詳細検索はこちら

山本 裕 ヤマモト ユウ

所属
経済学部
経済学科
職名准教授
Last Updated :2019/07/10

研究者基本情報

基本情報

    科研費研究者番号:10550113
    ORCID ID:0000-0001-8488-0591

学歴

  • 1999年04月 - 2005年03月, 慶應義塾大学 大学院, 経済学研究科 後期博士課程, 経済学専攻
  • 1997年04月 - 1999年03月, 慶應義塾大学 大学院, 経済学研究科 修士課程, 経済学専攻
  • 1993年04月 - 1997年03月, 慶應義塾大学, 経済学部, 経済学科
  • 1990年04月 - 1993年03月, 慶應義塾高等学校

学位

  • 修士(経済学), 慶應義塾大学

所属学協会

  • 社会経済史学会
  • 政治経済学・経済史学会
  • 経営史学会
  • 日本植民地研究会
  • 市場史研究会
  • 近現代東北アジア地域史研究会
  • 中四国商経学会

委員歴

  •   2017年11月 - 現在, 社会経済史学会 中国四国部会 理事(事務局長)
  •   2017年10月 - 現在, 政治経済学・経済史学会 理事
  •   2017年07月 - 現在, 日本植民地研究会 研究企画委員会委員
  •   2011年04月 - 現在, 政治経済学・経済史学会 中国四国部会, 幹事
  •   2009年11月 - 2017年11月, 社会経済史学会 中国四国部会 幹事
  •   2015年07月 - 2017年07月, 日本植民地研究会 事務局委員
  •   2015年11月, 2015年度 社会経済史学会 中国四国部会大会 事務局長
  •   2011年07月 - 2015年07月, 日本植民地研究会 理事(事務局長)
  •   2008年12月 - 2011年07月, 日本植民地研究会, 事務局委員

経歴

  •   2003年11月,  - 2005年03月, 慶應義塾大学 経済学研究科・商学研究科連携21世紀COEプログラム, 研究員(DC)
  •   2005年04月,  - 2007年02月, 慶應義塾大学 経済学研究科・商学研究科連携21世紀COEプログラム, 研究員(PD)
  •   2007年03月,  - 2008年07月, 大連理工大学外国語学院, 外籍文教専家
  •   2008年08月,  - 2009年03月, 九州国際大学社会文化研究所, 客員研究員
  •   2009年04月,  - 2010年04月, 香川大学経済学部, 講師
  •   2010年05月,  - 現在, 香川大学経済学部, 准教授

研究活動情報

研究分野

  • 経済学 / 経済史

研究キーワード

    日本経済史, 日本植民地研究

論文

  • 「書評と紹介 柴田善雅著『満洲における政府系企業集団』」, 山本 裕, 日本歴史学会編『日本歴史』, (839) 105 - 107,   2018年04月
  • 「近代化と学問―19世紀末アジア知識人の葛藤」, 山本裕, 山本珠美, 張暁紅, 『香川大学生涯教育研究センター研究報告』,   2018年03月
  • 「地域の中の塩業組合―「塩害」の発生と生島塩業組合の対応を中心として―」, 大西里奈, 山本裕, 『香川大学経済論叢』, 第89巻,   2017年03月
  • 「書評 王紅艶著『「満洲国」労工の史的研究―華北地区からの入満労工―』」, 山本裕, 『歴史と経済』, 第234号,   2017年01月
  • 「開発政策と地域経済の変容―全国総合開発計画と香川県製塩業を事例に(1)―」, 山本裕, 『香川大学経済論叢』, 第89巻,   2016年09月
  • 「書評 張良澤編著『日本火柴盒圖録(1966?1970年)』(秀山閣私家蔵版、2015年)」, 山本裕, 『天理台湾学報』, 第25号,   2016年07月
  • 「書評 芳井研一編『南満州鉄道沿線の社会変容』」, 山本裕, 新潟史学会『新潟史学』第71号,   2014年06月
  • 「「満洲国」下の都市社会問題―石炭供給不全を中心に―」, 山本 裕, 『香川大学経済論叢』第86巻第2号,   2013年09月
  • 「「満州」における在来燃料問題の「発生」」, 山本裕, 『香川大学経済論叢』第82巻第4号, 第82巻, (第4号) 267 - 302,   2010年
  • 「書評:原田勝正著『増補 満鉄』」, 山本裕, 『社会経済史学』第76巻第3号, 第76巻, (第3号) 143 - 145,   2010年
  • 「満鉄と化学技術開発」, 山本裕, 新潟大学コアステーション人文社会・教育科学系付置環東アジア研究センター『環東アジア研究センター年報』第4号, (第4号) 52 - 55,   2009年
  • 「書評:鈴木邦夫編著『満州企業史研究』」, 山本裕, 『日本植民地研究』第20号, (第20号) 78 - 84,   2008年
  • 「書評:山本有造著『「満洲国」経済史研究』」, 山本裕, 『日本植民地研究』第18号, (第18号) 80 - 85,   2006年
  • 「「満州国」における鉱産物流通組織の再編過程―日満商事の設立経緯1932-1936年―」, 山本裕, 『歴史と経済』第178号, (第178号) 21 - 40,   2003年01月, [査読有り]
  • 「満鉄オイルシェール事業―1909-31年」, 山本裕, 『三田学会雑誌』第95巻第4号, 第95巻, (第4号) 177 - 198,   2003年01月, [査読有り]

