詳細検索はこちら

沖 公祐 オキ コウスケ

所属
経済学部
経済学科
職名教授
Last Updated :2019/09/28

研究者基本情報

学歴

  •  - 2003年, 東京大学, 経済学研究科, 経済理論専攻
  •  - 1997年, 東京大学, 経済学研究科, 経済理論専攻
  •  - 1995年, 東北大学, 経済学部, 経済学科

学位

  • 博士(経済学), 東京大学
  • 修士(経済学), 東京大学

所属学協会

  • 経済理論学会
  • 経済学史学会

経歴

  •   2003年,  - 2006年,  東京大学大学院経済学研究科, 助手
  •   2006年,  - 2007年,  香川大学経済学部, 講師
  •   2007年,  - 2014年,  香川大学経済学部, 准教授
  •   2012年,  - 2013年,  ケンブリッジ大学経済学部, 客員研究員
  •   2014年, - 香川大学経済学部, 教授

研究活動情報

研究分野

  • 経済学 / 理論経済学
  • 哲学 / 思想史
  • 経済学 / 経済学説・経済思想

研究キーワード

    経済理論, 政治経済学, マルクス経済学, 経済思想, 社会思想

論文

  • 資本と国家の弁証法――金融化に関する試論, 沖公祐, 現代思想, 45,   2017年05月
  • 制度と恐慌, 沖公祐, 情況別冊 思想理論編,   2013年07月
  • 交換と信用の系譜学――制度の政治経済学批判のための序説, 沖公祐, 情況別冊 思想理論編,   2012年12月
  • Outside as Betweenness-Encounter: An Introduction to the Political Economy of Excess, 沖公祐, Journal of International Economic Studies, (26) 39 - 49,   2012年
  • 市場像の源流――交換を巡る考察の系譜, 沖 公祐, 香川大学経済論叢, 79,   2007年
  • 所有こそが問題なのか?――稲葉振一郎『「資本」論』について, 沖 公祐, 情況, 7,   2006年
  • 労働力商品化の多型性――労働過程・労働市場・〈再生産〉過程, 沖 公祐, 経済学論集, 70,   2005年
  • 資本主義のマテリアリティ, 沖 公祐, 現代思想, 32,   2004年
  • 資本主義の歴史性と世界性, 沖 公祐, 重力,   2003年
  • There’s No Such Thing as World Capitalism: Mythology of Globalization, 沖公祐, 佐藤隆, 法政大学比較経済研究所 Working Paper Series,   2002年
  • 蓄蔵貨幣の形成と資本の運動, 沖 公祐, 経済理論学会年報,   2001年
  • 貨幣機能の二重構造――価値尺度と流通手段, 沖 公祐, 経済学研究,   2001年
  • 貨幣のイデオロギー, 沖 公祐, 情況, 3,   2000年

Misc

  • 書評:J・フォーグル『資本の亡霊』, 沖 公祐, 図書新聞,   2019年06月, [依頼有り]
  • 書評:マルチェル・ムスト『アナザー・マルクス』, 沖 公祐, 週刊読書人,   2019年02月
  • 書評:青木孝平『他者の倫理学』, 沖公祐, 季刊 経済理論, 55, (1),   2018年04月
  • 書評:W・シュトレーク『資本主義はどう終わるのか』, 沖公祐, 週刊読書人,   2018年02月
  • 書評:F・シェネ『不当な債務』, 沖公祐, 週刊読書人,   2017年11月
  • 書評:I.I.ルービン『マルクス貨幣論概説』, 沖公祐, 週刊読書人,   2017年03月
  • マルクス学派の展開(経済学説史 経済理論誕生の経緯をたどる vol.7), 沖公祐, 経済セミナー, (695),   2017年03月
  • 書評:内田弘『『資本論』のシンメトリー』, 沖公祐, 経済学史研究, 58, (2),   2017年01月
  • マルクスの経済学批判(経済学説史 経済理論誕生の経緯をたどる vol.6), 沖公祐, 経済セミナー, (694),   2017年01月
  • 書評:大黒弘慈『マルクスと贋金づくりたち』『模倣と権力の経済学』, 沖公祐, 図書新聞, (3260),   2016年06月
  • 書評:長原豊『ヤサグレたちの街頭』, 沖公祐, 週刊読書人,   2015年10月
  • マルクス経済学:社会の地殻変動を把握するトータルな思考, 沖公祐, 経済セミナー, 増刊,   2015年09月
  • 書評:デヴィッド・グレーバー『デモクラシー・プロジェクト』, 沖公祐, 週刊読書人,   2015年08月
  • 書評:小幡道昭『価値論批判』, 沖公祐, 季刊 変革のアソシエ, (20),   2015年04月
  • 翻訳:E・エイキン「キャピタル・マン」, 沖公祐, 現代思想, 42, (17), 35-47,   2014年12月
  • 新聞寄稿:「働くこと」の今(下) 喜び奪うグローバリズム, 沖公祐, 毎日新聞大阪本社版夕刊,   2014年11月
  • 書評:ジャック・アタリ『世界精神マルクス1818~1883』, 沖公祐, 週刊読書人,   2014年09月
  • 書評:アントニオ・ネグリほか『ネグリ、日本と向き合う』, 沖公祐, 週刊読書人,   2014年04月
  • 辞典項目:「科学的管理法」「計画経済」「労働価値説」, 沖公祐, 『現代社会学事典』(弘文堂),   2012年02月
  • 書評:アントニオ・ネグリ『革命の秋』, 沖公祐, 週刊読書人,   2011年
  • 翻訳:C.ヴェルチェッローネ「形式的包摂から一般的知性へ」, 沖公祐, 現代思想, 39, (3), 50 - 69,   2011年
  • 書評:アマルティア・セン『アイデンティティと暴力』, 沖公祐, 週刊読書人,   2011年
  • 書評:小倉利丸『抵抗の主体とその思想』, 沖公祐, 週刊読書人,   2010年
  • 翻訳:ギャヴィン・ウォーカー「資本の起源的閾――襞としての労働力」, 沖公祐, 情況, 11, (4), 120 - 134,   2010年
  • 翻訳:ギャヴィン・ウォーカー「権力としての資本――政治的賭けと〈共〉の稀少性」, 沖公祐, 情況, 11, (8), 185 - 203,   2010年
  • 書評:長原豊『われら瑕疵ある者たち』, 沖公祐, 週刊読書人, (2770), 3,   2009年
  • 翻訳:レオ・パニッチ+サム・ギンディン「進行する危機」, 沖公祐, 長原豊, 現代思想, 37, (1),   2009年
  • Comments on Nicholas Thoburn, 沖公祐, 法政大学比較経済研究所 Working Paper Series, (145), 90 - 91,   2009年
  • 書評:雨宮処凛『プレカリアートの憂鬱』『排除の空気に唾を吐け』, 沖公祐, 週刊読書人,   2009年
  • 翻訳:M.デサイ「いったい誰がケインズ主義者なんかになるのか」, 沖公祐, 現代思想, 37, (6), 108 - 111,   2009年
  • 書評:櫻井毅『資本主義の農業的起源と経済学』, 沖公祐, 季刊経済理論, 46, (3), 86 - 88,   2009年
  • 書評:的場昭弘『超訳『資本論』』, 沖公祐, 図書新聞, (2882),   2008年
  • 書評:フェリックス・ガタリ+トニ・ネグリ『自由の新たな空間』, 沖公祐, 週刊読書人, (2706), 4,   2007年
  • 『資本論』 カール・マルクス, 沖 公祐, 現代思想, 32, (11),   2004年

