詳細検索はこちら

山下 哲生 ヤマシタ テツオ

所属
医学部
医学科
職名助教
Last Updated :2022/06/27

研究者基本情報

基本情報

    ORCID ID:0000-0002-4076-991X

学歴

  •  - 2004年, 東京大学, 大学院薬学系研究科
  •  - 2004年, 東京大学大学院
  •  - 2000年, 山口大学大学院
  •  - 1997年, 山口大学
  •  - 1997年, 山口大学, 農学部
  •  - 2000 , Graduate school of Yamaguchi University

学位

  • 薬学, 東京大学

所属学協会

  • 日本生理学会
  • 日本生化学会
  • ミトコンドリア学会
  • Physiological Society of Japan
  • The Japanese Biochemical Society
  • The Japanese Society of Mitochondrial Research and Medicine

経歴

  •   2004年,  - 2006年, 米国スクリプス研究所, ポスドク
  •   2006年, - 香川大学 医学部 自律機能生理学, 助教
  •   2000年,  - 2001年, 東京大学大学院医学系研究科, 研究補助員
  •   2000年,  - 2001年, 東京大学, 大学院医学系研究科
  •   2000年, 山口大学 農学部, 研究補助員
  •   2004 ,  - 2006 , The Scripps Research Institute, Research Associate
  •   2006 , - Department of Cardiovascular Physiology, Faculty of Medicine, Kagawa University, assistant professor

研究活動情報

研究分野

  • ライフサイエンス / 構造生物化学
  • ライフサイエンス / 機能生物化学

研究キーワード

    フラビン酵素, NADH脱水素酵素, 呼吸鎖, 生体エネルギー, flavoenzyme, NADH dehydrogenase, respiratory chain, bioenegetics

