂に対する気管管状切除再建, 岡本 卓, 張 性洙, 中野 貴之, 中島 尊, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 29, (3), V19 - 4,   2015年04月
  • 呼吸器 臨床因子・臨床経過から検討した当院における高齢者肺癌手術例の現況と成績, 岡本 卓, 張 性洙, 中野 貴之, 日本外科学会定期学術集会抄録集, 115回, OP - 019,   2015年04月
  • 悪性腫瘍が疑われた気管支型平滑筋腫の1例, 千葉 直久, 張 性洙, 齊藤 正男, 上田 雄一郎, 石川 真也, 中川 達雄, 日本呼吸器外科学会雑誌, 29, (2), 141 - 145,   2015年03月
    肺原発平滑筋腫は肺腫瘍全体の約0.04%を占める稀な疾患で、発生部位により気管支型と肺実質型に分類される。今回、画像上悪性が疑われた気管支型平滑筋腫の1手術例を経験したので報告する。50歳男性。咳嗽が続くため前医受診。左上肺野に無気肺を呈する陰影を認め、気管支鏡検査で左上葉気管支入口部を閉塞する腫瘍を認めた。鉗子生検にて平滑筋腫と診断され、手術目的で当院紹介となった。生検では悪性所見は認めなかったが、FDG-PETで腫瘍に集積を認め、また、肺門縦隔リンパ節腫大も伴っており、悪性腫瘍の可能性も疑われた。手術は完全鏡視下に左肺上葉切除を施行した。病理検査の結果、術前診断通り良性平滑筋腫であった。術後経過は良好で術後7日で軽快退院となった。気管支型平滑筋腫の場合、繰り返す気道炎症などの結果、FDG-PET陽性となったり、リンパ節腫大を認めたりすることがあり、診断において念頭におく必要がある。(著者抄録)
  • Pulmonary rehabilitation during induction chemoradiotherapy for lung cancer improves pulmonary function, Shintaro Tarumi, Hiroyasu Yokomise, Masashi Gotoh, Yoshitaka Kasai, Natsumi Matsuura, Sung Soo Chang, Tetsuhiko Go, JOURNAL OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY, 149, (2), 569 - 573,   2015年02月, [査読有り]
    Objective: Chemoradiotherapy for non-small cell lung cancer can impair pulmonary function, particularly when it is followed by surgery. This study aimed to document the changes in respiratory function as a result of a perioperative intensive pulmonary rehabilitation program in patients with non-small cell lung cancer who underwent induction chemoradiotherapy. Methods: A total of 82 consecutive patients underwent pulmonary resection after undergoing induction chemoradiotherapy. A pulmonary rehabilitation program was started at the same time as the induction chemoradiotherapy. Standard respiratory function tests were performed before and after induction chemoradiotherapy. Treatment-related mortality and the incidence of postoperative respiratory complications were investigated. The Wilcoxon signed-rank test was used to analyze the differences in spirometric changes. Results: All patients underwent a pulmonary rehabilitation program for an average of 10 weeks. Significant increases were observed in forced vital capacity (+6.4%, P = .0096) and forced expiratory volume in 1 second (+10.4%, P <. 0001). Diffusing capacity of the lung for carbon monoxide decreased (-14.0%, P <. 0001). Patients with respiratory impairment (forced vital capacity <80% predicted or forced expiratory volume in 1 second/forced vital capacity < 70%) showed significant improvements in forced vital capacity (+13.9%, P = .0025) and forced expiratory volume in 1 second (+22.5%, P <. 0001). Significant increases were observed in forced vital capacity (+7.0%, P = .0042) and forced expiratory volume in 1 second (+10.8%, P = .0001) in patients with a smoking history. There was no mortality, and postoperative respiratory morbidity was 6.1%. Conclusions: A pulmonary rehabilitation program for patients with non-small cell lung cancer undergoing induction chemoradiotherapy seems to improve respiratory function. It is particularly recommended for smokers and patients with respiratory impairment.