書籍等出版物

  • 経済学史――経済理論誕生の経緯をたどる(野原慎司、高見典和との共著), 沖 公祐, 共著, 日本評論社,   2019年07月, ISBN:978-4535559271
  • 「富」なき時代の資本主義 : マルクス『資本論』を読み直す, 沖 公祐, 現代書館,   2019年, ISBN:9784768410141
  • 翻訳:グローバル資本主義の形成と現在(L.パニッチ&S.ギンディン 著), 作品社,   2018年
  • 現代思想と政治――資本主義・精神分析・哲学(市田良彦・王寺賢太編), 平凡社,   2016年
  • 現代の経済思想(橋本努編), 勁草書房,   2014年
  • 翻訳:所有と進歩(R.ブレナー著), 日本経済評論社,   2013年
  • 余剰の政治経済学, 沖 公祐, 日本経済評論社,   2012年, ISBN:9784818822276
  • 翻訳:共産主義の理念(C.ドゥーズィナス&S.ジジェク編), 水声社,   2012年
  • 政治経済学の政治哲学的復権――理論の理論的〈臨界‐外部〉にむけて(長原豊編), 法政大学出版局,   2011年
  • 翻訳:経済学と知――ポスト/モダン・合理性・フェミニズム・贈与(S.カレンバーグ、D.ルッチオ&J.アマリーリォ編), 御茶の水書房,   2007年
  • 金融システムの変容と危機(SGCIME編), 御茶の水書房,   2004年
  • 市場経済の神話とその変革――〈社会的なこと〉の復権(佐藤良一編), 法政大学出版局,   2003年
  • 翻訳:成長と分配(D.K.フォーリー&T.R.マイクル著), 日本経済評論社,   2002年
  • 貨幣・信用論の新展開(小幡道昭編), 社会評論社,   1999年

講演・口頭発表等

  • 所有――所有は豊かさをもたらすか, 経済学史学会第79回大会,   2015年
  • 批判的実在論とマルクス経済学, 政治経済学ワークショップ,   2014年
  • 再生産論批判, 「「現代思想」と政治」研究会,   2014年
  • 剰余論序説, 「「現代思想」と政治」研究会,   2013年
  • The Transition as Aleatory Encounter: Rethinking the Debate on Japanese Capitalism, Historical Materialism, 9th Annual Conference,   2012年
  • 商品論の再構成, 政治経済学ワークショップ,   2012年
  • 資本の概念, 政治経済学ワークショップ,   2011年
  • The Rational and the Irrational in Capitalism: Why Did Uno Refer to the Commodification of Labour Power as ʻmuriʼ?, Historical Materialism, 7th Annual Conference,   2010年
  • 間という外部, フェミニスト経済学の理論、方法、課題,   2010年
  • 資本主義の起源, フェミニスト経済学の理論、方法、課題,   2009年
  • 世界資本主義論の系譜, フェミニスト経済学の理論、方法、課題,   2008年

受賞

  •   2013年, 経済理論学会奨励賞

競争的資金

  • 資本主義経済の基礎理論