論文

  • Coagulation factor XI induces Ca2+ response and accelerates cell migration in vascular smooth muscle cells via proteinase-activated receptor 1., Liu W, Hashimoto T, Yamashita T, Hirano K, American journal of physiology. Cell physiology, 316, (3) C377 - C392,   2019年03月, [査読有り]
  • Coagulation factor XI induced Ca2+ response and cell migration in vascular smooth muscle cells, Liu Wenhua, HASHIMOTO Takeshi, YAMASHITA TETSUO, HIRANO Katsuya, The Journal of Physiological Sciences, 68,   2018年03月, [査読有り]
  • NAD(P)H and low ionic strength suppresses dissociation of apoptosis-inducing factor from E. coli membrane, YAMASHITA TETSUO, MATSUMOTO Kan, HASHIMOTO Takeshi, IGARASHI Junsuke, KOSAKA Hiroaki, HIRANO Katsuya, The Journal of Physiological Sciences, 67,   2017年03月, [査読有り]
  • Coagulation factor XIa induces Ca2+ influx via L-type Ca2+ channel in vescular smooth muscle cells, LIU Wenhua, HASHIMOTO Takeshi, YAMASHITA TETSUO, IGARASHI Junsuke, HIRANO Katsuya, The Journal of Physiological Sciences, 67,   2017年03月, [査読有り]
  • Mifepristone, a stroid receptor antagonist, induces hepatic steatosis in association with upregulation of resistin expression in liver, HASHIMOTO Takeshi, IGARASHI Junsuke, YAMASHITA TETSUO, HIRANO Katsuya, The Journal of Physiological Sciences, 67,   2017年03月, [査読有り]
  • A novel angiogenic agent COA-Cl promotes VEGF secretion from mouse C2C12 steletal myocytes via the activation of cAMP/PKA/CREB/PGC-1a signaling axia, IGARASHI Junsuke, Ryouji Okamoto, HASHIMOTO Takeshi, YAMASHITA TETSUO, KUBOTA Yasuo, TSUKAMOTO Ikuko, Sakakibara Norikazu, KONISHI Ryoji, HIRANO Katsuya, The Journal of Physiological Sciences, 67,   2017年03月, [査読有り]
  • A key role of PGC-1α transcriptional coactivator in production of VEGF by a novel angiogenic agent COA-Cl in cultured human fibroblasts., Igarashi J, Okamoto R, Yamashita T, Hashimoto T, Karita S, Nakai K, Kubota Y, Takata M, Yamaguchi F, Tokuda M, Sakakibara N, Tsukamoto I, Konishi R, Hirano K, Physiological reports, 4,   2016年03月, [査読有り]
  • A novel angiogenic agebt COA-Cl induced PGC-1alpha-mediated VEGF production in cultured human fibroblasts, OKAMOTO RYUJI, IGARASHI Junsuke, YAMASHITA TETSUO, HASHIMOTO Takeshi, SHOJI KAZUYO, KUBOTA Yasuo, TAKATA MAKI, TSUKAMOTO Ikuko, HIRANO Katsuya, The Journal of Physiological Sciences, 65,   2015年03月, [査読有り]
  • COA-Cl-induced adipogenesis is associated with an increased cell cycle progression and down-regulation of p27Kip1 in mouse pre-adipocyte 3T3L1 cells, HASHIMOTO Takeshi, IGARASHI Junsuke, TSUKAMOTO Ikuko, YAMASHITA TETSUO, HIRANO Katsuya, The Journal of Physiological Sciences, 65,   2015年03月, [査読有り]
  • Analysis of the binding mode of AIF to the membrane, 山下哲生, HASHIMOTO Takeshi, IGARASHI Junsuke, KOSAKA Hiroaki, The Journal of Physiological Sciences, 64,   2014年03月, [査読有り]
  • Mifepristoneは脂肪組織中のM2マクロファージを増加させる, 橋本剛, 五十嵐淳介, Arif U Hasan, 大森浩二, 山下哲生, 河野雅和, 小坂博昭, Journal of Japan Society for the Study of Obesity, 18(suppl),   2012年09月, [査読有り]
  • Mechanism of ROS suppression in yeast single subunit NADH-ubiquinone oxidoreductase (Ndi1), YAMASHITA TETSUO, HASHIMOTO Takeshi, IGARASHI Junsuke, KOSAKA Hiroaki, The Journal of Physiological Sciences, 62,   2012年03月, [査読有り]
  • RU486 (Mifepristone) enhances adiponectin secretion from matured adipocytes, Hashimoto T, Igarashi J, Arif U Hasan, 永井由紀子, Yamashita T, Kosaka H, The Journal of Physiological Sciences, 62(Suppl),   2012年03月, [査読有り]
  • RU486(Mifepristone)によるインスリン抵抗性の改善, 橋本剛, 五十嵐淳介, Arif U Hasan, 永井由紀子, 山下哲生, 小坂博昭, Journal of Japan Society for the Study of Obesity, 17(suppl),   2011年09月, [査読有り]
  • New insight into mechanism of ROS suppression in single subunit NADH-ibiquinone oxidoreductase (Ndi1) from Saccharomyces cerevisiae, YAMASHITA TETSUO, Yu Yang, Eiko Nakamaru-Ogiso, HASHIMOTO Takeshi, Masatoshi Murai, IGARASHI Junsuke, Hideto Miyoshi, Akemi Matsuno-Yagi, Takao Yagi, KOSAKA Hiroaki, The Journal of Physiological Sciences, 61,   2011年03月, [査読有り]
  • RU486 (Mifepristone) enhances adipogenesis pathways to cyclin-dependent kinase inhibitor, p27kip., Hashimoto T, Igarashi J, Nagai Y, Yamashita T, Kosaka H, The Journal of Physiological Sciences, 61,   2011年, [査読有り]
  • Can a single subunit yeast NADH dehydrogenase (Ndi1) remedy diseases caused by respiratory complex I defects?, Yagi T, Seo B.B, Nakamaru-Ogiso E, Marella M, Barber-Singh J, Yamashita T, Kao M.C, Matsuno-Yagi A, Rejuvenation Res., 9, (2) 191 - 197,   2006年, [査読有り]