  • 外科的切除を施行した小細胞肺癌、高悪性度神経内分泌腫瘍に対する臨床的検討, 岡本 卓, 張 性洙, 中野 貴之, 米田 浩人, 中島 猛, 寺澤 優代, 浦田 知之, 岩田 純, 肺癌, 54, (5), 485 - 485,   2014年10月
  • 画像所見、病理組織所見ともに原発性肺癌と膵癌肺転移との鑑別が困難であった5症例の検討, 張 性洙, 中野 貴之, 岡本 卓, 米田 浩人, 中島 猛, 寺澤 優代, 浦田 知之, 志摩 泰生, 岩田 純, 稲垣 健志, 肺癌, 54, (5), 594 - 594,   2014年10月
  • Novel therapeutic approach for pulmonary emphysema using gelatin microspheres releasing basic fibroblast growth factor in a canine model, Sung Soo Chang, Hiroyasu Yokomise, Natsumi Matsuura, Masashi Gotoh, Yasuhiko Tabata, SURGERY TODAY, 44, (8), 1536 - 1541,   2014年08月, [査読有り]
    The prognosis of patients with emphysema is poor as there is no truly effective treatment. Our previous study showed that the alveolar space was smaller and the microvessel density was higher in a canine emphysema model after the intrapulmonary arterial administration of gelatin microspheres slowly releasing basic fibroblast growth factor (bFGF-GMS). In the present study, we evaluated the functional effect of injecting bFGF-GMS via the pulmonary artery in this canine pulmonary emphysema model. Using the porcine pancreatic elastase (PPE)-induced total emphysema model, we approximated the value of lung compliance with a Power Lab System, and performed blood gas analysis in a control group, a total emphysema group, and a bFGF group in which bFGF-GMS were injected toward the whole pulmonary artery via the femoral vein. Each group comprised five dogs. Lung compliance was higher in the total emphysema group than in the control group (p = 0.031), and the bFGF group showed no significant improvement of lung compliance vs. the total emphysema group (p = 0.112). PaO2 (partial pressure of oxygen in arterial blood) was improved by administering bFGF-GMS in the total emphysema model (p = 0.027). In the canine total emphysema model, blood gas parameters were improved by the whole pulmonary arterial administration of bFGF-GMS. This method has the potential to be an effective novel therapy for pulmonary emphysema.
  • Clinical trial of video-assisted thoracoscopic segmentectomy using infrared thoracoscopy with indocyanine green, Shintaro Tarumi, Noriyuki Misaki, Yoshitaka Kasai, Sung Soo Chang, Tetsuhiko Go, Hiroyasu Yokomise, EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY, 46, (1), 112 - 115,   2014年07月, [査読有り]
    The maintenance of a good surgical view is mandatory in video-assisted thoracoscopic surgery (VATS). For routine segmentectomy, it is necessary to re-inflate the lung in order to identify the intersegmental line. However, such re-inflation can occasionally obstruct the surgical view. Infrared thoracoscopy (IRT) with indocyanine green (ICG) can reveal the intersegmental line based on blood flow differences, without the need for lung re-inflation. The purpose of this study was to confirm the usefulness of IRT with ICG for VATS. Between October 2008 and September 2011, 44 consecutive patients underwent segmentectomy at our institution. In 13 patients, VATS segmentectomy using IRT with ICG was employed. Informed consent was obtained from all patients. Computed tomography was performed to identify the dominant pulmonary artery supplying the target segment. The operations were performed using two ports and one mini-thoracotomy (3-6aEuro integral cm). The dominant arteries were interrupted, and the intersegmental line was identified using IRT with ICG. Identification of the intersegmental line was possible in 11 (84.6%) of the 13 patients. The average age was 70 years, and 6 of the patients were male. The mean operation time was 191aEuro integral min, and the mean bleeding volume was 64aEuro integral ml. The operation time and bleeding volume were similar to the values in the other 31 patients who underwent thoracotomy (167aEuro integral min/115aEuro integral ml, P = 0.212/0.361, respectively). No complications attributable to IRT with ICG were observed. VATS segmentectomy using IRT with ICG allows the maintenance of a clear surgical view and identification of the intersegmental line in a high proportion of cases. Therefore, we consider this method to be useful for minimally invasive thoracic surgery.
