詳細検索はこちら

桑原 知巳 クワハラ トモミ

所属
医学部
医学科
職名教授
Last Updated :2019/04/12

研究者基本情報

学歴

  •  - 1993年, 徳島大学, 医学部, 医学

学位

  • 医学(博士)
  • 医学博士, 徳島大学

所属学協会

  • 日本内科学会
  • 日本細菌学会
  • 日本分子生物学会
  • 日本感染症学会
  • 日本癌学会
  • 日本環境変異原学会

経歴

  •   1993年,  - 1994年,  徳島大学医学部附属病院, 研修医
  •   1994年,  - 2001年,  徳島大学医学部, 助手
  •   2001年,  - 2004年,  徳島大学医学部, 助教授
  •   2004年, - 徳島大学大学院ヘルスバイオサイエンス研究部, 助教授
  •   2011年, - 香川大学医学部, 教授

研究活動情報

研究分野

  • ゲノム科学 / 基礎ゲノム科学
  • 基礎医学 / 細菌学(含真菌学)

研究キーワード

    腸内細菌, Bacteroides, ゲノム

Misc

  • Promotion of Bacterial translocation by major resection in obstruetive jaundice in rats colonised predominantly with indigenous Eschorichia coli, Journal of Medicine Microbiology, 51,687-94,   2002年, [査読無し]
  • Blockade of Th1 chemokine receptors ameliorates pulmonary granulomatousis in mice., Kushi J, Nishioka Y, Kuwahara T, Kakiuchi S, Azuma M, Aono Y, Makino H, Kinoshita K, Kishi M, Batmunkh R, Izumi K, Izumi K, Sone S, 38, 415-424,   2011年08月, [査読有り]
  • Induction of colonic regulatory T cells by indigenous Clostridium species., Atarashi K, Tanoue T, Shima T, Imaoka A, Kuwahara T, Momose Y, Cheng G, Yamasaki S, Saito T, Ohba Y, Taniguchi T, Takeda K, Hori S, Ivanov II, Umesaki Y, Itoh K, Honda K, Science, 331, 337-341,   2011年01月, [査読有り]
  • The lifestyle of the segmented filamentous bacterium: a nonculturable gut-associated immunostimulating microbe inferred by whole-genome sequencing., Kuwahara T, Ogura Y, Oshima K, Kurokawa K, Ooka T, Hirakawa H, Itoh T, Nakayama-Imaohji H, Ichimura M, Itoh K, Ishifune C, Maekawa Y, Yasutomo K, Hattori M, Hayashi T, DNA Res., 18, 291-303,   2011年08月, [査読有り]
  • Effect of indole-3-carbinol and phenethyl isothiocyanate on bile and pancreatic juice excretion in rats., Ishibashi H, KUWAHARA Tomomi, IMAOHJI Haruyuki, Ohnishi Y, Mori H, Shimada M, J. Med. Invest., 59, (3,4), 246-252,   2012年05月, [査読有り]
  • Anti-microbial and therapeutic effects of modified Burow's solution on refractory otorrheas., Jinnouchi O, KUWAHARA Tomomi, Ishida S, Okano Y, Kasei Y, Kunitomo K, Takeda N, Auris Nasus Larynx., 39, 374-377,   2012年08月, [査読有り]
  • Reduced diversity and imbalance of fecal microbiota in patients with ulcerative colitis., Nemoto H, Kataoka K, Ishikawa H, Ikata K, Arimochi H, Iwasaki T, Ohnishi Y, KUWAHARA Tomomi, Yasutomo K, Dig. Dis. Sci., 57, (11), 2955-2964,   2012年11月, [査読有り]
  • Evaluation method for the potential functionome harbored in the genome and methagenome., Takami H, Taniguchi T, Moriya Y, KUWAHARA Tomomi, Kanehisa M, Goto S, BMC Genomics, 13, 699,   2012年12月, [査読有り]
  • PhoB regulates the survival of Bacteroides fragilis in peritoneal abscesses., Wakimoto S, IMAOHJI Haruyuki, Ichimura M, Mirota H, Hirakawa H, Hayashi T, Yasutomo K, KUWAHARA Tomomi, PLoS One, 8, e53829,   2013年01月, [査読有り]
  • Infectious conjunctivitis caused by Pseudomonas aeruginosa isolated from a bathroom., EGUCHI Hiroshi, MIYAMOTO Tatsuro, KUWAHARA Tomomi, MITAMURA Sayaka, MITAMURA Yoshinori, BMC Res Notes,   2013年07月, [査読有り]

書籍等出版物

  • 感染と生体防御, 建帛社,   2012年, ISBN:978-4-7679-0446-7
  • シンプル微生物学, 南江堂,   2011年, ISBN:978-4-524-26207-6

講演・口頭発表等

  • 腸管内における宿主微生物間相互作用に関わる分子の検索, 第86回日本細菌学会総会、ワークショップ「細菌間および細菌宿主間の相互作用」,   2013年
  • 腸管内常在菌によるClostridium difficileの病原性抑制機構, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年
  • Bacteroides thetaiotaomicronにおけるマリナートランスポゾン挿入変異ライブラリーの開発, 第35回日本分子生物学会年会,   2012年

作品

  • 新規塩素系殺菌剤の開発と実用化に関する研究,   2011年  - 2012年

受賞

  • 感染症学会優秀論文賞

競争的資金

  • 病原性嫌気性菌の病原性遺伝子発現機構,   1996年
  • 微生物ゲノム解析,   2002年
  • 腸内細菌の宿主生理機能の修飾作用に関する研究