  • Lactulose Modulates the Structure of Gut Microbiota and Alleviates Colitis-Associated Tumorigenesis., Keizo Hiraishi, Feiyan Zhao, Lin-Hai Kurahara, Xiaodong Li, Tetsuo Yamashita, Takeshi Hashimoto, Yoko Matsuda, Zhihong Sun, Heping Zhang, Katsuya Hirano, Nutrients, 14,   2022年02 03
  • The Auxiliary NADH Dehydrogenase Plays a Crucial Role in Redox Homeostasis of Nicotinamide Cofactors in the Absence of the Periplasmic Oxidation System in Gluconobacter oxydans NBRC3293., Feronika Heppy Sriherfyna, Minenosuke Matsutani, Kensuke Hirano, Hisashi Koike, Naoya Kataoka, Tetsuo Yamashita, Eiko Nakamaru-Ogiso, Kazunobu Matsushita, Toshiharu Yakushi, Applied and environmental microbiology, 87,   2021年01 04
  • N-terminal region of apoptosis-inducing factor facilitates dimer formation by stabilizing the charge transfer complex, Tetsuo Yamashita, Takeshi Hashimoto, Junsuke Igarashi, Hiroaki Kosaka, Katsuya Hirano, The Journal of Physiological Science, 70, (Supplement 1) S137 - S137,   2020年03 , [Refereed]
  • Ubiquinone binding site of yeast NADH dehydrogenase revealed by structures binding novel competitive- and mixed-type inhibitors, Tetsuo Yamashita, Daniel Ken Inaoka, Tomoo Shiba, Takumi Oohashi, So Iwata, Takao Yagi, Hiroaki Kosaka, Hideto Miyoshi, Shigeharu Harada, Kiyoshi Kita, Katsuya Hirano, Scientific Reports, 8, (1) 2427 - 2427,   2018年12 01 , [Refereed]
  • Increase in tumor suppressor Arf compensates gene dysregulation in in vitro aged adipocytes, Arif U. Hasan, Koji Ohmori, Takeshi Hashimoto, Kazuyo Kamitori, Fuminori Yamaguchi, Kumi Konishi, Takahisa Noma, Junsuke Igarashi, Tetsuo Yamashita, Katsuya Hirano, Masaaki Tokuda, Tetsuo Minamino, Akira Nishiyama, Masakazu Kohno, BIOGERONTOLOGY, 18, (1) 55 - 68,   2017年02 , [Refereed]
  • Involvement of S1P1 receptor pathway in angiogenic effects of a novel adenosine-like nucleic acid analog COA-Cl in cultured human vascular endothelial cells, Junsuke Igarashi, Takeshi Hashimoto, Yasuo Kubota, Kazuyo Shoji, Tokumi Maruyama, Norikazu Sakakibara, Yoh Takuwa, Yoshihiro Ujihara, Yuki Katanosaka, Satoshi Mohri, Keiji Naruse, Tetsuo Yamashita, Ryuji Okamoto, Katsuya Hirano, Hiroaki Kosaka, Maki Takata, Ryoji Konishi, Ikuko Tsukamoto, Pharmacology Research and Perspectives, 2,   2014年10 01 , [Refereed]
  • Mifepristone induces non-obese non-alcoholic fatty liver disease, Takeshi Hashimoto, Junsuke Igarashi, Tetsuo Yamashita, Hiroaki Kosaka, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 124, (Supple (1)) 130P - 130P,   2014年, [Refereed]
  • Mifepristone Promotes Adiponectin Production and Improves Insulin Sensitivity in a Mouse Model of Diet-Induced-Obesity, Takeshi Hashimoto, Junsuke Igarashi, Arif U. Hasan, Koji Ohmori, Masakazu Kohno, Yukiko Nagai, Tetsuo Yamashita, Hiroaki Kosaka, PLOS ONE, 8,   2013年11 , [Refereed]
  • Thr239 suppresses ROS production in yeast mitochondrial NADH dehydrogenase(NDH-2), Tetsuo Yamashita, Takeshi Hashimoto, Junsuke Igarashi, Hiroaki Kosaka, JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 63, (supplement 1) S172 - S172,   2013年, [Refereed]
  • Mifepristone increases anti-inflammatory M2 macrophages in obese adipose tissues, Takeshi Hashimoto, Junsuke Igarashi, Tetsuo Yamashita, Hiroaki Kosaka, JOURNAL OF PHYSIOLOGICAL SCIENCES, 63,   2013年, [Refereed]
  • The structure of the yeast NADH dehydrogenase (Ndi1) reveals overlapping binding sites for water- and lipid-soluble substrates, Momi Iwata, Yang Lee, Tetsuo Yamashita, Takao Yagi, So Iwata, Alexander D. Cameron, Megan J. Maher, PROCEEDINGS OF THE NATIONAL ACADEMY OF SCIENCES OF THE UNITED STATES OF AMERICA, 109, (38) 15247 - 15252,   2012年09 , [Refereed]
  • RU486(Mifepristone) improved Diet-induced insulin resistance by increasing blood level of adiponectin., Takeshi Hashimoto, Junsuke Igarashi, Arif Hasan, Yukiko Nagai, Tetsuo Yamashita, Hiroaki Kosaka, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 118, (Supple (1)) 108P - 108P,   2012年, [Refereed]
  • Reaction Mechanism of Single Subunit NADH-Ubiquinone Oxidoreductase (Ndi1) from Saccharomyces cerevisiae EVIDENCE FOR A TERNARY COMPLEX MECHANISM, Yu Yang, Tetsuo Yamashita, Eiko Nakamaru-Ogiso, Takeshi Hashimoto, Masatoshi Murai, Junsuke Igarashi, Hideto Miyoshi, Nozomu Mori, Akemi Matsuno-Yagi, Takao Yagi, Hiroaki Kosaka, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 286, (11) 9287 - 9297,   2011年03 , [Refereed]