Misc

  • 「山崎元幹」, 山本裕, 貴志俊彦・松重充浩・松村史紀編『二〇世紀満洲歴史事典』, 509 - 510,   2012年, [依頼有り]
  • 「「満州経済建設第一期総合計画」」, 山本裕, 貴志俊彦・松重充浩・松村史紀編『二〇世紀満洲歴史事典』, 441 - 442,   2012年, [依頼有り]
  • 「配給機関」, 山本裕, 貴志俊彦・松重充浩・松村史紀編『二〇世紀満洲歴史事典』, 403 - 404,   2012年, [依頼有り]
  • 「特殊会社」, 山本裕, 貴志俊彦・松重充浩・松村史紀編『二〇世紀満洲歴史事典』, 369 - 370,   2012年, [依頼有り]
  • 「炭業統制委員会」, 山本裕, 貴志俊彦・松重充浩・松村史紀編『二〇世紀満洲歴史事典』, 344 - 345,   2012年
  • 「武部六藏」, 山本裕, 貴志俊彦・松重充浩・松村史紀編『二〇世紀満洲歴史事典』, 341 - 342,   2012年
  • 「武部治右衛門」, 山本裕, 貴志俊彦・松重充浩・松村史紀編『二〇世紀満洲歴史事典』, 340 - 341,   2012年
  • 「隅谷三喜男」, 山本裕, 貴志俊彦・松重充浩・松村史紀編『二〇世紀満洲歴史事典』, 323頁,   2012年
  • 「三溝又三」, 山本裕, 貴志俊彦・松重充浩・松村史紀編『二〇世紀満洲歴史事典』, 301 - 302,   2012年
  • 「久保孚」, 山本裕, 貴志俊彦・松重充浩・松村史紀編『二〇世紀満洲歴史事典』, 267 - 268,   2012年
  • 「出光計助」, 山本裕, 貴志俊彦・松重充浩・松村史紀編『二〇世紀満洲歴史事典』, 240 - 241,   2012年
  • 「鮎川義介」, 山本裕, 貴志俊彦・松重充浩・松村史紀編『二〇世紀満洲歴史事典』, 237 - 238,   2012年
  • 「総説 経済」, 山本裕, 塚瀬進, 平山勉, 貴志俊彦・松重充浩・松村史紀編『二〇世紀満洲歴史事典』, 23 - 27,   2012年
  • 衰退産業における企業財務の変遷―戦後大手石炭企業の事例(1956~91), 島西智輝, 山本裕, 牛島利明, 慶應義塾大学経商連携21世紀COEプログラムディスカッションペーパー(DP2006-034),   2007年
  • 「『満鉄統計年報』に見るエネルギー資源データベース 1917-1926」, 山本裕, Keio University Market Quality Research Project DISCUSSION PAPER SERIES DP2005-017,   2006年
  • 「『満鉄統計年報』に見るエネルギー資源データベース 1907-1916」, 山本裕, Keio University Market Quality Research Project DISCUSSION PAPER SERIES DP2003-026,   2004年
  • 【共著】衰退産業における企業財務の変遷―戦後大手石炭企業の事例(1956~91), 島西智輝, 山本裕, 牛島利明, 慶應義塾大学経商連携21世紀COEプログラムディスカッションペーパー(DP2006-034),   2007年03月
  • 「石油」, 山本裕, 吉田裕・森武麿・伊香俊哉・高岡裕之編『アジア・太平洋戦争辞典』, 337-338頁,   2015年10月
  • 「帝国石油会社」, 山本裕, 吉田裕・森武麿・伊香俊哉・高岡裕之編『アジア・太平洋戦争辞典』, 433頁,   2015年10月
  • 「帝国燃料興業会社」, 山本裕, 吉田裕・森武麿・伊香俊哉・高岡裕之編『アジア・太平洋戦争辞典』, 434頁,   2015年10月
  • 「日本石油会社」, 山本裕, 吉田裕・森武麿・伊香俊哉・高岡裕之編『アジア・太平洋戦争辞典』, 519頁,   2015年10月

