詳細検索はこちら

豊田 正範 トヨタ マサノリ

所属
農学部
応用生物科学科
職名教授
Last Updated :2020/12/04

研究者基本情報

学歴

  • 1990年04月 - 1992年03月, 鳥取大学大学院農学研究科
  • 1982年04月 - 1986年03月, 東京農業大学, 農学部

学位

  • 博士(農学), 東京大学

所属学協会

  • 日本作物学会四国支部
  • 日本作物学会

委員歴

  •   2016年04月 - 現在, 日本作物学会四国支部, 支部長
  •   2014年04月 - 現在, 日本作物学会, 評議員
  •   2008年04月 - 2010年03月, 日本作物学会, 庶務幹事

経歴

  •   2009年04月,  - 現在, 香川大学, 農学部, 教授
  •   2005年01月,  - 2009年03月, 香川大学, 農学部, 助教授
  •   1996年04月,  - 2004年12月, 香川大学, 農学部, 助手
  •   1992年07月,  - 1996年02月, 国際協力事業団, 農業開発協力部 メキシコ合衆国・沙漠地域農業開発計画, 専門家
  •   1986年12月,  - 1988年12月, 国際協力事業団青年海外協力隊

研究活動情報

研究分野

  • 環境・農学 / 作物生産科学

研究キーワード

    作物学, Crop Science

論文

  • Morphological and phenological adaptation for convergent development of tillers in Widely spaced wheat sown on different dates, Masanori Toyota, Masahiro Morokuma, Plant Production Science, Plant Production Science,   2020年08月31日, [査読有り]
  • Dry matter production and physiological responses to a wide range of irrigation levels in two Japanese soybean cultivars, Kanchana Chomsang, Masahiro Morokuma, Masanori Toyota, Plant Production Science, Plant Production Science,   2020年03月27日, [査読有り]
  • NaCl-stimulated ATP synthesis in mitochondria of a halophyte Mesembryanthemum crystallinum L, Dan Q.Tran, Ayako Konishi, Masahiro Morokuma, Masanori Toyota, Sakae Agarie, Plant Production Science, Plant Production Science, 23, (1) 129 - 135,   2019年10月, [査読有り]
  • Ion accumulation and expression of ion homeostasis-related genes associated with halophilism, NaCl-promoted growth in a halophyte Mesembryanthemum crystallinum L., Dan Q.Tran, Ayako Konishi, John C. Cushman, Masahiro Morokuma, Masanori Toyota, Sakae Agarie, Plant Production Science, Plant Production Science, 23, (1) 91 - 102,   2019年08月, [査読有り]
  • ポットに深播された水稲種子の出芽性と中茎長および低位節間長との関係, 赫 兵, 豊田正範, 楠谷 彰人, Bian He, Masanori Toyota, Akihito Kusutani, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 86,   2017年07月, [査読有り]
  • 香川県における不耕起乾田直播栽培水稲の播種期が収量,外観品質,食味に及ぼす影響, 赫 兵, 豊田正範, 楠谷 彰人, Bian He, Masanori Toyota, Akihito Kusutani, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 86,   2017年07月, [査読有り]
  • 香川県における良食味水稲品種ヒノヒカリの不耕起乾田直播栽培に関する生育,収量および食味, 赫 兵, 豊田正範, 楠谷 彰人, Bian He, Masanori Toyota, Akihito Kusutani, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 86, (1) 70 - 77,   2017年, [査読有り]
  • A high seed yield and associated attributes of dry matter production achieved by recent Japanese soybean cultivars, Laaorthip Maitree, Masanori Toyota, PLANT PRODUCTION SCIENCE, PLANT PRODUCTION SCIENCE, 20, (2) 193 - 204,   2017年, [査読有り]
  • Changes in radiation interception and R:FR over time and with canopy depth of two soybean cultivars with different branching characteristics, Masanori Toyota, Laaorthip Maitree, Kanchana Chomsang, PLANT PRODUCTION SCIENCE, PLANT PRODUCTION SCIENCE, 20, (2) 205 - 214,   2017年, [査読有り]
  • 香川県における水稲品種ヒノヒカリの節水栽培, 崔中秋, 豊田正範, 楠谷 彰人(Zh, gqiu Cui, Masanori Toyota, Akihito Kusutani, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 85,   2016年01月, [査読有り]