  • Characterization of the Ubiquinone Binding Site in the Alternative NADH-Quinone Oxidoreductase of Saccharomyces cerevisiae by Photoaffinity Labeling, Masatoshi Murai, Tetsuo Yamashita, Mai Senoh, Yuko Mashimo, Michihiko Kataoka, Hiroaki Kosaka, Akemi Matsuno-Yagi, Takao Yagi, Hideto Miyoshi, BIOCHEMISTRY, 49, (13) 2973 - 2980,   2010年04 , [Refereed]
  • Recombinant expression and redox properties of triheme c membrane-bound quinol peroxidase, Eizo Takashima, Hiroyuki Yamada, Tetsuo Yamashita, Kazunobu Matsushita, Kiyoshi Konishi, FEMS MICROBIOLOGY LETTERS, 302, (1) 52 - 57,   2010年01 , [Refereed]
  • Transforming growth factor-beta 1 downregulates caveolin-1 expression and enhances sphingosine 1-phosphate signaling in cultured vascular endothelial cells, Junsuke Igarashi, Kazuyo Shoji, Takeshi Hashimoto, Tetsuya Moriue, Kozo Yoneda, Tomoko Takamura, Tetsuo Yamashita, Yasuo Kubota, Hiroaki Kosaka, AMERICAN JOURNAL OF PHYSIOLOGY-CELL PHYSIOLOGY, 297, (5) C1263 - C1274,   2009年11 , [Refereed]
  • Experimental study on buckling-restrained braces using steel mortar planks: Adjusting the yield strength and axial stiffness of buckling-restrained braces by decreasing the core plate cross-sectional area and increasing end thickness, Makoto Nakamura, Tetsuo Yamashita, Masatoshi Murai, Mamoru Iwata, Journal of Structural and Construction Engineering, 73, (629) 1143 - 1150,   2008年07 , [Refereed]
  • Roles of bound quinone in the single subunit NADH-quinone oxidoreductase (Ndi1) from Saccharomyces cerevisiae, Tetsuo Yamashita, Eiko Nakamaru-Ogiso, Hideto Miyoshi, Akemi Matsuno-Yagi, Takao Yagi, JOURNAL OF BIOLOGICAL CHEMISTRY, 282, (9) 6012 - 6020,   2007年03 , [Refereed]
  • Possibility of transkingdom gene therapy for Complex I diseases, Takao Yagi, Byoung Boo Seo, Elko Nakamaru-Ogiso, Mathieu Marella, Jennifer Barber-Singh, Tetsuo Yamashita, Akemi Matsuno-Yagi, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 1757, (5-6) 708 - 714,   2006年05 , [Refereed]
  • A gamma-lactone form nafuredin, nafuredin-gamma, also inhibits helminth complex I, K Shiomi, H Ui, H Suzuki, H Hatano, T Nagamitsu, D Takano, H Miyadera, T Yamashita, K Kita, H Miyoshi, A Harder, H Tomoda, S Omura, JOURNAL OF ANTIBIOTICS, 58, (1) 50 - 55,   2005年01 , [Refereed]
  • Rhodoquinone reaction site of mitochondrial complex I, in parasitic helminth, Ascaris suum., Tetsuo Yamashita, Takara Ino, Hideto Miyoshi, Kimitoshi Sakamoto, Arihiro Osanai, Eiko Nakamaru-Ogiso, Kiyoshi Kita, Biochimica et biophysica acta, 1608, (2-3) 97 - 103,   2004年02 15
  • Rhodoquinone reaction site of mitochondrial complex I, in parasitic helminth, Ascaris suum, T Yamashita, T Ino, H Miyoshi, K Sakamoto, A Osanai, E Nakamaru-Ogiso, K Kita, BIOCHIMICA ET BIOPHYSICA ACTA-BIOENERGETICS, 1608, (2-3) 97 - 103,   2004年02 , [Refereed]
  • Structure at 1.9 angstrom resolution of a quinohemoprotein alcohol dehydrogenase from Pseudomonas putida HK5, ZW Chen, K Matsushita, T Yamashita, TA Fujii, H Toyama, O Adachi, HD Bellamy, FS Mathews, STRUCTURE, 10, (6) 837 - 849,   2002年06 , [Refereed]
  • Structural studies of a soluble monomeric quinohemoprotein alcohol dehydrogenase from Pseudomonas putida HK5, FS Mathews, ZW Chen, K Matsushita, T Yamashita, N Aoki, H Toyama, O Adachi, HD Bellamy, BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY OF VITAMIN B6 AND PQQ-DEPENDENT PROTEINS,   2000年, [Refereed]
  • Electron transport systems for quinohemoprotein type II alcohol dehydrogenase of Pseudomonas putida HK5, K Matsushita, T Yamashita, N Aoki, H Toyama, O Adachi, BIOCHEMISTRY AND MOLECULAR BIOLOGY OF VITAMIN B6 AND PQQ-DEPENDENT PROTEINS,   2000年, [Refereed]
  • Crystallization and preliminary diffraction studies of two quinoprotein alcohol dehydrogenases (ADHs): A soluble monomeric ADH from Pseudomonas putida HK5 (ADH-IIB) and a heterotrimeric membrane-bound ADH from Gluconobacter suboxydans (ADH-GS), Zhi-Wei Chen, Petra Baruch, F. Scott Mathews, Kazunobu Matsushita, Tetsuo Yamashita, Hirohide Toyama, Osao Adachi, Acta Crystallographica Section D: Biological Crystallography, 55, (11) 1933 - 1936,   1999年11 , [Refereed]
  • Electron transfer from quinohemoprotein alcohol dehydrogenase to blue copper protein azurin in the alcohol oxidase respiratory chain of Pseudomonas putida HK5, K Matsushita, T Yamashita, N Aoki, H Toyama, O Adachi, BIOCHEMISTRY, 38, (19) 6111 - 6118,   1999年05 , [Refereed]