書籍等出版物

  • 柳沢遊・倉沢愛子編著『日本帝国の崩壊』, 山本 裕, 分担執筆, 「第11章 「満洲国」後期における石炭増産政策」, 慶應義塾大学出版会,   2017年07月, ISBN:9784766424300
  • 坂根嘉弘編著『地域のなかの軍隊 5 中国四国 西の軍隊と軍港都市』, 山本 裕「第一一師団と善通寺」, 分担執筆, 吉川弘文館,   2014年10月
  • 柳沢遊・木村健二・浅田進史編著『日本帝国勢力圏の東アジア都市経済』, 山本 裕, 分担執筆, 「第4章 長春から新京へ―「満洲国国都」の膨張と工業化」, 慶應義塾大学出版会,   2013年10月, ISBN:9784766420623
  • 貴志俊彦・松重充浩・松村史紀編(上田貴子・梅村卓・大沢武彦・塚瀬進・永井リサ・平山勉・古市大輔・山本裕 編集協力)『二〇世紀満洲歴史事典』, 吉川弘文館,   2012年
  • 松村高夫・柳沢遊・江田憲治編著『満鉄の調査と研究―その「神話」と実像』, 山本 裕「第4章 事業化された調査―資源・鉱産物調査とオイルシェール事業―」, 分担執筆, 青木書店,   2008年07月
  • 「満州」,日本植民地研究会編『日本植民地研究の現状と課題』, アテネ社,   2008年
  • 「「満州」の石炭業」,原朗・山崎志郎編著『戦時日本の経済再編成』, 日本経済評論社,   2006年
  • 「「満州」日系企業研究史」,田中明編著『近代日中関係史再考』, 日本経済評論社,   2002年