  • 当院での完全鏡視下左肺全摘術の実際, 岡本 卓, 張 性洙, 中野 貴之, 日本呼吸器外科学会雑誌, 28, (3), V21 - 7,   2014年04月
  • 臨床像から検討した当院における転移性肺腫瘍手術例の治療成績, 張 性洙, 中野 貴之, 岡本 卓, 日本呼吸器外科学会雑誌, 28, (3), 2 - P25,   2014年04月
  • 小型肺癌に対する術前気管支鏡検査の現況と今後について, 張 性洙, 岡本 卓, 中野 貴之, 米田 浩人, 轟 貴史, 中島 猛, 浦田 知之, 岩田 純, 肺癌, 53, (7), 901 - 901,   2013年12月
  • 導入療法が奏功した肺大細胞神経内分泌癌(LCNEC)の1切除例, 小井土 耕平, 岡本 卓, 張 性洙, 中野 貴之, 米田 浩人, 轟 貴史, 中島 猛, 浦田 知之, 岩田 純, 肺癌, 53, (7), 914 - 914,   2013年12月
  • SOFT COAG(ソフト凝固モード)を用いた肺部分切除症例の検討, 坂口 泰人, 千葉 直久, 齊藤 正男, 張 性洙, 中川 達雄, 日本呼吸器外科学会雑誌, 27, (3), P13 - 04,   2013年04月
  • 肺癌術前呼吸機能評価と術後早期のアウトカムの検討, 中川 達雄, 千葉 直久, 齊藤 正男, 坂口 泰人, 張 性洙, 日本呼吸器外科学会雑誌, 27, (3), P40 - 02,   2013年04月
  • 脱細胞化気管ECM(extra cellular matrix)の気道補填材料及び異種移植材料としての可能性について, 呉 哲彦, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 笠井 由人, 奥田 昌也, 石川 真也, 後藤 正司, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 27, (3), P56 - 13,   2013年04月
  • 胸背部痛を契機に発見された縦隔原発滑膜肉腫の一例, 千葉 直久, 近藤 健, 齊藤 正男, 坂口 泰人, 張 性洙, 中川 達雄, 日本呼吸器外科学会雑誌, 27, (3), P81 - 06,   2013年04月
  • Biomarkers as Prognostic Factors for cN2 or 3 Non-small Cell Lung Cancer Treated by Induction Chemoradiotherapy and Surgery, YOKOMISE Hiroyasu, LIU Dage, CHANG SunSoo, GO Tetsuhiko, ISHIKAWA Shinya, MISAKI Noriyuki, NAKASHIMA Nariyasu, Anticancer Research, 33, (3), 1107-15,   2013年03月, [査読有り]
  • 心脳血管合併症を有する患者の肺癌手術 心血管合併症を有する肺癌手術患者の術前評価の検討, 石川 真也, 横田 直哉, 吉田 千尋, 加藤 歩, 新居 和人, 笠井 由隆, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 後藤 正司, 劉 大革, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 26, (3), SY1 - 01,   2012年04月
  • オーダーメイド治療の現状と将来 進行肺癌に対する導入化学療法におけるバイオマーカー発現と治療効果に関する検討, 張 性洙, 吉田 千尋, 加藤 歩, 新居 和人, 笠井 由隆, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 後藤 正司, 劉 大革, 呉 哲彦, 石川 真也, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 26, (3), SY2 - 04,   2012年04月
  • 区域切除のPits and Falls インドシアニングリーン(ICG)併用赤外光胸腔鏡(IRT)による肺区域間同定法, 松浦 奈都美, 三崎 伯幸, 張 性洙, 笠井 由隆, 吉田 千尋, 加藤 歩, 新居 和人, 垂水 晋太郎, 後藤 正司, 劉 大革, 呉 哲彦, 石川 真也, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 26, (3), VSY - 05,   2012年04月
  • 完全鏡視下肺葉切除手術の導入 姫路式VATS法修得に向けての経験, 呉 哲彦, 三崎 伯幸, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 笠井 由人, 新居 和人, 石川 真也, 吉田 千尋, 加藤 歩, 後藤 正司, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 26, (3), V05 - 03,   2012年04月
  • 人工心肺下において残存肺摘出、左房右房合併切除を施行し得た1例, 加藤 歩, 張 性洙, 横田 直哉, 清水 貴, 吉田 千尋, 新居 和人, 笠井 由隆, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 後藤 正司, 呉 哲彦, 石川 真也, 堀井 泰浩, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 26, (3), V11 - 03,   2012年04月
  • 同時性多発肺癌に対する外科的治療戦略と成績, 笠井 由隆, 新居 和人, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 後藤 正司, 呉 哲彦, 石川 真也, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 26, (3), O16 - 03,   2012年04月
  • 気胸を繰り返し特発性上葉限局型肺線維症(網谷病)が疑われた女性の1例, 石川 真也, 横田 直哉, 吉田 千尋, 加藤 歩, 新居 和人, 笠井 由隆, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 後藤 正司, 劉 大革, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 26, (3), P32 - 01,   2012年04月
  • 術後創部から発症した肋間肺ヘルニアの1例, 横田 直哉, 笠井 由隆, 加藤 歩, 吉田 千尋, 新居 和人, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 後藤 正司, 呉 哲彦, 石川 真也, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 26, (3), P61 - 09,   2012年04月
  • 非小細胞肺癌におけるG蛋白共役型受容体GPR87発現の臨床意義, 新居 和人, 劉 大革, 加藤 歩, 吉田 千尋, 笠井 由隆, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 呉 哲彦, 石川 真也, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 26, (3), P85 - 07,   2012年04月