Misc

  • 血管平滑筋細胞におけるプロテイナーゼ活性化型受容体1を介した凝固第FXI因子の細胞作用, 平野 勝也, 劉 文華, 橋本 剛, 山下 哲生, 日本薬理学会年会要旨集, 92, 2-O-30,   2019年
  • 酵母Type II NADH脱水素酵素(NDH‐2)において活性酸素の生成が負に制御される分子機構の解析, 山下哲生, YANG Yu, 小木曾(中丸, 映子, 橋本剛, 村井正俊, 三芳秀人, 五十嵐淳介, 矢木(松野)明美, 矢木隆雄, 小坂博昭, 日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 37th, 40 - 41,   2011年
  • 酵母シングルサブユニット・NADH‐キノン酸化還元酵素(Ndi1)の反応機構:活性酸素の生成抑制機構の解析, 山下哲生, YANG Yu, 中丸映子, 橋本剛, 村井正俊, 五十嵐淳介, 三芳秀人, 矢木明美, 矢木隆雄, 小坂博昭, 生化学, ROMBUNNO.2P-0256,   2011年
  • 酵母の非プロトン輸送性NADH‐ユビキノン酸化還元酵素(Ndi1)のユビキノン結合部位の解明, 真下佑子, 村井正俊, 山下哲生, 三芳秀人, 日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 36th, 246 - 247,   2010年
  • 酵母シングルサブユニット・NADH‐キノン酸化還元酵素(Ndi1)のキノン還元部位の解析, 山下哲生, YANG Yu, 小木曽(中丸, 映子, 三芳秀人, 松野(矢木)明美, 矢木隆雄, 小坂博昭, 生化学, 4P-0410,   2007年
  • 酵母シングルサブユニット・NADH‐キノン酸化還元酵素(Ndi1)のキノン還元部位の解析, 山下哲生, YANG Y, 小木曾(中丸, 映子, 三芳秀人, 矢木(松野)明美, 矢木隆雄, 小坂博昭, 日本生体エネルギー研究会討論会講演要旨集, 33rd, 49 - 50,   2007年
  • ブタ回虫Ascaris suumの成虫型ミトコンドリア複合体Iのロドキノン還元部位の解析, 山下哲生, 宮寺浩子, 長内理大, 新庄記子, 猪崇良, 三芳秀人, 北潔, 日本寄生虫学会大会プログラム・抄録集, 72nd, 116,   2003年03月28日
  • ブタ回虫Ascaris suumの成虫型NAHD‐キノン還元酵素(複合体I)の阻害剤を用いたキノン還元部位の解析, 山下哲生, 宮寺浩子, 猪崇良, 三芳秀人, 北潔, 生化学, 74, (8), 998,   2002年08月25日
  • Activation of cAMP/CREB/PGC-1 alpha Pathway Plays a Key Role for a Novel Adenosine-like Angiogenic Agent COA-CI to Induce Production of Vascular Endothelial Growth Factor (VEGF) in Cultured Human Fibroblasts, Ryuji Okamoto, Junsuke Igarashi, Takeshi Hashimoto, Tetsuo Yamashita, Kazuyo Shoji, Yasuo Kubota, Norikazu Sakakibara, Ikuko Tsukamoto, Ryoji Konishi, Katsuya Hirano, CIRCULATION, 132,   2015 11
  • A Key Role of PGC-1 alpha Co-transcription Factor, but not HIF1 alpha Transcription Factor, in Production of Vascular Endothelial Growth Factor (VEGF) by a Novel Angiogenic Agent COA-CI in Cultured Human Fibroblasts, Ryuji Okamoto, Junsuke Igarashi, Tetsuo Yamashita, Takeshi Hashimoto, Sakiko Karita, Kazuyo Shoji, Yasuo Kubota, Maki Takata, Fuminori Yamaguchi, Masaaki Tokuda, Norikazu Sakakibara, Ikuko Tsukamoto, Ryoji Konishi, Katsuya Hirano, CIRCULATION, 132,   2015 11
  • Enhancement of adipogenesis induced by RU486(Mifepristone) is associated with perturbed expression patterns of cell-cycle proteins, p27kip, and Cyclin B1/D1/E, Takeshi Hashimoto, Junsuke Igarashi, Yukiko Nagai, Tetsuo Yamashita, Hiroaki Kosaka, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 115, 68P - 68P,   2011
  • RU486(Mifepristone), progesterone/glucocorticoid receptor antagonist, enhances adipogenesis, Takeshi Hashimoto, Junsuke Igarashi, Yukiko Nagai, Tetsuo Yamashita, Hiroaki Kosaka, JOURNAL OF PHARMACOLOGICAL SCIENCES, 112, 65P - 65P,   2010

書籍等出版物

  • Biochemistry and Molecular Biology of Vitamine B6 and PQQ-dependent Protein, Birkhauser/Switzerland,   2000年