  • Rice Bran Affects Dry-matter Production of Chinese and Japanese Rice Cultivars, Jiabin Bian, Masanori Toyota, Masahiro Morokuma, Akihito Kusutani, JARQ-JAPAN AGRICULTURAL RESEARCH QUARTERLY, JARQ-JAPAN AGRICULTURAL RESEARCH QUARTERLY, 49, (4) 333 - 343,   2015年10月, [査読有り]
  • コムギにおける収量構造の品種間差異, 塩津文隆, 豊田正範, 楠谷 彰人, Fumitaka Shiotsu, Masanori Toyota, Akihito Kusutani, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 84,   2015年10月, [査読有り]
  • Tillering Responses to High Red/Far-Red Ratio of Four Japanese Wheat Cultivars, Masanori Toyota, Nobuyuki Tatewaki, Masahiro Morokuma, Akihito Kusutani, PLANT PRODUCTION SCIENCE, PLANT PRODUCTION SCIENCE, 17, (2) 124 - 130,   2014年04月, [査読有り]
  • Effects of Reduction in Plant Height Induced by Chlormequat on Radiation Interception and Radiation-Use Efficiency in Wheat in Southwest Japan, Masanori Toyota, Fumitaka Shiotsu, Jiabin Bian, Masahiro Morokuma, Akihito Kusutani, PLANT PRODUCTION SCIENCE, PLANT PRODUCTION SCIENCE, 13, (1) 67 - 73,   2010年01月, [査読有り]
  • 米糠施用が中国及び日本産水稲品種の根系特性に及ぼす影響, 辺嘉賓, 守屋 明洋, 諸隈 正裕, 豊田 正範, 楠谷 彰人, BIAN Jiabin, MORIYA Akihiro, MOROKUMA Masahiro, TOYOTA Masanori, KUSUTANI Akihito, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 79, (1) 44 - 52,   2010年, [査読有り]
  • 米糠施用が中国及び日本産水稲品種の収量と食味に及ぼす影響, 辺嘉賓, 諸隈 正裕, 塩津 文隆, 豊田 正範, 楠谷 彰人, BIAN Jiabin, MOROKUMA Masahiro, SHIOTSU Fumitaka, TOYOTA Masanori, KUSUTANI Akihito, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 79, (3) 251 - 261,   2010年, [査読有り]
  • Molecular cloning of a root hairless gene rth1 in rice, Takahisa Yuo, Masanori Toyota, Masahiko Ichii, Shin Taketa, BREEDING SCIENCE, BREEDING SCIENCE, 59, (1) 13 - 20,   2009年03月, [査読有り]
  • 水稲品種オオチカラ由来の短根性準同質遺伝子系統IL-srt1の施肥窒素量と栽植密度に対する生育反応, 趙 仁貴, 塩津 文隆, 劉 建, 辺嘉賓, 豊田 正範, 諸隈 正裕, 楠谷 彰人, HAO Rengui, SHIOTSU Fumitaka, LIU Jian, BIAN Jiabin, TOYOTA Masanori, MOROKUMA Masahiro, KUSUTANI Akihito, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 78, (2) 203 - 208,   2009年, [査読有り]
  • 水稲品種オオチカラ由来の短根性準同質遺伝子系統IL-srt1の収量性, 趙 仁貴, 塩津 文隆, 劉 建, 豊田 正範, 諸隈 正裕, 楠谷 彰人, HAO Rengui, SHIOTSU Fumitaka, LIU Jian, TOYOTA Masanori, MOROKUMA Masahiro, KUSUTANI Akihito, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 77,   2008年10月, [査読有り]
  • 水稲における登熟性の品種間差に関する研究 -形態形質との関係-, 塩津文隆, 劉 建, 辺 嘉賓, 豊田正範, 楠谷彰人, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 77, (2) 183 - 190,   2008年, [査読有り]
  • 水耕栽培で塩ストレスを与えた水稲品種の耐塩性と根系形態, 劉 建, 辺 嘉賓, 塩津 文隆, Subhash Chandra Ghosh, 豊田 正範, 楠谷 彰人(LIU Jian, Jiabin BIAN, SHIOTSU Fumitaka, Subhash Chandra Ghosh, TOYOTA Masanori, KUSUTANI Akihito, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 77, (3) 326 - 332,   2008年, [査読有り]
  • 水稲における登熟性の品種間差に関する研究 -登熟に及ぼす穂首節間維管束面積と炭水化物転流量の影響-, 塩津 文隆, 劉 建, 豊田 正範, 楠谷 彰人, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 76, (2) 262 - 272,   2007年, [査読有り]
  • 水稲品種オオチカラとその短根性準同質遺伝子系統IL-srt1の生理的特性, 趙 仁貴, 劉 建, 塩津 文隆, 豊田 正範, 楠谷 彰人, 武田 真, 一井 眞比古, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 75, (2) 148 - 152,   2006年, [査読有り]