  • 術前化学放射線療法を施行した肺癌手術症例における周術期呼吸理学療法の有効性, 垂水 晋太郎, 加藤 歩, 吉田 千尋, 新居 和人, 笠井 由隆, 松浦 奈都美, 張 性洙, 後藤 正司, 劉 大革, 呉 哲彦, 石川 真也, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 26, (3), P86 - 05,   2012年04月
  • 術前の3-D CT、肺換気血流シンチグラフィにより肺静脈走行異常症と診断し不要な手術を回避できた1例, 吉田 千尋, 笠井 由隆, 新居 和人, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 後藤 正司, 呉 哲彦, 石川 真也, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 26, (3), P91 - 02,   2012年04月
  • 右I期肺癌術後乳糜胸に対しオクトレオチド投与が有効であったと考えられる1例, 呉哲彦, 張 性洙, 三崎伯幸, 石川 真也, 横見瀬 裕保, T, suhiko Go, Sung Soo Chang, Noriyuki Misaki, Shinya Ishikawa, Hiroyasu Yokomise, 日本呼吸器外科学会雑誌, 25, (4), 74-78,   2011年05月, [査読有り]
  • 胸膜播種悪性胸水症例における外科的切除の意義について, 呉 哲彦, 松浦 奈都美, 中島 成泰, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 三崎 伯幸, 石川 真也, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 25, (3), O12 - 01,   2011年04月
  • 非小細胞肺癌におけるWnt3発現とその臨床的意義 Survivin発現に関連して, 中島 成泰, 黄 政龍, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 三崎 伯幸, 呉 哲彦, 劉 大革, 石川 真也, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 25, (3), O22 - 03,   2011年04月
  • 術後抗癌剤治療を行ったpN2肺癌手術例における腫瘍内ERCC1、ClassIII βtubulin発現と予後に関する検討, 松浦 奈都美, 中島 成泰, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 三崎 伯幸, 劉 大革, 呉 哲彦, 石川 真也, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 25, (3), P32 - 01,   2011年04月
  • 肺腺癌術後症例におけるバイオマーカーの検索及び予後, 劉 大革, 中島 成泰, 黄 政龍, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 三崎 伯幸, 石川 真也, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 25, (3), P33 - 03,   2011年04月
  • 悪性胸膜中皮腫に対する胸膜肺全摘術 再発の制御にむけて, 垂水 晋太郎, 松浦 奈都美, 中島 成泰, 張 性洙, 三崎 伯幸, 劉 大革, 呉 哲彦, 石川 真也, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 25, (3), P52 - 08,   2011年04月
  • ペメトレキセドvs従来のプラチナダブレットの術後化学療法における安全性の検討, 三崎 伯幸, 張 性洙, 松浦 奈都美, 垂水 晋太郎, 呉 哲彦, 石川 真也, 横見瀬 裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 25, (3), P86 - 05,   2011年04月
  • 大細胞神経内分泌癌手術例, 松浦奈都美, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 呉 哲彦, 石川 真也, 横見瀬 裕保, 胸部外科, 64, (3), 187-190,   2011年03月, [査読有り]
  • 既治療進行非小細胞肺癌に対するベバシズマブとカルボプラチン、ドセタキセルを用いた多剤併用療法の経験, 松浦奈都美, 石川 真也, 垂水 晋太郎, 張 性洙, 呉 哲彦, 横見瀬 裕保, 肺癌, 50, (7), 901-905,   2010年12月, [査読有り]
  • New clinically applicable method for visualizing adjacent lung segments using an infrared thoracoscopy system, N Misaki, Chang SS, Igai H, Tarumi S, M Gotoh, H Yokomise, J Thorac Cariovasc Surg., 140, (4), 752-6,   2010年10月, [査読有り]
  • Expression of ERCC1 and class Ⅲ β-tubulin is associated with the survival of resected stage Ⅲ non-small cell lung cancer patients treated with inducition chemoradiotherapy using carboplatin-taxane, Cheng-long Huang, Kyuichi Kadota, Dage Liu, Nariyasu Nakasima, Masaki Ueno, Shinya Ishikawa, Masashi Gotoh, Noriyuki Misaki, Sung-Soo Chang, Hiroyasu Yokomise, Experimental and Therapeutic Medicine, 1, (3), 445 - 451,   2010年05月, [査読有り]
  • A novel method for determining adjacent lung segments using infrared thoracoscopy., N Misaki, Chang SS, M Gotoh, Y Yamamoto, K Satoh, H Yokomise, J Thorac Cariovasc Surg.,   2009年09月, [査読有り]
  • シェーグレン症候群に合併した結節性肺アミロイドーシスの2例, 張性洙, 中野淳, 奥田昌也, 三﨑伯幸, 石川真也, 山本恭通, 黄政龍, 横見瀬裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 22, (4), 691-695,   2008年05月, [査読有り]