講演・口頭発表等

  • 酵母発現系を用いた酵素活性を有するミオシン軽鎖脱リン酸化酵素複合体の作製, 山下 哲生, 江藤 真澄, 平野 勝也, 第99回日本生理学会大会,   2022年03月16日
  • Characterization of putative sulfide:quinone oxidoreductase from an intestinal parasite Schistosoma mansoni, 日本生体エネルギー研究会第47回討論会,   2021年12月16日
  • Apoptosis-inducing factorのN末端領域は電子移動錯体を安定化することで二量体形成を促進する, 山下 哲生, 橋本 剛, 五十嵐 淳介, 小坂 博昭, 平野 勝也, 第97回 日本生理学会大会,   2020年03月18日
  • Apoptosis-inducing factorのN末端領域は電位移動錯体の安定化を介して二量体形成を制御する, 山下 哲生, 橋本 剛, 五十嵐 淳介, 小坂 博昭, 平野 勝也, 第71回日本生理学会中国四国地方会,   2019年11月23日
  • Apoptosis-inducing factorの大腸菌膜からの解離はNAD(P)Hにより抑制される, 山下 哲生, 橋本 剛, 五十嵐 淳介, 小坂 博昭, 平野 勝也, 第9回アジア・オセアニア生理学会連合2019年大会,   2019年03月28日
  • 血管平滑筋細胞おけるプロテイナーゼ活性化型受容体1を介した凝固第FXI因子の細胞作用, 平野 勝也, 劉 文華, 橋本 剛, 山下 哲生, 第92回日本薬理学会年会,   2019年03月14日
  • 血管平滑筋細胞において凝固第XI因子はトロンビン受容体PAR1を活性化し、細胞内Ca2+シグナルを発生させ、細胞遊走を促進する, 平野 勝也, 劉 文華, 橋本 剛, 山下 哲生, 第48回心脈管作動物質学会,   2019年02月07日
  • A Novel Function of Activated Coagulation Factor XI as a Regulator of Intracellular Ca2+ Signal and Cell Migration in Vascular Smooth Muscle Cells, 劉 文華, 橋本 剛, 山下 哲生, 平野 勝也, 米国心臓協会学術集会,   2018年11月10日
  • 新規競合阻害剤および混合型阻害剤との共結晶構造解析による酵母Type II NADH脱水素酵素Ndi1におけるユビキノン結合部位の同定, 山下 哲生, 稲岡 健ダニエル, 志波 智生, 大橋 拓未, 岩田 想, 矢木 隆雄, 小坂 博昭, 三芳 秀人, 原田 繁春, 北 潔, 平野 勝也, 第91回日本生化学会大会,   2018年09月25日
  • 血管平滑筋細胞において凝固第XI因子が引き起こす細胞遊走・増殖促進作用, 劉 文華, 橋本 剛, 山下 哲生, 平野 勝也, 第60回日本平滑筋学会総会,   2018年08月16日
  • A role of coagulation factor XI as a regulator of vascular smooth muscle migration, 劉 文華, 橋本 剛, 山下 哲生, 平野 勝也, 第18回国際薬理学・臨床薬理学会議,   2018年07月01日
  • 競合および混合阻害剤との共結晶構造解析により明らかとなった酵母由来 Type II NADH脱水素酵素のユビキノン結合部位, 山下 哲生, 稲岡 健ダニエル, 志波 智生, 三芳 秀人, 原田 繁春, 北 潔, 平野 勝也, 日本農芸化学会中四国支部第51回講演会(例会),   2018年06月16日
  • 凝固第Ⅺ因子の血管平滑筋作用, 平野 勝也, 劉 文華, 橋本 剛, 山下 哲生, 第27回日本循環薬理学会,   2017年12月01日
  • 嫌気条件とNAD(P)HはApoptosis-inducing factorの大腸菌膜からの解離を抑制する, 山下 哲生, 松本 感, 橋本 剛, 五十嵐 淳介, 小坂 博昭, 平野 勝也, 第 69 回日本生理学会中国・四国地方会,   2017年10月28日
  • 血液凝固第XI因子が引き起こす血管平滑筋細胞のCa2+シグナルの発生メカニズムの解明, 劉 文華, 橋本 剛, 山下 哲生, 平野 勝也, 第 69 回日本生理学会中国・四国地方会,   2017年10月28日
  • 血管平滑筋細胞において凝固第XI因子が引き起こすプロテイナーゼ活性化型受容体1を介した電位作動性カルシウムチャネル依存性Ca2+流入作用, 劉 文華, 橋本 剛, 山下 哲生, 平野 勝也, 第59回日本平滑筋学会総会,   2017年08月23日
  • Mifepristoneはマウス肝臓においてレジスチンの発現上昇と関連して脂肪肝を誘発する, 橋本 剛, 五十嵐 淳介, 山下 哲生, 平野 勝也, 第94回日本生理学会大会,   2017年03月28日
  • 血管新生促進性アデノシン類縁体化合物コアクロルはマウスC2C12骨格筋細胞において血管内皮成長因子の分泌を促進する-cAMP/PKA/CREBを介した転写補助活性化因子PGC-1α遺伝子誘導の役割-, 五十嵐 淳介, 岡本 隆司, 橋本 剛, 山下 哲生, 窪田 泰夫, 塚本 郁子, 榊原 紀和, 小西 良士, 平野 勝也, 第94回日本生理学会大会,   2017年03月28日
  • NAD(P)Hと低イオン強度はApoptosis-inducing factorの大腸菌膜からの解離を抑制する, 山下 哲生, 松本 感, 橋本 剛, 五十嵐 淳介, 小坂 博昭, 平野 勝也, 第94回日本生理学会大会,   2017年03月28日
  • 凝固第XI因子が引き起こす血管平滑筋細胞のカルシウムシグナル伝達, 平野 勝也, 劉 文華, 橋本 剛, 山下 哲生, 五十嵐 淳介, 第46回日本心脈管作動物質学会年会,   2017年02月10日
  • A novel angiogenic agent COA-Cl promotes VEGF secretion from mouse C2C12 skeletal myocytes via the activation of cAMP/PKA/CREB/PGC-1alpha signaling axis, 第94回日本生理学会大会,   2017年
  • Coagulation factor XIa induces Ca2+ response in rat aorta smooth muscle cells via proteinase-activated receptor 1, 劉 文華, 橋本 剛, 山下 哲生, 五十嵐 淳介, 平野 勝也, 第68回 日本生理学会 中国四国地方会,   2016年11月05日
  • Apoptosis-inducing factorと大腸菌膜との相互作用の解析, 松本 感, 山下 哲生, 橋本 剛, 五十嵐 淳介, 小坂 博昭, 平野 勝也, 第68回日本生理学会中国四国地方会,   2016年11月05日
  • A key role of a second messenger cAMP in the induction of a transcriptional coactivator PGC-1α by a novel proangiogenic adenosine analogue COA-Cl in human fibroblasts, 五十嵐 淳介, 岡本 隆司, 橋本 剛, 山下 哲生, 高田 真紀, 窪田 泰夫, 塚本 郁子, 榊原 紀和, 小西 良士, 平野 勝也, 第16回 日本NO学会学術集会,   2016年05月20日
  • 出芽酵母由来Type II NADH dehydrogenase (NDH-2)のユビキノン競合阻害剤との高分解能複合体構造解析, 大橋 拓未, 稲岡 ダニエル健, 山下 哲生, 志波 智生, 岩田 想, 原田 繁春, 北 潔, 日本生体エネルギー研究会 第41回討論会,   2015年12月23日