  • 中国産水稲品種の耐塩性, 劉 建, 辺嘉 賓, 塩津 文隆, 豊田 正範, 楠谷 彰人, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 75, (3) 311 - 317,   2006年, [査読有り]
  • 水稲における登熟性の品種間差に関する研究 -登熟に及ぼす収量内容物と収量キャパシティの影響-, 塩津 文隆, 劉 建, 豊田 正範, 楠谷 彰人, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 75, (4) 492 - 501,   2006年, [査読有り]
  • 水稲品種オオチカラ由来の短根性準同質遺伝子系統IL-srt1の根系形態と地上部地下部関係, 趙 仁貴, 劉 建, 塩津 文隆, 豊田 正範, 楠谷 彰人, 武田 真, 一井 眞比古, 根の研究, 根の研究, 14, (4) 157 - 164,   2005年, [査読有り]
  • 播種期によるコムギ主茎の葉,小穂および小花の分化数成立過程の変異, 豊田 正範, 小林 洋介, 三好 祐介, 安村 直子, 楠谷 彰人, 浅沼 興一郎, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 73, (1) 10 - 17,   2004年, [査読有り]
  • 温暖地におけるコムギ主茎の葉,小穂および小花の分化数成立過程のモデル解析.日本作物学会紀事,72,450―460,(2003)., 豊田正範, 楠谷彰人, 浅沼興一郎, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 72, (4) 450 - 460,   2003年, [査読有り]
  • Effects of shading on dry matter production, yield and nitrate reductase activity of potato under two levels of spacing, Subhash Chandra Ghosh, ASANUMA Koh-ichiro, KUSUTANI Akihito, TOYOTA Masanori, Environment Control in Biology, Environment Control in Biology, 40,   2002年, [査読有り]
  • Basic studies on the cultivation and breeding of Brewers' rice in Kagawa prefecture, A Kusutani, K Ueda, T Hashimoto, M Morokuma, M Toyota, K Asanuma, JAPANESE JOURNAL OF CROP SCIENCE, JAPANESE JOURNAL OF CROP SCIENCE, 70, (4) 554 - 560,   2001年12月, [査読有り]
  • Initiation and development of spikelets and florets in wheat as influenced by shading and nitrogen supply at the spikelet phase, M Toyota, Tsutsui, I, A Kusutani, K Asanuma, PLANT PRODUCTION SCIENCE, PLANT PRODUCTION SCIENCE, 4, (4) 283 - 290,   2001年12月, [査読有り]
  • 香川県における酒米の栽培および育種に関する基礎研究-雑種初期世代からの葉色に対する選抜が後代のタンパク質含有率やその他の酒米特性に及ぼす影響-, 楠谷 彰人, 上田 一好, 橋本 拓也, 諸隈 正裕, 豊田 正範, 浅沼 興一郎, UTANI Akihito, UEDA Kazuyoshi, HASHIMOTO Takuya, MOROKUMA Masahiro, TOYOTA Masanori, ASANUMA Ko-ichiro, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 70,   2001年12月, [査読有り]
  • Effect of salt stress on some chemical components and yield of potato, SC Ghosh, K Asanuma, A Kusutani, M Toyota, SOIL SCIENCE AND PLANT NUTRITION, SOIL SCIENCE AND PLANT NUTRITION, 47, (3) 467 - 475,   2001年09月, [査読有り]
  • メキシコ合衆国バハ・カリフォルニア州の沙漠地域で点滴灌漑栽培したトウガラシおよびメロンの収穫期における出液の速度と成分, 森田 茂紀, 豊田 正範, MORITA Shigenori, TOYOTA Masanori, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 69, (2) 217 - 223,   2000年06月, [査読有り]
  • 水稲における多収性の品種生態に関する研究―ソ-ス・シンク比と収量との関係―,日本作物学会 第68巻 第1号 1999, 楠谷 彰人, 上田 一好, 浅沼 興一郎, 豊田 正範, KUSUTANI Akihito, UEDA Kazuyoshi, ASANUMA Ko-ichiro, TOYOTA Masanori, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 68, (1) 21 - 28,   1999年03月, [査読有り]
  • メキシコ合衆国バハ・カリフォルニア州の沙漠地域で点滴灌漑を用いて栽培したトウガラシおよびメロンの収穫期における根系の形態., 森田 茂紀, 豊田 正範, MORITA Shigenori, TOYOTA Masanori, 日本作物学会紀事, 日本作物学会紀事, 67, (3) 353 - 357,   1998年09月, [査読有り]
  • トウガラシ(Capsicum Annuum L.)における水利用効率の品種間差異, 豊田 正範, フアン ラリナガ, 有吉 誠志, T, YOTA Masanori, Juan Larrinaga, ARIYOSHI Seishi, 熱帯農業, 熱帯農業, 39,   1995年12月, [査読有り]