  • Closure of the pleural dead space after pneumonectomy in a rabbit model: Use of bioabsorbable lactic acid and caprolactone copolymer cubes, Sung Soo Chang, Hitoshi Igai, Noriyuki Misaki, Masashi Gotoh, Yasumichi Yamamoto, Yasuhiko Tabata, Hiroyasu Yokomise, ASAIO JOURNAL, 54, (1), 109 - 114,   2008年01月, [査読有り]
    The remaining pleural dead space after pulmonary resection sometimes causes serious complications, such as empyema. The objective of this study was induction of granulation tissue in uninfected pleural space after pneumonectomy in a rabbit model using implantation of bioabsorbable and porous poly-L-lactic acid and E-caprolactone copolymer (PLAC) cubes. Twelve Japanese white rabbits were randomly spilt into two groups: the control group (n = 6) underwent simple left pneumonectomy, whereas the experimental group (n = 6) underwent left pneumonectomy followed by filling of the left hemithorax with PLAC cubes. One rabbit in each group was killed at 1, 2, 3, and 6 months after surgery, and pleural tissue was evaluated. In the experimental group, granulation tissue inside the PLAC cubes had begun to form at 1 month after implantation. From 3 months to 6 months, proliferated granulation tissue occupied the left postpneumonectomy pleural space with no residual space. The implanted PLAC material was being gradually degraded. We were able to induce self-assembled granulation tissue in the pleural space after pneumonectomy in a rabbit model using bioabsorbable PLAC cubes. The use of this technique allowed the residual pleural space to be closed after pulmonary resection.
  • 呼吸機能障害を有する肺癌手術症例に対する呼吸理学療法の効果, 張性洙, 後藤正司, 中島尊, 山本恭通, 黄政龍, 横見瀬裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, 22, (1), 13-17,   2008年01月, [査読有り]
  • Clinical application of infrared thoracoscopy to detect bullous or emphysematous lesions of the lung, Masashi Gotoh, Yasumichi Yamamoto, Hitoshi Igai, Sungsoo Chang, Chenglong Huang, Hiroyasu Yokomise, JOURNAL OF THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY, 134, (6), 1498 - 1501,   2007年12月, [査読有り]
    Objective: We have previously reported that infrared thoracoscopy was useful in detecting emphysematous lesions in a canine model of lung emphysema. We applied infrared thoracoscopy to determine the feasibility and efficacy of planning bullectomy for patients with spontaneous pneumothorax. Methods: A total of 8 patients with spontaneous pneumothorax were included in the study. No procedure-related complications were observed. Infrared thoracoscopy with a single injection of indocyanine green (3.0 mg/kg) was used to detect bullous lesions of the lung, during surgical intervention. Partial lung resections of the bullous lesions were performed after image analysis based on color density data obtained by means of infrared thoracoscopy. Results: Bullous or emphysematous lesions of the lung were demonstrated in white, whereas normal lung tissue was imaged in blue, under infrared thoracoscopy. We were able to detect small bullous lesions with infrared thoracoscopy because of its clearer visualization compared with thoracoscopy. Quantitative color-density analysis revealed a marked decrease of indocyanine green intensity, which reflected decreased blood flow of bullous lesions. All resected specimens were confirmed as bullous lesions based on microscopic examinations. Conclusion: Infrared thoracoscopy-guided lung resection is a safe and useful procedure in detecting small bullous lesions.