  • A Key Role of PGC-1α Co-transcription Factor, but not HIF1α Transcription Factor, in Production of, 岡本 隆司, 五十嵐 淳介, 山下 哲生, 橋本 剛, 苅田 咲子, 窪田 泰夫, 高田 真紀, 山口 文明, 德田 雅明, 榊原 紀和, 塚本 郁子, 小西 良士, 平野 勝也, 米国心臓協会学術集会,   2015年11月07日
  • 大腸菌発現系を用いたApoptosis-inducing factor (AIF)と生体膜との相互作用の解析, 山下 哲生, 橋本 剛, 五十嵐 淳介, 平野 勝也, 小坂 博昭, 日本生体エネルギー研究会 第40回討論会,   2014年12月11日
  • Apoptosis-inducing factor依存的細胞死の制御機構の解析, 山下 哲生, 橋本 剛, 五十嵐 淳介, 平野 勝也, 小坂 博昭, 第55回 日本生化学会 中国・四国支部例会,   2014年06月06日
  • ミトコンドリアNADH脱水素酵素(NDH-2)においてThr239残基は活性酸素の生成を抑制する, 山下 哲生, 橋本 剛, 五十嵐 淳介, 小坂 博昭, 第90回日本生理学会大会,   2013年03月27日
  • 酵母Type II NADH脱水素酵素(Ndi1)の活性酸素の生成抑制機構の解析, 山下 哲生, 橋本 剛, 五十嵐 淳介, 小坂 博昭, 第85回日本生化学会大会,   2012年12月14日
  • 酵母シングルサブユニットNADH-キノン酸化還元酵素における活性酸素の生成抑 制機構, 山下 哲生, 橋本 剛, 五十嵐 淳介, 小坂 博昭, 第89回日本生理学会大会,   2012年03月29日
  • 酵母Type II NADH脱水素酵素(NDH-2)において活性酸素の生成が負に制御される分子機構の解析, 山下哲生, 楊宇, 小木曾, 中丸, 映子, 橋本剛, 村井正俊, 三芳秀人, 五十嵐淳介, 矢木(松野)明美, 矢木隆雄, 小坂博昭, 日本生体エネルギー研究会 第37回討論会,   2011年12月20日
  • 酵母シングルサブユニット・NADH-キノン酸化還元酵素(Ndi1)の反応機構:活性酸素の生成抑制機構の解析, 山下 哲生, 楊 宇, 小木曾, 中丸) 映子, 橋本 剛, 村井 正俊, 五十嵐 淳介, 三芳 秀人, 矢木(松野) 明美, 矢木 隆雄, 小坂 博昭, 第84回日本生化学会大会,   2011年09月21日
  • 酵母シングルサブユニット・NADH-キノン酸化還元酵素の キノン還元部位の解析, 山下 哲生, 楊 宇, 小木曾, 中丸) 映子, 三芳 秀人, 矢木(松野) 明美, 矢木 隆雄, 小坂 博昭, 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会,   2007年11月15日
  • 酵母 NADH-キノン酸化還元酵素 (Ndi1) における酵素結合型キノンの生理学的機能の解析, 山下 哲生, 楊 宇, 小木曾, 中丸) 映子, 三芳 秀人, 矢木(松野) 明美, 矢木 隆雄, 小坂 博昭, 第84回日本生理学会大会,   2007年03月20日
  • ブタ回虫Ascaris suumの成虫型ミトコンドリア複合体Iのロドキノン還元部位の解析, 日本寄生虫学会大会,   2003年
  • Comparison of structures and domain interaction in two classes of quinohemoprotein dehydrogenases involved in electron transfer, 5th International Symposium on Vitamin B6, PQQ, Carbonyl Catalysis and Quinohemoprotein,   2002年
  • ブタ回虫Ascaris suumの成虫型NADH-キノン還元酵素(複合体I)の阻害剤を用いたキノン還元部位の解析,   2002年
  • キノヘモプロテインアルコール脱水素酵素ADH IIBの構造遺伝子のクローニングとX線結晶構造解析, 日本生化学大会,   2001年
  • Pseudomonas putida HK5のペリプラズミックPQQ依存性アルコール酸化呼吸鎖の解析, 日本農芸化学大会,   2000年
  • Pseudomonas putidaのアズリンのクローニング, 日本農芸化学大会,   1999年
  • Two Elactron Transport Systems for Quinohemoprotein Alcohol Dehydrogenase of Pseudomonas putida., 10th International Symposium on Vitamin B6 and Catalysis and 4th Meeting on PQQ and Quinoprotein,   1999年
  • Pseudomonas putidaのキノヘモプロテインType II ADH及びcb-type 末端オキシダーゼとアズリンとの相互作用, 日本農芸化学大会,   1998年
  • Pseudomonas putidaのキノヘモプロテイン依存性ペリプラズミック・アルコール酸化系呼吸鎖におけるアズリンの関与, 第70回日本生化学学会大会,   1997年
  • Nwe insight into mechanism of ROS suppression in single subunit NADH-ibiquinone oxidoreductase (Ndi1) from Saccharomyces cerevisiae, 日本生理学会大会,   2011
  • 酵母シングルサブユニット・NADH-キノン酸化還元酵素の反応機構:活性酸素の生成抑制機構の解析, 第84回 日本生化学大会,   2011
  • ブタ回虫Ascaris suumの成虫型ミトコンドリア複合体Iのロドキノン還元部位の解析, 日本寄生虫学会大会,   2003
  • Comparison of structures and domain interaction in two classes of quinohemoprotein dehydrogenases involved in electron transfer, 5th International Symposium on Vitamin B6, PQQ, Carbonyl Catalysis and Quinohemoprotein,   2002
  • キノヘモプロテインアルコール脱水素酵素ADH IIBの構造遺伝子のクローニングとX線結晶構造解析, 日本生化学大会,   2001
  • Pseudomonas putida HK5のペリプラズミックPQQ依存性アルコール酸化呼吸鎖の解析, 日本農芸化学大会,   2000
  • Pseudomonas putidaのアズリンのクローニング, 日本農芸化学大会,   1999
  • Two Elactron Transport Systems for Quinohemoprotein Alcohol Dehydrogenase of Pseudomonas putida., 10th International Symposium on Vitamin B6 and Catalysis and 4th Meeting on PQQ and Quinoprotein,   1999
  • Pseudomonas putidaのキノヘモプロテインType II ADH及びcb-type 末端オキシダーゼとアズリンとの相互作用, 日本農芸化学大会,   1998
  • Pseudomonas putidaのキノヘモプロテイン依存性ペリプラズミック・アルコール酸化系呼吸鎖におけるアズリンの関与, 第70回日本生化学学会大会,   1997