Misc

  • Comparison of Yield and Palatability between Chinese and Japanese Rice Cultivars, Shikoku Journal of Crop Science, 43, 13 - 22,   2006年
  • Yield and Palatability Characteristics of Progeny Lines from Crossings between Japanese and Chinese Rice Cultivars, Shikoku Journal of Crop Science, 43, 23 - 33,   2006年

書籍等出版物

  • 作物学, 文永堂出版,   2013年, ISBN:9784830041266
  • 作物栽培大系3 麦類の栽培と利用, 朝倉書店,   2011年, ISBN:9784254415032
  • 根のデザイン―根が作る食糧と環境―, 養賢堂,   2003年

講演・口頭発表等

  • 硝安と硫安の相違および窒素肥料の施肥頻度が畑地で点滴潅がい栽培したイネの生育および収量に及ぼす影響, 櫻井大樹, Pham Thi Hong Tham, 岡野健大, 金山智哉, 岸本光生, 窪村直樹, 笹部健司, Kanchana Chomsang, 辺嘉賓, 諸隈正裕, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第56回講演会,   2019年11月
  • 畑地での水稲の点滴潅がい栽培における硝化抑制剤の混入が温室効果ガス排出量と収量に及ぼす影響, 岡野健大, 櫻井大樹, Pham Thi Hong Tham, 金山智哉, 岸本光生, 窪村直樹, 笹部健司, Kanchana Chomsang, 辺嘉賓, 当真要, 諸隈正裕, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第56回講演会,   2019年11月
  • 水稲の畑地状態での点滴潅がい栽培による温室効果ガス排出量削減効果-湛水栽培との比較-, 窪村直樹, 笹部健司, 金山智哉, 岸本光生, 岡野健大, 櫻井大樹, Pham Thi Hong Tham, Kanchana Chomsang, 辺嘉賓, 当真要, 諸隈正裕, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第56回講演会,   2019年11月
  • 水稲の畑地状態での点滴潅がい栽培による玄米のヒ素含有量低減効果-湛水栽培との比較-, Pham Thi Hong Tham, 櫻井大樹, 岡野健大, 岸本光生, 金山智哉, 窪村直樹, 笹部健司, Kanchana Chomsang, 辺嘉賓, 諸隈正裕, 豊田正範,   2019年11月
  • バチルスバイオ肥料が慣行及び有機栽培コシヒカリの生育及び収量に及ぼす影響, 辻太智, 鍋浦高弘, 諸隈正裕, 豊田正範, 野村美加, 見城貴志, 横山正,   2019年11月
  • ソーラーパネルによる遮光がイネ科C3,C4植物の光合成および乾物生産に及ぼす影響, 林和馬, 鍋浦高弘, 諸隈正裕, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第56回講演会,   2019年11月
  • 移植時期及び鉄資材施用が有機栽培水稲の収量及び収量構成要素に及ぼす影響, 森安美月, 鍋浦高弘, 諸隈正裕・豊田正範, 杉本秀樹, 日本作物学会四国支部第56回講演会,   2019年11月
  • コムギのR:FR比の変化に対する形態形成反応の品種間差異, 笹部健司, 窪村直樹, Junior Isac Belo Mabote, 金山智哉, 岸本光生, Kanchana Chomsang, 豊田正範,   2019年09月
  • Effects of the differences of nitrogen fertilizer and application frequency on the growth, yield and grain quality of rice cultivated by drip irrigation in upland field, Isac Belo, Mabote Junior, Kanchana Chomsang, Tomoya Kanayama, Kouki Kishimoto, Naoki Kubomura, Kenji Sasabe, Masahiro Morokuma, Masanori Toyota, 第247回日本作物学会講演会,   2019年03月
  • コムギにおけるR:FR比の変化に対する分げつの発生および発育の品種間差異の分析, 笹部健司, 窪村直樹, Junior Isac Belo Mabote, 金山智哉, 岸本光生, Kanchana Chomsang, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第55回講演会,   2018年11月