  • Intra-thoracic fibrous tissue induction by polylactic acid and epsilon-caprotactone copolymer cubes, with or without stow release of basic fibroblast growth factor, Noriyuki Misaki, Yasumichi Yamamoto, Taku Okamoto, Sung Soo Chang, Hitoshi Igai, Masashi Gotoh, Yasuhiko Tabata, Hiroyasu Yokomise, EUROPEAN JOURNAL OF CARDIO-THORACIC SURGERY, 32, (5), 761 - 765,   2007年11月, [査読有り]
    Objective: We investigated whether implantation of polylactic acid and epsilon-caprolactone copolymer (PLAC) cubes with or without basic fibroblast growth factor (b-FGF) released slowly from gelatin microspheres was able to induce fibrous tissue in the dead space remaining after pneumonectomy in the thoracic cavity. Methods: Left pneumonectomy was performed in Japanese white rabbits. In the control group (n = 6), the left thoracic cavity was closed without any treatment. In the FGIF group (n = 6), gelatin microspheres that released 100 mu g of b-FGF were implanted into the left thoracic cavity. In the PLAC group (n = 6), PLAC cubes were implanted into the left thoracic cavity. In the PLAC/FGF group (n = 6), both PLAC cubes and gelatin microspheres releasing 100 mu g of b-FGF were implanted into the left thoracic cavity. Results: In the control and FGF groups, herniation of the heart, mediastinal shift, and overinflation of the right lung were observed. No granular tissue formation was observed. In the PLAC and PLAC/FGF groups, a dense area of newly formed soft tissue was observed, and only a mild mediastinal shift was observed during the 3-month follow-up period. Pathological examination revealed induction of fibrous and granular tissue in the left thoracic cavity. The foreign-body reaction induced by PLAC was very mild. Conclusions: Implantation of PLAC cubes with or without gelatin microspheres releasing 100 mu g of b-FGF is able to induce fibrous tissue in the post -pneumonectomy dead space. (C) 2007 European Association for Cardio-Thoracic Surgery. Published by Elsevier B.V. All rights reserved.
  • Correlation of F-18-FLT and F-18-FDG uptake on PET with Ki-67 immunohistochemistry in non-small cell lung cancer, Yuka Yamamoto, Yoshihiro Nishiyama, Shinya Ishikawa, Jun Nakano, Sung Soo Chang, Shuji Bandoh, Nobuhiro Kanaji, Reiji Haba, Yoshio Kushida, Motoomi Ohkawa, EUROPEAN JOURNAL OF NUCLEAR MEDICINE AND MOLECULAR IMAGING, 34, (10), 1610 - 1616,   2007年10月, [査読有り]
    Purpose The nucleoside analogue 3 '-deoxy-3 '-F-18-fluorothymidine (FLT) has recently been introduced for imaging cell proliferation with positron emission tomography (PET). We prospectively evaluated whether FLT uptake reflects proliferative activity as indicated by the Ki-67 index in non-small cell lung cancer (NSCLC), in comparison with 2-deoxy-2-F-18-fluoro-D-glucose (FDG). Methods A total of 18 patients with newly diagnosed NSCLC were examined with both FLT PET and FDG PET. PET imaging was performed at 60 min after each radiotracer injection. Tumour lesions were identified as areas of focally increased uptake, exceeding background uptake in the lungs. For semi-quantitative analysis, the maximum standardised uptake value (SUV) was calculated. Proliferative activity as indicated by the Ki-67 index was estimated in tissue specimens. Immunohistochemical findings were correlated with SUVs. Results The sensitivity of FLT and FDG PET for the detection of lung cancer was 72% and 89%, respectively. Four of the five false-negative FLT PET findings occurred in bronchiolo-alveolar carcinoma. The mean FLT SUV was significantly lower than the mean FDG SUV. A significant correlation was observed between FLT SUV and Ki-67 index (r=0.77; p < 0.0002) and for FDG SUV (r=0.81; p < 0.0001). Conclusion The results of this preliminary study suggest that, compared with FDG, FLT may be less sensitive for primary staging in patients with NSCLC. Although FLT uptake correlated significantly with proliferative activity in NSCLC, the correlation was not better than that for FDG uptake.
  • 肺原発多形癌に対する治療戦略についての検討, 奥田昌也, 張性洙, 中野淳, 三﨑伯幸, 石川真也, 山本恭通, 黄政龍, 横見瀬裕保, 日本呼吸器外科学会雑誌, [査読有り]

受賞

  •   2014年, 日本外科学会, 第21回研究奨励賞

競争的資金

  • 赤外光胸腔鏡による微小肺癌の空間的・質的診断の臨床研究,   2006年 - 2007年
  • 自己組織再生による膿胸の新たな治療法の研究,   2005年 - 2006年
  • 赤外光胸腔鏡による気腫肺病変リアルタイム描画の基礎的研究と臨床応用,   2005年 - 2006年