作品

  • 酵母シングルサブユニット NADH-quinone oxidoreductase (Ndi1) の構造解析,   2006年
  • 酵母シングルサブユニット NADH-quinone oxidoreductase (Ndi1) のキノン結合部位の解析,   2006年

競争的資金

  • 平滑筋ミオシンホスファターゼ活性制御の構造 基盤とその機能的意義, ⾹川⼤学研究推進事業,   2021年04月 - 2022年03月
  • 呼吸鎖酵素NDH-2のユビキノン還元反応の分子機構と構造的基盤, 香川大学, 若手研究,   2019年04月 - 2020年03月
  • 呼吸鎖酵素NDH-2 のユビキノン還元反応の分子機構と構造的基盤, 香川大学, 若手研究,   2018年04月 - 2019年03月
  • 阻害剤作用機構研究を基盤とした呼吸鎖酵素NDH-2の反応機構の解析, 独立行政法人日本学術振興会, 基盤研究(C),   2015年04月 - 2018年03月
  • Type II NADH脱水素酵素を標的とした新機抗寄生虫薬開発のための基礎研究, 香川大学, 若手研究,   2014年04月 - 2015年03月
  • ミトコンドリア呼吸鎖酵素NDH-2における活性酸素の生成抑制機構と構造的基盤, 独立行政法人日本学術振興会, 若手研究(B),   2013年04月 - 2015年03月
  • ミトコンドリアにおけるAIFの生理機能および細胞死誘導の分子機構の解析, 独立行政法人日本学術振興会, 基盤研究(C),   2011年04月 - 2014年03月
  • シングルサブユニット・NADH脱水素酵素における活性酸素の生成抑制機構の解析, 香川大学, 若手研究,   2012年04月 - 2013年03月
  • 酵母NADH-キノン酸化還元酵素における活性酸素の生成抑制機構, 香川大学, 若手研究,   2011年04月 - 2012年03月
  • 哺乳類ミトコンドリアにおけるシングルサブユニット・NADH脱水素酵素ホモログ(AIF)の構造と機能に関する研究, 香川大学, 萌芽研究,   2009年04月 - 2010年03月
  • ミトコンドリア・エネルギー生成系における酵素結合型キノンの生理学的機能の解明, 香川大学, 若手研究(萌芽研究),   2007年04月 - 2008年03月
  • 酵母ミトコンドリア呼吸鎖酵素におけるユビキノン還元反応の分子機構と構造的基盤, 独立行政法人日本学術振興会, 若手研究(スタートアップ),   2007年04月 - 2008年03月
  • 酵母NADH脱水素酵素(NDH-2)の構造及び機能解析,   2006
  • Mechanism of ROS suppression in Yeast NADH Dehydrogenase,   2006

教育活動情報

担当経験のある科目

  • 医学科3年次ユニット講義チュートリアル, 香川大学
  • 医学科1年次チュートリアル教育, 香川大学
  • 医学実習II, 香川大学
  • 医学実習I, 香川大学
  • 早期医学実習II, 香川大学
  • 早期医学実習I, 香川大学
  • 生理・薬理実習, 香川大学
  • 大学院医科学特論, 香川大学

社会貢献活動情報

社会貢献活動

  • 第95回日本生理学会大会, 運営参加・支援, 日本生理学会,   2018年03月27日 - 2018年03月31日


Copyright © MEDIA FUSION Co.,Ltd. All rights reserved.