  • 湛水栽培と点滴潅がい栽培の相違による水稲のヒ素含有量の比較, 岸本光生, 金山智哉, 窪村直樹, 笹部健司, Junior Isac Belo Mabote, Kanchana Chomsang, 諸隈正裕, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第55回講演会,   2018年11月
  • 窒素肥料の種類と施肥頻度の相違が畑地で点滴潅がい栽培した水稲の生育と収量に及ぼす影響, 金山智哉, 岸本光生, 窪村直樹, 笹部健司, Junior Isac Belo Mabote, Kanchana Chomsang, 諸隈正裕, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第55回講演会,   2018年11月
  • 水田における水稲の湛水栽培と畑地状態での点滴潅がい栽培による温室効果ガス排出量の比較, 窪村直樹, 笹部健司, Junior Isac Belo Mabote, 岸本光生, 金山智哉, Kanchana Chomsang, 諸隈正裕, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第55回講演会,   2018年11月
  • 代かき後におけるナタネ油粕の施用が水稲収量および雑草の生育に及ぼす影響, 諸隈正裕, 東江栄, 豊田正範, 日本作物学会第245回講演会,   2018年03月
  • Effect of different irrigation’s level on dry matter production and physiology of two Japanese soybean cultivars, Kanchana Chomsan, Stephen Ndungu Gateri, 大嶋 諒, 窪村 直樹, Isac Belo, Mabote Junio, 豊田正範, 日本作物学会第245回講演会,   2018年03月
  • Impact of varying irrigation schedules on yiejd, shoot and root morphology of some nerika and japonica rice sub-species, Stephen Ndungu Gateri, Kanchana Chomsan, 窪村 直樹, 大嶋 諒, Isac Belo, Mabote Junio, 豊田正範, 日本作物学会第245回講演会,   2018年03月
  • Growth response of two Japanese soybean cultivars to drip irrigation under different soil moisture condition, Kanchana Chomsan, Stephen Ndung'u Gateri, 大嶋 諒, 窪村 直樹, Isac Belo, Mabote Junio, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第53回講演会,   2017年12月
  • Impact of varied irrigation scheduling at reproductive stage on rice plant physiology, Stephen Ndung'u Gateri, Kanchana Chomsan, 窪村 直樹, 大嶋 諒, Isac Belo, Mabote Junio, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第53回講演会,   2017年12月
  • 畑地で点滴潅がい栽培をしたネリカ米とジャポニカ米の収量, 窪村直樹, 大嶋諒, Stephen Ndung'u Gateri, Kanchana Chomsan, Isac Belo, Mabote Junio, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第53回講演会,   2017年12月
  • R/FR比の変化がコムギの茎数及び草高に及ぼす影響の品種間差, 大嶋諒, 窪村直樹, Stephen Ndung'u Gateri, Kanchana Chomsan, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第53回講演会,   2017年12月
  • 水田での点滴かんがいが水稲収量に及ぼす影響, 宮内大樹, 古小高健, 諸隈正裕, 東江栄, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第53回講演会,   2017年03月
  • 代かき後における有機質資材の施用時期がコナギの出芽に及ぼす影響, 諸隈正裕, 渡辺悠介, 東江栄, 豊田正範, 日本作物学会第243回講演会,   2017年03月
  • 水田での点滴かんがい栽培が水稲の収量に及ぼす影響, 吉澤広晃, 古小高健, 諸隈正裕, 東江栄, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第53回講演会,   2016年11月
