詳細検索はこちら

天谷 研一 アマヤ ケンイチ

所属
経済学部
経済学科
創発科学研究科
創発科学専攻
職名准教授
Last Updated :2022/09/09

研究者基本情報

学歴

  •  - 2003年, Massachusetts Institute of Technology, 経済学研究科
  •  - 1998年, 東京大学, 経済学研究科
  •  - 1996年, 東京大学, 経済学部

学位

  • 博士(経済学), マサチューセッツ工科大学
  • 修士(経済学), 東京大学

所属学協会

  • Econometric Society
  • 日本経済学会

経歴

  •   2006年,  - 2007年, 香川大学経済学部, 講師
  •   2003年,  - 2006年, 神戸大学経済経営研究所, 講師

研究活動情報

研究分野

  • 人文・社会 / 理論経済学

研究キーワード

    契約理論, ゲーム理論, ミクロ経済学, Contract Theory, Game Theory, Microeconomics

Misc

  • 戦略的タイプと行動タイプが存在するゲームにおける事前コミュニケーションの効果, 天谷研一, 香川大学経済論叢, 87, (1・2), 57-75,   2014年09月
  • Evolutionary Equilibrium Selection with Location Choices, 天谷研一, The Instuitute of Economic Research Working Paper Series, Kagawa University, (188),   2014年02月
  • アプローチの選択を伴う複数エージェントのモラルハザード, 天谷研一, 香川大学経済論叢, 86, (1), 29-44 - 44,   2013年06月
  • Perfect Foresight Equilibrium Selection in Signaling Games, 天谷研一, Kenichi Amaya, The Institute of Economic Research Working Paper Series, Kagawa University, (156),   2010年03月
  • モラルハザード問題における合理的な無知, 天谷 研一, 国民経済雑誌, 193, (6), 87 - 101,   2006年
  • Two-speed evolution with pre-play communication and limited flexibility, K Amaya, REVIEW OF ECONOMIC DYNAMICS, 9, (2), 310 - 325,   2006 04
    This paper studies the effects of pre-play communication on equilibrium selection in 2 x 2 symmetric coordination games. The players repeatedly play a coordination game preceded by an opportunity to exchange payoff irrelevant messages and Gradually adjust their behavior. In short run, the players' access to the actions of the coordination game may be restricted. While the players can revise the set of accessible actions only occasionally, they frequently adjust their behavior in the cheap-talk game, taking the set of currently available actions as given. We obtain an efficient-equilibrium-selection result if the underlying coordination Game satisfies the self-signaling condition. On the other hand, if the game is not self-signaling, both the efficient and the inefficient equilibrium outcomes are stable. (c) 2005 Elsevier Inc. All rights reserved.

書籍等出版物

  • 図解で学ぶゲーム理論入門, 日本能率協会マネジメントセンター,   2011年, ISBN:4820747185
  • ゲームと情報の経済学, 勁草書房,   2006年

講演・口頭発表等

  • Multi-agent moral hazard with approach choices, International Conference of the Thailand Econometric Society,   2016年
  • Multi-Agent Moral Hazard with Approach Choices, Asian Meeting of the Econometric Society,   2013年

競争的資金

  • 情報収集と情報伝達のミクロ経済学的分析

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • オープンキャンパス模擬講義, 一般高校生,   2015年08月, 講師
  • 出張講義, 観音寺中央高校,   2015年02月, 講師
  • オープンキャンパス模擬講義, 一般高校生,   2014年08月, 講師
  • オープンキャンパス模擬講義, 一般高校生,   2013年08月, 講師
  • 論文査読, Hitotsubashi Journal of Economics,   2011年06月 - 2012年02月, 査読者
  • オープンキャンパス模擬講義, 一般高校生,   2011年08月, 講師
  • 出張講義, 倉敷南高校,   2010年09月, 講師
  • オープンキャンパス模擬講義, 一般高校生,   2010年08月, 講師
  • 出張講義, 講師, 観音寺第一高校,   2009年10月, 出張講義講師
  • 論文査読, Journal of Economic Theory,   2008年10月 - 2008年12月, 査読者
  • 高校生の大学訪問における授業公開, 三本松高校,   2007年11月, 講師
  • 高校生の大学訪問における模擬授業, 高松桜井高校,   2007年10月, 講師
  • 経済セミナー10月号記事執筆, 経済セミナー(日本評論社),   2007年10月, 記事執筆者, ゼルテン氏講演会に関する記事
  • 生涯学習教育研究センター公開講座「現代経済を読み解く」の講師, 香川大学生涯学習教育研究センター,   2007年09月, 9月25日(火)(10:30~12:00)の講師, 講演テーマ:日本経済の動向と金融政策の有効性
  • 高校における出張講義とパネルディスカッション, 徳島県立脇町高等学校,   2007年06月, 講師
  • 大学訪問における模擬講義, 桜井高校,   2006年10月, 講師
  • 論文査読, Japanese Economic Review,   2006年08月, レフェリー
  • オープンキャンパスにおける模擬講義, 一般高校生,   2006年08月, 講師


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.