講演・口頭発表等

  • 「日本植民地都市経済史研究の現状と課題―「満洲」を中心として」, 山本 裕, 2018年度第3回立教大学経済史・経営史ワークショップ,   2018年12月21日, 招待有り
  • (司会)佐藤正志「観光地の形成とメディア」, 山本 裕, 2018年度 社会経済史学会中国四国部会 広島大会,   2018年12月08日
  • 「満洲都市経済史研究の現状と課題」, 山本 裕, 名古屋大学課題設定型ワークショップ「社会経済研究」「共通論題:帝国日本の都市経済史」,   2018年09月18日, 招待有り
  • “The International Coal Cartels in the East Asian Market, 1916-37“ (Session Title;“International Cartels in the 19th and 20th century: National Perspectives “ ), XVⅢ World Economic History Congress,   2018年08月01日
  • (司会)須永徳武「植民地企業は儲かったか?―収益性比較」, 山本 裕, 日本植民地研究会 第26回全国研究大会,   2018年07月15日
  • (司会)三木理史「「満州国」期における満鉄旅客輸送」, 山本 裕, 社会経済史学会第87回全国大会,   2018年05月26日
  • (司会)鵜飼要「1930年代新居浜における工業地域の形成―港湾整備と重化学工業化に着目して」, 2017年度 社会経済史学会中国四国部会 岡山大会,   2017年
  • (司会) 共通論題「日本植民地における鉄道と観光」, 日本植民地研究会 第25回全国研究大会,   2017年
  • 「「満洲国」後期における石炭増産政策」, 社会経済史学会第86回全国大会,   2017年
  • 「満鉄販売部門の活動と展開;1932-1936」, [韓国]東アジア日本学会2017年度春季大会,   2017年
  • 「「満洲国」期における地域中小炭鉱の展開と増産問題」, 2017年度 政治経済学・経済史学会 中四国部会大会,   2017年
  • (コメンテーター)「日本帝国解体過程における東アジア民衆の経験―戦時・戦後経験の意味するもの―」, 2015年度 政治経済学・経済史学会 秋季学術大会 パネルディスカッションH,   2015年
  • (コメンテーター)「戦前日本帝国下の植民地・占領地経済に関する関係史的接近」, 神戸大学大学院経済学研究科・経済学部 六甲フォーラム,   2014年
  • 「「満洲国」後期における地域的石炭増産政策」, 慶應義塾経済学会ミニコンファレンス,   2014年
  • “Manchuko coal increase in production policy in the Pacific War period”, Session Title;“Production and Distribution within the Imperial Boundary” International Symposium; Integration and Tension between Empire and Colonies:From a comparative historical view of Korea,Japan and Taiwan.,   2014年
  • (司会)木戸健太郎「政治評論家としての馬場恒吾」, 社会経済史学会中国四国部会鳥取大会,   2013年
  • 「「国策」概念についての一考察」, [韓国]東アジア日本学会・東北アジア文化学会2013年秋季連合国際学術大会,   2013年
  • (司会)「満鉄史研究の新地平-帝国主義侵略のなかの満鉄像-」, 政治経済学・経済史学会 2013年度秋季学術大会 パネルディスカッション③,   2013年
  • 「植民地における商品市場の実態―満州に焦点を当てて―」, 和歌山大学コンファランス「経済時系列解析と歴史研究―分析モデルの開発とその応用―」,   2013年
  • (司会)細谷 亨「戦時期における「満洲」分村移民と母村の変容―長野県諏訪郡富士見村を事例に―」, 2012年度日本植民地研究会春季研究会,   2013年
  • (司会)金広植「帝国日本における「日本」説話集の中の朝鮮と台湾の位置付け」, 2012年度日本植民地研究会秋季研究会,   2012年
  • 「『満洲国』都市の膨張と工業化」, 政治経済学・経済史学会秋季学術大会パネルディスカッション②「1930年代日本帝国勢力圏内諸都市の経済変容―長春・済南・青島を中心として―」,   2012年
  • 「「満州」日系商業組織における調整機能の推移―長春を中心に―」, 第26回慶應義塾大学東アジア研究所学術大会研究報告,   2011年
  • 「「満州国」下の都市社会問題―石炭供給不全を中心に―」, 慶應義塾大学東アジア研究所・歴史問題研究所共同国際シンポジウム「日本帝国主義と勢力圏都市の諸問題と社会変動」,   2010年
  • 「両大戦間期における満鉄の内地石炭販売政策とその実態」, 第45回経営史学会,   2009年
  • “A History of Theory regarding the Economic Presence of the Imperial Japan in Manchuria” Session Title;“The Theory and Practice of Examining Colonialism in Asia and the Pacific”, International Convention of Asia Scholars 6,   2009年

競争的資金

  • 20世紀前半東アジアの競争と協調, 科学研究費補助金,   2018年04月 - 2021年03月, 山本 裕
  • 「満州」エネルギー市場の総合的研究,満鉄史

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 「経済史入門」(2009年度~現在。2009-13年度科目名称:「近代経済史」), 香川大学経済学部
  • 「日本社会経済史」(2009年度~現在), 香川大学経済学部
  • 「日本経済史特殊講義」(2012年度~現在), 香川大学大学院経済学研究科
  • 「経済史特殊講義」(2012年度~現在), 香川大学大学院経済学研究科
  • ヨーロッパ社会経済史(2019年度), 香川大学経済学部
  • 「日本経済史」(2009年度), 慶應義塾大学通信教育部 経済学部
  • 「経済史」(2006-08年度), 慶應義塾大学通信教育部 経済学部
  • 「近代日本と東アジア」(2017年度), 放送大学 香川学習センター(面接授業)
  • 「日中経済関係史」(2014年度), 放送大学 香川学習センター(面接授業)
  • 「日中経済関係史」(2005年度), 法政大学経済学部
  • 「日本研究(日本経済史)」(2009年度), 津田塾大学
  • 「日中経済関係の歴史的考察」(2011-12、14-15年度), 香川大学(全学共通科目)
  • 「日本現代史入門(歴史学C)」(2017年度・2019年度), 香川大学(全学共通科目)
  • 「演習」(2011年度~現在), 香川大学経済学部
  • 「個別演習(2012年度~)」, 香川大学経済学部
  • 「くらしと経済」(2014-15、18年度~現在), 香川県立農業大学校
  • 「プロゼミナール(2年生ゼミナール)」(2009-13年度), 香川大学経済学部
  • 「大学入門ゼミ」(2014-15年度), 香川大学
  • 「基礎ゼミ(1年生ゼミナール」(2009-10年度), 香川大学経済学部