  • 香川県における水稲品種ヒノヒカリの不耕起乾田直播栽培, 赫兵, 豊田正範, 楠谷彰人, 日本作物学会四国支部第53回講演会,   2016年11月
  • 畑地での点滴かんがい栽培におけるかん水量の相違が水稲の生育と収量に及ぼす影響, 上月佐織, 仁科太一, 和佐一希, Kanchana Chomsan, Stephen Ndungu Gateri, 赫兵, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第53回講演会,   2016年11月
  • Yield and physiological responses of two soybean cultivars to different amount of irrigation, Kanchana Chomsan, Saori Kohzuki, Taichi Nishina, Kazuki Wasa, Stephen Ndungu Gateri, Masanori Toyota, 日本作物学会四国支部第53回講演会,   2016年11月
  • LEDによるR/FR比の変化がコムギの茎数変化に及ぼす影響と品種間差異, 仁科太一, 上月佐織, 和佐一希, Kanchana Chomsan, Maitree Laaorthip, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第53回講演会,   2016年11月
  • 夏期の高温乾燥条件下での点滴かんがいがダイズの生育に及ぼす効果, 和佐一希, 上月佐織, 仁科太一, Kanchana Chomsan, Stephen Ndungu Gateri, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第53回講演会,   2016年11月
  • Rice in Japan and drip irrigation trials, Masanori Toyota, The International Workshop on Modern Technologies of Rice Growing, Global Food and Environmental Safety,   2016年08月
  • 直播栽培における香川県良食味品種「おいでまい」の特性評価, 赫兵, 豊田正範, 楠谷彰人, 日本作物学会四国支部第52回講演会,   2015年11月
  • LED 照明および光質コントロールフィルムによるR/FR比の操作が圃場栽培したコムギの生育に及ぼす影響, 小山田恵梨, 楓典子, 矢野瑞貴, Maitree Laaorthip, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第52回講演会,   2015年11月
  • 畑地で点滴かんがい栽培した水稲の生育と収量および節水効果, 矢野瑞貴, 小山田恵梨, 楓典子, Kanchana Chomsan, Maitree Laaorthip, 赫兵, 崔中秋, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第52回講演会,   2015年11月
  • 異なる栽植密度で狭畦栽培したダイズ品種「はつさやか」と「さちゆたか」の乾物生産特性, 楓典子, 矢野瑞貴, 小山田恵梨, Kanchana Chomsan, Maitree Laaorthip, 豊田正範, 日本作物学会四国支部第52回講演会,   2015年11月
  • Yield and Yield Components of Soybean Cultivar "Hatsusayaka" and "Sachiyutaka" under Narrow Row Planting Culture with Two Planting Densities, Maitree Laaorthip, Noriko Momiji, Mizuki Yano, Eri Oyamada, Kanchana Chomsan, Masanori Toyota, 日本作物学会四国支部第52回講演会,   2015年11月
  • 潅水量と水稲の生育および収量との関係, 崔中秋, 曲紅岩, 張欣, 崔晶, 松江勇次, 豊田正範, 楠谷彰人, 日本作物学会四国支部第52回講演会,   2015年11月
  • 単作田における水稲有機栽培の継続試験, 諸隈正裕, 東江栄, 豊田正範, 日本作物学会第240回講演回,   2015年09月

受賞

  •   2008年, 日本作物学会論文賞

競争的資金

  • 水稲の点滴かんがい栽培によるメタンガス排出削減および玄米ヒ素含有量低減技術開発, 科学研究費補助金,   2017年 - 2019年
  • コムギの避陰反応の抑制による収量ポテンシャル向上の可能性の検証, 科学研究費補助金,   2014年 - 2017年
  • コムギ群落内の光質と形態形成および乾物生産特性との関係解明, 科学研究費補助金,   2010年 - 2012年
  • Ecophysiological and Morphological studies on the yield determination of crops